スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

子供ごはんもかわいくしたい

Posted by Shibuko on 09.2014 料理 0 comments 0 trackback
日々あれこれ勉強中の私ですが、キャラ弁なるものはまだまだ未開の地でして・・・
たまには試してみないとなぁと思い、普通の夕飯ですがちょこっと手を加えてみました。

といってもイチゴとご飯ものだけですが。

2014033015.jpg

ご飯は梅のふりかけで味付けをし、振り振りキットで2つボールを作って耳に、そしてうちにあるアンパンマンの抜き型で顔の土台を作り、薄焼き卵で巻いてあります。
顔は海苔を専用カッターで抜いて好みの位置に貼り付けました。

息子ちゃんの反応は・・・

「目」、「おににー(おにぎり)」「イチゴー」・・・とのこと。

クマだとわかってもらえず・・・!無念!
面白いのは、当たり前だけど、言われるまで黄色の部分に手を出さなかったこと。
今まで見たことも食べたこともなかったオムライス(風です、あくまでも)ですから、黄色が卵であることも、中にご飯が入っていることも、考えもしないよう。

耳の部分を食べ終わり「もっと、おににー」と言われたので、黄色い部分をスプーンで崩そうとすると、『触るな』ばりに「ノー!」と言われてしまいました。
2014033007.jpg
<こちらは別の日に作ったパンダ風おにぎり。なんだかパンダになりきれてないのはなぜ?>

なので、「おにぎりは、この中に入ってるんだよ。」というと、一瞬キョトンとした後、黄色をわしづかみ観察し始めました。
中からご飯が出てくると、それを取り出し、黄色の部分はのけて食べ始める。・・・なので、今度は「黄色は卵だよ」というと、今度は「たまごー」と言って食べ始めました。

大人になってしまえば、黄色はたまごで中にはご飯が入っていることって言われなくてもわかりますが、子供にとっては当たり前だけどそんなことわからないんだよなぁと思った瞬間です。

こういう時に、大人の当たり前は子供の当たり前ではなくて、きちんと教えてあげないといけないなということを再認識させられます。
大人がインプットを与えて初めて子供は学習する。これは、大学の教育心理学の授業で教わったことですが、まさか大学の教育心理学が子育てに役立つとは・・・
そのほかにも日常的に教育心理学で教わったことを応用し考えながら子育てをしています。
知っていてよかったと思うことが大変多く、これに関しては半ば父に教養されて取得した教員免許ではありますが無駄ではなかったなと思うこの頃なわけです。

父に感謝です。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikobiyori.blog.fc2.com/tb.php/381-ea6b0090

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
6913位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
811位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。