チーズケーキとルバーブとマルガリータ

Posted by Shibuko on 18.2014 料理 ドリンク 0 comments 0 trackback
ここのところチーズケーキが食べたくて食べたくて・・・

この2週間ほどの間にすでに4台目。

今日はなかでも、いちばん美味しく食べました!
なんてったって、家で食べるデザートの楽しみは好きなものと一緒に食べられること。
早速先日ゲットしたお皿たちを使い、手作りのルバーブソースを添えたチーズケーキとともにフォートナム&メイソンのダージリンでアフタヌーンティー。
2014071112.jpg
この日は姫の8ヶ月だったので、「8ヶ月祝い」と称して堂々と頂きました。
2014071111.jpg
遠くで指を加えて眺める姫。笑

そしてアフタヌーンティーだけにとどまらず、食後のデザートにも。
2014071113.jpg
理由は旦那さまが仕事でだいぶ疲れて帰って来たので、景気付けに!と称してまた堂々と食べる私。
ちなみにこのカクテルはマティーニロワイヤルというもので、テキーラとラズベリーリキュールのお酒です。
普通のマティーニより甘みがあるのでデザートとの相性がとても良いです。

ちなみに、ルバーブとはなんぞや?と思っている方のために、ルバーブを簡単にご紹介。
日本でもタルトなんかには使われているのを見かけたことがあるのですが、原型はこんな感じ。フキの茎のような感じです。食用ダイオウと呼ばれるそうで、とにかく酸味が特徴です。
2014071109.jpg

繊維がたくさんなので、便秘などにも効果があるとされるようですが、調理をする時はジャムのように煮詰めて使うならこのように1cmくらいに繊維を断ち切るように切ってから煮ます。
中は緑なんですね。
2014071110.jpg
砂糖とごく少量の水を入れて煮るのですが5分もすればもうドロドロになるほど煮崩れしやすいです。
逆に言えばほとんど煮なくて済むのでものすごく短時間で出来上がりです。
10分ほどで冒頭のケーキの横にあるソースくらいになりました。

味は砂糖と一緒に煮ているので甘酸っぱいというのが1番よく当てはまる言葉です。ラズベリーでもなくアプリコットでもなく、でもそのあたりの酸っぱさです。イチゴなどからはかけ離れてると思います。
チーズケーキの甘みとうまく調和してとてもいいバランスになるのですが、チーズケーキをそこまで好んで食べないうちの旦那さまもベタ褒めしてました。あ、でも大のルバーブ好きってのがきっと1番の理由なんですけどね・・・。
(ルバーブソースを食べるためにチーズケーキを食べてるんじゃないかと。。。)

とにかく食べてみないとわからないと思いますので日本でも見つけたらぜひ食べてみてください!以前はFloのタルトで見かけたなぁ。
アメリカ在住の方はたぶんいたるところで見かけると思いますが、機会があれば調理してみてもいいかもしれませんよ!

さ、今夜も〆はチーズケーキなり♪
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikobiyori.blog.fc2.com/tb.php/476-51ab1fa8

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
3401位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
409位
アクセスランキングを見る>>