10代がデザインするボストンTシャツ~ボストン土産~

Posted by Shibuko on 05.2014 ボストンBoston 0 comments 0 trackback
お友達やら家族やらが遊びにきてくれていいのは行ったことのない観光スポットや新しいお土産などの情報を入手できること!

今回はボストンの数ある観光地でも、欠かすことのできないFeneuil Hallで見つけたこのボストンTシャツ☆
Tシャツって、まぁ正直もらっても微妙だけど、このTシャツは可愛くてユーモアのセンスがきいてるので、Tシャツ好きな人がいたらいいかも!
かくいうわが家の場合、旦那さまが大のTシャツ好き。C.C.LemonのTシャツやらマーベルコミックのアニメキャラやら、ひいてはどーもくんまで。街中で日本人によく指さされてクスクスって笑われてます、ハイ。

2014063007.jpg
こちらは大人用のTシャツ。I'm on a Roll!と書かれていますが、訳すなら『オレ、ノってるぜ!』な感じです。
何にノってるかといえば、ロックンロールのロールとロブスターロールにかかっていて、音楽にノリノリなのと、ボストン名物ロブスターロールにノってるわけなんですね!
しかもそういうわりに、ものすんごくだらっとしたロブスターくん、やや癒し系です。

2014063008.jpg
そしてこちらは子供用。犬が吠えていて、その下にBahston!と書かれています。
こちらの犬が吠えるのを『バーク』と言いますが、ボストニアンは独特の訛りがあり、『ボストン』を『バースタン』てな感じで発音するんです。その音をかけてあります。

どちらも英語とボストンの文化というか、特徴を理解してないとわかりづらいジョークなのですが、私にはとってもツボでした。発見したとき旦那さまにめちゃくちゃ興奮して説明をしたら、「買えばいいじゃん?」と言われたのですが、そのときはちょっと悩んで先送りにしました。でもやっぱり忘れられなくて、先日友人がきて同じお店の前を通ったときに購入を決意したのです。旦那さまが帰ってきたらびっくりさせてやろうと思いまして☆あげたら、喜んでくれて「義姉(私の姉)に報告しようーっと」とルンルンしてました。(うちの姉もTシャツ好き。)

これらのTシャツはArtists for Humanityという団体を通じて作られたもの。ボストンにある組織で、10代の若者がボストン周辺の公立学校で十分な芸術的な経験や刺激が受けられていないと思った発起人が、若者に芸術へ触れ、挑戦し、経験をつむ機会を与え、世界とかかわりを持つ場所を作るという目的で1991年に発足された組織だそうです。
・・・簡単に言うと、このTシャツはボストンの10代の若者がデザインをしてるんです!
ただの可愛いBostonみやげだけでなく、若者の新たな才能を支援することもできてしまうなんて、よけいにこのTシャツを買いたくなってしまいます。
こんなアメリカらしい取り組み、とっても素敵ですよね。

こちらのTシャツはFeneuil Hallに入ってすぐのTシャツ屋さんで購入可能です。ボストンに来られた方、ボストン在住の方、ぜひぜひ機会があれば手に取ってみてください!
輝け未来のデザイナーたち!(←昭和なスローガンでごめんなさい・・・)

週末のBBQで父子お揃いできさせよう。うわぁー、楽しみ。ふふふ〜☆
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikobiyori.blog.fc2.com/tb.php/462-a710ff3e

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
3401位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
409位
アクセスランキングを見る>>