スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

自宅での新生児撮影のポイント

Posted by Shibuko on 29.2013 子育て 0 comments 0 trackback
こちらすべて自宅にて自分で撮影♪
2013112402.jpg
2013112002.jpg
2013112003.jpg

先日、自宅でウェディングドレスを使ってベビ姫を撮影した写真をFacebookに掲載したところ、子供を持つママさんたちからとっても好評で、「一人目のときはそんな余裕がなかった」という声からはじまり、「次の子には私もこんな風にしてみたい」とか「この写真天使みたいで素敵!」といった感想をいただきました。
お友達のみなさま、嬉しいお言葉ありがとうございます♪

私も一人目のときはそんな余裕はなかったクチなので、みなさんの気持ちがよーくわかります!
だから、二人目の今回は自宅でこのような形に踏み切ったわけなんですが。

せっかくそういった反響をいただいたので、どんな準備が必要なのか簡単にご紹介。

<用意したもの>
白いシーツ 2枚 (なるべく大きいもの。うちのはクイーンサイズのシーツ)
チュール、またはレース素材
ビーンバッグクッションまたはクッションなど
一眼レフカメラ
日当たりの良い部屋

とりあえずこれだけあれば撮影はできると思います。

<撮影時期>
生後3〜7日
個人差があると思うのですが、生後数日〜1週間くらいから赤ちゃんは皮膚の薄い皮がむけてきたり、湿疹がでたり色々と敏感。それが治まるのを待つと生後3週間とかになってしまって、産まれたての感じがなくなってしまいます。
ですので、なるべく生後1週間以内がいいと思います。
実際うちの子も生後4日で首のつけ根、7日ごろは胴体や手、顔もポロポロと皮がはがれ落ちてきたので慌てて生後4日の段階で写真撮影をしました。

<撮影時間帯>
・・・日当たりによるのですが、できれば窓から光が目一杯差し込む時間帯。
わが家は南向きの部屋で午前~昼ごろにかけて撮影しました。
ちなみに撮影にかかった時間は準備を含めると2~3時間弱くらいだったと思います。

<下準備>
窓に大きなシーツをかぶせて直射日光が入らないようにします。
そして窓の前に置いたビーンバッグ&床の上にももう1枚シーツをひいてとにかく背景もベビちゃんを置く場所も全体が白くなるようにします。
部屋の温度を暖かくして、赤ちゃんを裸にします。オムツは新しいものに替えましょう。

<撮影時のポイント>
・露光を+にあげる。+1/3か、+2/3くらいで私は撮影しています。
・赤ちゃんを裸にする。産まれたてのピュアな感じが撮れます。
・色々な角度から撮影する。全体がうつる写真でも、足側から撮るか、頭側から撮るか、横から撮るかで全然印象が違います。
・色々なパーツを接写する。赤ちゃんの手、足、目元、まつげなどなど、全体像では写しきれないパーツもとても絵になります。

<写真別解説>
2013112001.jpg
・わが家は白いシーツだけでなくウェディングドレスを使ったのですが、トレーンが長いので、窓際にドレスをかけ、Stokkeのベビーベッドにビーンバッグを置いた上にトレーンをかぶせて撮影しました。
腰に巻いたチュールで実はオムツを隠していますよ。

2013112003.jpg
・こちらは赤ちゃんの全体像で、上のウェディングドレス全体の写真をもっと近づいて撮影したものですが、左下の部分に余白を作っています。
これはバースアナウンスメントのカードなどを作るときなどに、名前を入れたりするのに使うのを想定しています。
私はこれ以外に右上に余白を作ったものも撮影して実際にPicMonkeyを使ってバースアナウンスメント(出産のお知らせ)を作成しました。

2013112002.jpg
・こちらは足の接写。この角度から何も気にせず撮るとオムツが見える角度です。
ですので、ビーンバッグに赤ちゃんを寝かせたら、足の先のほうだけでるようにして、残りの腰から下の部分はチュールや布などで覆って、足以外のものが構図に入らないようにします。

2013112402.jpg
・こちらはウェディングドレスを着た私が赤ちゃんを抱いています。撮影は夫にお願いしました。
オムツが見えないようにキュっとだっこして、ウェディングリングが入るように構図をとっています。
このときは背景は他同様窓にシーツですが、座っているところはビーンバックではなく普通のいすです。こちらもビーンバッグのとき同様余計な色が入らないように白いシーツをかけた上に座っています。

え?出産後にウェディングドレスが着れるのかって?いやいや、まさか・・・ねぇ。
とりあえず着れるとこまで着て、後ろのファスナーは開けっ放しです。ドレス本気で破れるかと思った・・・笑
人生でマックス痩せてたときのドレスを出産後に着るなんてハリウッドスターでも無理だと思いますよ。いや、彼女たちならするのかな・・・。

こんな感じで、ご自宅で新生児の写真撮ってみませんか?
素人の私でもこれだけ撮れるのですから、ぜひ新ママのみなさんも試してみてくださいな☆
そしてぜひ感想をお寄せくださいね♪

ボストン周辺のママだったら、撮影の相談にも乗りますよ〜♪なんちゃって!
素人なので相談相手には力不足かもですが、お手伝い出来ることがあればご連絡下さい♪

※赤ちゃんをビーンバッグの上に乗せたりするときは決して目を離さないでください!万が一埋もれたり、転がって落ちたりしないようにお気をつけください。
赤ちゃんの安全確保はご自身の責任で行ってくださいませ。こちらでは一切責任を負いかねます。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikobiyori.blog.fc2.com/tb.php/242-802a7276

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
6782位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
841位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。