FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

Charleston day trip

Posted by Shibuko on 29.2015 旅行 0 comments 0 trackback
チャールストンの1日はあっという間。
朝ダーラムを出発して到着は1時前。まずは腹ごしらえ♪
82 Queenでメスの蟹のスープと、魚介のサラダ。




街並みはテラコッタやパステルカラーが溢れていてカリブ感でいっぱい。


シティマーケット、歴史博物館などを巡った後はウォーターフロントパークへ。パイナップルの噴水で息子ちゃんは大喜び。


レインボーローと呼ばれる一画は色とりどりの家が並んでめちゃくちゃ可愛い~!


たくさん歩き回って異国情緒を感じた後は一路サバンナへ!車で約2時間。
サバンナといっても大草原ではなくジョージア州サバンナですのであしからず。
今日は早く休んで明日のサバンナ観光へ備えよう~。

街歩きダブリン

Posted by Shibuko on 24.2014 旅行 0 comments 0 trackback
クリスマス目前の街歩き。朝早くに街に向かい、石畳みを踏む。

バトラーズでダークホットチョコレートを注文すると、レジのお兄さんがおまけのチョコレートをくれるという。
一番のオススメは?と問えば「キャラメルが一番美味しいよ」といってウィンクとともにチョコをひと粒差し出してくれた。
なんだか未知の1日が広がる予感。

店の外に出て一旦辺りを見回してからヘイペニーブリッジに向かって歩き出した。口に含んだホットチョコはほろ苦く、灰色の空と一対になってる気がした。
徐々に甘さと深みを増すホットチョコを片手にヘイペニーブリッジを渡る。ふと心が軽くなり笑みがこぼれた。

街歩きってイイ。知らない街は好奇心と冒険心を刺激してくれる。
頭の中にある構想を丁寧に組み立てながら街をすり抜ける。

・・・そういえば朝ごはん食べてなかったな。

そんな風に思ったのは、日本食レストランの前を通りかかったから。
無意識に知ってるにおいをかぎわけた私の体は空腹を訴えたけど、私の探険心は足を止めることを許さない。
新しいものを、刺激のあるものを、心躍るものを、とあちこちに意識を持って行きながら街を歩く。

立ち止まった信号機で空のホットチョコをゴミ箱に投げ入れ、また一歩を踏み出す。

彷徨って行き着いたのは骨董街。
アメリカでは美術館に入っているような年代物が所狭しと並ぶ辺りにヨーロッパの歴史を感じる。
アンティークショップの店主と情報交換をし目当てのものを購入したらハッピークリスマスと言って店を去る。

・・・もう明日はクリスマスか。

忘れ物と持ってきて助かったもの。

Posted by Shibuko on 23.2014 旅行 0 comments 0 trackback
アイルランドに来てはや6日。
主にのんびりしたりクリスマスショッピングなどに勤しんでおりますが、うっかり忘れ物してしまったもの、または持ってきて正解だったものが幾つかあります。
忘れ物No. 1はベビーカーにかけるビニールのカバー。

アイルランドは1日で四季が体験できると言われるほど天候の変化が激しいです。
そしてとにかく雨がすぐ降るのと風が強いのが難点。
子連れでベビーカーを使うときは寒さよけにもなるのでマストな存在です。
アメリカではいっさい出番がないからすっかり存在を忘れていました・・・。

そしてガイドブック。
今回で6度目か7度目になるアイルランドですが、まともに観光した事がなくて2年前に訪れた時にガイドブックを買ったのです。
でもその時は息子ちゃんが入院したため観光する暇もなく、ガイドブックの出番はなし。
今回こそは主要な観光地を訪れるぞと思っていたのに・・・。チーン。

ショッピングエリアくらいしかしらないダブリンの街です。

逆に持ってきてよかったと思うものは、子供用のシリアル。
今回初めて気づいたのだけど、同じブランドの同じ商品名のシリアルでもアメリカとアイルランドでは味も材料も全く異なります。
それが、違うブランドとなれば差異はさらに広がります。
わが家の子供たちはプレーンタイプのチェリオスをアメリカで食べているのですがそれは全然甘くないもも。
アイルランドのものはシュガーコーティングがされてあります。
息子ちゃんはあまり気にしていないようですが姫は甘いのが嫌なようなので、2週間の朝食を苦なく乗り切るためにも持ってきてよかったです。

それとメラトニンタブレット。
日本では認可されていないようですが、アメリカではかなり一般的な不眠症、時差ぼけ解消サプリです。
メラトニンは体内で生成されるホルモンの一つで年齢を追うごとに減っていき、お年寄りなどが早く起きてしまうのはこれが減少するからという説もあるようですが・・・
寝る前に飲むと体内時計がリセットされて時差ぼけが早く解消されるということで出張の多いビジネスマンにも愛用されています。
今回出発の数日前から飲み始めて5日ほど摂取しましたが、時差ぼけはなんとなく軽い気がします!

旅も中盤に差し掛かってきました。
楽しい時間は過ぎるのが早いですが、残りも楽しんで過ごしたいと思います☆

飛行機に乗る前は・・・

Posted by Shibuko on 16.2014 旅行 0 comments 0 trackback
わが家はだいぶよく飛行機に乗るほうだと思いますが、また本日から飛行機に乗って旅立ちです。
夫の実家、アイルランドへ。

飛行機にのって異国の地へ旅立つのはとても楽しいことなのですが、いやなのがフライトの中の乾燥・・・。
短距離だったらそんなに気にならないけど、長距離になってくると、目的地に着く頃はお肌もクタクタ。
毛穴は開いてくるし、乾燥しすぎで赤みが出たり、髪の毛だって静電気でいっぱい。
なので、フライト直前のお肌の手入れは入念に!です。

といってもたいしたことはしないのですが、単純にいつも1回で済ます化粧水とクリームを3回~5回くらいします。
顔に塗ったクリームの残りはもれなく髪の毛にもなすりつけます。

これをしておくと、若干不快感が軽減されるような気がするので。

それと、ただの水を入れたスプレーボトルを入れて数時間置きに自分のまわりにシュシュっとふりかけます。
それだけで若干自分の周りの湿度があがるので。
もしスプレーボトルが用意できなかったら、お手洗いにいく度に、濡れた手で洋服や髪をパタパタとはたいてあげるだけでもかなりの違いが実感できますよ☆

ちなみに、某エアラインに勤めるお友達数人からの情報によるとドリームライナーは気圧と湿度の管理が他の機材と比べて格段にいいので乾燥が少しだけましなんだとか。
確かにボストンから東京に帰ったときは乾燥が気にならなかったような・・・。

残念ながら今回のフライトはドリームライナーではないのですが。

実は明日は私の誕生日。フライトの中で誕生日を迎えることになりそうです。
去年の誕生日は大雪だったし、遅延とかないことを祈りたいです。

では、いってきます☆

Quebec City *Day4

Posted by Shibuko on 23.2014 旅行 0 comments 0 trackback
ケベックシティ散策の初日は議事堂に行ってきました。
というのも、滞在は目の前のHiltonホテルだったので。シタデルにも徒歩でいける距離だし、丘の上で上層階だと夜景もよく見られるし、とてもいいところでしたよ。

議事堂は堂々たる佇まい。お庭もよく手入れされていて、色とりどりの花があちらこちらに植えられていました。
2014091801.jpg

そこから朝食は歩いていける距離のベイカリーへ。
Paillard
2014091802.jpg
店内はかなり広くて、カフェテリア形式なので、買ったパンをそこで食べられるようになっています。
温かい飲み物なども注文できるし、パンも美味しくて、美味しいフランススタイルのパンが好きな旦那さまはほくほく顔。

pommes et couranberie
2014091803.jpg

りんごとクランベリーとシナモンのパンは冬にぴったり。どっしりとした田舎パン(サワードウ)は、食べごたえもあって、これから1日歩き回るにはぴったりの朝ごはん。
2014091814.jpg
アワや穀物がたくさんはいったバゲットなどは創作意欲も掻き立ててくれてとっても嬉しい刺激をくれます。

そこから城壁の外側を通って散策。シャートフロンタナックまで。
大砲が街のいたるところにおいてありました。
2014091804.jpg
ふもとからみるシャトーフロンタナック。
2014091805.jpg

色んな角度から撮ってしまいましたよ。
2014091806.jpg
2014091807.jpg

ケベックシティのいいところは徒歩でどこでも歩き回れて、またバスも仕組みが簡単なので、とても移動がしやすいです。
坂が多いのが難点だけど、バスさえ乗れればベビーカーを持っていても街歩きはOKでした。

午後は姫が眠そうだったので、旦那さまとは別行動で、先に戻ってお昼寝することに。
そしたらあっという間に夕方で、結局夕飯は近所のスーパーで生ハムとプレッツェルとビール。笑

夜子どもが寝静まってから、私は夜の散策へ。
夜の議事堂はライトアップされていて、また別の見ごたえが。
2014091808.jpg

2014091809.jpg

城壁もライトアップされています。
2014091810.jpg

夜は街の中はかなり静かで、治安も悪くなさそう。
馬車も夜遅くまでご苦労さまです。
2014091811.jpg

そして、やっぱり夜のシャトーフロンタナックも見に行ってしまいました。
こちらも圧巻です。
2014091812.jpg

40段はあるであろうこちらの階段は北アメリカで最古のマーケットと呼ばれるストリートの一端で、日中は観光客がひしめきあいますが、夜はいたって静か。
さすがにここはベビーカーではきつかったですが、夜の一人歩きなら問題なしです。
2014091813.jpg

とにかく歩いて歩いて、雰囲気を楽しむだけでも十分楽しめちゃうケベック1日目なのでした。
  

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
3917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
486位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。