スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

ラングドシャ~本日のおもたせ~

Posted by Shibuko on 27.2014 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
先日、午前中は英会話のレッスン、午後はお友達のおうちに遊びに行くという予定が入っていて、朝、時間があまりないうえ前日は子供たちのお昼寝がうまくいかず、やりたいことがまともにできず・・・ということがあり、何か短時間で用意できるお菓子はないかと考えた末、ラングドシャを作ることにしました。

これなら1時間ほどで仕上がるし、家にある材料で作れるので、時間のないときには持ってこいです!

実は、以前友人が遊びにきたときに作ろうとしたのですが、そのときはパーチメントペーパーとワックスペーパーの違いを把握しておらず、生地にワックスペーパーがくっつき、さらに焦がすという大失態をおかしました・・・

なので、リベンジの今回だったのですが、今回はわりとうまくいったようです。

2014042401.jpg

棒状のものと丸めたものにチャレンジしてみました。
食感はとろける感が足りなかったので、きっと粉を混ぜすぎてしまったのではないかと思います。そして、ちょっと厚かったかも。
次回は少し薄めに焼いてみようと思います。

そして、おもたせする際の包装に悩む。
タッパーに紙しいて入れたんじゃ、色気に欠けるしなぁ。せっかくのエレガントさが台無し。(ま、私が焼いたものなのですごく見た目がきれいとは言い切れませんが、それでもやっぱりおフランスのお菓子ですからね、オシャレにしたいですよね!)

で。悩んだ末に決めたのはこちら。
メイソンジャーと呼ばれる、アメリカのジャムつくりには欠かせないこちらの瓶。
蓋がリング状のバンドになっていて、ジャムだったらディスク状の板がはいるのですが、今回は通気性も考えて、パーチメントペーパーをリングで留めて、それを紐で留める事に。
2014042402.jpg
これなら、中のお菓子が割れる事もないし、ある程度焼きたてだけど、湿気がこもることもないし。
そしてお友達の家にいったらふたをあけてそのまま食べてもらうこともできるので、われながらいい案かと。

我が家にこの瓶が2つしかないのですが、今後はまとめておいておいて、瓶ごと差し入れするのもありなか、とも考えています。

お菓子って作って食べるのも楽しいけど、私はこの包装する工程も楽しみの一つです。
次はどんなお菓子を差し入れしようかしら♪
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikobiyori.blog.fc2.com/tb.php/407-1445947e

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
6782位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
841位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。