スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

としのくれに思うこと、二〇十四。

Posted by Shibuko on 31.2014 日記 0 comments 0 trackback
今年のはじめのほうに(注:元旦ではありません・・・)『片意地張らずにのびやかに努力を出来る人になりたい』と抱負を決めました。

振り返ってみれば、目標にかかげた小さな部分では達成できなかった部分もあるけれど、(食材を残さないとか、片付けとか)それでも色んな方面に興味を広げて見聞を深め、実際にアクションをおこした年だったと思います。

写真のコースに4回通い、ブログを250件ほど書き、趣味のお料理会はほぼ毎月ペースで計10回ほど開催し、英会話のレッスンをして、海外へ4回旅行をし、洋服は目標の3着を作り、テレビ取材に1回登場、雑誌に1度掲載、Cookpadではコンテストで1度入賞・・・と、2歳未満の子どもを二人育てながら州を越えての引越しも含めたらかなり頑張ったほうだと思います。

特に今年の一番の収穫はアンティークとビンテージの世界に興味を持ったこと。
過去に興味をもつというのは、今までの自分に足りなかった部分でもあり、そこをどんな形であれ補うことができたのは自分にとってはとても大きな要素です。
そして1年の締めくくりである今日、わが家に本物のアンティークがやってくるんです。
ちょっとしたものなので大仰にアンティークと言ってまわるほどのものではありませんが、それでも1890年代に作られたものがうちに来るなんて・・・。実はかなり興奮。

新しいもの、古いもの、誰かの手を伝ってきたものには必ずストーリーが存在します。今年はそんな存在に気づかされた年。
来年はそんな誰かのストーリーを大事にしながら、自分のストーリーとつなげていきたい。ぼんやりとそんなことを思い描いている一年の暮れです。

みなさま、どうぞよいお年を。
スポンサーサイト

Happy Christmas!

Posted by Shibuko on 25.2014 日記 0 comments 0 trackback
みなさま今年は誰とどんなクリスマスを過ごしますか?

私はアイルランドで夫の家族に囲まれたにぎやかなクリスマスを過ごしています。

どなたにも素敵なクリスマスが訪れますように。

Merry Christmas☆

2014112913.jpg

街歩きダブリン

Posted by Shibuko on 24.2014 旅行 0 comments 0 trackback
クリスマス目前の街歩き。朝早くに街に向かい、石畳みを踏む。

バトラーズでダークホットチョコレートを注文すると、レジのお兄さんがおまけのチョコレートをくれるという。
一番のオススメは?と問えば「キャラメルが一番美味しいよ」といってウィンクとともにチョコをひと粒差し出してくれた。
なんだか未知の1日が広がる予感。

店の外に出て一旦辺りを見回してからヘイペニーブリッジに向かって歩き出した。口に含んだホットチョコはほろ苦く、灰色の空と一対になってる気がした。
徐々に甘さと深みを増すホットチョコを片手にヘイペニーブリッジを渡る。ふと心が軽くなり笑みがこぼれた。

街歩きってイイ。知らない街は好奇心と冒険心を刺激してくれる。
頭の中にある構想を丁寧に組み立てながら街をすり抜ける。

・・・そういえば朝ごはん食べてなかったな。

そんな風に思ったのは、日本食レストランの前を通りかかったから。
無意識に知ってるにおいをかぎわけた私の体は空腹を訴えたけど、私の探険心は足を止めることを許さない。
新しいものを、刺激のあるものを、心躍るものを、とあちこちに意識を持って行きながら街を歩く。

立ち止まった信号機で空のホットチョコをゴミ箱に投げ入れ、また一歩を踏み出す。

彷徨って行き着いたのは骨董街。
アメリカでは美術館に入っているような年代物が所狭しと並ぶ辺りにヨーロッパの歴史を感じる。
アンティークショップの店主と情報交換をし目当てのものを購入したらハッピークリスマスと言って店を去る。

・・・もう明日はクリスマスか。

忘れ物と持ってきて助かったもの。

Posted by Shibuko on 23.2014 旅行 0 comments 0 trackback
アイルランドに来てはや6日。
主にのんびりしたりクリスマスショッピングなどに勤しんでおりますが、うっかり忘れ物してしまったもの、または持ってきて正解だったものが幾つかあります。
忘れ物No. 1はベビーカーにかけるビニールのカバー。

アイルランドは1日で四季が体験できると言われるほど天候の変化が激しいです。
そしてとにかく雨がすぐ降るのと風が強いのが難点。
子連れでベビーカーを使うときは寒さよけにもなるのでマストな存在です。
アメリカではいっさい出番がないからすっかり存在を忘れていました・・・。

そしてガイドブック。
今回で6度目か7度目になるアイルランドですが、まともに観光した事がなくて2年前に訪れた時にガイドブックを買ったのです。
でもその時は息子ちゃんが入院したため観光する暇もなく、ガイドブックの出番はなし。
今回こそは主要な観光地を訪れるぞと思っていたのに・・・。チーン。

ショッピングエリアくらいしかしらないダブリンの街です。

逆に持ってきてよかったと思うものは、子供用のシリアル。
今回初めて気づいたのだけど、同じブランドの同じ商品名のシリアルでもアメリカとアイルランドでは味も材料も全く異なります。
それが、違うブランドとなれば差異はさらに広がります。
わが家の子供たちはプレーンタイプのチェリオスをアメリカで食べているのですがそれは全然甘くないもも。
アイルランドのものはシュガーコーティングがされてあります。
息子ちゃんはあまり気にしていないようですが姫は甘いのが嫌なようなので、2週間の朝食を苦なく乗り切るためにも持ってきてよかったです。

それとメラトニンタブレット。
日本では認可されていないようですが、アメリカではかなり一般的な不眠症、時差ぼけ解消サプリです。
メラトニンは体内で生成されるホルモンの一つで年齢を追うごとに減っていき、お年寄りなどが早く起きてしまうのはこれが減少するからという説もあるようですが・・・
寝る前に飲むと体内時計がリセットされて時差ぼけが早く解消されるということで出張の多いビジネスマンにも愛用されています。
今回出発の数日前から飲み始めて5日ほど摂取しましたが、時差ぼけはなんとなく軽い気がします!

旅も中盤に差し掛かってきました。
楽しい時間は過ぎるのが早いですが、残りも楽しんで過ごしたいと思います☆

飛行機に乗る前は・・・

Posted by Shibuko on 16.2014 旅行 0 comments 0 trackback
わが家はだいぶよく飛行機に乗るほうだと思いますが、また本日から飛行機に乗って旅立ちです。
夫の実家、アイルランドへ。

飛行機にのって異国の地へ旅立つのはとても楽しいことなのですが、いやなのがフライトの中の乾燥・・・。
短距離だったらそんなに気にならないけど、長距離になってくると、目的地に着く頃はお肌もクタクタ。
毛穴は開いてくるし、乾燥しすぎで赤みが出たり、髪の毛だって静電気でいっぱい。
なので、フライト直前のお肌の手入れは入念に!です。

といってもたいしたことはしないのですが、単純にいつも1回で済ます化粧水とクリームを3回~5回くらいします。
顔に塗ったクリームの残りはもれなく髪の毛にもなすりつけます。

これをしておくと、若干不快感が軽減されるような気がするので。

それと、ただの水を入れたスプレーボトルを入れて数時間置きに自分のまわりにシュシュっとふりかけます。
それだけで若干自分の周りの湿度があがるので。
もしスプレーボトルが用意できなかったら、お手洗いにいく度に、濡れた手で洋服や髪をパタパタとはたいてあげるだけでもかなりの違いが実感できますよ☆

ちなみに、某エアラインに勤めるお友達数人からの情報によるとドリームライナーは気圧と湿度の管理が他の機材と比べて格段にいいので乾燥が少しだけましなんだとか。
確かにボストンから東京に帰ったときは乾燥が気にならなかったような・・・。

残念ながら今回のフライトはドリームライナーではないのですが。

実は明日は私の誕生日。フライトの中で誕生日を迎えることになりそうです。
去年の誕生日は大雪だったし、遅延とかないことを祈りたいです。

では、いってきます☆

1930年代のシャンパングラス☆

Posted by Shibuko on 15.2014 パーティー・テーブルコーディネート 0 comments 0 trackback
買っちゃったー☆

Duncan & Millerのシャンパンクープとミニグラスっ!!

2014121202.jpg

もともとは5月にいったマサチューセッツ州Brimfieldのアンティークショーで見つけた一点ものがきっかけ。
上の写真の中央にある中くらいの背丈のグラスがそれです。

Teardropと呼ばれるシリーズでグラスウェア以外にも前菜プレート、バター置き、カップ&ソーサーなどいろいろ。

5月にアンティークショーに行ったときに、中央のグラスに一目ぼれをしたのだけど、お店に1つしかなくてでもお店のおばちゃまが他にもあったはずだから次回きてくれたときには探しておくよというので、そのときは断念。
9月に再度訪れた際に聞いたら、やっぱりこの1点しかみつからなかったとのこと。これも何かの出会いだと思って1点だけ購入しました。
広いアンティークの会場を周って他のお店もさがしたりしたのだけど、結局他には見つからず、でも「アンティークはめぐり合いだし」と自分に言い聞かせいつか出会えることを楽しみに会場を後にしました。

そして最近Etsyというハンドメイドとビンテージアイテムのオンラインショッピングサイトをぶらぶら見ていて、何気なくキーワードを入力してみたらなんとシャンパングラス6点とミニグラス4点の合計10点セットで破格のお値段で販売されているではありませんか。

でも即買いするには収納とか色々あるし・・・と2日ほど悩んだのだけど結局自分の誕生日プレゼントにと思い、購入ボタンをポチッと☆

あぁ、買ってよかったー!
もう眺めてるだけでため息がでちゃうほどです。キッチンにいるときは意味もなしに、シャンパングラスが入ってる棚を開けてのぞいてみたり。
もうストーカーのレベルですっ!!でもそれほど嬉しい。
2014121201.jpg

ミニグラスのほうは前菜などにちょうどいいサイズで今からお料理に使うのが楽しみ。
ピクルスを入れてもいいし、魚介のゼリー寄せに、ミニスープに、ほうれん草のおひたしだってこれで食べたら絶対美味しいよね。菊花和えとか・・・。
うぅー、涎がたれそうっー・・・

ちなみにこのDuncan & Millerという会社はすでにその名をなくしています。
1865年にジョージ・ダンカンとその二人の息子により立ち上げられた会社でペンシルバニア州ピッツバーグの近くで設立されたそうです。
このTeardropシリーズはおよそ1930年代に製造されたシリーズですが、これ以外にもサンドイッチシリーズ、フローラルシリーズなどがよく市場にでています。
しかし時代の流れで、機会製造のガラスに追いつかなくなり1955年にUS Glass Companyに会社を売却せざるをえなくなったそうです。1980年代まで同社でダンカンスタイルのグラスは製造されていたとか。
ペンシルバニア、オハイオ、ウェストバージニアは米国内でもガラス製造でよく知られたエリアで他にも多くのガラスメーカーがあったそうです。
当時のDuncan & Millerの製造工程や基本的な技術は他の製造工場と差はなかったものの、そのデザインと仕上がりに対するこだわりが、他の工場とは一線を画していたとか。
(参照元:wikipedia)

ちなみに私が次にほしいのは、ミルクグラスのホブネイルというシリーズのケーキスタンドなのですが、これは正直レアアイテムで値段が高くて全然手が出ません。でもいつかね、いつか・・・。
それとティアドロップのハンドル付と区切りつき前菜プレートの2種類は近いうちに購入したいな、と思っています。
いいお値段が見つかればね☆

本当に本当に、クリスマス目前にしてとってもテンションがあがってしまいました。
特にこのシャンパンクープは今年アメリカではとっても流行っていて、インテリア雑貨店でも背丈の低く口の広いこのタイプをよく見かけますが、正直すごくプレーンでベーシックなデザインなのにお値段はそこそこしたり、もしくはすっごく凝ったデザインだけど、このビンテージちゃんたちと比べて2倍3倍のお値段がしたりとなかなか自分の好みと予算にあったものを見つけるのは難しい感じ。
なので、本当にこれを今このタイミングで購入できてよかったなと思っています☆

今年の5月にみつけたMcbeth & Evansの恐慌ガラスのカップ&ソーサに加えて、仲間入りしたDuncan & Miller。
どうやら私はビンテージもののガラスの食器が好きなようです。
陶器のビンテージカップ&ソーサーもほしかったりするのだけど、それはしばらく先になりそうだなぁ・・・。

今度ヨーロッパに行くときはLimogeのシリーズに焦点をあてて掘り出しものを探してみます!
(明日から実はアイルランドへ旅行なんです・・・☆)

さて、このシャンパンクープの出番はいつになるかな?
まずはニューイヤーのカウントダウンシャンパンから使いたいところ。

新年をこのグラスで迎えることができるなんて、今からニューイヤーが楽しみだわ!!

ダーラムのポンピエリ・ピザ

Posted by Shibuko on 14.2014 ノースカロライナ・ダーラム 0 comments 0 trackback
今日は朝から1日中ダーラムで過ごしました。
やっぱり、ダーラム楽し☆

午前中はダーラムの有名店ドイツ風ベーカリー、グーグルフのクリスマスマーケットに行き、名物のシュトーレンを買い、屋外でいいにおいを漂わせながらグリルで焼かれたプレッツェル生地にソーセージとザワークラウトがのったホットドッグとベルリーナ(ラズベリージャム入りのドーナッツ?)を食べ、パパちゃんと息子ちゃんは超カッコいいフェイスペインティングを体験。
その後はダウンタウンに住む友人宅へ遊びに行き、クリスマスプレゼント交換。
夕方になったらダウンタウンとアメリカンタバコキャンパスの54本のクリスマスツリーとイルミネーションを見に行ってきました。
東京のイルミネーションと比べると足元にも及ばない光の屑たちですが、それでも気分を少しだけ高揚させてくれます。

朝からクリスマスイベント盛りだくさんで気分もたっぷりクリスマスになったところお腹がぐぅ~っと鳴ったので、夕飯はこれまたダーラムのダウンタウンにあるポンピエリピザにいってきました☆

2014121304.jpg

ポンピエリピザは1年ちょっとくらい前に出来たピザ屋さんで、私の大好きなブルシティバーガー、通称BCBBの隣にあります。地元紙の毎年行われる周辺の市を含む地域一帯の人気投票で今年のレストラン部門No.1に輝いたお店です。

このお店、隣のBCBBに行ったことある方はわかるかもしれませんが、実はオーナーがBCBBと同じなんです。
2014121307.jpg
見慣れたスタイルの注文待ち札。トリビア的なことが書かれています。

店内にはなぜか金魚が・・・
実はこの金魚、美味しいピザつくりに一役買っているんです。
2014121302.jpg
この水槽のタンクの上にバジルの株が置いてあるのですが、実はこのバジルと金魚で共生してるんです。
詳しいことは忘れてしまいましたが、金魚の水槽のお水を綺麗にしたお水をバジルの水遣りに。
そして水遣りで上から落ちてきたお水がまた水槽に戻るようになっていた気がします。こういうのなんて言うんでしたっけ?生態系が築かれているみたいな感じなの・・・。
とにかく、ピザに使うバジルをこの金魚ちゃんたちが育ててくれているわけです。

店内の照明はよく見たら、トマト缶。笑
2014121303.jpg

そしてかわいい豚のデコレーションも。ノースカロライナと言えば豚の生産が米国一、なんですよ。(あれ、二位だったかな?)
2014121301.jpg

メニューは週がわりと自分でセレクトするものとその他定番など色々ありますが、私はBCBBに行くときと同様週替わりのものを注文しました。
今週はパンチェッタのピザと舞台『アニー』をテーマにしたものがあったようです。(近くの劇場でアニーが公開されているので。)
2014121305.jpg

注文したのはパンチェッタのピザ。
2014121306.jpg
感想を言うまでもなく、ペロッと食べてしまいました!!きっと美味しかったはずなんだけど、たぶんそれを通り越して勝手に手が口に運んでました・・・お恥ずかしい。。。

他に3種類、友人たちと交換してたべましたがどれも想像通りの美味しさです。
さすがBCBB姉妹店。ぬかりない。

ま、美味しいピザは想定内です。そうでなかったら食べにいかないですから。

しかしっ!やはりベストレストランに選ばれるだけあり、想定を超える逸品を今日も提供してくれましたよ!!これでこそ、人気レストラン☆
それがこちら。スモークビタースウィートチョコレートのキャンディクランベリーのせ☆
2014121308.jpg

友人であるこの店のオーナーがおすすめしてくれたアイスクリームです。
チョコがスモークってどういうこと!?
でも食べたら納得。本当にスモークされたチョコレート味なんです。

「どうやってこんな味を思いつくの?」と聞けば「スモークの機械が店にあるんだ。これが男どものいいおもちゃでさ。みんなで色んなものスモークにして遊んでるんだよね。それで生まれたのがコレなんだ」とのこと。
なんとも遊びゴコロのあるレシピです。すごく男性的だけど、女性にはないそれがなんだかとっても楽しいです☆

BCBBに通っている時から思っていることだけど、彼のお店のメニューは破天荒。少年のような遊びゴコロと大人の男のダイナミックさで考案されたメニュー、だけどそこに愛情があってとても均整のとれた味に仕上がっているのが不思議。
これからピザが食べたくなったら毎回お世話になります!と予告しちゃいます☆

クリスマス気分を満喫し、さらに美味しいディナーを頂いて、今日1日中遊び歩いて本当にココロから満たされた日でした。
やっぱりダーラム楽しいなぁ~っ!!
いつかダーラムにまた住みたいね、と旦那さまと話しながら岐路についたわが家なのでした。

Pottery Barn Kidsのリュックを☆

Posted by Shibuko on 11.2014 Made in America 0 comments 0 trackback
みなさま、こんばんは☆

今月はクリスマスプレゼントの準備に明け暮れるわが家です。
昨日までは夫の会社の同僚にあげるシークレットサンタのクリスマスプレゼントの準備をして、そして今日会う友人へのプレゼントも済み、今日は先日オーダーした日本に住む友人の子どもたちへ1歳の誕生日も兼ねプレゼントを送る準備中です。

実は昨年仲良し4家族の子どもがうちも含めほぼ1ヶ月違いで毎月産まれたのです。
全員、アメリカでも日本でも同じ学年になるという奇跡!!

なので、今年はそんな子どもたちにおそろいのリュックサックを購入しました☆

2014121101.png

女の子は水色にピンクのお馬さんの絵のついたもの、男の子は朱地に飛行機の絵。
産まれた子どもたちは4人なんだけど、一人はおにいちゃんがいて、そのおにいちゃんはわが家の上の子と同い年。
うちの上の子は同じPottery Barnのロケット型のリュックを持っているのですが、その色味がこの朱と飛行機のものに似てるので、これを選んで6人全員お揃いってことにしました♪

下の兄弟にプレゼントが届くのに上の子はもらえないなんてかわいそうでしょ。なので、これでみーんなに平等に、です。

このPottery Barnはほぼすべてのアイテムをパースナライズといって名入れサービスをしてくれます。
フォントも刺繍糸も3種類から選べるので全員違う色にしてみました。

今日はこれを郵便局に持っていって発送するのが目標!!

がんばるぞー!そしたら2週間あるからきっとクリスマスには日本に届くかな・・・?
そうと願いたいけど、アメリカの郵便サービスははっきりいってかなり微妙。特にクリスマスシーズンだから信頼できないっ!
とにかく絶対今日中に発送しちゃおうっと。

あとはクリスマスカードの発送もまだ終わってないし、これからまだまだクリスマスまでばたつくわが家inノースカロライナです。
みなさまも師走のバタバタこなしてますかー!
忘れ物のないように点検っ!点検ッ!・・・といいつつきっと何か忘れるんだろうなぁ。

Kusmi Tea もらっちゃった☆

Posted by Shibuko on 09.2014 料理 ドリンク 0 comments 0 trackback
パリのKusmi Teaが大好きな私。

ここノースカロライナでもSouther SeasonやDurhamのParker Otisなどで手にはいるのですが、ちょっとお高い。
20袋入りで約14ドル。。。
Harney & sonsのお茶ですら20袋で、ちゃんとした缶に入って$8程度なのに、紙箱に入ったそれが14ドルって、どうなのよ・・・。と思い購入を諦めていた私。

そしたら、なんとなんと!
大好きなアメリカ人の友人が「オンラインで3つお試しセット買ったから」といってミニ缶5個入りのおなじみのセットをくれました~!
2014112902.jpg

ちなみに、これ日本でみかけたこともあるのですが(確か、丸の内のブリックにあるロブションだったかな?)日本では3000円+税。日本でもお高い商品です。
パリで買うと確か15ユーロくらいだった記憶があります。(もう5年くらい前のことだけど。)

あ、たしか日本のDean&DelucaでもKusmiは見かけたかも。セットのではないけれど。

そんな高級ティーを頂いてしまい、彼女には恐縮ものです。
いつも何かとプレゼントをくれる彼女いわく「私の愛の言葉はプレゼント」。つまり愛情を示すためにプレゼントをあげることが彼女流なんだとか。
そういわれると、私の愛の言葉は「手料理」かしら?などと思いつつ、やはり彼女への恩返しは手料理になりそう。
日本食も大好きな彼女なので、さて次はなにでおもてなしをしようかと思案する冬の午後。

Cookpadの人気検索Top10入り☆

Posted by Shibuko on 08.2014 料理 0 comments 0 trackback
わーい☆

この1ヶ月くらい前から何年も放置していたCookpadをいじりはじめました。
昔のせたレシピの写真を更新したり、新しく自分で作ってみた料理を備忘録としてのせてみたり。

そしたら、なんとつい数週間前にのせたレシピがキーワードで人気検索Top10入りしたとお知らせがきていて、寝不足気味の頭がすっきりしてなんだか浮き足立ってしまいました。

こんなことで浮き足立つなんて、なんともお恥ずかしいことですが・・・。
でも嬉しいっ!!

この1年積極的に料理をしてきたので、そろそろ『自称:いろいろ料理研究家』ぐらいは名乗ってもいいのじゃないかと思っているところなので、これをきっかけに少しだけがんばってみよう。

主婦って、料理研究家であり、家事研究家であり、毎日毎日学ぶことが多いですよね。・・・という理由で今日から『自称:いろいろ料理研究家』です!

どうぞ、ヨロシクッ!!

お役立ち裁縫道具。

Posted by Shibuko on 05.2014 家事 洗濯  0 comments 0 trackback
これなにかご存知ですか?
2014120501.jpg

正式な名前は私もよくわかっていないのですが・・・
(エディンブラシ、フィンガーティップ、と英語で書いてあります。)

ぬいぐるみなどをつくるときに使うもので、縫い目に入ってしまった毛をすくいとる裁縫道具のひとつです。

私もたまにぬいぐるみを作ったり、または先日作ったハロウィンのオオカミコスチュームなどでお世話になっているんですが、実はそれ以外に私がよく使っている方法があります。

それは誤った方法で洗濯してしまってゴワゴワになってしまったモコモコ素材を復元するためです。

ゴワゴワとかモコモコとか、擬音語ばかりですみません・・・。
要するに、こういうこと。

これ、娘ちゃんのお洋服なのですが・・・
2014120502.jpg

実は洗濯機で普通に洗ってしまって、こんな風に。
2014120504.jpg
わかりますでしょうか?背中のほうをみていただくとわかるのですが、本当はフワフワであるはずがゴワゴワに。

近くでみるとこんな風に。左半分が見処置の背身頃で、右半分が処置をした前身頃です。
2014120503.jpg

ゴワゴワ、です。
2014120505.jpg

それをこのコで梳いてやると・・・
2014120501.jpg

左半分が背身頃で、右半分が前身頃です。ね、遜色なくなったでしょ?
2014120506.jpg

近くでみると。
2014120507.jpg
さっきまでは・・・
2014120505.jpg

というわけで、こんな風になりました。
2014120508.jpg

もちろん、オリジナルの状態と比べたらちょっとごわつく感じはありますが、それでも処置をする前のゴワゴワのものよりも格段もマシです。

これで、私は子どもたちの毛布や、寝るときに抱いているよだれまみれのウサギさんなど、洗うと毛並みがかわってしまうけど、どうしても洗いたいものなどを洗って、あとからこれで処置をするようにしています。
実際ぬいぐるみに使うよりもこっちの用途に使うほうが多いかも。

もしこれを持っている方がいましたら、どうぞこんな風に使ってみるのもいいかもしれないですョ。

トマトと黒オリーブとタイムのスープ

Posted by Shibuko on 04.2014 料理 ハーブ 0 comments 0 trackback
みなさま、こんにちは☆

先週風邪で寝込んでいた私は冷蔵庫がひどいことになっており、旦那さまが買い足した食糧とその前から残っている材料を確認していたのですが、トマトジュースと黒オリーブが中途半端に残っていまして。
(あ、残っているものはまだ他にもあるのですが・・・)

これなんとかできないかなぁと思い、作ったのはスープ。

2014120303.jpg

にんにくと玉ねぎをいため、オリーブとトマトジュースを加え、仕上げにタイムとパルメザンを加えたかなりシンプルなスープ。たまたまあめ色玉ねぎを同時進行で作っていたので、それも加えたらさらにコクがましていい感じ。
タイムを入れたのはまったくの偶然で、これもたまたま残ってただけなんだけど、いい方向に作用してくれました☆

カジュアルなパーティなどに簡単に作れるスープレシピとして覚えておきたいと思っています。
トマトスープの代表格と言えばミネストローネとガスパッチョですが、その中間くらいなこのスープ。

ぜひ冬のほっこりしたい夜に、どうぞ☆

☆材料☆
トマトジュース 500cc
にんにく(みじん切り) 2かけ
紫たまねぎ(みじん切り) 1/2個
黒オリーブ(みじん切り) 約大さじ3
あめ色玉ねぎ(あれば) 大さじ1
塩 小さじ1/8
オリーブオイル 大さじ1
パルメザンチーズ(すりおろす) お好みの量
タイム(お好みで) 適量

3年目のクリスマスリース作り

Posted by Shibuko on 03.2014 手作り 0 comments 0 trackback
ご無沙汰してしまいましたー!!

完全にロタで親子3人倒れてました!!
いやぁ、病気っていやですね。なぁーんにもヤル気がおきないし、そもそも体がいうことをきいてくれなくて。最悪。

良かったのは旦那さまが出張ではなかったことだけど。

そして体が楽になったかと思えば、サンクスギビングで友人宅に遊びにいくことになっていて4泊5日の旅。
でも、家族のように気を遣わなくていい友達なのでのんびりすごすことができました。

そして12月に入った今週はクリスマスの準備がしたくてしたくて・・・
今年はクリスマス前後に2週間旅行に行くことになっているので、クリスマスツリーを買う予定がないのでできる準備と言えばリースくらい。
私はおととしから手づくりリースを作ることにしていて、今年も早速作ってみました。

2014112901.jpg

もみの木3種類とユーカリ2種類、木の実系2種類です。
もみの木の1つは虹色になっていて、すごくかわいいんです!
ちょっと飾り方がいけてないかもしれませんが・・・
こんな植物もあるんですね。

ちなみにこの珍しいもみの木はSouthern Seasonという総合輸入食料&雑貨店のようなところがあるのですが、そちらで購入です。
最近のお花はたいがいそちらで購入しています。
値段もリーズナブルだし、わりとたくさん花の種類があるので。

ボストン郊外にいたころはMahoney'sという園芸屋さんの生家コーナーとTrador Joe'sで花を購入していました。
そちらではTrador Joe'sのはすでに花束になっているもののおしゃれなものが多くてかつリーズナブルだったのですが、今日Chapel HillのTrador Joe'sに行ってみたら、正直花の種類はかなりビミョー。
というかこんなにトレジョ汚かったっけ!?というくらいヒッピーな気配漂う店内にびっくりしました。
まぁ、なんともノースカロライナらしいといえばらしいんだけど。
でも同じ系列でもこんなに違うものなのね・・・

もう少しお花屋さんのリサーチをして、いいお花屋さんがあったら行ってみたいと思います。

あ、話が脱線してしまいましたが、今年で3年目になるリース作り。
何がいいって、フレッシュな香りが漂うところ!家の中がもみのスモーキーな香りで満たされるんです。
まぁ、この50cm程度のリースでは家中は満たされませんが、それでもソファの後ろの壁に飾ったので、ソファに掛けるときにはこの香りで癒されそうです♪

ふぁー、なんだかまだ本調子じゃないな。
こうやって書いていてもいったい何が書きたいんだが、何がしたいんだか、考えがまとまりません。
これ以上お目汚しになってももうしわけないので、本日はこの辺で!

みなさまおやすみなさい☆
  

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
3968位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
473位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。