FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

新緑の中聴くOmar Sosaが好き

Posted by Shibuko on 18.2014 日記 0 comments 0 trackback
 個人的な事ですが、私はOmar Sosaが好きです。

 Omar Sosaって言われてもきっと大半の方は「何ソレ?」ですよね。特にこのブログを読んでくれてる方には「オマール海老的なお料理?」と思われてもおかしくないかも。

 オマール・ソーサとはキューバ出身の現在は世界中で活躍するピアニスト。ここ数年は何度も来日してブルーノートなどでも演奏していて、『鍵盤の魔術師』とも呼ばれているんだとか。
 そんな私が彼の存在を知ったのはもう5年以上前のこと。あるDJアーティストのCDに収録されていたIyawoという曲が初めてのOmarとの出会いでした。

 水辺を連想させるようなパーカッションと、あれはコントラバスの低音かな・・・の上に軽やかかつしっとりしたピアノの旋律が絡み合ってなんとも爽やかな気分にさせてくれるイントロ部分が大好きで、その後も段々気分を浮上させてくれるような、空へふわふわと舞い上がって行くようなそんな浮遊感を感じさせてくれます。
 当時、丸の内にあるオフィスで働いていた私は、東京駅の丸の内改札を出て、新緑の仲通りを歩く時に毎日のようにこの音楽を聞いていました。丸ビル、新丸ビルの近代的で美しい建物の脇をすり抜けて、オープン前のハイセンスなショップたちを眺めながら、よく手入れをされた広い舗道をこの曲に足取りを乗せて歩いて行くと、オフィスに着く頃には気持ちが前向きにさせられ、今日もやるぞ!という気持ちにさせられたものです。

 実は結婚式の入場にもこの曲を使ったほど。

 曲の途中の浮遊感はとても気持ち良くて、でも最後にはきちんと地上に降りてきて、自分の足でしっかり地を踏みしめるようなそんな気持ちになるから、曲の最後には気持ちがとても落ち着いているんです。

 今でもこの曲を聴くと、丸の内の街並みと新緑のさざめきを思い出したり、結婚式で友人たちが暖かく入場を見守ってくれた時の昂揚感、多幸感を瞬時に引き出してくれて、私にとっては一種麻薬のような作用があるようです。

 気分が落ちた時、気持ちを落ち着けたい時、のーんびり深呼吸をしたい時、幸せな時に聴くOmar Sosa。
 (うちの2歳児と0歳児が揃ってギャーギャー言ってる時には、時々自分の近くにスピーカーを置いてOmar Sosaを浴びるように聞いてます。旦那さまには「近くない?」と言われる始末。「ん、ある種の結界だから気にしないで。」といったら旦那さまはやや苦笑いしてました。たまには子供をこの程度ソフトにシャットアウトすることはいけないことじゃないですよね⁉︎)

2014061801.jpg

 今は新緑のわが家で子供たちと一緒に聴くOmar Sosa。
 これからも人生の色んな節目でたくさんお世話になりそうです。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikobiyori.blog.fc2.com/tb.php/449-d1d4e8e2

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
6552位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
782位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。