外務省から海外の日本人妊婦に母子手帳配布!

Posted by Shibuko on 15.2014 子育て 0 comments 0 trackback
海外妊婦に朗報ですーッ!

昨日、外務省から海外に住む日本人妊婦に対して母子手帳が配布されるとの発表がありました。

社団法人親子健康手帳普及協会から1万5000冊の母子手帳を海外に住む日本人妊婦のために無償提供したいとの申し出があり、外務省がそれに協力することを決めたそうです。

社団法人親子健康手帳協会とは、『日本の母子手帳を変えよう』をスローガンに、とっても可愛くてかつ機能的な両親参加型母子手帳を製作、地方自治体向けに販売されている団体で、ボストン日本人マタニティサポートグループが初めての海外の自治体としてこちらを使わせてもらっていました。

今までは海外では母子手帳がもらえず、英語と日本語併記のものを購入したり、場合によっては母子手帳を諦めた方もたくさんいた海外妊婦ですが、今回の無償提供のおかげで海外で生まれたわが子に母子手帳を残してあげることが出来るようになります。

この母子手帳は子どもにメッセージを残してあげる欄もたくさんあるから、子どもの成長をたくさん書き残してあげられます。

今まで、『海外 母子手帳』とインターネットで検索をすると、『もらえない』といった記事が上位に上がっていましたが、これからは『海外 母子手帳 大使館でもらえる』などのようになっていけばいいですね!

配布は世界に228ある大使館や総領事館で配布をされるそうですが、数に限りがあるので、まずは居住する国や地域の大使館などに問い合わせをしてほしいとのことだそうです。

今回の配布は1万5000冊ですが、毎年海外で出産される日本人妊婦の方は1万2000人程いるとか。
おそらく1-2年で配り終えてしまう数です。
部数限定で始まった母子手帳配布が継続されるかどうかはきっと妊婦さんからの「もっと!」の声にかかっているはず!
海外でこれから出産を迎える日本人妊婦の皆さま、どうぞ積極的に問い合わせをしてみてください。

海外にお友だちが住んでいる方、海外出産経験者のみなさま、どうか情報のシェア&拍手ボタンをポチッとお願いします☆
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikobiyori.blog.fc2.com/tb.php/419-850e239b

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
3401位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
409位
アクセスランキングを見る>>