スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

Biltmore*4つ星ホテルInn on Biltmore

Posted by Shibuko on 31.2016 ノースカロライナ・ダーラム 0 comments 0 trackback
今回のBiltmore旅行では初めて敷地内のInn on Biltmoreに滞在してきました。

2016032622.jpg

Forbesの格付けで15年連続4つ星をもらっているこちらのホテルはビルトモアハウスでジョージ&イーディス・ヴァンデビルトがゲストをおもてなしをしたのと同じレベルの滞在を、という理念のもとでゲストをお迎えしているそうです。

フォーマルレストラン、アフタヌーンティ&バーラウンジ、スパ施設、屋外の温水プールにホットタブ、バンケット施設を備えたオールラウンドのフォーマルホテルで、敷地内の行き来は無料シャトルが15分おきに走っておりととても便利。
またホテルからの丘を降りていくと、アントラーヒルビレッジ&ホテル&ワイナリーがあり、もっとカジュアルなレストランでの食事も楽しめるし、ファームで動物と触れ合ったり、子供たちをプレイグラウンドで遊ばせることなどもできる、全年齢対象型のステイが満喫できます。

混雑時やハイシーズンになるとヨーロピアンプラン(素泊まり)でも一泊1000ドル近くはするようですが、3月はまだピークには入る前のようで、イースターという祝日にも関わらず、アニュアルパスホルダーの割引を使って一泊$250以下(Taxは別途)で宿泊。
(私たちの滞在から2週間後の祝日でない週末の値段を調べてみたらなんと$900~でした!)

ちなみにヨーロピアンプランベッド&ブレックファストプランというのを比較すると
・ビルトモア エントランスチケット
・バレーパーキング
・朝食
の有無が主に異なります。

今回ヨーロピアンプランで滞在してみましたが、わが家にとっては全く遜色なしでした。
アニュアルパスホルダーなのでエントランスチケットは不要だし、駐車場はホテルから歩いて30秒。
朝食だってビュッフェ以外にも選べる美味しそうなメニューがたくさんあるのでむしろビュッフェじゃないことが幸せ♪

お望みのスタイルにあったプランを選ばれることをお勧めします。

案内されたお部屋は601号室。エレベーターから一番離れた角に位置するお部屋で妊婦には気の遠くなる距離でしたが(目視で約100m!)、部屋を開けてみると・・・
2016032501.jpg
ものすごく広い!
ダブルベッドが2台と簡易ベッドにもなるソファーが置いてあるというのにまだまだ有り余っているスペース。
子連れにはありがたい広さです。
2016032503.jpg

子供たちは部屋の中で駆けまわったり、ベッドで飛び跳ねたりと大変忙しい様子。

2016032505.jpg
ベッドのヘッドボードとシャム(クッション)にはヴァンデビルトさんの「V」の刻印が。
マットレスもピロートップタイプでふかふか。
とっても寝心地がよかったです。(特にお腹の大きな妊婦にはコレ大事。)

地上7階建ての6階で、景色も大変よく部屋からはアシュビルのダウンタウンが展望できました。

2016032502.jpg
お風呂だって装飾が施されています。

2016032504.jpg
バスルームカウンターにはバラのお花が。

最近はモダンでシンプルな内装のホテルが増えているし、そういったホテルに泊まることが多かったので、ヨーロピアンな雰囲気を感じられるここに滞在するのはとても新鮮な気持ち。

ヨーロピアンの雰囲気を感じつつ、アメリカの田舎でスペースがたくさんあるがゆえのこのお部屋の広さは本当にありがたい。
旦那さまと私はそれぞれダブルベッドを使い、子供たち二人は簡易ソファ(といってもダブルサイズ)で二人仲良くシェア。

朝目が覚めると・・・
2016032601.jpg
朝もやと朝日の織りなす美しい景色から1日が始まります。

イースターであるこの週末は土曜日の午後2時~4時の間、ロビーの一角にイベントコーナーが。


ブートニア、コサージュ作りのブースです。

好きなお花を選べばその場でささっと作ってくれます。





その隣にはイースターキャンディステーションも。


外出から戻って来たら子どもたちと一緒にコサージュを作ってもらってキャンディを食べて…と予定を組み立てていたのだけど、疲れてしまってハウスから戻る途中にシャトルの中で眠ってしまった子どもたち。

・・・でもこの大量のキャンディは見せなくて正解だったかもね!

2016032632.jpg
窓の外にはこの写真では見えないけれど、ビルトモアハウスも遠くに眺めることができ、山々の織りなす景観をのんびり眺めるのは本当に贅沢な時間でした。

ダーラムからは4時間弱と、なかなか気軽に行ける距離ではありませんが、それでも今回Inn on Biltmoreに初めて宿泊してみて、さらにBiltmoreのとりこになってしまったわが家なのでした☆

スポンサーサイト

Biltmore*ビルトモアハウス

Posted by Shibuko on 30.2016 ノースカロライナ・ダーラム 0 comments 0 trackback
行ってきました。ビルトモア!
2016032605.jpg

今回の旅行は2泊3日。
旦那さまの運転で車で約4時間。

英国風のトラディショナルな雰囲気と美味しいお料理たちに心の底から癒されてきました。

この春は7月4日までの期間『Fashionable Romance Exhibition』という映画などで使われた実際の婚礼衣装とフラワーアレンジなどの展示がされていて、より一層華やかさの増しているビルトモアハウス。

プライベートの邸宅の中では全米で一番の広さを誇るビルトモアハウスの端から端までが丁寧にいけられた花で飾られており、それはもうため息をついて息継ぎをする暇もないくらい美しいのです。

エントランスは2頭のライオンに守られています。
2016032711.jpg

2016032712.jpg

エントランスをくぐり抜け、セキュリティのためのバッグの中身確認を終えて一番に目に飛び込んでくるのはウェディングケーキタワー。
2016032706.jpg

2016032707.jpg
生花をふんだんに使った土台。

2016032708.jpg
シルクフラワーでできたフラワーシャンデリア。

一階のエントランスに入ってすぐ右手にあるのがウィンターガーデン。常設のガラス張りの温室のようなもので一年中花を絶やすことのない自然光のたくさん入る空間です。
美しい花と艶のあるグリーンがゲストを歓迎します。
2016032703.jpg

今回の展示はもう本当に花、花、花!で本当に息つくひまもないほど。
もう何度も訪れているけれどこんなに美しいハウスは初めて。
ハウス自体の意匠の細かい細工も素晴らしいけれど、気づいたら私のカメラはフラワーアレンジの写真だけで埋め尽くされていました。

2016032701.jpg
こちらはダイニングルーム。
見づらいと思いますが、ウェディング衣装も手前、奥側に飾ってあります。
英国米国映画で使われた衣装、JFケネディの奥様の衣装などもがあるのですが、英国好きの私はヒューグラントやコリンファースが袖を通したとされる衣装を見ただけでテンション上がりまくり。笑
「コリンファース様は背丈、肩幅はこれくらいなのね♪」とか。正直、自分にひきました・・・。
ダウントンアビーのロードグランサムの若き頃出演した映画の衣装などもあり、ファッションに興味のあるかた、特にこういった古典ファッションに精通されている方にはふんだんに使われたシルクやレースなど、目の付け所はたくさんあるかと思います。

2016032702.jpg
この花も生花のアレンジメントで週に一度程度の頻度で変わるんだそう。
1か月前にも訪れたのですが、その時とは使っている花がだいぶ変わっていました。

この週末はイースターだったので、花瓶もイースター仕様。
2016032704.jpg
野ウサギが大きな花束を抱えている様子はなんとも愛らしい。

残念ながら、38週にさしかかろうという妊婦は前日に体力を使い切ってしまったためこの日は家全体はみず、一階部分だけの鑑賞にとどめたのだけど、それでもこの空気を吸うだけで感性が満たされていく気が。
革張り、シルク張りの壁、精巧に彫られた家具たち、意匠のこらされたアンティーク食器など、ひとつひとつ見ていったらきりがないのですが、またそう遠くないうちにのんびりと訪れたいと思います。

このビルトモアハウスは2016年3月現在週末(土日ともに)は予約制となっており、あらかじめ時間の予約をしていないと入館することができません。
子どもの分も人数に含めて予約をしなければいけないのが、うっかりしがちなところですが、予約はお忘れなく。
知っておきたいのは、時間予約制といっても、この時間きっかりに入らなければいけないというわけではなく、予約の時間以降であればいつでも入館が可能なのでなるべく早い段階で予約を取り、午前中早めの時間のチケットを取っておくといいと思います。
(例えば9時30分の予約であれば、9時30分以降夕方5時まで入れる、ということ。)

ただし、時間が遅くなればなるほど館内は混み合ってくるのでなるべく早い時間に入りたいですが。

3月の最終週であるこの週末でも敷地内は美しい花々で満たされていました。
7月ごろまでおそらく季節ごとにいろんな花が入れ替わり立ち替わり目を楽しませてくれることと思います。
どうぞ春のビルトモアハウス、訪れてみてくださいませ☆

イースターin Biltmore☆

Posted by Shibuko on 26.2016 ノースカロライナ・ダーラム 0 comments 0 trackback
今週末はアメリカはEaster weekend。

わが家は昨年に続き『全米最大の邸宅』であるBiltmoreで過ごす事にしました♡

日曜の朝にはビルトモアハウスの前の庭でエッグハントも開催されます。

今回は初めてEstate(敷地)内のInnに宿泊する予定にしており今からとっても楽しみです♪
2日程前から夜になるとブラックストンヒックス収縮があるような気がするので、週末中に出産にならないことだけを祈っているのですが…

サンデーブランチはInnのレストランで予約も入れてあるので、もうただただのんびりとしつつ、出産前の最後の旅行を満喫するつもりでいます。

なるべく写真もたくさん撮りたいと思いますが、大きなお腹でどれくらいできるでしょうね。
戻ったら可能な範囲でレポート致します。

みなさまもよい週末をお過ごしください☆
Happy Easter♡

今度は私が転倒!

Posted by Shibuko on 25.2016 子育て 0 comments 0 trackback
先週は子供がけがをしたばかりなのに、今度は妊婦の私が転倒・・・。
災難続きです。



幸い、ひどい転倒ではなかったので母子ともに影響はなく済みました。
「妊婦が重いものを持ってはいけない」というのはおそらく万国共通のことでしょうが、今回はそれを痛感しました。

重いもの自体を持つのも妊婦には色々と危険を伴うのでしょうけれど、今回の場合は「妊婦が重いものを持つとバランスを崩して転倒しやすい」ということを学んだ出来事です。

現在37週に入ったところで、『臨月』に入ったところ。
身体は重くなっているし、身動きがとりづらい。
とはいえ上に二人子供がいて、4歳児は緊急でなければ抱っこする機会は少ないものの(その緊急が先週だったわけですが。苦笑)2歳児はまだ抱っこしなければならない機会も多いもの。

先日の場合は外から車で帰ってきて、寝ていたのに、駐車したら起きてぐずってしまい、仕方ないから家の中へ抱っこしてリビングのソファに寝かせようかな、と思っていたときの出来事でした。
娘がそのまま寝たままだったら夫が数分以内に帰ってくるのがわかっていたので、社内に娘を寝かせたまま夫を待とうと思ったのですが、なかなかそうはいきません。
ぐずぐず、ぐだぐだ。

そんなに長い距離じゃないし、ちょっとの抱っこくらい大丈夫だろう』という油断がそこにはありました。
そして実は、これも妊娠中のせいかはわかりませんが、フローリングのモップがけをする際に間違った洗剤をし使用てしまい、「床への使用は禁止」と書かれた木製家具用のポリッシュを塗布してしまったせいで床がツルッツルの状態だったのです。

37週の妊婦』が『15kgの子供を抱え』、『ツルツルの床を歩く』と・・・そりゃ、転倒しますよね。


悪条件が重なった結果です。


娘を抱えて、向きを変えようと思った瞬間の出来事で、足が横に掬われるような形で横に転びました。
不幸中の幸いか、そこにはアームチェアがおいてあり、娘を抱えた側の肘からアームチェアへ落下。
娘が頭を打たないようにと咄嗟に力を込めたので、娘は背中からアームチェアへ私の腕ごと着地。
泣いてはいましたが、どこもさほど強く打った感じはなく、おそらく落ちたことへのショックからの涙という感じ。
私はというと娘を抱えていて落ちた肘がお腹にちょっとめり込む感じがありましたが、それ以外は強打した部分はありませんでした。

でもお腹の中がどうなっているかわからないから、そのままソファへと横になっていると夫がものの1分程度で帰宅。
・・・あぁ、本当に待ってればよかった。
夫は家に入るなり、ソファで横になっている私を見るなり「どしたの!?」と大変慌てた様子。
軽く転倒したことを告げれば、「今日はもう何もしないでね!」と厳命され夕飯の支度から子供たちの寝かしつけまで、何から何までもこなしてくれたので、大変感謝です。

翌日が37週の健診日だったので、病院の受付で毎回のごとく「過去30日で転倒はありませんでしたか?」と聞かれるので前日の出来事を話すと腕に「Fall Risk」と書かれた黄色いバンドを巻かれました。(冒頭の写真がそれ。)
「とくにめまいで倒れたわけではないのよね?診察室に入ったら転んだこと説明してね。念のため中のスタッフが気づくようにこのバンドをつけておくから。」と。

ナースプラクティショナーが入ってきて「今日も調子よさそうね、何か変わったことない?」と問うので、腕についたバンドをみせて前日の出来事を説明したところ、あざなどがないかを確認され、体に異常がないか質問されました。
「特に変わった感じもしない、赤ちゃんもよく動いてるよ。完全に転倒したわけでもないからあまり心配はしてないんだけど。」といえば、彼女も私の様子から特に心配はしてないようでした。
彼女いわく、「転倒で一番こわいのは、転倒で無理に力がかかった時に胎盤剥離を起こすこと。」だそうです。
「胎盤剥離を起こすとものすごく強い痛みが伴って、子宮もすごく硬くなるのだけど、そういった症状はないのよね?」
まったくもってそんな症状はないので、自信をもって「はい」と答えれば、「なら安心だわ。まぁ、この時期モップがけも重いものをもつのも控えたほうがいいと思うわよ。」とのことで締めくくられたのですが。

ヒヤッとする出来事でした。
3回目の妊娠で慣れてることもあるし、わりと動ける方だから、油断と過信がありました。

でもいくら37週に入りいつ産まれてもいい状況とはいえ、子どもが1日でもお腹に長くいることにメリットがあるはずだと思うので残り数週間は無理せず、穏やかに、慎重に過ごしたいと思った今回の出来事でした。

ハウスクリーナーの相場

Posted by Shibuko on 22.2016 収納・掃除 0 comments 0 trackback
ハウスクリーナーを雇われている方はいますか?

日本ではあまり聞いたことがなく有名人などが『小さいころはお手伝いさんがいた』なんていうと、いったいどこのお金持ちじゃ!なんて気になったものですが、ここアメリカでは実はかなり一般的なよう。

今まで友人の家に遊びにいって「わぁ~、いつきてもすごくきれいなおうち!すごく掃除好きなんだろうなぁ。」なんて思っていたのですがどうやらそうではないらしいのです。

きっかけは夫の一言。
「3人目が生まれたら家事とか大変になるからハウスクリーナー雇ったら?」と。
いやいや、ハウスクリーナーなんて!と思ったものの、見積もりを取るのはただだし、もし安くお願いできる人がいるなら、それは助かる。と思い、見積もりをお願いしてみることにしました。

以前、近所に住む友人が「月一回ペースなら$130、月2回ペースなら$100/回でハウスクリーナーを頼むことにした」という話を聞いたことがあり、「意外と高いなぁ~」と思った記憶があったので、その人が無駄に高いのかと思っていたのですが・・・

見積もり訪問
見積もりをお願いしたのは南米系のおばちゃんルーシーさん。
うちに来てもらって部屋を見て回ってもらってお見積り。特にリストなどがあるわけではなく、ルーシーさんがさらっと部屋を見てもらう感じで家の中を案内しておしまい。

ちなみにうちは約300平米で、4ベッドルーム、バスルーム兼トイレが3つとトイレがひとつ。掃除してもらいたい部屋数はあわせて10部屋。

私が住むダーラムのHope Valley地域周辺ではさして大きくなければ、小さくもないレベル、だと思います。
ご近所さんにはうちより大きい家がゴロゴロしていますので。

お値段は「月に2回だったら1回$100、週1回ペースだったら一回$90」とのこと。
ふーむ、やっぱりそんなに安くない。

お仕事内容
そのお値段の中にどんなお掃除が含まれるのか聞いてみました。

===========
・掃除機がけ(フローリングとカーペットごとに別の掃除機を使う)
・フローリングのモップ掛け
・ベースボード拭き(床と壁のつなぎめのところのほこりがたまりやすいところあるじゃないですか。それです。)
・窓ふき
・トイレ・バスルームの掃除(トイレ、シンク、鏡、シャワーブースなど)
・冷蔵庫の拭き掃除(ものがいっぱいでなければ外だけでなく中も。)
・オーブン、トースター、電子レンジの拭き掃除(中も外も。)
・キッチンカウンター磨き
・シーリングファンやペンダントランプのほこり落とし

===========

これをアシスタントの人と二人がかりでするそうです。
うーん、けっこうあるなぁ。私が手の回らないところもたくさん・・・。窓とか拭いてるひまないもんね。

ちなみに所要時間は汚れ具合による、だそうです。
時間で制限している会社もたくさんあるけど、ルーシーさんは「きれいになるまで掃除する」が信条だそうです。
なので、初回は4時間かかるかもしれないし、続けていけば2時間程度で終わるかもしれない、とのこと。

相場と大差ない
今回見積もりをお願いしたのはルーシーさん一人だけなのですが、この話を友人たち数名にしたところ「うちと一緒」とか、「安い!紹介して!」とかっていう話を聞き「え、ハウスクリーナー雇ってたの!?」と私がびっくりしたわけなのですが。

ダーラムに住む友人はやはり月2回で一回$100のハウスクリーナーを雇っているとのこと。
クリスチャン系の方で、拭き掃除はモップではなく雑巾がけを丁寧にしてくれるとのこと。

ラーレー郊外に住む友人は一回の訪問で$150とのこと。しかも1階の掃除のみとのこと。
彼女の場合は、家丸ごとでお願いしているのではなく、一つ一つの作業ごとに料金が発生するそう。
(上記のルーシーさんの見積もりの項目ごとに料金が発生するような感じ。掃除機がけがいくら、トイレ掃除がいくら、と。)
なので2階もお願いすると高くなるから予算にあわせて1階部分だけお願いしているのだと思います。
まぁ、彼女の家はおそらく400平米くらいありそうだから、その分高いのでしょうけど・・・

今回の見積もりで分かったことは、一回のハウスクリーニングの料金が$100~150くらいがこの近辺の相場であるということ。
頻度があがれば料金は下がるし、頻度が少なければ料金は高くなる傾向があるようです。
まぁ、掃除の汚れ具合は増えますからね。

この結果からわが家がハウスクリーニングに踏み切ったかといえば、今のところ「ノー」です。
月に2回、12か月来てもらったら約24万円年間に使うことになるわけじゃないですか。
それだけあればほしいものが買えたり、おいしいものが食べられたりするわけで・・・
そんな目先の欲望にとらわれてばかりの私は、家が綺麗に保たれることより、欲望に忠実であるわけです。

ちなみに夫は私より綺麗好きなので、私が気にならない程度の汚れでも彼にとってはもしかしたらストレスになっているのかもしれませんけどね。
でも、そんなにたくさんお金をかけるより、まずは自分でできることから、と色々掃除用具を買ってきてみました♪
私のことだから三日坊主で終わりそうな気がしますが。笑

でもそのおかげもあって1階のシーリングファンの汚れは落ちたし、トースターとオーブン庫内もきれいになったし、今のところフローリングもピカピカです。
はたしていったいいつまで続くのでしょうか・・・。

木から滑って落ちて出血のち小児科へ駆け込む、の巻。

Posted by Shibuko on 18.2016 子育て 0 comments 0 trackback
もう勘弁してくださいよ…。

の一言に尽きますが。

息子ちゃんが木から滑り落ち、頭を打って後頭部から出血してしまい、小児科を受診するはめに。
この二日間、ママは気疲れで死にそうでした…。

一昨日のこと、下の娘のスクールの日なので娘を送りに行った後駐車場でいつもの通り息子ちゃんは木登りをしたいとのこと。

サルスベリだと思うのですが特に高い木でもないし、生徒さんたちはよく遊んでる木なので今日も「いいよ〜」と言って見守っていました。

でもね、運が悪かった。
前日のストームできっと木の幹もしくは周りの芝生のせいで靴の裏が濡れてたんでしょうね。
1mくらいの高さからあっという間に地面に滑り落ちました。
瞬間、ギャーと泣き始めたのでこりゃ痛いなぁと思ってすぐに抱きあげ「痛かったね〜、お家帰ろ。」と言って打ったであろう後頭部を押さえて車に向かって歩き始めて3秒たったところで気付いたのは、私の頬と手のひらに感じるヌルッとした濡れた感触。

その瞬間足をピタッと止め回れ右。
学校の建物に向かって歩き始めました。

とりあえず、スクールディレクターの部屋を目指して歩くと娘のクラスの先生が建物の外にいるのが見えたので大きな声で話しかけました。
「Please help me! He's bleeding!(手伝って!出血してる!)」
すると慌てて駆け寄ってきた彼女はお腹の大きな私が4歳児を抱えてるのを見て「抱っこ変わろうか!?」と言ってくれたのですが、どれくらい出血してるかもわからないし、おそらく抑えることで止血になっているだろうことから手を離すことも出来ず「No.」と伝えれば回れ右で扉を開けディレクタールームの前にある椅子とテーブルの所へ案内してくれました。

とりあえず私は『息子ちゃんに落ち着いてもらうのが先決』と、一生懸命優しい声で話しかけたり痛いの痛いの飛んでけと声をかけている間、先生とディレクターが救急セットとワイプを持ってきてくれました。

ここまで後頭部から手を離さずにいたのですが、先生がペーパータオルやワイプを持ってきてくれたので傷口を拭くためにも手を離すと私の大きな手は血でべっとり…。

ひゃぁ!こんなにたくさんの血は産まれて初めて見たよ!という感想は頭の隅っこに追いやり、ひとまず傷口確認。

髪をかき分けてみると擦り傷から血が滲み出てる感じ。
先生たちも「頭は血が出やすいからちょっとの傷でもたくさん出血することがあるのよね」と言いながら様子を伺う。
少しの間ペーパータオルで傷口を抑えさてどれくらい出血してるか確認。何度か紙を取り替えたら段々血のつく量は減っていたのでもうすでに血はほとんど出ていない模様。

先生が、ワイプをくれて私の手も拭き拭き。
「気づいてるかわからないけど、頬にも血がついてるわよ」と言われ、あ、やっぱりなと思いワイプでゴシゴシ。

その間もずっとびゃーと泣いてる息子ちゃん。でも先生たちは怪我した子どもたちの対応をよく知っておられる!
「そうだ、いい案があるわ!ポプシクル(アイスバーのこと)食べたらどう?」
泣きがちょっと収まり、頭をぶんぶん縦にふる息子ちゃん。
ポプシクルをもらったら涙はピタッと収まりました。
「なんちゅう現金なやつめ…」と思うは母の心の内だけ。

先生は息子ちゃんに「ちょっと目を見せて。こっち向いて」と言って視線がちゃんち定るかを確認。私にも「落ちてすぐ泣いたのよね?」と。

先生の経験からくる私見では「あまりひどくはなさそうだけど念のため小児科かファミリーケアドクターに見てもらったほうがいいわよ。髪に隠れて傷口がよく見えないから全体がどうなってるか確認出来ないから」と言われ、もうこの段階で『うん、そんなにひどくないな』と思っていた私は次のアクションを考えつつお礼を言ってスクールの建物を後にしました。

ポプシクルをもらった息子ちゃんはそれはそれはニコニコ笑顔でお手と言ったら両手を差し出し回れと言ったら三回転くらいしそうなほどご機嫌。
かすり傷程度っぽいし病院連れて行かず家で様子みようかなーと考えながら息子ちゃんの手を引き駐車場に向かいます。

すぐに家に帰ろうかと思ったのですが息子ちゃんはまだポプシクルを食べているのでそのまま車にのって中で落としたりすると悲劇なので駐車場の隅っこで食べ終わるのを待つことに。

どうせ座ってるだけなら、と電話を取り出し小児科に電話をかけてみる事に。

わが家はサウスポイント近くのDukeに通っているので電話をかけ自動音声で案内されるままに『ナースへの相談』番号を押して待つ。
事情を説明すると、「どのくらいの高さから落ちたの?気絶した?傷口はパッカリ割れてる?もし縫合の必要があればうちの施設では出来ないから他の施設へ送ることになるけど」と言われました。
落ちた高さは1mくらいで、頭から落ちた訳ではなく落ち際に頭を木です擦った状態でおそらく足から着地したこと、すぐに泣き始めたこと、傷口もかすり傷程度に見えほぼ出血も止まったことなどを伝えると「もし傷口がぱっくり開いてる場合は6時間以内に縫合をしなければならないけど、聞く限りマイナー(酷くない)な怪我のようだから、病院に連れて来てもいいし家で様子を見てもいいわ」と言われました。

この段階でも「じゃあ家で様子見でもいいかなぁ」と思ったのですが、よくよく考えたら血のついた頭を洗わなきゃいけないし、その際に素人の私がやるよりプロがやった方がきっと手早い上に私側のストレスが少ないこと、そして頭の傷口に何かガーゼやバンドエイドを貼るとして、一体どうやって貼るのかなど、色々考え始めたらやっぱりプロに一度診てもらった方が良かろうと考え直し、病院に行くことにしました。「1時間以内の間で来れる?」と聞かれたので「あと20分で着きます」と伝えれば「じゃあ待ってるわね」と。

ちなみに救急で見てくれたのはいつも行っているサウスポイントのクリニックではなくダーラムのN Roxboroにある施設。
ナースに呼ばれ、身長と体重、心拍と血圧の測定を終え個室で医師の診察を待つ。
しばらくして入ってきたのはわりと若い先生。おそらく20代後半から30代前半くらい。

「特別なお水をかけて頭をみるから診察台にうつぶせになってね」と言われ、息子ちゃんは言われた通り診察台で横になります。
おそらく精製水かと思うのですが、それで神にこびりついた血を落としながら傷口を見ていくと、ほとんどはかすり傷。
でも一か所だけ直径4-5mmほどの丸い深めの傷があり、そこは1時間たったその段階でもまだ完全に血は止まっていないよう。

「ちょっと他の先生にも見てもらうので呼んでくるわね」と言って若い女性医師は部屋を出ていきました。
そしてまもなく、40代くらいのアジア系の医師がさっきの若い医師と一緒に入ってきました。

二人で傷口をみて、「これくらいなら縫合は必要ないからグルーかな」と言っています。
グルーとはのりのこと。
のりで傷口をふさぎつつくっつけて、さらなる出血と傷口からの感染を防ぐんだそうです。
はぁー、最近の医療って進んでるわー、などと考えているうちに二人がかりで息子ちゃんを抑えながら『のり』で処置をしてました。
ものの1分くらいでしょうかね、処置自体は。

あとは「のりが乾くまでさわらないでね」と言われ、待合室で15分ほどお絵かきや塗り絵をして帰宅。
ちなみにアメリカの場合保険の種類によって支払う金額が違うのですが、保険会社のネットワークでカバーされている病院であれば、この手の通常の診察は一律料金が設定されています。
そして診察の内容にかかわらず、その料金を最初の受付の段階、もしくは帰りの時点で払います。

わが家の場合は、一回の診察は$20と定められているタイプなので、それは受付の際にすでに支払い済み、帰りの際には受付の人に「診察終わったのでチェックアウトお願いします」と言って、一言つげればだいたい「次の予約は入れなくていい?」と聞かれ予約がなければそのまま帰ります。

ちなみに治療内容が保険でカバーされない場合もあり、その際には後日請求書が送られてくることになっています。
今回はそんなことはないと願いたいですが、時には数百ドルの請求書がくることもあるので、気の抜けないアメリカの保険制度です。

ちょっと話はずれましたが、そんなわけで診察を無事終え大事に至ることもなかったこの転倒劇なのですが…

家に帰ってから、私の張りつめていた心の糸がぷつっと切れたのか、腰にガクッときました・・・!
腰が抜けるっていうんですかねぇ~。

もうその日の午後は全然動けず、ほぼ寝たきり。
おそらく妊婦で体が重いせいもあるのでしょうけれど、心労ってこういう風にでるんだなと初めて実感した瞬間です。

翌日、スクールにて対応してくれた先生たちと話をしたら「全然取り乱してなくてすごいなって思ってたのよ!」とか「犯罪現場にいたみたいに血まみれだったわ!それなのにすっごく落ち着いてるんだもん、びっくりよ!」とか言われ「うん、たぶん私も自分の姿を鏡でみてたらだいぶ取り乱したと思うけど・・・」などと話をして帰ってきて、やっぱり体が思うように動かず、お米を買いにいったはずなのに、お米忘れて雪見だいふく買ってみたりと散々でした。

なので、午後は子供たちをお昼寝させて自分には少しだけ自分を取り戻す時間を設けることに・・・。

2016031601.jpg

米は忘れちゃったけど、糖分は疲れた身体にしみるよね。
ってことで、米のかわりに買ってきた雪見だいふくととらやの羊羹。
(この桜のような白いお花はbradford pear tree、マメナシ)

2016031604.jpg
そして京都福寿園のお抹茶。
を、庭で取ってきたお花とを愛でながら頂く。

疲れた時に、和菓子と緑茶をいただくあたり、私もやっぱり日本人だよなぁと・・・ぼんやり庭の梨の木を眺めながら一息をついたのでした。

なんにせよ、大事にはいたらなかったことに感謝感謝でございます。

最近のお気に入りフルーツインフューズドウォーター

Posted by Shibuko on 16.2016 料理 0 comments 0 trackback
NCはまだ3月も半ばだというのにすでに夏並みの暑さ。
連日25℃近くまであがり夜も10℃をきることがありません。

そんな暑い日にはたくさん水分を補給したいもの。

最近の私のお気に入りはフルーツインフューズドウォーター
2016031409.jpg

瓶やピッチャーに氷とフルーツのスライスを入れ、お水を注ぎ軽く混ぜるだけ。
少し置いたほうがフルーツの味がしみだして美味しいですが、飲むときにグラスに入れて一緒に食べたってOK。
2016031408.jpg

今日は夫の会社の近くの公園で夫の昼休みに家族みんなでピクニックランチをしようということで、1Lの瓶でイチゴとミントのインフューズドウォーターを作りました☆
先日はお庭でお友達と一足お先にイースターピクニックをしたのですが、その際はイチゴとレモンのスライスで。

レモンが入るとやっぱりすっきり!そして甘いイチゴの風味がまた美味!
夏にはとってもおすすめです!
(そして子供たちにも大人気です!)

暑い季節を乗り切るのにはたっぷりの水分補給とビタミンCは欠かせません!
美容効果もありHappyな気分になれるインフューズドウォーター、ぜひお試しあれ♡

雷雨の夜はひっそりと

Posted by Shibuko on 15.2016 0 comments 0 trackback
昨日今日と連夜夏の夕立のような雷雨が続いているここダーラム。

4歳の息子ちゃんは音が怖くて眠れないとメソメソし、夫がつきっきりで寝かせつけているその間。

さーて、トイレでも行くかと思ったら、あれ?なんだか見慣れないお方が・・・。
2016031401.jpg

何されてるんです、こんなところで?

「・・・。」

いつものごとく、言葉発せずして多くを語るけむりさん。
どうやら息子ちゃんと同じく雷が怖い模様。
稲光が見えず、音もあまり聞こえない場所として選んだのは1階のトイレ。

確かに窓がない部屋って家中探してもここだけだわ。
しかも、災害時はトイレに逃げ込むといいってよく言うもんね。
さすがは野生の勘。

2016031402.jpg

もう、それはそれはひっそりと、微動だにせず、雷が通り過ぎるのを待っていらっしゃるわが家のけむり姫なのでした。

ガーデニングショップ巡り

Posted by Shibuko on 13.2016 お花・ガーデニング 0 comments 0 trackback
金曜日のこと。

お友達に、ガーデニングショップに行かないか、と誘われました。

わが家のだだっ広い土地には花と呼べるものは大変少なく、椿がちょこっと咲くくらい。
あとはたいがい高木か、シュラブと呼ばれる低木の類ばかり。
まったくもって色味も色気もない庭なので、できればお花の一つや二つくらい植えたい、というのが前々からの希望だったので、二つ返事で行くことを決めました。

当初の目的地はChapel HillにあるNiche Gardens
チャペルヒルといってもDurhamからいくと実際にはCarrboroを越えた先にあるので、もはやただのど田舎でしたが。
友達いわく、かなり苗の品揃えはいいけれど高いそうです。
店員さんにお値段の理由を聞いたところ、ここではすべての苗が人の手で農薬などを使わずに作られているから、とのことでした。
お子さんなどが庭の植物に触れるのだったら、なるべく農薬など使っていないものが好ましいですもんね。

結局、Carrboroの日本食レストランAkai Hanaでお昼を食べてそのあとCarrboroにある他二軒もはしご。
Southern States
こちらはバードフィーダーやペットフードなども扱っているわりと大きなガーデニングショップ。
おしゃれな感じはないですが、何かと便利なガーデニングショップといった感じ。
植物の苗、木などがおいてあり、こちらも若干お値段は高め
なので、また聞いてみました。するとこちらは商品のすべての植物に1年保証がついてるそうです。
植物に保証って初めて聞いた・・・!
でもせっかく植えた木や植物が枯れてしまったら悲しいのでうれしい制度ですね。

Fifth Season
Southern Stateから1ブロックほどの距離にあるこちらのお店。
こちらはまぁなんともCarrboroらしい見た目、ラインナップ。
なんと、ガーデニング&地ビール作りのお店。笑
店内にはフェアリーガーデンやテラリウム用の材料がたくさん、そして家で地ビールを作るための材料とキットなどを扱っています。
ガーデニング関連の雑貨もちょっとかわったものやおしゃれなものが他店と比較して多い印象。
その代わりに苗の数は少ないですが。

結局3軒をはしごしたのですが、どこもそれぞれに特徴があるので、目的に応じて使い分けしたらよさそうです。

ちなみに今回私も友達にならい、苗を10個くらい買ってきました。
前々からほしいとおもっていたラベンダーにお花を数種類、それから花のつく低木をいくつかと肥料や土など。

ちょっと散財してしまったような気がしますが、美しいお庭つくりのためにも一念発起して頑張りたいと思います!

いちごの飾り切りでお雛様

Posted by Shibuko on 07.2016 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
お雛様のお祝いの際に、いちごの飾り切りでお雛様とお内裏様を作ってみました。
わかるかな??

2016030504.jpg

仕組みは簡単、V字型の切り込みを3段くらい入れていちごを1段ずつずらす。
そこへ今回は生クリームで半襟とブルーベリー、いちごの切れ端で顔をイメージしてのせただけ。
うちの子供たちはこのVj字切りが食べやすいからかとっても大好きで、いちごを出すたびに「きって」とせがまれます。

今回は『ひな祭り=女の子のお祝い』なのでピンクのロールケーキを作ったのですが、そのお皿の周りの飾りつけにも使ってみました☆
2016030401.jpg

いかがでしょう?
少しだけ華やかになるんじゃないかな☆
また飾り切りで面白いものができたらご紹介いたします。

ノースカロライナ発祥クリスピークリームドーナッツ☆

Posted by Shibuko on 06.2016 ノースカロライナ・ダーラム 0 comments 0 trackback
ボストンからお友達が遊びに来てくれていたので、ちょこちょことノースカロライナならではのスポットへお連れしていたりしたのですが、最終日に何したい?と聞くと「Krispy Kremeに行きたい」とご所望。

うちから車で15分以内のところへあるのでお安い御用!
気になってはいたけど、甘党ではない私は行くこともなかったのでこれはいい機会だ♪

クリスピークリームは1937年にノースカロライナのウィンストンセーラムエリアに創業、イーストを使ったフレンチ流レシピのドーナッツが特徴
日本には2006年に新宿のサザンテラスに一号店が出店されましたよね。
当時サザンテラスから徒歩1分のところで働いていた私は、雨の日も夏の猛暑にも毎日行列をなす光景を横目に通勤していたのがとても懐かしいです。

というわけで行ってきました。
2016030418.jpg

娘ちゃんはドーナッツといったら嬉しそうにピョコピョコ飛び跳ねております。
2016030413.jpg

まだわりと新しい店舗のためか、内装は清潔でポップな感じでワクワク。
イースターやSt. Patrick's Day限定メニューもありましたよ☆うさぎやらひよこやらクローバーやらととても可愛かったです♡
2016030414.jpg

山積みの帽子
観光目的の私たちにはたまらない。笑
2016030415.jpg

早速ドーナッツを買って店内で食べていくことにしました。
テーブルは4人掛けテーブルが3つ、ハイテーブルとソファー席がそれぞれ4人掛けとすごく広くはないもののちょうどいい席数。

私たちも山積み帽子の前を陣取り、娘ちゃんに帽子をかぶせて「はい、チーズ☆」。
2016030416.jpg

ちなみにドーナッツは甘党でない私の味覚には激甘。私は日本のミスドのほうが好みです。
でもアメリカ人やアメリカ歴の長い人には普通レベルではないでしょうか。

店内には巨大ドーナッツマシーンが鎮座していて、何千ものドーナッツを揚げていました。
2016030417.jpg

私たちが食べている間にも30個とか買っていくお客さんが何人もいて、アメリカの体型はこうして作られるんだな、としみじみ実感。笑

店内にはコーヒーマグやコーヒー豆、ロゴ入りTシャツやおもちゃのクリスピークリームトラックなどクリスピークリームグッズがたくさんあり、お土産になりそうなものもたくさんなので、観光目的としては本当におススメです。
長方形の缶素材でできた箱はドーナツ6個入れて$6.99とお買い得なので、ちょっとした手土産や差し入れにもちょうどいい。

私は6個もドーナッツは消費できないので缶だけ購入。缶だけのお値段は$4.99
2016030501.jpg

2016030502.jpg 2016030503.jpg
ドーナッツは6個ぴったり収まるサイズです。

まぁ、その手のものは日本でも買えるのかもしれないけれど、NC発祥のドーナッツ屋さんグッズをNCで買った!ということに意義があると思いますから。
シアトルにいってスタバグッズを買うのと同じ感覚でね。

お客様がノースカロライナへ遊びに来られた際にはちょこっと足をのばしてみるのもいいかもしれませんよ!

春がきたから?

Posted by Shibuko on 05.2016 0 comments 0 trackback
ある日の朝のこと。

とっても珍しい光景を目にしました。

仲良く一つの椅子をシェア。

2016030406.jpg

二人は仲が悪い、というほどではないものの、以前のけむりとくーたんほど近くはありません。
けど、ついこの数日間ほど、距離が接近しているような気がします。

春だから?

ひな祭り2016

Posted by Shibuko on 04.2016 パーティー・テーブルコーディネート 0 comments 0 trackback
ひな祭りでしたね。

わが家もささやかですが、お祝い。

ボストンから大好きな大好きなお友達が遊びに来てくれていて、二人でおしゃべりしながら1日中クッキング。

楽しすぎて、ブログは滞っていますが、お友達と貴重な時間をすごしています。

2016030401.jpg
2016030402.jpg
2016030403.jpg
2016030404.jpg
2016030405.jpg

友人の子供とわが家の二人も仲良くやってくれていて、とってもほのぼの。
うれしい限りです。

いやー、しかし今日はキッチンで動きっぱなし、立ちっぱなしでもう足が棒。
久々だな、この感覚。明日おきられる自信がありません・・・。

ある日の食卓~さわらの味噌漬け~

Posted by Shibuko on 01.2016 未分類 0 comments 0 trackback
先日、近所アジア系スーパーマーケットに行ったときにさわらが割と新鮮だったので、とりあえず買って帰ることに。

さわらは英語ではSpanish Mackerelといいます。
私が住むダーラム周辺ではアジア系スーパーのLi-mingと、Whole Foodsで購入することが可能です。
Whole Foodsできれいにさばかれた肉厚の切り身が売ってるんですよ。もしかしたら毎日ではないかもしれないけど。

いつもは塩焼きにする鰆ですが、なんか飽きたなぁと思いこの日は味噌漬けにすることに。

2016022402.jpg



自分で作った味噌床に1日漬けて翌日出して焼きました。

2016022401.jpg

アルミホイル敷いた天板にまずは皮を下にして並べ、Broil機能のLowで7分ほど。
皮目を今度は上にして同じ設定で5~6分焼いたら出来上がり。

アメリカには魚焼きグリルはないけれど、だいたいどのオーブンにもBroilという機能がついており、これはオーブンの上火だけの火力で焼くものです。
お肉料理で外側に焼き目をつけたいとか、鶏肉の皮付き料理や魚料理でパリッとさせたい時にはこの機能。
とっても便利です。

日本だと魚の味噌漬けなんて自分で作るっていう発想はなかったなぁ。
あの当時はお料理すらほとんどしてなかったんだけど。
でも西京漬けの魚とかはその状態で買うものが当たり前で、こんなに簡単に味噌漬け魚ができるとは知らなかった。

でもアメリカにきてそういったものが手軽に変えないおかげで目に見えない保存料などを知らず摂取する機会はとても減ったと思う。
そういう意味では大変健康な食生活を送っているわが家の食卓。

不便なことも多いけれど、そういう小さな事にありがたみを感じることができるようになりました。
  

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
3968位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
473位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。