ダーラムでパワーチャージ☆

Posted by Shibuko on 30.2015 ノースカロライナ・ダーラム 0 comments 0 trackback
束の間の休息中。

義両親がニューオーリンズへ旅行中、夫もボストンへ出張中、息子ちゃんは日中スクールなので、気分は軽々。
といっても疲れがたまっていて全体的には晴れないドンヨリ模様。

「あ、そうだ!」と思い立ち、ダーラムのファーマーズマーケットへ。
4月から10月の間は毎週水曜の午後にファーマーズマーケットが開催されるんです。

ファーマーズマーケットの脇に路上駐車をして(ダーラムは路上駐車は無料)、ファーマーズマーケットへ足を踏みいれると甘いイチゴの香り!
やった!イチゴのシーズン来たっ!!と五感で実感。うーん、やっぱり来て良かった。

そしてブラブラしてると彩りあざやかな花束発見。
2015042901.jpg

あ、そうか、もう菖蒲の時期だったの忘れてた。
端午の節句も近いし、コレにしよう。

というわけで、イチゴと花束お買い上げ♪
2015042905.jpg

ファーマーズマーケットから道路を挟んだ向かい側にはセントラルパークという小さな公園&プレイエリアが存在するので、お買い物のあとは姫と二人でプレイタイム。
2015042902.jpg
メタルアーティストが作ったと思われる橋。ダーラムはアーティストがたくさんいるんですよ。メタルアーティスト、ガラスアーティストなどなど。

2015042903.jpg 2015042910.jpg
公園には巨大カメと巨大カーディナルがいるんです。なんでカメなのかは不明・・・。

2015042904.jpg
石作りのプレイエリアは超安全なプレイグラウンドが多いアメリカでは貴重。
疑似ワイルドな環境で私はいいなと思うけど、たぶん一部のママたちには結構不評だと思われる。

ひとしきり遊んだら、お家へ帰ってお花を生けて、そしたらなんだか気分もスッキリ。
2015042907.jpg

帰り道に息子ちゃんを迎えに行って、イチゴをおやつにだしたら、二人にものの5分で食べられてしまったのは言うまでもありません・・・。ヘタをとるのが追いつかない・・・。
2015042906.jpg

#DurhamFarmer'sMarket#Iris#Bachelor'sButton#Strawberry#Durham#CentralPark

アメリカのお薬などなど。

Posted by Shibuko on 29.2015 つぶやき 0 comments 0 trackback
親知らず抜歯から5日。
うぅ、つらいーッ!

日を追うごとに段々とつらくなってる気がする。

というのもきっと薬の影響。
今回処方されたお薬などはぜんぶで5種類。
・抗炎症のためのステロイド剤
・ハイドロコドン(ヒドロコドンともいう)モルヒネ系鎮痛剤
・ペニシリン 感染症予防の抗生物質
・口内の菌の繁殖を抑えるマウスウォッシュ
・吐き気がある時のためのお薬

手術の当日は麻酔の影響でほとんど痛みはなく、そしてアドレナリンもたくさん出て興奮状態だったんでしょうねー、家でのんびりモフってました。
2、3日後もステロイドを1日5錠とか4錠とか摂取していて、多少の興奮状態にあるんじゃないかな、不快感も少なく薬が効いてる間は元気に動き回れるくらい。まぁ、ボーッとはしてるし、食べる気にはならないけれど。

それが4日目の昨日には、ステロイドも量が減ってきて、薬が切れる時間になると気分は落ち込むは、八つ当たりするは、とかなり他人に迷惑をかけてる自覚あり。
しかも患部自体も、鋭い痛みとかはないから鎮痛剤をとらずに長い間あけたら、吐き気はするし頭痛はあるし目眩はするしで散々。しかも意識も低迷してきて判断力に全く欠ける状態。

5日目の今日は抗生物質と段々量の減ってきたステロイド剤の最後の摂取日。
ステロイドは減り、まだモルヒネ系の強い鎮痛剤は摂取しているからか、記憶力、判断力、集中力すべてが低迷状態で友人と遊ぶ約束をしてたのをスッカリ忘れてしまい、午後は目眩で動けず、夜となった今もうっかり鎮痛剤を飲み忘れたら頭痛と患部の不快感がモノスゴイ・・・。内側から圧迫されてる感じ・・・。
本当だったら車の運転をして友人と遊びに行く予定だったけど今思えば、車の運転しなくて良かったー。絶対こんな日は事故ってたよ!

明日からは鎮痛剤だけ。それもあと数日で切れてしまうので、そしたらどうなってしまうの!?とめちゃくちゃ不安。
まさか術後時間が経ってからのほうがつらいなんて予想外!!
最初の数日が楽だったから「なんだ楽勝じゃん」くらいに思ってたのにーぃッ!!

やっぱりどんなに医療が進んだって、薬があったって、手術は楽じゃないわね。
明日は夫もまた出張で不在だし、義両親も小旅行でいないので、1人で子供の相手をしながらのんびりしよう〜ッと。

親知らず4本

Posted by Shibuko on 24.2015 ノースカロライナ・ダーラム 0 comments 0 trackback
ハムスターのようになっています。

なんのことかといえば、私の顔のこと。今日、親知らずを抜いてきた、4本。
日本人の友人に話をすると、みんながみんな「4本まとめて抜くなんて・・・」と若干引くか同情されるかといったさも痛々しい感じの反応が返ってきます。
アメリカ人にその話をすると「なんで?痛い期間や麻酔が一回で済むから良くない?」と逆に超ポジティブ。

結果論から言うと術後4時間現在はかなり良好。まだ麻酔が聞いてるからなんだろうけど。
日本人でアメリカで親知らずを抜いた子に聞けば、薬もガンガン出されるからそれのめばヘッチャラと夢のようなお言葉も頂き今はベッドでのんびり中。

手術が終わって意識が段々戻ってきた頃に看護スタッフに聞かれたのは「アイスクリーム、バニラとチョコどっちがいい?」と。
必死で朦朧とする頭をふりしぼり、最初チョコと言ってでもやっぱり気分が変わってバニラにしてもらいヨタヨタと帰路につく。
今は旦那さまが出張のため義父に付き添いをお願いしました。義母は家で姫のお世話を請け負ってくれ、本当に義両親にはお世話になりっぱなし。とても頼りになる方たちです。

ちなみに今回言った親知らずの抜歯をしてくれたのはNu ImageというRaleighの親知らずとインプラント専門のオフィス。通常の治療に通っているのはThompton Thomptonという夫婦経営のBrier Creekにあるオフィス。
アメリカは日本とは違って治療を一回でドーンとしてくれるから歯医者嫌いの私でも通いやすい。初回にレントゲンとコンサルテーションがあってそこで治療方針と治療を箇所、大まかな値段を出してくれる。
長いこと歯医者に通ってなかった私は治療箇所が6箇所見つかったのだけど、3本ずつの治療に分けてくれたので2回でおわることに!めちゃ画期的!
日本だったら予約も取りづらくてだらだら数ヶ月に渡って治療にしてなんとなくいきたくなくなったりしてたけど・・・
親知らずもまとめてドドーンだし、このアメリカの方法なかなかお気に入り!
ハムスターになったって1週間やそこらのことだからヘッチャラだ!

この1-2習慣は夫が日本で買ってきてくれた雑誌を読み漁りながらハムスターのごとく寝床でモフモフすることにしようっと。

飲んだくれてみる(気持ちだけ)

Posted by Shibuko on 18.2015 つぶやき 0 comments 0 trackback
ぷはぁー。

ビールがうまいっす。というか、今日のビールは実はちょっと苦いんだけどでも開けてしまったので最後まで飲む、みたいな。
義両親は今日は早くに引きこもってしまい、1人でビールを開けてみた次第。

学生の頃はザルか!とよく言われたけれど、アメリカにきてこの4年間、妊娠出産を繰り返していたのでお酒も嗜む程度。すっかり弱くなってしまったなぁ。
1人目の授乳が終わったと思ったらそのすぐ直後に二人目の妊娠が発覚。

姫は1歳3ヶ月で卒乳の運びとなりましたので、今の内に思う存分お酒を楽しもうというワケ。ウヒヒ。

ノースカロライナは、というよりアメリカ全土かもしれないんだけど、マイクロブルワリーと言って地ビールを作ってるいる会社がたくさんあります。2014年調べでは3,200を超えるそう。
なのでそんな地ビールやカクテルなどをチマチマっと盛っています。

好きなだけお酒を飲めるっていいね。といってもまだ浴びるほど飲む勇気はないんだけど・・・。
美味しいおつまみが恋しい!日本の居酒屋が恋しいー!!誰か刺身持ってコーイ!!

などと心の中で叫ぶ呑んだくれです。
ちなみにビールコップで1杯目。弱すぎる、チーン。
お酒はほどほどに。

日本から戻ってくる旦那さま、干物とか持ってきてくれないかなぁー・・・

義理の両親が来てまして

Posted by Shibuko on 18.2015 つぶやき 0 comments 0 trackback
義理の両親が先般からやってきています。2ヶ月ほどの滞在予定。

義理の両親が泊まる部屋にパソコンがあってなかなか写真の整理が出来ず写真付きのブログをアップすることができないよー!!
普段とは違う人がいると食卓に並ぶものも随分かわります。

糖尿病予備軍の義母のために毎食サラダは欠かさず、砂糖・糖分を減らすために日本食を控えめにして、ヨーロッパ食が恋しくならないように昼間はバゲットとチーズだったり、と普段の生活とはだいぶ異なります。
そのためにすでに新しいレシピを参考に3種類はサラダに挑戦して、メインのおかずも同様に新メニューにトライ、焼き立てのパンが好きな義母のためにパンドカンパーニュもバゲットも焼いてます。

普段の生活生活にどれだけ和食の影響が大きいか気付いたりもしてます。
ちなみに夫はまた出張に行っており、すでに1週間。1泊家に戻ったらまた4泊。
実は気に入った家も見つけて、購入の手続きに入ったりもしていて、けっこう圧迫状態。

義理の両親が来てくれていることは大変でもあるけれど、この忙しい時期を1人で過ごさなくていいだけで、ここrの負担がだいぶ軽くなっています。
義両親に感謝です。

そんな毎日のためブログはかなり不定期更新となってしまうと思います!
遊びに来てくださる方、がっかりさせてごめんなさい。

義両親が帰国して引越しが完了するまでの2ヶ月ほどとびとび更新になってしまうかと思いますが、ぼちぼちアップしていきますので、気が向いたらお越し下さいませ。

楽しい春の季節、存分に満喫して下さいませ☆
(ノースカロライナはすでに夏のような暑さですが!)

歯医者さんの受付嬢

Posted by Shibuko on 14.2015 つぶやき 0 comments 0 trackback
NCに戻ってから初、歯医者さんにいくことにしました。
夫の両親が来ており、2か月滞在するのでその間にいけるだけ行っちゃおうと思って。
家からものすっごく近い所で夫が通いはじめたので、近いのは便利だし電話をしたのですが。

夫が通ってることを。伝えたら「旦那さまの名字は?」と聞かれたので伝えるとすぐさま「え?もしかして・・・」と夫の下の名前が電話越しの受付嬢の口からすぐ出てきました。
確かに夫が通ってるのは最近だし、珍しい名字ではあるけど、どんだけ顔売ってる訳!?

そのあと、診察の時間だとか既応症などを聞かれて一通りのやりとりを終えたですが、電話を切る直前に「奥様に会えるの楽しみにしてますね!」との一言。何、この無言のプレッシャー・・・

夫から「ここの歯医者さんはすごくアットホームで感じがいいよ」、とは聞かされていたけれど、まさか病院の受付嬢にそんな一言をかけられるってアットホームも通り越して「夫よ、外でいったいどんな話してるわけ!?」とちょっぴり不安になるのでもあります・・・

ちょびっと緊張しますが、行ってきます。

ビルトモアに咲く着生ラン

Posted by Shibuko on 11.2015 お花・ガーデニング 0 comments 0 trackback
ビルトモアの温室で珍しいものを見つけました☆

木に咲くラン。
2015040410.jpg

これを見たとき「へぇー。」としか思わなかったのですが、でもなぜか頭に残っていたので調べてみると、蘭は「着生ラン」「地生ラン」に分けられるんだとか。

よくみかける鉢植えの蘭はコケみたいなのが下についていて白い根っこが見えていますよね。あれがおそらく着生ラン
一般的な種類で言うとコチョウランカトレアなど。
そして着生ランは樹木や岩の表面に直接根を張り体を固定するそう。(地生ランは地面の中に根を張る。)
そのため根は空気中に露出されています。
樹木や岩だなんてどうやって栄養を摂るんだろうかと不思議に思いますが、どうやら葉や茎を肥大させて栄養を蓄えておくんだそう。(でもそもそも蓄えるためのその栄養はどこからくるの?という謎。)

蘭は育てるのが難しいからもっとデリケートな植物だと思っていたけど、なんだかけっこう逞しい・・・

2015040411.jpg
これは木というよりは草ですよね。シダ科の植物?でしょうか?・・・すみません植物にはあまり詳しくないもので。

そして咲いてるランはミニ胡蝶蘭??それともバンダ?
(もしご存知の方がいたら教えていただけると嬉しいです!)

いずれにせよとても珍しいものをみさせてもらいました☆
デリケートに見えて、こんなに逞しい一面をみせてくれる蘭。今まで「きれいだな」と思う以外にあまり興味をもったことがありませんでしたが、一気に興味が沸きました!

美しいものはデリケートなだけじゃやっていけませんよね!
花よ蝶よと育てるのもいいけれど、そこに存在する本来の強さをもってさらに輝きがますラン。
私もこのようにどんな環境でも逞しく生きていきたいものです。
(といっても、ビルトモアのここは温室で熟練のガーデナーたちに手入れをされているわけなのですが・・・)

ビルトモアの温室、本当に素晴らしいところでした!毎日でも通いたいです☆

2度目のTupelo Honey Cafe in Asheville☆

Posted by Shibuko on 10.2015 ノースカロライナ・ダーラム 0 comments 0 trackback
ビルトモアとアシュビル旅行の際に、絶対行こうと決めていたレストランTupelo Honey Cafe。

以前アシュビルに行った際にも友人に勧められて行って気に入ったのですが、もう3年もたつので「はて、何がそんなに良かったんだっけ?」と忘れかけていました。でも今ではRaleighにもレストランがあってたくさんのレシピ本も出しているTupelo Honeyですから、絶対美味しいはずなんですよね。なので、再挑戦♪

本店はアシュビルのダウンタウンのど真ん中にあり、予約は付加。お店に入ったのは夕方5時すぎ頃だけど、すでに席の半分は埋まっていました。食事を始めた5時半には満席。アシュビルの週末は観光客が多くレストランも混雑しがちなので7時くらいにいけば45分~1時間待ちといわれるのはざらなので、このレストランでないにしてもダウンタウンならなるべく早めにレストランにいくのがおススメ。

2015040405.jpg
サービスでついてくるできたてのバターミルクビスケットはフワッフワでフカフカ。手づくりのジャムも甘すぎず、フレッシュ。
これをお目当てに来るお客さんも少なくないんだとか。

2015040406.jpg
色んな料理があるので、今回は小皿料理を数品頼むことに。
こちらは子羊のミートボール。前日Wicked Weedで食べたラムのミートボールが美味しくてこちらでも頼んでみたのだけど、美味しいのレベルを超えました。超ウマ。

2015040407.jpg
ゴートチーズのグリル。温かい焼き目と中の柔らかいチーズ、そして焼きりんごのコンビはハズレなしです。

2015040408.jpg
プルドポークの春巻き。ノースカロライナスタイルの豚バーベキュー肉が入った春巻き。アジアンとノースカロライナの融合。付け合せのサラダのドレッシングもアジア風でアジアが恋しくなる味。でもアメリカっぽくて、なんだか胸が温かくなっちゃいます。

これ以外にも2品くらい頼んだのだけど旦那さまと二人で「やっぱりここのレストランは格別に美味しいね、そこらへんのレストランとは全然違う」という話をしていました。
南部スタイルなのだけど、ちょっとしたサプライズがかくされている、アシュビルをそのまま表したようなレストランです。スタッフのサービスも丁寧すぎずでも気さくで、適度な距離感を保ちつつでもきちんと気にかけてくれるのがわかるような心地よさ。
家で作れるレベルの美味しいレストランはたくさんあるけれど、「自分では絶対作れない」と思える料理を出してくれるレストランというのは大変貴重。それを思い出させてくれるTupelo Honey Cafeなのでした。

今度Raleighのお店にも行ってみたい気もするけど本店の良さを下回ってしまったらがっかりするから行くかどうかは悩みどころ。お友達に相談してみよーっと。

===============
Tupelo Honey Café
12 College St, Asheville, NC
(828) 255-4863

Easter Egg Moravian Cookies

Posted by Shibuko on 09.2015 ノースカロライナ・ダーラム 0 comments 0 trackback
おみやげに困ることの多いノースカロライナですが、最近は種類もだいぶ増えてきましたね。
そんな少ないお土産類の中で、昔から定番なのはMoravian Cookies。ウィンストン=セーラム出身の会社で、薄焼きのクッキーはフレーバーも豊富です。

先月、留学生が来たときにレモン味をお土産でもたせてあげたのもこの会社のもですが・・・

なんとイースター限定バージョンが出てました。

2015040101.jpg

2015040102.jpg

口に入れた瞬間に「思った以上にダークだわ!」と思うはず。
アメリカのチョコレートと言えば甘くて偽ものっぽいものが大変多いですが、想像をいい意味で裏切ってくれた美味しい1枚です。

お友達が家に遊びに来てくれたときに出したのだけど、たぶん私のほうが多く食べた気がする。
私、普段甘いものはあまり食べないのですが、チョコレートのかかったクッキーはかなり好きな気がします。
マカロンもとまりませんけど・・・でもケーキとかはあまり食べないので。

甘党じゃない私がおススメするモラヴィアンクッキーのイースター限定クッキーです☆
もうイースターは終わってしまいましたが、次にみいかけたらまた数箱買うことにしようっと。

Easterはビルトモアで☆

Posted by Shibuko on 08.2015 ノースカロライナ・ダーラム 0 comments 0 trackback
みなさま、こんにちは☆

週末はいかが過ごされましたか?
私は家族4人でノースカロライナの西部にあるアシュビルとビルトモアと呼ばれる大邸宅を訪れてきましたよ。

今週末はイースターで夫の会社は金曜から3連休だったので、金曜から日曜の2泊3日。
ラーレー、ダーラムからは車で約3時間半~4時間のドライブです。

アシュビルは山のふもとのヒップな街で、全員ヨガをしバンジョーを演奏していそうなかなり革新的な街です。
夫はそのヒッピーな感じが好きじゃないそうで、来るたびに「来なきゃよかった」といいます。
でもアーティストが多くギャラリーや美味しいレストランもたくさんあり刺激を受けるので、私は夫の首に鎖をつけてでもアシュビルに引き連れてきている次第です。

子連れでいちいち車に乗ってでかけるのは面倒なので、今回の宿泊はダウンタウンのaloft。
レストラン、公園、カフェに囲まれてとっても便利な立地でした。通常1泊$300くらいするそうなのだけど、普段夫の出張で虐げられてる私は、夫の出張で貯まったポイントをここぞとばかりに利用して無料で宿泊です。ヤッタ!子連れでホテル1室というのは狭いけど、タダなら文句はいいませぬ♪
夫の不在中を頑張って乗り切った苦労もこれで報われるというもの。

今回のお目当てはビルトモア。
19世紀の終わりに建てられた大邸宅で英国調の設えが施された大豪邸です。
どれくらい広いのかというと・・・

邸宅がなんと12,000平米。
日本の一戸建てを100平米とすると、120軒が入るわけです。(うちの実家は100平米ないと思うから私的にはもっと入る気がしますが、地方の大きなおうちはきっともっと大きいから100平米はわかりやすく仮定です。)

敷地は8,000エーカー・・・。
東京ドームが約11.5エーカーだそうですので、えっと、えっとー・・・。約700個?

もううんざりするくらい想像を絶する広さですね。

邸宅の中にはフォーマルダイニングルーム、図書室、主だった家族の寝室、執務室、客室、音楽室、プール、ボーリング場・・・などなど数え切れないほどのお部屋があり、どの部屋も贅をつくした模様、装飾がほどこされいます。
家探し中の私は、家具や壁紙など、とっても参考になることがたくさんありたくさんインスピレーションを受けました。ビクトリアンスタイル、クイーンアンスタイルなど私が今興味を持っている様式の家具などもたくさんあり、「あぁ、これが本物の職人技なのね」とうなりたくなるくらい素晴らしい装飾のものがいっぱい。家具の種類、配置、家具に置かれた雑貨などどれもこれもが勉強になります。

その敷地の中に、ワイナリー、宿泊施設、バンケットルーム、レストラン、お庭などが点在していて残りの土地は緑の美しい丘陵だったり、森だったりするので敷地内をドライブするだけでもとても優雅な気持ちになれます。
2015040409.jpg
<ディアパークレストランの前からの眺め>

ビルトモアの通常料金は1回の入場に$47かかるのですが、年間パスを$99で販売していたので、年間で2回いけばほぼとんとん、3回行けばもとが取れるというお得なお値段だったのでそちらの購入を決めたのですが、大正解。

3日間続けて遊びにいけたので、焦ってみることもなく、少しずつちょこちょことまわってみました。
初日の金曜は邸宅巡りとお土産屋さん。
土曜日は年間パスの人は予約がないと家の中には入れないので、午前中にガーデン、温室と池までを散策。
日曜はまた邸宅の一部を見て、イベントのイースターエッグハントをしたあとディアパークのサンデーブランチ♪

夫の両親がこちらに近いうちに遊びにくるので、またみんなで一緒に行く予定にしていて年間パスも大活躍。
ガーデンには今回たくさんのチューリップとスイセンが咲いていました。これはほんの一部。
2015040401.jpg
手入れをされたローズガーデンがあったのでおそらく6月ごろにはそちらが見頃を迎えるんじゃないかな?

土曜に訪れた温室ではクラッシク音楽がかかっていました。
「あれクラッシク音楽が流れてる?こんな音楽を聞かせながら植物を育てるなんて贅沢だなぁ」とのんびり植物を見てまわっていると、音楽の音が段々大きくなってくる。音のほうへ足を進めていくと、「あぁ、なるほど。」
2015040402.jpg
中でチェロの演奏会をしていました。来訪者たちも目を閉じて花の香りと優雅な音楽に包まれて癒しのひと時を過ごしているようです。
わが家も子どもたちと一緒になって演奏を鑑賞。いつもはうるさい子どもたちも静かに音楽を聴いていましたよ☆

2015040403.jpg
チェロを聴いて優雅に育てられた植物さんたち。

蘭もたくさん種類があって、蘭愛好家の方たちにはたまらないだろうな。
2015040404.jpg
夫の母は蘭が大好きなので、連れてきてあげたら喜ぶ顔が見られそうです♪

残念ながら子どもたちを追い掛け回していたら大邸宅の写真を撮り忘れてしまったのですが、それはまた今度!
ノースカロライナにお越しの際はぜひみなさま訪れて見て下さいませ。ここに住める!と思えるほどとーっても素敵なところでした。

そして優勝。

Posted by Shibuko on 07.2015 ノースカロライナ・ダーラム 0 comments 0 trackback
1年生たちが2人頑張って、Duke大学見事優勝!!

何事も頂点に立つのってすごく大変なこと。
私も現役の時に何度も苦汁を味わってきたから、さらに上の上のレベルの彼らの苦労は比較にならないことだという想像がつきます。
そしてプレーヤーよりもコーチは何十年も耐えに耐えて、辛抱を積み重ねてここまできたはず。
そのかれらの功績に心からの拍手を送ります。

今日の試合は今までのどの試合はよりも両チームが拮抗してて、本当にどちらが勝ってもおかしくないほどでした。
でもやっぱりDukeが勝ってくれたのが嬉しい私もがここにいます。

今日はいい夢みれそうだな。
皆さま、おやすみなさい!

マーチ・マッドネスの最中

Posted by Shibuko on 07.2015 ノースカロライナ・ダーラム 0 comments 0 trackback
現在進行形でバスケットボールを見ています。
高校までバスケをしていた私としては最高にハラハラ。

大学リーグの決勝戦で、ウィスコンシン対デューク大学の試合。
高校時代にさんざん研究で見たデューク大学。
現在暮らすノースカロライナ州の大学で息子ちゃんの産まれた大学ということもあり、もちろんデューク大学を応援。
残り42秒で2点差です・・・。

ひゃー、ハラハラするわー。頑張れー!!優勝するところが見たいぞ!

Duke大学の桜

Posted by Shibuko on 02.2015 ノースカロライナ・ダーラム 0 comments 0 trackback
お友達に誘われて、サラ・デュークガーデンに行ってきました。
ダーラムのDuke大学に付属する庭園です。55エーカーの敷地にアジア植物セクション、池、カフェ、広場、散策路などが広がるアメリカらしい悠々としたレイアウトの庭園です。

お目当ては桜。
2015033104.jpg
アメリカでは公園などでアルコールを禁止しているところが多いので日本のような花見は出来ないですが、それでもこの時期になれば桜を見たくなるのは日本人の心情。

入り口にたてば左右に並ぶソメイヨシノの桜並木が圧巻です。
3月31日に訪れたのですが、桜は満開!あと1~2日もすればきっと緑が目をだしてしまうくらいでした。
2015033105.jpg

カーディナルは出会いの季節なようで、美しい声で伴侶を探していましたよ。
2015033106.jpg
この背の高い桜は何の種類なのでしょか?山桜?
2015033107.jpg
日本ではソメイヨシノが多くて他の種類をみかけることが少ないのだけど、この庭園では4~5種類ほどは桜を見受けました。いろいろな種類の桜を見比べるというのもとても風流なものですね。

当分日本に帰国する予定はないので、桜を見られて満足満足!
ボストンのお友達のみなさま、NCはとっても暖かいですよー☆ボストンにも早く春がきますように!
春がきたら遊びに行くので教えてくださいね!

日本の皆様もどうぞ桜シーズン満喫されてくださいませ。

今週末は初ビルトモアへ旅行に行ってきます。イースターエッグハントがあるので楽しんできます☆(←あ、子どもが、ね。笑)
ノースカロライナは春真っ盛りです☆

吹きガラス工房

Posted by Shibuko on 01.2015 手作り 0 comments 0 trackback
月曜日のこと。吹きガラス体験に行ってきました☆
2015033004.jpg


私の友人は現在ガラスにはまっていてガラスアーティストになるべく作品を作ったり勉強合宿にいったりしたりしているのですが、その彼女がダーラムのガラス工房で吹きガラスのレッスンを受けるとのこと。そして「興味あったら一緒に行ってみる?」と。
ガラスはずっとやってみたいと思っていたことの一つだったの二つ返事で飛びつきました。

約1000℃の炉の中でガラスを回す。好みのガラスの色づけをして再び炉で回す。
2015033003-001.jpg

こちらが色のついたガラスたち。たくさんありすぎて選ぶだけで一苦労。。
2015033005.jpg

色づけしたガラスに模様となるガラスのピースをつける。冒頭の写真がそのピースたちです。
2015033001-001.jpg

講師となってくれたのはジョージ=アンという女性。
ストイックな見た目だけど話してみると気さく。小柄なのに全身からにじみ出るパワーと職人の気迫があってとてもカッコいい女性でした。

ガラスの世界ってとてもお金がかかるので、趣味として始めるにはハードルが高いのだけど、でもいつかまた機会があれば自分の手づくりグラスを作ってみたいな☆まだまだ先の夢ではありますが・・・

何を作ったかはまだ秘密です。
昨日吹いたガラスはまだ釜の中で温度が下がるのを待っているところなので・・・
完成したらお披露目します☆仕上がりが気になるな。ドキドキ・・・
  

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
3401位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
409位
アクセスランキングを見る>>