スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

新オープンの映画館Silverspot

Posted by Shibuko on 31.2016 ノースカロライナ・ダーラム 0 comments 0 trackback
昨秋にノースカロライナ州チャペルヒルにオープンした映画館、Silverspotご存知ですか?

Southern Seasonの入るUniversity Mallの中にあります。

先日息子が4歳を迎えた当日に家族4人で行ってきました。

2016012104.jpg

入ると左手にレストランのようなスペースがあります。
カクテルなどの飲み物と軽食があるらしく、ここで注文したものはすべて映画館の中に持ち込み可能だそうです。

私たちが見に行ったのはStar Wawrsの最新作。子供がまだ小さいので3Dではなく2Dです。
席はあらかじめ指定席を買うタイプなのですが、なんと会場に行ってみるとがらーん。
2016012106.jpg

だーれもいない。あ、うちが大富豪の超セレブだから貸し切りなのね。( ´∀` )

そして、最前列に気持ちよさそうなオットマン発見。

んじゃ、ここに移動するか。

ってことで。

2016012105.jpg

こんなおくつろぎモードで貸し切りStar Wars鑑賞してきました。

実際のところなんでこんなにガラガラだったのかといえばよくわからないのですが、きっとWinter Storm Jonasの前の晩だったからではないかなと思うのですけど、どうでしょう。しかもこの会は5時からだけど4時からにもあるって言ってたから、Star Wars上映しすぎなんじゃないかと・・・。

ちなみに映画館、この時は大人一人$14.50、子供$9.00でした。
子供は膝の上にのせるならもっと安いみたいですが、ま実際問題膝の上には座ってないですからね。っていうか館内上映中も走り回ってましたから。
(でも結果的に$50で映画館1本貸し切りは安いもんですね。このタイミングで行ってよかった。笑)

ポップコーンや飲み物など、通常の映画館で売ってるようなものももちろん売っています。
店員さんたちも大変感じがよく、館内も新しいからきれいだしとても好印象。

うちからもかなり近いのでまた機会があれば利用したいなと思います☆
スポンサーサイト

威嚇。

Posted by Shibuko on 30.2016 0 comments 0 trackback
けむちゃんが一生懸命窓の外を見て威嚇しています。

2016012707.jpg

それを聞きつけて月夜も一緒に外を見つめて臨戦態勢。
2016012706.jpg

見つめる先は・・・

リス。
2016012708.jpg

寒くて食料が減ってきたのでわが家のガーデニングからいろんなものを拝借していきます。

毎日の光景です。
小さな盗っ人。

リングチョコパン☆

Posted by Shibuko on 29.2016 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
つい先日思い立ってチョコのパンを作ってみました。

チョコのパンといってもチョコチップととココアをちょっと生地に混ぜただけだけど。

500gの粉にココアパウダーを30g追加して、チョコチップは目分量、その他はリーンなパン生地で作りました。
(↑暗号みたいな書き方ですみません、自分のための備忘録です。)

2016012201.jpg

成型をどうするかとても悩んだのだけど、ちぎりながらたべる遊び心がほしいと思い9インチのケーキ型に丸く成型したパンを少し隙間を並べて2次発酵させてこの形になりました。

ちなみにこれは全生地使っておらず丸4つ分くらい別で焼きました。
真ん中に穴をあけるタイプにしなければ残り4つ入れて成型してもよかったかもです。

2016012202.jpg
パンを食べるのになぜ姫が箸を持っているのかは謎ですが、この後彼女に美味しく食べられたことは間違いありません。

今度時間のある時にレシピはCookpadへ書き留めたいと思っております。思っておりますが、実行できる時間があるかはわかりません!あしからず!

イチゴ大福に挑戦

Posted by Shibuko on 28.2016 未分類 0 comments 0 trackback
先日の大雪からずーっと食べたいものがありました☆

それは・・・

2016012705.jpg

いちご大福ッ。ウフッ☆

買いにいくほどでもないし、というかいちご大福が買えるのかそもそも私の頭では把握していないし、以前大福の賞味期限の長さをみて「うッ」となったので買うことは念頭になし。

今日は和菓子の本を参考に切り餅を使って作りました。

その上での考察と次回への対策を少し。

材料は以下の通り。

いちご大福 2~3個分
切り餅・・・一切れ(50g)
水・・・大さじ1(15cc)
砂糖・・・大さじ1(15g)
あん・・・40(~60g)(いちご大福ひとつあたり20g)
いちご・・・2(~3個)
コーンスターチ(または片栗粉)・・・適量(ちょっと多め)

☆手順☆
今日は切り餅を水から煮て沸騰した時点から2分ほど火にかけ、ボウルにうつし木べらでなめらかにする。
餅が沸騰した段階で、水と砂糖を混ぜておいてシロップを作り、熱い段階で餅のボウルに3~4回に分けてなめらかにする。
これを平らなバットに移し、片栗粉をまぶしてから2等分しいちごをあんで包み、外側を薄めに円く広げた生地で上から包むようにして下で留めるわけです。

☆考察☆
この最初のゆでた餅を滑らかにするのが大変。なのでここをフードプロセッサーにおまかせしたらいいのじゃないかと思うわけ。
そしてゆで時間が少し短かったんじゃないかなとも思う。なので沸騰から2分だったのを3分で挑戦してみたいなと。
そうすると、手順はこうなる。

手順0(もしつぶあんの場合には先にフードプロセッサーにかけこしあん状にして丸めておく。)

1.水から餅をゆでる。沸騰したらさらに3分ゆでる。
2.小鍋に水と砂糖を入れ軽く混ぜて火にかけ沸騰して砂糖が溶けたら火を止める。
3.1の生地をフードプロセッサーに入れ撹拌する。2のシロップを3~4回にわけて加え混ぜ、滑らかになるまで撹拌する。
4.なめらかになり生地がへらですくっても途中で途切れないような状態になるのを確認する。途切れたら水を足してさらに混ぜる。
5.4の生地をコーンスターチをひいたバットにあけ、手にもコーンスターチをつけ二つ折りにして、生地を2または3等分する。
6.あんこは20gずつまるめておきヘタをおとしたいちごをあんこで包む。
7.大福生地を真ん中は厚く、外側は薄くを意識しながら円形に広げる。
8.7の記事で6のあんころ玉を上から包むようにくるみ、底の部分で生地を留めて出来上がり。

問題はフードプロセッサーが壊れないかどうかということ。なめらかな生地にしたいからできれば普通の刃を使いたいのだけど、粘性を考えるともしかしたらパン生地用の刃が無難なのかもしれないから。
最初はとにかく壊れないように少量で、少しずつ回転させて挑戦してみたいと思います。

まぁ、とにかく今回のいちご大福、初めてにしてはとても上手く(美味く)いきました♪
生地はなめらかじゃないし、粒あんで作ったから舌触りこそ問題あるものの、味はいちご大福そのものだし、なにより市販のものより圧倒的に添加物が少ないのが魅力。

アメリカにきて色々なものを手作りするようになってから、市販品の添加物の多さにはちょっと辟易するものが。
もちろん市販のものは手軽だし、安いし、魅力も大きいけれど、でもよくわからない物質を体にたくさん取り入れることは賢いこととはなかなか言えません。

日本に帰国したときに久々に食べた食パンの味に違和感を感じたのは今でも忘れられません。
こっちでパンを作ったらマーガリンも植物油などもいれないですから。(使うのはバターやオリーブオイルという意味です。)

和食などを摂りたいときに不便はあるものの、添加物をなるべく少なくできるのは時間のある生活をしている恩恵かもしれませんね。

さて、次はいついちご大福を作ろうか♪

Star Wars Party!

Posted by Shibuko on 27.2016 パーティー・テーブルコーディネート 0 comments 0 trackback
先週息子が4歳の誕生日を迎えこの週末にお友達を読んで誕生日会を開催しました。

今回はWinter Storm Jonasの影響で土曜に開催する予定が日曜に変更になったのにも関わらず大勢のお友達が来てくれて大人子供あわせ総勢40名近くにのぼりました。

テーマは息子ちゃんが現在進行形で夢中なStar Wars。

2016012406.jpg

このケーキの土台はスーパーで買ってきたものですが上にのせたアイシングクッキーとネームプレートはお手製。
クッキーの方はWilliams-Sonomaの公式Star Warsグッズ。ダースベーダーとストームトルーパーはバレンタイン商戦向けにでてた友チョコ的なものを活用しました。

ケーキの大きさはこれでもかなり大きなものですが、雪の影響で直前までこれを買いに行けるかわからなかったので前日にはスペアのガトーショコラを焼いておいて。
2016012401.jpg
レゴのこれまたStar Warsをアルミホイルでベースを敷いた上に載せてこちらもStar Warsケーキに。

息子ちゃんはもう数日前からこのクッキーが食べたくて食べたくて仕方がなかったので、とてもうれしそう♪
まわりのお友達もワクワクしていました。カワイイ☆
2016012407.jpg
2016012408.jpg

そして、内装にはあまりこだわらなかったと書きましたが、どうしても設けたかったのがこのスペース『フォトブース』。
2016012402.jpg
一応彼女はプレンセスレイアのつもりなんだけど、わかるかしら??

誕生日会って、開くほうにとっては楽しいし子供たちも楽しんでくれるけど、でも中には義理で来る方もいらっしゃるわけで。(子供の親御さんとか、もしくはママ友についてきた旦那さんたちとか)
でもせっかく来たなら「他人の祝い事」ではなくゲストたちにも何か記念になる何かを残してあげたい、と思わない?

そんなわけで、今回はStar Warsを意識して気分だけでもバーチャルトリップとなるようなフォトブースを設けたんです☆
2016012404.jpg
息子ちゃんにはダースベーダーのパジャマを着させて手作りの黒いケープをかぶせました。

実はお面もあるのだけど・・・

そっちはほかのお友達が使用中。日曜だったので協会の礼拝の後に来てくれたお友達はスーツ着用。だいぶ改まったダースベイダー卿です。笑
2016012403.jpg

このフォトブースのセッティングはとても簡単。
2016012405.jpg

一番安い黒い布を買ってきて壁にマスキングテープで貼りつけ。あとは寝室などの壁に貼る「暗いところで光る」タイプの惑星と星のセットをセロハンテープで貼りつけただけ。
使い終わった惑星たちは、子供部屋の壁に移動になるので特に無駄にもなりません。

バルーンなどを置いておくとさらにフレーム感がでて写真に奥行きがでるのでそれもおススメです。

今回のパーティの際には、息子ちゃんのスクールのお友達の親御さんでほとんど面識のない方もいたのですが、そんな方に話しかける際にも「フォトブースでお子さんと写真とりました?もしよかったら記念にどうぞ!」などと声をかけるきっかけにもなるので、パーティのホスト役としては一石二鳥。
私の見ていないところでもみなさんに楽しんでもらいたいから、こんな風にちょっとした仕掛けを用意しておくのです♪

息子ちゃんはスクールの大好きなお友達と一緒に写真を撮ったようで、ほかの親御さんがパーティの後に写真を送ってくれました。男の子3人のすーーーっごく楽しそうな笑顔が収められていて、ほんのちょっとの手間だけどかけてよかったな・・・とその写真を眺めながら思うのです。

こんな感じであっという間に終わったStar Warsパーティ。
来てくれたみなさん、楽しい時間を過ごさせてくれてありがとう☆
今まではママ友つながりのお友達を招いた誕生日パーティばかりだったけど、スクールに通う今は普段私が知らないスクールのお友達とその家族を招いたりして、「こうやって子供は自分の社会の中に入っていくんだな、こうして保護者の輪が色がっていくんだな」などと感じた感慨深いイベントでした。
こういう機会を与えてくれる息子ちゃんにも感謝しなくちゃ。
いつも怒ってばかりでごめんね。でも心優しくて賢くて人をちゃんと思いやれる息子ちゃんのこと、ママは本当はとても誇りに思っているの。ママ業4年がたったけど、反省は深まっていくばかり。反省ばかりしていないで、息子ちゃんともっといい関係を気づけるように頑張るからママのこと見捨てないでね!大好きよー!!

National Peach Melba Day!

Posted by Shibuko on 14.2016 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
アメリカの今日、1月13日はNational Peach Melba Dayでした。

2016011304.jpg

ピーチメルバの日。
いったい何の日でしょうね?

ピーチメルバというデザートはバニラアイスクリーム、桃、ラズベリーソースにアーモンドの乗ったデザートで、18世紀後半にオーストラリアの歌姫ネリーメルバのために、当時LondonのSavoy Hotelで料理長をしていた天才フランス人シェフのオーギュスト・エスコフィエによって考案されたものとされています。

でもなんでここアメリカで桃も時期じゃない、アイスを食べるような時期でもないこの日がピーチメルバの日なんだろう・・・と考えるときりがありません。

この日にちなんで、ピーチメルバを作ろうかなと思ったけど、冬だし、アイス食べる気温じゃないし(外は氷点下くらい)、バニラアイスクリームは切らしているし、というわけでちょっとアレンジを加えた『ピーチメルバ風パンナコッタ』のデザートを作ることに。

まずはパンナコッタを作り、器に入れ冷蔵庫で固める。
2016011301.jpg
温かいまま容器に入れると固まるまで時間がかかるので、ゼラチンを溶かしきったらボウルに氷を入れ、ゼラチン液の入った容器を当て、トロっとなるまで温度を冷やしてから入れると固めの時間が短縮できます。

桃のゼリーを流しいれさらに冷蔵庫で固め、固まったら桃を乗せる。
と、こんな感じの層になりました。
2016011303.jpg
<ガラスの器はアンティークもの、Duncun & MillerのTearシリーズのシャンパンクープ。大のお気に入り。>

食べるときはラズベリーソースもかけますが、せっかくのかわいい見た目を楽しむために、別容器でサーブして、お好みでかけてもらうスタイルにしました。
2016011302.jpg

今日も飲み物は緑茶です。
ハイ、Matcha monthですからね。笑

2016011304.jpg

子供たちにはココットで作ったものをおやつにあげたのですが、「ママ、美味しいじゃないの~(美味しくないの)」と言われてしまいがっくり。
なんで!?

そんな前評判をいただきつつ、遊びに来てくれてお友達に出したら「美味しい!このソースが甘酸っぱくてバランスがちょうどいい~!」と言っていただきました。
なんと心優しい!社交辞令かもしれませんけど!
でも美味しいと言っていただけたのでおかわりいるか聞いたら「いいのー?」といいつつ気持よく食べてくれたのでこれはお世辞じゃなく本当においしいと思ってくれたということにします!(ビバ!ポジティブthinking。)

確かに子供たちのココットのを食べてみたらパンナコッタの部分が多すぎて、ちょっとくどいかも。
それと比べてこのクープに入ったものは甘みと酸味が程よいバランスの層になっていて食べやすい味だったような気が。

バランスって大事よね。

今回はわりと試作的に適当に作ったこちらのデザートですが、うまくいったので、今度レシピとしてまとめる時間があったらまとめてみることにします。

とりあえずパンナコッタは分量計ったのでそちらだけ備忘録。

生クリーム 500cc
粉ゼラチン 1包(7g)
砂糖 大さじ2
はちみつ 大さじ1
塩 小さじ1?(←あれ、こんなに入れたっけ??要確認!)

桃のゼリーは桃の缶詰のシロップを適当に水で割って砂糖を加えて煮詰めたので正直なところ正確な分量がわかっていません。
水はおよそ150ccくらい、砂糖は1/4cup(アメリカサイズ)加えた気がします、が。

こんな「○○の日」がなければピーチメルバ(風パンナコッタ)なんて作ろうなんて気にならなかっただろうから、今日のこの日に感謝。


とはいえ、やっぱり今日がなんでピーチメルバの日なのかは理解することができませんでしたが・・・。

Calender 2016 & Matcha♡

Posted by Shibuko on 13.2016 Made in America 0 comments 0 trackback
もう1月も中盤ですね!
わが家はやっと週末にカレンダーを買ってきました。←だいぶ遅いよッ!

カワイイ紙ものをたくさん輩出しているサンフランシスコのRifle Paper Coのものです。
週末にParker & Otisの姉妹店Chez Millerで購入♡
行きました?すんごいカッコイイものカワイイ物だらけでヤバイです!まだの方は要チェック!ダーラムのE. Parrish 沿いにあります。

こちらがカレンダー♪

Coffee & Teaカレンダー。
月ごとにDrinkが一つずつ乗っています。

キッチンに飾るのにちょうどいいかなと思いまして。


キッチンパントリーの扉にかけてみました。
ちょっと小さい気もするけど…まいっか!

ちなみに今月のDrinkはJapanese Matchaだそうです。

…という訳で今日の私のお茶はこちら。


お茶の一つでも点てられたらカッコイイんだけど。
アメリカだしそこは手軽に行きたいと思います。笑

チャペルヒルで茶道を習っているお友だちに一つ点てて頂くことに致しましょうか♡

明日はそのお友達とベーグル練習会。
先月はオリーブのパンを一緒に作ったのだけど、美味しいパンを食べるべく二人でコツコツ努力を積み重ねる所存です。

ガッカモーレはいつ食べても美味しい☆

Posted by Shibuko on 10.2016 料理 ハーブ 0 comments 0 trackback
先日の朝、急に夫が「そういえば今日ボストンから○○が来るんだよね」と言い出しました。

ふぇ?聞いてませんけど?

というわけで、とりあえず先日Costcoで大量に買っておいたアボカドを使って朝のうちにガッカモーレだけ下ごしらえ。
残りのお料理は午後に考えるとして・・・。

2016010502.jpg

出張者の方をわが家で迎えるときはなるべく家庭的な味を作るように心がけています。
夫が出張者の方をいつもうちに呼ぶ理由は夫自身が出張の際の外食に飽き飽きしているから。
少しでも出張の負担を減らしてあげたい、と思っているんだと思います。

私も日本にいた頃の繁忙期には毎週のように出張があったのでその気持ちよくわかります。
(私の場合、酒どころ、美味いもんどころが多くて外食はそんなに苦ではありませんでしたが・・・。)

そんなことに思考を走らせながら朝からせっせと下ごしらえ。
ガッカモーレを簡単に作るミックスなども売ってるし、できあいのものもたくさん店頭に並んでいますが、ガッカモーレはやっぱり手作りが一番おいしいと思うのです。

好みのスパイスとニンニクをたっぷり入れたわが家のガッカモーレ☆
隠し味はコリアンダーのスパイスかな?

作るときによって味は若干異なるのだけど・・・先日分の備忘録はこちら。

☆材料☆
アボカド 3個
トマト 2個(今日は大きいトマトがなかったのでミニトマトで代用)
紫玉ねぎ 1/6個
ライム汁 1個分
シラントロ(パクチー) お好みの量(枝は取り除いて1/2カップくらい)
にんにく  1かけ
クミン 小さじ1
コリアンダーパウダー 小さじ1/2
パプリカパウダー 小さじ1/2
塩 小さじ1

基本的にはみじん切りにして混ぜるだけですが、私はライム汁を最初に絞っておいて、アボカドは最後に切り、切ったとたんにライム汁と混ぜ合わせてなるべく色の変色を防ぐように心がけています☆

食べるときはTostitosのスクープタイプががっつり食べられて好きです。

困ったときの鮭頼み!

Posted by Shibuko on 09.2016 料理 魚 0 comments 0 trackback
先日ガッカモーレをとりあえず作った来客の日のこと。

結局悩みに悩み、あまりに無気力で何もする気にもなれない日だったので、冷蔵庫に買ってあった鮭を使うことに!

2016010505.jpg

切って、刻んだディルとレモンスライスをのせて塩こしょう、オリーブオイルをかけてオーブンで焼くだけ!
425Fで15分!
アルミホイルを敷いておけば、片付けもかなり短縮できる優秀メニューです。
2016010504.jpg

サイドディッシュはマッシュポテト。これは午前中に皮だけむいて水にさらしておき、時間がところどころできたらスライスして、って感じで細切れの作業で作りました。

本当に子供たちがいるとまとまって料理できる時間がなんて貴重なことかと思い知らされます。
子育てってしてみないとほんとにしらないことばかり。

うちのマッシュポテトはバターも生クリームもたっぷりの濃厚仕立てです☆

夫からは「シンプルなのにすごく美味しかったよ、上出来。」と言ってもらえて、いやぁ私もだいぶ料理上手になってきたなと自画自賛しておりました。・・・こんな簡単料理ですけどね。笑

次時間があるときは鮭の味噌漬けなんかもいいかもしれないな。
お正月明けに数の子を漬けた味噌床がまだ残ってるんですよね~!フフフー♪

もしうまくいくようだったらこちらでご報告いたします。
うまくいかなかったから・・・みなさまのお目に触れず記憶から抹消されることでしょうーっ!笑

余った卵黄の活用

Posted by Shibuko on 09.2016 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
マカロンを作った時に一番困るのが卵黄の活用法。

マカロンを一回作るごとに2個から4個分の卵黄が余ります。
2つくらいの時は卵焼きに混ぜたり、卵黄をしょうゆ漬けにしてごはんにかけて食べたりするのですが、さすがに4つとなると・・・ね。

逆に卵黄ばかり使うレシピの時には「卵白ってどうしたらいいんだっけ・・・」なんて困ったりするわけなんですが。

最近、卵黄をたくさん使ったレシピを数度目にすることがあったので、忘れないうちに。

☆カスタードクリーム☆
シュークリームに使う固いカスタードももちろんですが、こちらはフルーツなどと合わせて食べたいゆるいカスタードです。
参照元はクリスマスのデザートに作ったこちらのトライフルのレシピ。

牛乳 約500cc
バニラビーンズ 1さや
卵黄 4つ分
パウダーシュガー 大さじ1
パウダーシュガー 少量(後で表面が固まらないように振りかける分)
片栗粉・コーンスターチ 大さじ1と1/2

小さな鍋に牛乳とバニラビーンズを入れ沸騰直前まで温めたら耐熱容器に移して10分ほどバニラビーンズを浸してから取り除く。
卵黄、コーンスターチ、砂糖をボウルに入れ混ぜ合わせておく。
牛乳をボウルに加え入れ混ぜたら、きれいに洗った小鍋に濾しながら戻しいれる。
弱火にかけカスタードにとろみがつくまで混ぜ続ける。沸騰しないように注意。
とろみがつき始めたら弱火で2分ほど加熱し続け、とろみが均一になったら冷やしたボウルに移しそれ以上火が通らないようにする。
カスタードの表面に薄い膜になるように砂糖をかける。表面に膜が張るのを防ぐため。
粗熱が取れたら出来上がり。

☆レモンカード☆
レモン味のカスタードといった感じでしょうか。こちらはちょっと酸っぱいのであまりたくさん作りすぎると私は活用に困って結局使いきれなくなってしまうのですが・・・
それでもこちらも甘い果物のコンポートなどとあわせれば簡単デザートに早変わりしてしまう便利な一品です。
参考レシピはこちらから。

☆ダッチェスポテト☆
『侯爵夫人のじゃがいも』という意味の一皿。英語版レシピはこちらからどうぞ。
こちらはマッシュポテトのお上品バージョンといった感じでしょうか。
卵黄を加えたポテトをさらにオーブンで焼いたお料理で、マッシュポテトより甘味があり、焼いて少しかりっとした表面の食感が楽しい一品です。
サンクスギビングなどのちょっとかしこまったディナーのサイドディッシュなどにちょうどいいさじ加減。

とりあえず、卵黄が余った時の3品のご紹介でした。
また何か見つけたときはこちらでシェアさせていただきますね☆

ある日の食卓~ブロッコリー・シラントロスープ~

Posted by Shibuko on 08.2016 料理 ハーブ 0 comments 0 trackback
マンネリになりがちなブロッコリー料理。
みなさんどうされてますか?
うちではちょっとひとクセを加えたブロッコリースープに☆

2015122801.jpg

☆材料☆
ブロッコリー 1株 ・・・下茹でまたはスチームしておく
じゃがいも 1個 ・・・スライスして水にさらす
玉ねぎ 1/2個 ・・・スライス
コンソメ 1~2個
パクチー・イタリアンパセリ・タイム 各お好みの量(各大さじ1くらいかな。ハーブはお好みのもの、手持ちのものでいいと思います。)
(生クリーム 50~100cc)
水 600cc
塩 少々
油 少々

・お鍋に油をひき、温まったら玉ねぎを入れしんなりするまで炒める。
・水気を切ったじゃがいもを入れ水600ccを投入し、沸騰したら火を弱めじゃがいもが柔らかくなるまでゆでる。
・じゃがいもにしっかり火が通ったらブロコッリーと刻んだハーブを入れ1~2分ゆでる。
・ブレンダーやフードプロセッサーなどで撹拌しピュレ上にし、鍋に戻しコンソメと塩を加え火にかけ調味する。
(アメリカのコンソメはキューブが日本のものより大きいので1個でもなんとか足りますが、日本の場合はおそらく2つ必要かもしれません。)
・ここの段階ではパクチーの味がピリッとした爽やかな感じのスープで完成。
もっとポタージュっぽい感じがお好みであれば生クリームを投入して完成です。

多くの方はパクチーよりもポタージュのほうが安心する味かもしれませんが、私はパクチー(アメリカではシラントロといいます)の味がきいたさわやかバージョンもかなり好みです☆

明けましておめでとうございます 2016

Posted by Shibuko on 07.2016 料理 0 comments 0 trackback
三が日も明けてしまいましたが、あけましておめでとうございます。

今年のお正月にはどうしてもおせちが食べたくて、というのも昨年はアイルランド旅行から戻ったばかりで元日から子羊など食べておりましたので、どうもおせちが恋しかったわけです。

かといってお取り寄せのおせちはあまり美味しくないのに値段ばっかり一流なので、作ったほうが良いことは明白。
とはいえ、子供二人とお腹に一人を抱えておせちをすべて作る時間も体力もない私にできることは頭脳戦。

頭脳戦て・・・。ないもの捻ってもなぁ。

でも私の食への執着は人並み以上のものがありますからないものもとにかくひねってみました。
そして意外にも簡単に出た答えは「おせち交換会」。
難しいことではなくて、「おせちが食べたいなぁ」と同じように思っているみなさんと協力しておせちを一人数品大量に作ってわけあいっこをする、ということです。

そしてその結果がこちら。
2016010101.jpg

2016010102.jpg
なかなか豪華でしょう?ここ、アメリカ。しかも片田舎!
もちろん日本から調達した食材もありますが、ほとんどはこちらで買えるもので作ったものばかり。

手作りでここまでできるんだなぁと、「感激」の一言に尽きます。

今回はSさん、Yさん、Yさん、Yさん、Hさんの計6人で作りました☆
(あ、Yさんが3人も。笑)
一人1品~3品くらい作って31日の日にみんなでわが家に集合、そして煮しめを作った後おせちを交換&精算の流れ。
朝10時以降に集まり始めて終わったのが3時くらい。
お煮しめはちょっと多めに作ってランチ代わりに試食会も。

とっても楽しく有意義な時間を過ごせた上に、こんなに豪華なおせちを食べることができて、参加した皆さんからはすでに「ぜひ来年も!」とのお声も。

元日の朝に、美しい品々を盛りつけつつ「まとめるのはちょっぴり大変だったものの頑張って思い切ってお声がけしてみてよかったな」とほっこりした気持ちでそれぞれの持ち寄った一品をいただきました☆

日本では最近はあまりおせちを食べる人がいなくなったなどという話も聞きましたが、ここ海外では、海外だからこそおせちを食べて日本の気分を味わいたいという人は少なからずいるようです。

こういった季節ごとの伝統の形も変わっていくのでしょうが、できうる限り続けていきたい「おせち交換会」なのでした。
  

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
8338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
996位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。