FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

ガラス瓶の針山。

Posted by Shibuko on 23.2014 手作り 0 comments 0 trackback
中学生の時に学校でおまとめ購入のお裁縫道具に入っていた針山は、とうに限界を迎えていて、それでも横着ものな私は気にせず使っていたのですが、さすがにもう潮時だろうと、リメイクすることに決めました。(注:もう2年くらい前から潮時だったんですよっ!)

簡単に作り方をご紹介。
限界を迎えた針山、空き瓶(ふたがディスクとバンドにわかれてるタイプ)、瓶のディスクよりひとまわり大きい布(ハギレ)を用意。
2014072005.jpg
針山を分解します。かなり大量のふわふわが入ってました。
2014072008.jpg
びっくりしたのは中に埋もれてた針の数。マチ張りは埋もれないのですが普通の縫い針が1本くらいしかささってるようにみえなかったのに、あけてみたらなんと10本以上も埋もれてるじゃないですかっ!!恐ろしっ!!もちろん、分解中に何度も刺されましたとも・・・
2014072007.jpg
ひとまわり大きい布を用意。
2014072006.jpg
たまたま糸が通っている針がさしてあったのでぐし縫いをして縮めましたが、瞬間接着剤をつけて留めていってもいいんだとか。全部縫ったら縮める前に空いてるところからクッション材を詰めて、ぐしぬいをきつく縮めます。
2014072009.jpg
最後はそれを瞬間接着剤でバンドにくっつけてできあがり。ボンドじゃ乾燥させるまでに時間がかかる上粘着力が弱くてすぐに取れてしまうので、ここは瞬間接着剤を使いましょう。
2014072010.jpg

こうして出来上がった針山はすでに活躍してくれていて、使わない時はフタを閉めておき、使用時にはフタを開けて針山は自分の手元に、瓶はミシンの脇に置いて握り鋏、糸やリッパー、ペンなど裁縫小物の一時物置にしています。
整理整頓が苦手な私は、すぐに小物類が物に埋もれて行方不明になってしまうので、この針山のおかげで少しだけ効率良く作業が進められるようになりました!

もう少し早くに針山作っておけば良かったなぁー!
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikobiyori.blog.fc2.com/tb.php/480-849f1dd9

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
6552位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
782位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。