スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

カナダ土産 Lucia

Posted by Shibuko on 26.2014 Made in America 0 comments 0 trackback
カナダで買ってきたお土産はそう多くはないのですが、自分用にかってきたのがこちらのキャンドル『Lucia』。
カナダ製で私の大好物なソイキャンドルです。
このLuciaというブランドはキャンドルの会社ではなく香りのするものをトータルでプロデュースしています。他にも、石鹸やオイルディフーザー、ボディクリームなんかもありましたよ☆

2014092402.jpg
ソイキャンドルは何がいいかと言えば、均一に溶けていってくれること。普通のキャンドルだと、芯の部分だけ溶けて周りが残ってしまう、もしくは容器にこびりつくような感じに溶けていくのですが、ソイキャンドルは綺麗にとけていくんですよね。

だいたい旅先でソイキャンドルをみつけると買ってしまう私ですが、今回も多分にもれず。
こちらは番号ごとに香りが違い、見た限り1から24まではあった気がします。そして通常サイズはおそらく100時間とか燃焼するサイズですが、こちらはミニの4点セットでした。大きいのを1つ買おうかと迷ったのですがあまりの種類の多さにどの香りにするか選びきれず、結局1から4までのセットのこちらを購入。
ちなみに今回の旅行でガイドブックを貸してくれた友人がいるので、2番の香りを友人にお礼に渡しました。
2番はローリエ&オリーブの香りでこのなかでもいちばんクセが少なく、それでいてフワッとまろやかさもある香りでとってもいい香り。
他の香りもどれもいい香りでどれをあげるか迷ったのですが、やはり香り物と言うのは人それぞれ好みが違うから、よっぽどその人のことを知らない限りは冒険せずクセのないものをあげるのがいいと思っています。

ちなみに、このサイズで20時間はもつということなので、お客様が来たときのバスルームにちょうどいいなと思い、今日から使い始めました。
気分によって香りも変えられるし、見た目もかわいいですしね☆

2014092401.jpg

可愛いのでこんな風に積み上げてみて遊んでみたりして。
(注:こちらはキャンドルです。積み木ではありません、ハイ。)

アメリカに来て3年たちますが、行く先々でソイキャンドルをみつけては試してみています。
それぞれ色んな香りのブレンドがあり、それだけでも楽しくなるのですが、そこに旅の思い出までついてくるので私にとっては二重に楽しいものなのです。

旅先でこれを買わずにはいられない、って方はきっとたくさんいるかもしれませんね。
みなさんは旅先でどんなものを手にしますか?

またよいソイキャンドルを見つけたら手にとってみたいと思います☆
さて次の旅行はどこに行こうかな?
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikobiyori.blog.fc2.com/tb.php/514-09cf2369

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
5961位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
700位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。