としのくれに思うこと、二〇十四。

Posted by Shibuko on 31.2014 日記 0 comments 0 trackback
今年のはじめのほうに(注:元旦ではありません・・・)『片意地張らずにのびやかに努力を出来る人になりたい』と抱負を決めました。

振り返ってみれば、目標にかかげた小さな部分では達成できなかった部分もあるけれど、(食材を残さないとか、片付けとか)それでも色んな方面に興味を広げて見聞を深め、実際にアクションをおこした年だったと思います。

写真のコースに4回通い、ブログを250件ほど書き、趣味のお料理会はほぼ毎月ペースで計10回ほど開催し、英会話のレッスンをして、海外へ4回旅行をし、洋服は目標の3着を作り、テレビ取材に1回登場、雑誌に1度掲載、Cookpadではコンテストで1度入賞・・・と、2歳未満の子どもを二人育てながら州を越えての引越しも含めたらかなり頑張ったほうだと思います。

特に今年の一番の収穫はアンティークとビンテージの世界に興味を持ったこと。
過去に興味をもつというのは、今までの自分に足りなかった部分でもあり、そこをどんな形であれ補うことができたのは自分にとってはとても大きな要素です。
そして1年の締めくくりである今日、わが家に本物のアンティークがやってくるんです。
ちょっとしたものなので大仰にアンティークと言ってまわるほどのものではありませんが、それでも1890年代に作られたものがうちに来るなんて・・・。実はかなり興奮。

新しいもの、古いもの、誰かの手を伝ってきたものには必ずストーリーが存在します。今年はそんな存在に気づかされた年。
来年はそんな誰かのストーリーを大事にしながら、自分のストーリーとつなげていきたい。ぼんやりとそんなことを思い描いている一年の暮れです。

みなさま、どうぞよいお年を。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikobiyori.blog.fc2.com/tb.php/559-10ec032b

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
3401位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
409位
アクセスランキングを見る>>