FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

蛇腹きゅうりのごま油和え

Posted by Shibuko on 29.2015 料理 0 comments 0 trackback
突然ですが、きゅうりってマンネリ化しがちな一品、じゃないですか?

うちの実家ではだいたいきゅうりはぬか漬けと塩昆布和えが多かったです。
わが家では・・・だいたい迷って塩昆布和えやサラダに添えたり、味噌つけて食べたり中華風にしてみたりと、なんとも中途半端な位置づけ。
でもきゅうりって本当はすごくすごく美味しいですよね。

なので、そんな美味しいのにいつも活かしきれないきゅうりさんをもっと美味しく頂くべくよーく考えてみました。

考えるってとっても大事なコト。
子どもが二人に増えて、特にそう感じます。単純作業に思考というプロセスを加えることで、作業は飛躍的に効率化しますからね。

そう、そして考えていきついたのがこの一品。
蛇腹きゅうりのごま油和え。

2015011904.jpg

あ、大したことなくてゴメンナサイ。
なにかすごいのでるとか期待させちゃってたら本当にすみません。ペコリ。

でも私の中ではこれはけっこうこれから使えそうと思っています。
見た目がただのたたき胡瓜よりも華やかで、切込みが入ってるから食感が上品で、かつ短時間で味がきゅうりに絡むという点で非常にすぐれていると思います。

たたききゅうりはありがちな胡瓜料理ですが、私は中にまで味がしみていない感じとかちょっと無骨な感じが、普段の食卓には構わないけれど、お客様にお出しするのは不向きだなと感じでしまうのです。
私は幼い頃に母の手伝いをしなかったダメな娘の典型なので家庭料理というのは母からあまり習得しておらず、その点、大学生の頃にアルバイトでお世話になっていた料亭の板前さんたちのお料理を間近でみていたせいか、どうしてもそういった料理に魅力を感じてしまいがちです。
もちろん腕前は天と地以上の差があるのですが。

家庭でもできるちょっと高級な、そう高級割烹的なお料理。
そんなお料理バリエーションをふやしていきたいと思っています。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikobiyori.blog.fc2.com/tb.php/572-5e354ce7

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
6842位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
791位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。