スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

Biltmore*4つ星ホテルInn on Biltmore

Posted by Shibuko on 31.2016 ノースカロライナ・ダーラム 0 comments 0 trackback
今回のBiltmore旅行では初めて敷地内のInn on Biltmoreに滞在してきました。

2016032622.jpg

Forbesの格付けで15年連続4つ星をもらっているこちらのホテルはビルトモアハウスでジョージ&イーディス・ヴァンデビルトがゲストをおもてなしをしたのと同じレベルの滞在を、という理念のもとでゲストをお迎えしているそうです。

フォーマルレストラン、アフタヌーンティ&バーラウンジ、スパ施設、屋外の温水プールにホットタブ、バンケット施設を備えたオールラウンドのフォーマルホテルで、敷地内の行き来は無料シャトルが15分おきに走っておりととても便利。
またホテルからの丘を降りていくと、アントラーヒルビレッジ&ホテル&ワイナリーがあり、もっとカジュアルなレストランでの食事も楽しめるし、ファームで動物と触れ合ったり、子供たちをプレイグラウンドで遊ばせることなどもできる、全年齢対象型のステイが満喫できます。

混雑時やハイシーズンになるとヨーロピアンプラン(素泊まり)でも一泊1000ドル近くはするようですが、3月はまだピークには入る前のようで、イースターという祝日にも関わらず、アニュアルパスホルダーの割引を使って一泊$250以下(Taxは別途)で宿泊。
(私たちの滞在から2週間後の祝日でない週末の値段を調べてみたらなんと$900~でした!)

ちなみにヨーロピアンプランベッド&ブレックファストプランというのを比較すると
・ビルトモア エントランスチケット
・バレーパーキング
・朝食
の有無が主に異なります。

今回ヨーロピアンプランで滞在してみましたが、わが家にとっては全く遜色なしでした。
アニュアルパスホルダーなのでエントランスチケットは不要だし、駐車場はホテルから歩いて30秒。
朝食だってビュッフェ以外にも選べる美味しそうなメニューがたくさんあるのでむしろビュッフェじゃないことが幸せ♪

お望みのスタイルにあったプランを選ばれることをお勧めします。

案内されたお部屋は601号室。エレベーターから一番離れた角に位置するお部屋で妊婦には気の遠くなる距離でしたが(目視で約100m!)、部屋を開けてみると・・・
2016032501.jpg
ものすごく広い!
ダブルベッドが2台と簡易ベッドにもなるソファーが置いてあるというのにまだまだ有り余っているスペース。
子連れにはありがたい広さです。
2016032503.jpg

子供たちは部屋の中で駆けまわったり、ベッドで飛び跳ねたりと大変忙しい様子。

2016032505.jpg
ベッドのヘッドボードとシャム(クッション)にはヴァンデビルトさんの「V」の刻印が。
マットレスもピロートップタイプでふかふか。
とっても寝心地がよかったです。(特にお腹の大きな妊婦にはコレ大事。)

地上7階建ての6階で、景色も大変よく部屋からはアシュビルのダウンタウンが展望できました。

2016032502.jpg
お風呂だって装飾が施されています。

2016032504.jpg
バスルームカウンターにはバラのお花が。

最近はモダンでシンプルな内装のホテルが増えているし、そういったホテルに泊まることが多かったので、ヨーロピアンな雰囲気を感じられるここに滞在するのはとても新鮮な気持ち。

ヨーロピアンの雰囲気を感じつつ、アメリカの田舎でスペースがたくさんあるがゆえのこのお部屋の広さは本当にありがたい。
旦那さまと私はそれぞれダブルベッドを使い、子供たち二人は簡易ソファ(といってもダブルサイズ)で二人仲良くシェア。

朝目が覚めると・・・
2016032601.jpg
朝もやと朝日の織りなす美しい景色から1日が始まります。

イースターであるこの週末は土曜日の午後2時~4時の間、ロビーの一角にイベントコーナーが。


ブートニア、コサージュ作りのブースです。

好きなお花を選べばその場でささっと作ってくれます。





その隣にはイースターキャンディステーションも。


外出から戻って来たら子どもたちと一緒にコサージュを作ってもらってキャンディを食べて…と予定を組み立てていたのだけど、疲れてしまってハウスから戻る途中にシャトルの中で眠ってしまった子どもたち。

・・・でもこの大量のキャンディは見せなくて正解だったかもね!

2016032632.jpg
窓の外にはこの写真では見えないけれど、ビルトモアハウスも遠くに眺めることができ、山々の織りなす景観をのんびり眺めるのは本当に贅沢な時間でした。

ダーラムからは4時間弱と、なかなか気軽に行ける距離ではありませんが、それでも今回Inn on Biltmoreに初めて宿泊してみて、さらにBiltmoreのとりこになってしまったわが家なのでした☆

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikobiyori.blog.fc2.com/tb.php/724-c10e35da

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
4985位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
542位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。