スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

ある日の食卓~時間がないときのチキン料理~

Posted by Shibuko on 13.2014 料理 鶏肉 0 comments 0 trackback
二人の子育てが始まって以来、大変お世話になっているオーブン様。

この日もオーブン様の出番です。
40分で晩御飯。

チキンの甘辛ソース焼きです。
2014030801.jpg

お米をざっと洗い、早炊きで2合ほどセットし、オーブンを375℉(180℃)に予熱。
鶏肉の両面に塩コショウをし、レモンの皮を1個分摩り下ろし、皮骨つきチキンの皮と肉の間にレモンのすりおろした皮とレモン汁をぎゅーっとしぼります。
(このレモンの皮のひと手間が時短でも美味しさアップの秘訣です!)
そしたら、アルミホイルをひいた天板に皮を下にしてのせてタイマーを20分にセット。

その間に、アメリカ風甘辛ソースをつくり、付け合せのパプリカを切る。

20分たったら、オーブンをBroil(グリル機能みたいなの)に変えて、チキンの皮の面を上にし、天板のあいてる部分にパプリカを追加投入、タイマーを7分にセット。
タイマーがなったら甘辛ソースをチキンに塗って、さらにタイマー3分でできあがり。

余力があればその間にお味噌汁もつくれるかも。
この日の具はおとうふとオーガニックな大根の葉っぱ。笑
2014030805.jpg

作りおきのバーニャカウダもあったので、セロリとラディッシュのバーニャカウダで彩りを添えて。
2014030802.jpg

そんな感じで、わがやの特急ごはん、ご飯・みそ汁・チキン焼きの3品の出来上がり。

本来なら、チキンはレモン汁、オリーブオイルと塩コショウで1時間ほどマリネしたほうがいいらしいのですが、時計を見たらウッカリ!逆算したら間に合わないじゃん!という事は子供といるとしょっちゅうですからねー。
なので、マリネの時間を省く代わりに、レモンの皮を入れるのですが、食べる時に火を通したレモンの独特の爽やかな甘みが口の中に広がり味に深みを増してくれますよ。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikobiyori.blog.fc2.com/tb.php/352-bd6792df

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
4321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
509位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。