スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

明けましておめでとうございます 2016

Posted by Shibuko on 07.2016 料理 0 comments 0 trackback
三が日も明けてしまいましたが、あけましておめでとうございます。

今年のお正月にはどうしてもおせちが食べたくて、というのも昨年はアイルランド旅行から戻ったばかりで元日から子羊など食べておりましたので、どうもおせちが恋しかったわけです。

かといってお取り寄せのおせちはあまり美味しくないのに値段ばっかり一流なので、作ったほうが良いことは明白。
とはいえ、子供二人とお腹に一人を抱えておせちをすべて作る時間も体力もない私にできることは頭脳戦。

頭脳戦て・・・。ないもの捻ってもなぁ。

でも私の食への執着は人並み以上のものがありますからないものもとにかくひねってみました。
そして意外にも簡単に出た答えは「おせち交換会」。
難しいことではなくて、「おせちが食べたいなぁ」と同じように思っているみなさんと協力しておせちを一人数品大量に作ってわけあいっこをする、ということです。

そしてその結果がこちら。
2016010101.jpg

2016010102.jpg
なかなか豪華でしょう?ここ、アメリカ。しかも片田舎!
もちろん日本から調達した食材もありますが、ほとんどはこちらで買えるもので作ったものばかり。

手作りでここまでできるんだなぁと、「感激」の一言に尽きます。

今回はSさん、Yさん、Yさん、Yさん、Hさんの計6人で作りました☆
(あ、Yさんが3人も。笑)
一人1品~3品くらい作って31日の日にみんなでわが家に集合、そして煮しめを作った後おせちを交換&精算の流れ。
朝10時以降に集まり始めて終わったのが3時くらい。
お煮しめはちょっと多めに作ってランチ代わりに試食会も。

とっても楽しく有意義な時間を過ごせた上に、こんなに豪華なおせちを食べることができて、参加した皆さんからはすでに「ぜひ来年も!」とのお声も。

元日の朝に、美しい品々を盛りつけつつ「まとめるのはちょっぴり大変だったものの頑張って思い切ってお声がけしてみてよかったな」とほっこりした気持ちでそれぞれの持ち寄った一品をいただきました☆

日本では最近はあまりおせちを食べる人がいなくなったなどという話も聞きましたが、ここ海外では、海外だからこそおせちを食べて日本の気分を味わいたいという人は少なからずいるようです。

こういった季節ごとの伝統の形も変わっていくのでしょうが、できうる限り続けていきたい「おせち交換会」なのでした。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikobiyori.blog.fc2.com/tb.php/680-5c6ccd13

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
6633位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
768位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。