FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

これはイイ!布地をスッキリ収納!

Posted by Shibuko on 18.2014 収納・掃除 0 comments 0 trackback
ミシンでチクチク手づくりするのが好きな方の中には、お家にたくさん布地がある方も多いのではないでしょうか?
私もその一人で、ほうっておくとどんどん増えて、しかも布のサイズが異なるからテキトーに畳んで積み重なっていくと結構アンバランスになってしまったりして、厄介なことに・・・。むー。。。

そんな手づくり愛好家のみなさまに共有したいのが、この方法。

布の畳む幅を揃えて、収納すると見た目がスッキリするし、形を統一するので、結果的に収納スペースの大幅な収納に!

2014081301.jpg

方法はいたって簡単。
1.布を収納している場所のサイズをまずは測ります。わが家の場合はクローゼットにこのワイヤーのかごを入れてそこに収納しているのでその底のサイズを測定。
2.そのサイズにあわせて、作業台の上にマスキングテープをはります。
2014081302.jpg
3.あとはその大きさにあわせて布地を畳んでいくだけ。見た目を揃えたいので収納の前面にくる部分をわっかにすることだけ気をつけて!
2014081303.jpg

この作業を繰り返していくだけ。
あとは色や材質を統一するように布を並べ替えればもっと理想的ですよね。
私の場合はかごでやりましたが、普通に棚のサイズをはかるのでももちろんOKです。

整理する前はこのかごから溢れんばかりだったのに、畳んでみたらとってもスッキリでびっくりでした!
整理ベタなクラフト大好きさん、ぜひともおススメの方法ですよ~☆

夏の玄関

Posted by Shibuko on 17.2014 収納・掃除 0 comments 0 trackback
春が終わり、本格的に夏が始まったマサチューセッツ。

春はイースターがあったので、ウサギさんや春らしいお花を飾ったりしていたわが家の玄関ですが、暑くなってきたしちょっとだけ模様替え。

SimpaticoのキャンドルをHoney Suckleの香りに変え、ガラスの鉢の中に石を敷き詰めて入れています。そのままでももちろんかわいいSimpaticoですが、ちょっと夏らしさを出したかったのでこんな風にしてみました。
出てるかな、夏らしさ?
ピンクのキャンドルはFujiyoshi Brothers'のペンギンさんの優しい色合いとマッチしています。



お客様が来る時はなるべくお花を用意して、少し華やぎを足します。

家の玄関はお家に人がいらした際の第一印象となる部分だからなるべく気を遣いたいもの。開けた瞬間に感じる香りも私は大事にしたいので、玄関に置くキャンドルは気に入ったもので、なるべく万人受けするもの限定です。とはいっても香りはとてもパーソナルなものだし、もしかしたら私はアメリカのキツイ香りに慣れてきてしまっている可能性も否めないので実際にわが家に来る方達がどう感じているかはわからないのですが・・・。(「うちの匂い、どう?」とは面と向かって聞けないですよね。)それでもこのSimpaticoはアメリカの数あるキャンドルたちと比べるとかなり柔らかい香りの部類に入ると思います。
ちなみに私の友人に自宅でアロママッサージのサロンを開いている方が二人ほどいるのですが、どちらのお宅も入った瞬間にすごくいい香りがするんです!未熟な私にはなんの香りかは判別出来ないのですが、本当に癒される!きっと精油の香りなのかなぁ?
できれば私も自分で調合した香りでお客様を招き入れたい!なんて思うこともしばしばありますが、それはまだまだ私には難しそうなのでひとまずは香り良し、見た目良しのSimpaticoにお任せです!

玄関クローゼットの整理

Posted by Shibuko on 20.2014 収納・掃除 0 comments 0 trackback
旦那さま出張中につき、玄関クローゼット整理しました!

2014031802.jpg

あれっ?なんだかその概念間違ってる!?
いえいえ、でも模様替えとか整理とかってなんか時間の制約とかないほうがやりやすくないですか?だから旦那さまが帰ってこないとわかっている分、夕飯の時間とかも考えなくていいし、じっくり考えて、のんびり片付けられるので・・・。

前回の整理と言えば本棚の整理をしたのですが、あれから1ヶ月以上たつけれど、全く本棚の周りが散らかりません!
やっぱり整理収納アドバイザー講座の威力はすごいです。

なので、また今回も恥を忍んで公開~!わが家のぐっちゃぐちゃ玄関クローゼット。
(本当にひどいので、心の準備をお願いします・・・)

↓↓↓

2014031801.jpg

あぁぁぁー、なんだかしばらく気を抜いていたせいで酷いことに・・・
もう、靴は散らばってるし、実はドアもきちんと閉まらなかったりして無理やり押し込んだり、と酷い惨状でした。
が、整理収納アドバイザー講座でならったことを思い出しつつ整理してこのようになりました!
(冒頭の写真と同じです。)
2014031802.jpg

今回も、まずはルールを決めるところから。
・玄関クローゼットに入れるものを決める。わがやの場合は・・・
 ・靴(普段使いのもの)&靴のお手入れグッズ
 ・コート
 ・雨具(ほとんど使わないけど)
 ・エコバッグ、紙袋
 ・アウトドア・お外遊びグッズ(ハイキングブーツ、ボール、レジャーシート、日焼け止め、虫除けなど)
・靴は普段使いのものだけ。(できるだけ5足程度まで)
・コートは一人2枚まで。

とまぁ、こんな風にざっと決めました。
あとは、使用頻度によって導線を決めて詰めていくだけ。
まずは上の段から。一番使用頻度の低いものは導線上取りにくいので、上の段へ。

こんな風にばっらばらで、全くスペースが活用できていない上の段が・・・
2014031803.jpg

こんな風になりました。そしてなるべく四角収納を心がけてます。本当はハイキングブーツを入れる箱がもうひとつあるとよかったのだけど。
2014031804.jpg

そして、下の段もぐちゃぐちゃでしたが・・・
2014031805.jpg

エコバッグ類と息子ちゃんの靴や帽子などを置いてます。
2014031806.jpg

ふぅーっ・・・。スッキリ。

今回整理してびっくりしたのは、靴の多さでした。
私の靴だけで、13足入ってました。旦那さまのを入れたら、たぶん20足は超えます。
しかも普段使いのは玄関に出してあるのにもかかわらず。
13足中、おそらく11足はたぶんこの1年さわってもいない感じでした。
なぜかというとほとんどの靴がヒールのある靴で、妊娠中はもちろん幼い子供と出かけるには実用的でなかったり、フォーマルすぎて履いていく機会がなかったり、と。

つまり、玄関に導線上ものすごく使いやすいクローゼットがあるのに、使わない靴がずっとそこに居座っていて、このクローゼットの機能を低下させてたんですよね。

それで、わたし、よーく考えてみたんです。なんでそんなにたくさん靴があるのかって。
そしたら、あることに気づきました!
下駄箱です!

日本には下駄箱という概念がありますよね。
私の実家には玄関に下駄箱があり、すべての靴が玄関においてありました。
日本の80年代に建てられた一般的な建築ですので、まだクローゼットという概念はなく、部屋は押入れか箪笥に収納が当たり前です。その習慣の中では、靴を部屋にしまうという感覚はなく、靴は下駄箱へしまうのが当たり前でした。だから私の靴たちもこの家の玄関に集まっていたのです。
ところがアメリカには下駄箱という概念はありません。だって玄関で靴を脱ぐという習慣がないから。(もちろん家が汚くなるから玄関で靴を脱ぐ家庭もありますが、それでも、家庭によるところが多いし、他人を招いたときに靴を脱いでくれとは強制しにくいものです。)
靴を収納するラックのようなものは販売されていますが、家具としての靴箱はまず売っていないんですよ。

そんなわけで、私の13足のうち半分以上はクローゼットに収まり、普段使いの靴がこの玄関クローゼットに収まることになりました。
生活習慣の中で培ってきた固定概念から解き放たれた瞬間です。
玄関クローゼットがスッキリ片付き、日本とアメリカの大きな生活週間の違い、ひいては文化の違いを発見した瞬間でした。

Wikipediaによると下駄箱は明治時代に定着した概念らしく、町屋文化の名残だそうです。
もともとは銭湯などで使われていたそうで、それが家にも入ってきたとか。
そもそも、名前が『下駄箱』って、もう下駄履いてないのに未だに名前が変わらないところって何気にすごい!
下駄箱に見る日米文化比較考でした。意外と感慨深いものですね。フフフ。

整理をする時には、今までは何気なくしていたことを見直してみるというのも大切ですよね。
そんなことに気付かされた今回の整理でした。整理収納って奥が深いー!

カードの整理。

Posted by Shibuko on 14.2014 収納・掃除 0 comments 0 trackback
出産にホリデーシーズンにバースデーラッシュの冬は頂くカードも盛りだくさん。
あちらこちらに積み重なってきてしまったので、ちょっと整理することに。
日本の年賀状と異なり、カードの大きさがまちまちなのが収納の難しいところ。

なのでこんな風にしてみました。

まずは厚紙とカップケーキなどの下に敷くレースの紙を用意。
この厚紙、実はシリアルの箱です。それに二つ穴をあけまして、レース紙を貼ります。
2014021012.jpg

あ、写真が横向きになってしまいましたが・・・
カードにも二つ穴をあけていきます。このとき、穴は真ん中そろえにする必要はありません。できれば厚紙と左したの角が合うようにしたいので、パンチホルダーに紙の用紙を設定する仕切りがついていたら、厚紙をパンチしたときと同じ設定のまま残しておいて、がしがしあなをあけていきます。
2014021013.jpg
この写真でも穴がちょっと上よりなのがわかるかな?

かぶせてみるとこんな感じです。左下があっています。(右下はたまたま同じサイズだっただけで、あわせたわけではありません。)
2014021014.jpg

あとはカードをまとめて紐でまとめました。
リングホルダーがあると便利だそうですよ。うちにはなかったので、一時的にこの状態で・・・。
2014021015.jpg

左下があっているので、立たせようと思えばたちますし、本棚の中にも収納可能です。真ん中あわせにしてしまうと、大きいカードだけ飛び出したり、たたせようと思っても傾いてしまったりします。
2014021016.jpg
あとはお好きなようにデコしてできあがり。

わが家は出産祝い以外にバースデー、クリスマスなどができあがりました。
さて、次はこれをどこにいつまで保管するかが問題なんだよなぁ・・・。

みなさん、カード類の保管期間ってどうされてます?

Freecycle Box

Posted by Shibuko on 11.2014 収納・掃除 0 comments 0 trackback
最近家の中のものが増えてきたなぁって感じてます。・・・つまりごちゃついてる。

なんだか捨てるに捨てられないこまごまとしたものがたくさん目に付くんです。
すごく気に入ってるわけじゃないからいらないといえばいらないんだけど、捨てるほど嫌いな訳じゃないの。
かといって、バザーや中古品として売るにしては価値がないようなもの、もしくはその労力がおしいものとか。

なので、Freecycle Boxを作ってみました。
フリーサイクルとはいらなくなったものを無料で誰か必要な人にもらってもらうというようなことかしら。

2014021010.jpg


とりあえず、箱を作ったのでこの中にいいらないものを入れてみたいと思います。
ある程度ものがたまったら、お友達がくるときに玄関先にでもおいてみようかしら・・・。

今のところ、息子ちゃんの誕生日のお祝いで使ったものとか(もうわが家では11月まで誕生日こないし。)息子ちゃんのタダでもらったおもちゃとか、そんなものが多いです。

運用方法はあとで考えるとして、とりあえず日々の生活で私の片づけを無駄に増やしているアイテムを投げ入れてみます。

片付け上手な人は捨て上手。
整理収納アドバイザーの講座で誰かがそんなことを言っていような気がします。

まだまだ片付け上手になれない私ですが、日々向上目指して邁進中です。
  

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
4790位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
509位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。