束の間の・・・

Posted by Shibuko on 26.2014 つぶやき 2 comments 0 trackback
ちょっくら自然の中に行ってきます。
大自然に包まれて、リフレッシュしてきます。

頭の、身体の、心の全てを新鮮な空気で入れ換えて戻ってきますので、少しの間はブログはおやすみです☆

どうぞ皆さまも楽しい夏をお過ごし下さい。

今日のおもたせ〜チーズケーキ〜

Posted by Shibuko on 24.2014 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
今日・・・は息子氏が手足口病にかかり他の子と遊べず私も先日熱を出し病み上がりなので、今日のおもたせじゃないんですが、先週お友達のお家に遊びに行った際に持って行った差し入れ。チーズケーキです。

ケーキを差し入れする時に困るのが、ホールで持って行きたいがために味見が出来ないこと!!
いやー、最近はとんでもない失敗はしてないけど、それでもやっぱり何があるかわからないじゃないですかー!
なので、味見をするためにはカットするしかなく、カットしたものをタッパーに入れて行くんじゃちょっと味気ない。

なので、日本に帰った時に手に入れて参りましたよー、アレ。
あのケーキ屋さんのカットされたケーキに巻かれてる透明フィルム。

地元にケーキ用品のお店があって、こういう包装アイテムも意外とたくさんおいてるのがありがたいんですよね。
小さいお店なのに。
合羽橋商店街まで行けばこの手の物はは選び放題だけど、行くまでにバスと電車と徒歩で2時間近くかかるし、子供2人連れては不可能なのでとってもありがたい!

と言うわけで、TargetのOh!Joy!シリーズの紙皿にフィルムを巻いたチーズケーキを4切れ載せてお伺いです〜。
ご近所さんなので、そのまま保冷バッグに入れて持って行き、ついたらそのまま冷蔵庫に入れてもらうことにしましたー。

2014072003.jpg

これならカットしてしまったホールケーキより少しだけ見た目が良くすみます。

ま、基本は美味しいケーキを失敗せずに作ることなんでしょうけど、そんな自信はまだ、私には・・・。

ちなみにTargetとはアメリカ全土にある大型良品店で、Walmartよりも、ちょっと上質なもの、凝ったものを置いてあり、食品、衣料、コスメ、薬、電化製品、家具、ペット用品、オモチャなどもうそれはそれはなんでも置いてあるお店ですが、実は結構若手デザイナーなんかとコラボしてて可愛いデザインのものがたくさん置いてあるんです。
ここ最近のテーブル周りは私もBlogを定期的にチェックしてるPoppytalkやアジア系デザイナーのJoyの商品が並んでいます。

日本で言うところのAEONとかに相当するのかな?でももう少しだけオシャレな感じがします。それはアメリカだから?今後のおもたせにも重宝しそうな予感です☆

ガラス瓶の針山。

Posted by Shibuko on 23.2014 手作り 0 comments 0 trackback
中学生の時に学校でおまとめ購入のお裁縫道具に入っていた針山は、とうに限界を迎えていて、それでも横着ものな私は気にせず使っていたのですが、さすがにもう潮時だろうと、リメイクすることに決めました。(注:もう2年くらい前から潮時だったんですよっ!)

簡単に作り方をご紹介。
限界を迎えた針山、空き瓶(ふたがディスクとバンドにわかれてるタイプ)、瓶のディスクよりひとまわり大きい布(ハギレ)を用意。
2014072005.jpg
針山を分解します。かなり大量のふわふわが入ってました。
2014072008.jpg
びっくりしたのは中に埋もれてた針の数。マチ張りは埋もれないのですが普通の縫い針が1本くらいしかささってるようにみえなかったのに、あけてみたらなんと10本以上も埋もれてるじゃないですかっ!!恐ろしっ!!もちろん、分解中に何度も刺されましたとも・・・
2014072007.jpg
ひとまわり大きい布を用意。
2014072006.jpg
たまたま糸が通っている針がさしてあったのでぐし縫いをして縮めましたが、瞬間接着剤をつけて留めていってもいいんだとか。全部縫ったら縮める前に空いてるところからクッション材を詰めて、ぐしぬいをきつく縮めます。
2014072009.jpg
最後はそれを瞬間接着剤でバンドにくっつけてできあがり。ボンドじゃ乾燥させるまでに時間がかかる上粘着力が弱くてすぐに取れてしまうので、ここは瞬間接着剤を使いましょう。
2014072010.jpg

こうして出来上がった針山はすでに活躍してくれていて、使わない時はフタを閉めておき、使用時にはフタを開けて針山は自分の手元に、瓶はミシンの脇に置いて握り鋏、糸やリッパー、ペンなど裁縫小物の一時物置にしています。
整理整頓が苦手な私は、すぐに小物類が物に埋もれて行方不明になってしまうので、この針山のおかげで少しだけ効率良く作業が進められるようになりました!

もう少し早くに針山作っておけば良かったなぁー!

今日もちくちくリネンスカート

Posted by Shibuko on 22.2014 手作り 0 comments 0 trackback
リネンのミニトートを作ってから、ソーイング熱が高まっていて、先日こちらのリネンスカートが完成しました。
ただ、クローゼットに積み重なっている生地の山を消費しなければいけないという理由もあるのですが・・・

2014072001.jpg

型紙も何もなく、あるのはリネンの素材となんとなく頭に描いたイメージだけ。

んー、なんとも頼りない・・・

そこで色々調べましたよー。フレアスカート、ギャザースカート、台形スカートの違い。そして各型紙の種類など。
結局、ギャザースカートとフレアスカートの中間くらいのような形になりました。
結局フレアスカートとギャザースカートの決定的な違いがわからなかったんですけどね・・・

ひとまず、布にチャコペンで線を書き、スカート本体と別布のベルト部分を作り、ウエスト部分をギャザー寄せして、ベルトをつけさらにゴムを縫い付けたわけなのですが、ベルト付けのときに大失敗!
普通は中表で生地をあわせなきゃいけないのに、裏と表をあわせて縫ってたのですー!!普通のミシンの縫い目だったのでほどく気力もなく、結局C&Sという会社のおまけレシピのリネンスカート風なベルト部分ひらひらデザインに仕上がりました。
(↑たぶん、私以外の方には何を言ってるのかわからないですよね、すみません。)

でもなんとか完成。

ウエスト周りのデザインは正直、すごく気に入っているかと問われると、すぐにはお答えできませんが、それでも自分で作ったスカートということと、リネン素材が気に入っています。
そして、実はこれを作った理由のひとつに姫のつかまりだちが関係があります。

友人が先日ロングスカートを履いていたのですが、どうやら姫はそれがつかまり立ちにちょうどいいと思ったらしく、何度も友人の足にへばりついていたんですっ!すっごく気に入ったみたい・・・
そんなに好きならば、と思い母も普段はかないロングスカートに手を出してみたと言うわけです。
よく考えてみたら私の母も昔よくロングスカートを履いていたなぁ。もしかしてそんな理由があったのだろうか、なんて思いを馳せながら娘の成長を見守る今日このごろです。

作りながら、まずは自分の採寸をしたんですが、もうヒップやウエストのサイズが出産前と比べて半端なくて地味にへこみ、お腹に力を入れて引っ込めてみたり無駄な努力をしつつ「まぁ、二人産んだらしょうがないよね・・・」と自分を軽くなぐさめたりなんだりしながらの作業でしたが、今年の目標に3枚洋服を作る!があったので、とりあえず目標の1/3を達成したことに満足です。さぁ、次は誰の何を作りましょうか。

パリゲット

Posted by Shibuko on 21.2014 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
あいかわらず週1~2のペースで焼いてるパンたち。
もうほぼ生活の中になじんできて、フランスパンタイプのものたちは簡単にアレンジをして、レシピも見ずになんとか形になるようになってきました。

本来ならオーバーナイトで作るものですが、作ってすぐに食べるなら普通に3~4時間で作ってしまってもいいかなと思っています。
そんなわけで、ある日のランチにはこんな風にしてみました。
ミニフランスパン。あ、あまりいい写真じゃないのはごめんなさい。腕がないのに加え、食べたくてうずうずしておざなりにとりあえず撮っただけですので。はい、横着ものとは私のことです。
2014072004.jpg

この小さいバゲットのことはフランス語ではパリゲットというそうですよ。パリジャンたちのバゲットということで。

焼くときはこんな風に小さく成形してこのもともとカーブになっている天板で発酵、クープ入れ、焼きまでできます。これがあるとクープ入れた後に天板にうつすときにしぼんだりとかくずれたりのトラブルが減ってだいぶ楽にパンが焼けるようになりました。
2014072002.jpg

もうちょっとふっくらしたパンに仕上がればよかったなと思うものの、旦那さまはこれでおいしいといってくれたので、とりあえずよしとしますか・・・。

食べ慣れない野菜さんその1、ビーツ。

Posted by Shibuko on 20.2014 料理 0 comments 0 trackback
先日使ったビーツ。
アメリカに住んでいたっていったいどんな食べ物か知らない人がいるんだから、日本に住んでたらもっと想像つかないかも、と思い、ちょこっとご紹介。



ビーツともビートとも呼ばれるこの野菜は、食物繊維、鉄分にβカロチンと葉酸など栄養豊富。蕪のような見た目で赤かぶと呼ぶ人もいるようだけど、実際にはアカザ科という種類に属し、蕪とはまったく関係ないんだそう。ビーツは糖分を多く含んでいるので、加熱すると甘みがじんわり引き出されてホクホクになるのが特徴です。
またゴールドビートと呼ばれる黄色いものもあります。個人的にはゴールドビーツは赤いものよりも泥臭さが少し少ないかな?と思っています。

このビーツ。生だととても固くて泥くさい。なのでほとんどの場合は加熱調理して食べます。オーブン調理、塩水で茹でるかもしくは蒸すことも可能ですが、わが家ではもっぱらオーブン調理です。425Fで焼くこと45分〜1時間、
フォークがすっと入る固さになればあら熱を取り、皮を剥きます。皮むきは手でも出来ますが、恐ろしいほど真っ赤に手が染まるので私はトマトの皮むきのように包丁を軽く当てて皮を引っ張るように剥いてます。
生の場合はスライサーなどでごくごく薄くスライスします。

加熱調理したビーツはここアメリカではサラダやピクルス、ロースト料理の付け合わせなどで食べます。
ロシアだと煮込み料理のボルシチに入っていますよね。
生のスライスしたものはちょっとしたサイドディッシュに使われます。
また、なかなかみかけることの少ないビーツの葉も可食部分で塩胡椒で炒めて食べることが出来ます。
下ごしらえに時間がかかるからすでに加熱調理したものがよく売っているのでなかなか葉っぱは一緒に見かけないのですが、6月から10月頃はビーツのシーズンなのでこの時期はアメリカではスーパーなどで売っています。
根の部分は数ヶ月ももちますが、葉っぱは数日でいたんでしまうので、旬のこの時期にしか食べられません。

とまぁ、こんなビーツですが、私自身、初めて自分で生のものを調理したのはこちらに入ってから。
外で食べると、なんだかふにゃっとした食感がいやで、あまり食べずにいたのですが、自分で焼くと焼き加減が調節できて、ほっくりしたところで食べるのでそのポクっとした食感と甘さにハマってしまいました。
なんでもトライしてみるものです。

そんな私の次の新たな挑戦はタンポポの葉っぱになる予定。
スーパーでタンポポの葉が生で売ってるんですよー!!
食べ方などいくつか勉強してここでご紹介できるの日が来るのを楽しみにしててくださいませ☆

Late Julyのトルティーヤチップス

Posted by Shibuko on 19.2014 Made in America 2 comments 0 trackback
ボストン郊外にある会社Late July Organicのトルティーヤチップス発見!

2014040902.jpg

Whole Foodsでセールだったので、2袋買ってしまいました。
Late Julyのクラッカーはさくっとした食感と程よい塩気が気に入ってすでにわが家の常備品リストに仲間入り。

大勢のポットラックパーティなどの差し入れにちょうどいいサイズのこちらは、普通のトルティーヤチップスよりも少し薄め。
ディップなどをつけて食べるにはちょっと薄すぎて、すくってる途中で割れてしまうので、このまま食べるほうがおススメ。
軽い食感と、適度な塩気は他の商品とはまた違った味わい。
左側のは今注目のスーパーフード、チアシードとキヌアのコンビネーションで健康志向の高いお友達のお家にだって自信をもって持っていけます☆

パッケージの色も可愛いし、特に夏のパーティーの差し入れにちょうどいいLate Julyのトルティーヤチップスでした!

チーズケーキとルバーブとマルガリータ

Posted by Shibuko on 18.2014 料理 ドリンク 0 comments 0 trackback
ここのところチーズケーキが食べたくて食べたくて・・・

この2週間ほどの間にすでに4台目。

今日はなかでも、いちばん美味しく食べました!
なんてったって、家で食べるデザートの楽しみは好きなものと一緒に食べられること。
早速先日ゲットしたお皿たちを使い、手作りのルバーブソースを添えたチーズケーキとともにフォートナム&メイソンのダージリンでアフタヌーンティー。
2014071112.jpg
この日は姫の8ヶ月だったので、「8ヶ月祝い」と称して堂々と頂きました。
2014071111.jpg
遠くで指を加えて眺める姫。笑

そしてアフタヌーンティーだけにとどまらず、食後のデザートにも。
2014071113.jpg
理由は旦那さまが仕事でだいぶ疲れて帰って来たので、景気付けに!と称してまた堂々と食べる私。
ちなみにこのカクテルはマティーニロワイヤルというもので、テキーラとラズベリーリキュールのお酒です。
普通のマティーニより甘みがあるのでデザートとの相性がとても良いです。

ちなみに、ルバーブとはなんぞや?と思っている方のために、ルバーブを簡単にご紹介。
日本でもタルトなんかには使われているのを見かけたことがあるのですが、原型はこんな感じ。フキの茎のような感じです。食用ダイオウと呼ばれるそうで、とにかく酸味が特徴です。
2014071109.jpg

繊維がたくさんなので、便秘などにも効果があるとされるようですが、調理をする時はジャムのように煮詰めて使うならこのように1cmくらいに繊維を断ち切るように切ってから煮ます。
中は緑なんですね。
2014071110.jpg
砂糖とごく少量の水を入れて煮るのですが5分もすればもうドロドロになるほど煮崩れしやすいです。
逆に言えばほとんど煮なくて済むのでものすごく短時間で出来上がりです。
10分ほどで冒頭のケーキの横にあるソースくらいになりました。

味は砂糖と一緒に煮ているので甘酸っぱいというのが1番よく当てはまる言葉です。ラズベリーでもなくアプリコットでもなく、でもそのあたりの酸っぱさです。イチゴなどからはかけ離れてると思います。
チーズケーキの甘みとうまく調和してとてもいいバランスになるのですが、チーズケーキをそこまで好んで食べないうちの旦那さまもベタ褒めしてました。あ、でも大のルバーブ好きってのがきっと1番の理由なんですけどね・・・。
(ルバーブソースを食べるためにチーズケーキを食べてるんじゃないかと。。。)

とにかく食べてみないとわからないと思いますので日本でも見つけたらぜひ食べてみてください!以前はFloのタルトで見かけたなぁ。
アメリカ在住の方はたぶんいたるところで見かけると思いますが、機会があれば調理してみてもいいかもしれませんよ!

さ、今夜も〆はチーズケーキなり♪

くつしたのにくきゅう

Posted by Shibuko on 17.2014 0 comments 0 trackback
久々の登場、くつしたさん。

くつしたっていうくらいだから、やっぱりくつしたの足がどうなってるのかはおひろめしとかないと、と思いまして。
くつしたさんの名前はくつしたをはいてるところから。全身縞模様なのに、手と足と首回りが白いんです。

そんなくつしたさんのにくきゅうはきれいなピンク色。しかもカーペットの上しかあるかないから2歳半になるというのにまだぷにゅぷにゅ。いいなぁ。
2014071201.jpg

知らんがな~。
2014071202.jpg
2014071203.jpg
↑この遠慮のないあくび顔が大好き。

いつまで見とんねや。
2014071204.jpg
すぴーーっ。
2014071205.jpg
ぴくっ。
2014071206.jpg

もう好きにしてやぁ。わし寝るで。
2014071207.jpg

くーたまはつんでれ王子なので、時にはものすごいきゃわいい猫なで声をだし、時にはふてぶてしいおっさんになります。
そのへんのスイッチはきっと背中のどこかに隠れてるんじゃないかと思うのですが、なかなか見つけられません。

わかっているのはくつしたのにくきゅうはぷにゅい、ということです。

パブリックガーデンの動物たち

Posted by Shibuko on 16.2014 ボストンBoston 0 comments 0 trackback
ボストンの中心街、ボストンコモンに隣接してあるパブリックガーデン。
ボストンコモンよりもお花などがたくさん植えられていて白鳥ボートがある池もあり、のんびりした雰囲気のパブリックガーデン。

1週間ほど前に行ってきたところたくさんの動物に出会えました。
いちばん多いのはリスさんたち。

2014070601.jpg

2014070603.jpg

2014070604.jpg

2014070602.jpg
・・・かわいそうに、うちの息子ちゃんが追いかけ回してました。まぁ、慣れっこのようで完全におちょくられてましたけどね!

そしてなんと白鳥夫妻が卵を温めているところでした!!!
2014070605.jpg

2014070606.jpg

2014070607.jpg

2014070608.jpg

最初、1羽の白鳥さんの上にもう1羽が乗っているので何してるんだろう?と思ったのですが、これはちょうど当番交代の瞬間なのです。少しでも卵を守るためにこうやって上に乗ったあと、サッと交代するのです。
親の愛を垣間見た気がします。ウフフ。

どうやら白鳥の孵化の期間は1ヶ月ほどだそうなのでしばらくしたら子白鳥が見られますね!パブリックガーデンに行く楽しみが増えたなぁ!

即席ギフトBOX

Posted by Shibuko on 14.2014 手作り 0 comments 0 trackback
先日お友達の赤ちゃんが生まれてお家に遊びにいったとき、出産祝いを持っていくことになったのですが、お家に行くことが決まったのは実は前日。プレゼントじたいは用意してあったものの、ラッピングをしていなくて、旦那さまは出張中で結構ぎりぎりな生活をしていた私は、ラッピング用の箱を買いに行くことができなくて、とりあえず家にあるものをひっくり返して何かでてこないかと探してみました。

うーん、めぼしいものは見当たらず。。。

というわけで、お友達にはごめんなさいだけど、実は家にあったものを再利用してプレゼントの箱にさせてもらっちゃいました!ごめん!!
でも子供がいる同士わかってもらえたらありがたい!(事前にラッピングまで頭がまわっていない自分のことは棚にあげて・・・)

完成形はこんなでした。ピンクのギザギザストライプにWelcomeの吹き出し。
2014070404.jpg

もとは、頂き物のFamilierの箱!とラッピングペーパー。
2014070401.jpg

それを箱の大きさに合わせて切って・・・
2014070402.jpg

両面テープで貼り付けます。
2014070403.jpg
平らな表面の物に紙や布を貼るときは糊やボンドを使うよりも両面テープを使う方が見た目が綺麗に仕上がりますよ。
で、こうなります。
2014070404.jpg

お洋服は薄いティッシュペーパー(とこちらでは呼ぶ)を敷いたところに、長袖なので一応袖がわかるように畳んで、重ねて、念のためJuicyのタグが見えるように服の上に出るようにして、蓋をします。

2014070405.jpg

そして、実はカードがなかったのでこれはギフトバッグを写真に撮った物をカード紙にプリントアウトして、ワンポイントでキラキラのデコシールを貼ってみました。
2014070407.jpg
なので、カードとバッグがお揃いです。
2014070406.jpg

そして、アメリカでは袋ごと渡すのが正式なので、中身が見えないようにこのようにくしゃっとした色のついた紙をたくさん入れます。

最初もらったときは、正直「何コレ?」でしたが、今となっては可愛いし、中身のものをラッピングしないで袋にこの紙だけ入れればOKなのは楽だし、完全にこの方法に馴染みました。
日本の「紙袋から出して渡す」のお作法とはまた違いますが、郷に入ればと言いますので、いまは完全アメリカナイズです☆

3年前は自分がこんなにアメリカナイズされるとは思ってもみませんでしたけど!

そんな私のDIYラッピングでしたーっ!本当にお友だちHちゃま、こんな私だけど赦してねっ!!

Brimfield Antique Showに初参戦!

Posted by Shibuko on 12.2014 ボストンBoston 4 comments 0 trackback
ボストンから車で西へ1時間半。Brimfieldという町があります。
知らなければ素通りしてしまうくらいなんの変哲もない田舎町ですが、ここで全米最大級と言われるアンティークショーが5月、7月、9月と年に3回ほど開催されているんです。
出展者数は5000を超えるとも言われ、屋外で行われるアンティークショー・フリーマーケットとしては間違いなく全米最大で、世界でも5本の指に入るほど有名なんだとか。
それだけあってBrimfieldの中心を通る国道20号を挟んだ両側、元は農場であったという広大な敷地に骨董屋のテントが所狭しと並びます。その距離沿道1マイルにも及びます。

私も去年こちらに越してきたときにアメリカ人の友人が教えてくれて興味はあったのですが、なかなかつわりなどで動けず断念したのですが、今年はお友だちが行くというのを聞いて便乗して一緒に行ってきました!

金曜日だというのにかなりの人で、これは週末はヤバイだろうな・・・

正直言って、本当に広すぎて全然周りきれない!その上、子どもは1人ベビーカー、もう1人は歩きだと、まず砂利道をベビーカーで押すのが大変で、でもう1人はガラスの食器とかの近くを走り回られたら気が気じゃなくて、写真は一枚も撮れませんでした!ぜひ子どもは気にせずに1人で優雅に回りたいものだなぁと、お友だちと話していました。そして7月はマサチューセッツっと言えど、日中はかなり暑くなるので、体力勝負!できれば、5月、9月に子どもなしで来れたらよく見られそうです。

そうは言いながらも、頑張ってベビーカーを押しながら、子どもを追いかけながら色んなお店を駆け足に回ると、結構楽しいものがたくさんで、何も買わなくてもとっても楽しいし、もし掘り出し物があればもうけモノッ!

お友だちは全品半額になってたお店でお目当てのブランドの食器を購入。私はぼんやりと陶器のカップ&ソーサーとガラスもしくはクリスタルの柄のついたグラスのようなものが欲しいと思っていたのですが、希望の間をとったようなガラスのカップ&ソーサーを見つけました。
2014071103.jpg

結局カップ&ソーサーは1組$3というお値打ち価格と4組揃っているという点に負けてお買い上げ☆そして、3枚しかなかった8インチのお皿も買うことに。きっとどこかで同じお皿に出会えると信じて。
2014071104.jpg
2014071105.jpg
このシリーズはMacbeth Evans(マクベスエバンス)のStippled Roseというパターンのものたちだそうで、ディプレッションガラスと呼ばれるガラス食器です。大恐慌時代に作られた製品、という意味でこれらは1930〜1933年に作られたものだそうです。
わが家で一番の長老さんです。

お家に帰りそれで紅茶とケーキを食べたら、なんだか素敵な気分になってしまいました。
2014071106.jpg

これと同時期のガラスの食器にはもっと有名な会社などがたくさんあり、調べてみたら結構興味深くて、もっと色々な事が知りたくなってしまいました。会社もたくさんあり、色んな色やパターンのものがあるんですよ!
いつか機会があれば会社名などもご紹介させて頂きたいと思います!

第2弾のミニリネンバッグ

Posted by Shibuko on 11.2014 手作り 0 comments 0 trackback
おとといミニリネンバッグをアップしたら、友人から買うから作って!と熱烈な声を頂きました☆ので第二弾製作。
気に入ってくれて、それを声にだして伝えてくれるのはありがたいことです。
2014071101.jpg

せっかくそういってくれるのだから、私もしっかりしたものが作りたいと思い、以前適当に新聞紙で作った型紙を新しくきれいな紙に起すことにしました。そしてきちんと裁断や印つけも。

やはり、ちゃんと製図をして型紙を裁断すると仕上がりが全然違いますね!

写真上での見た目はあまりかわらないかもしれないけど、自分のなかではかなりのレベルアップです。

裏地は赤系のものにしてみました。
2014071102.jpg

今回のは留め具もつける予定。

さて、お友達は気に入ってくれるでしょうか。
赤と青のどちらかから選んでもらうことになっているのですが。
私はやっぱり最初に作った青のほうが好きだなぁ。

今は作り方の工程を書き留めて、手順表を作っているのでいつか機会があれば型紙とあわせてアップできるといいなぁ。

夏のお料理研究会

Posted by Shibuko on 10.2014 パーティー・テーブルコーディネート 0 comments 0 trackback
今週はこの3日間すでにフル回転!
月曜日はお友達の双子のお嬢さんたちの写真を撮影し、昨日はミニトート製作、本日は親しいお友達と一緒にお料理研究会をひらきました。そして明日は英会話のレッスン。やりたいことを毎日やらせてもらえて、忙しいけれどとっても幸せです。

さて、そんな今日のお料理研究会。テーマはオーブン料理とビーツ。
2014070904.jpg

メニューは半月ほど前からピックアップし、1週間ほど前からペーパーアイテムの作成、当日の進行の流れを書き出し、数日前に食料と花材の買い出しとやることは盛りだくさん。

2014070901.jpg
当日の今朝も、数日前に買っておいたお花がどうにも気に入らなくて、花屋さんに駆け込み、戻ってから部屋の片付けやら掃除機かけなどして、通常のお洗濯もして、バゲット風パンも焼いて、テーブルのセットまでしてみなさんをお出迎え。

今日ばかりは朝5時に起きた息子ちゃんのおかげで私も早起きだったので、それに感謝すべきなのかも・・・。うーん、いや、どうかな。

2014070902.jpg
メニュー表はAnthlopologieで買ったQuill&Foxのメモパッドに自分なりのこだわりのスタイルで出力したものを用意。

2014070908.jpg
今の時期ぱっとするお花が少なくて、近所のお花屋さんはアジサイとバラばっかり。でも今日の色合いは嫌いじゃないんだけど。

2014070905.jpg
本日のメニューは豚ヒレ肉とビーツのオーブン焼き。
2014070906.jpg
そしてビーツとフェンネルのシトラスサラダです。

それ以外にフランスパンとオニオンスープに、イチゴの炭酸わりとチーズケーキを用意。
意外にも好評ですぐになくなってしまったパン。オニオンスープにつけると絶品でした。

料理や子育てなど色んなお話をして、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
私も楽しませてもらったし、みんなも楽しんでくれたみたいで、とても有意義な時間を過ごしました。
子供たちは計5人いたのですが、あちらこちらで泣き声が聞こえるのと同じ回数だけ母親の怒鳴り声も聞こえつつもおおむね仲良くやってくれて良かった。
2014070907.jpg

まだまだ未熟なところが目立つわが家のお料理研究会ですが、継続は力なりと言いますし、細々と続けていきたいとおもいます。

リネンミニバッグ。

Posted by Shibuko on 09.2014 手作り 0 comments 0 trackback
問題:下の式を計算せよ。

『お友達がFacebookで作ったトートの写真を載せていた』+『別のお友達が誕生日だということをFacebookで知った』

答え:
=『私もミニバッグを作ってプレゼントする』です。笑

夏はやっぱりリネンが気持ちいいですよね。
ただのリネンだとちょっと寂しいので、レースリボンをつけました。
2014070801.jpg

そしてリバーシブル仕様。
2014070802.jpg

本当はこちらの青いほうをメインにしようと思ってたのだけど、リボンをつけたほうが私好みで、結局私の中ではリネンの無地のほうが表面になりました。

明日友人にプレゼントしようと思うのだけど、彼女はどっちを気に入ってくれるかな・・・。

久々にちゃんとした『モノ』を作ったので(というわりに、思いつきで数時間で仕上げたからちょっと歪みがあるのだけど・・・)、もう少し量産してEtsyにも手を出してみようかなと思いつつ、まだ勇気がでない私。
もう少し考えようっと!

Nellystellaの水着

Posted by Shibuko on 08.2014 美容・ファッション 0 comments 0 trackback
姫ちゃまの初めての水着はNellystella。
息子ちゃんの時は特にこだわりもなく、とりあえずOld Navyに行って、気に入ったものを購入したのですが・・・やっぱり女の子を持つとねぇ・・・。
そんな自分の変化に驚く今日この頃。

2014070411.jpg

Nellystellaは幼少期をヨーロッパで過ごしたNelly Chenによりデザインされたブランドで、全てのアイテムは彼女自身が選ぶ厳選された素材を使い、デザインされ、そして生地のプリントパターンも彼女の手によって引かれているそうです。

この水着は明るいピンクと灰色のコントラストが嫌味でなく、子どもの良さを引き出してくれそう。
厳選されているという素材は綿にシルク混。
ママちゃん、シルクの水着なんて買ったことないんですけどー!そんな存在すら知らないし・・・!

今から新しい水着でのプール遊びが楽しみです。

Baguette!

Posted by Shibuko on 07.2014 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
たまに失敗しながらも続けてます〜!フランスパン!
でも続けてるだけあって、すこーしずつ上達してるような、いないような。

今までは前の晩に種を混ぜて冷蔵庫で発酵させてたのですが、今回は前の晩に発酵させた後、成型後の発酵も冷蔵庫(約4時間)にしてみました!
すると、出来上がりはどうでしょう・・・!なんか、いつもと違うかも〜!?
2014070409.jpg

2014070410.jpg
クープが入れやすいし、中のクラムというか気泡が縦に伸びていて、すごくいい感じでした。
焼いた時間は約20分。

まだまだ、一定した仕上がりにはならないのだけど、この試行錯誤していく工程がパズルみたいで、すごくやりがいがあるフランスパン。

旦那さまが出張から戻ったら焼きたてのフランスパンが食べたいということで、作ったこのパンですが、成型後の発酵だと、ある程度焼き上がりの時間をコントロールできるのがいいです。
前の晩に成型まで終わらせておけば、朝冷蔵庫から出して焼くだけで30分以内にパンが食べられることになるので。

パン作りは色々な方法があるんですね。
ちなみにこのレシピはフランスのパン屋さんの作り方を参考にしました。翻訳は旦那さま。こういうとき、フランス語が話せる旦那さまも持つと便利です。(←かわいそうに、私の辞書がわりです。)

次はどんなレシピを使ってみようかな。

BBQ!・・・のはずが

Posted by Shibuko on 06.2014 パーティー・テーブルコーディネート 0 comments 0 trackback
独立記念日で3連休の中日は、お友だち一家とBBQ!・・・のはずだったのが、お家の中で食べてるのはなぜ!?

2014070413.jpg

昨日は南部のハリケーンの影響で雨がひどくて、そのせいか今日も気温は20度代と低め、しかもW杯の準決勝でベルギー戦があり、ベルギー育ちの旦那さまは「見逃せない!」とのことで結局お肉だけ外で焼いてお家の中で食べることに・・・。
本当はアパートメントコミュニティ内のプールにも行こうと思ったけど、きっと寒くて入れなかったと思うので、そちらも次回に延期。

本日のメニューは、
✳︎チキンBBQ
✳︎ハラペーニョハンバーガー
✳︎ソーセージ2種
✳︎とうもろこしのピクルス
✳︎スイカとトマトのサラダ
✳︎きゅうりとビーツのサラダ
✳︎旦那さまお手製パン

に加えてお友だちがマロンクリームケーキを差し入れしてくれてもうお腹いっぱい・・・!
いつものごとくマーサスチュワートや、Real Simpleのレシピを使っていますが、コーンのピクルス、スイカとトマトのサラダが好評でした。やっぱり夏だし、夏っぽいメニューが美味しいです☆
テーブルはBBQだったから外で使い捨てのお皿でカジュアルにやろうと思っていたので、いきなり室内になって全く準備せず。屋外だったらTargetのOh!Joy!シリーズのお皿がカワイイのでそれを使う予定だったのだけど、それはまた今度。

いつも来てくれてるお友だちなのだけど、旦那さま同士は今日が会うのが初めて。
お友だちの旦那さまが、「お邪魔しまーす」と様子を伺いながら入ってくる横で、友だちの息子ちゃんは、『勝手知ったる』な感じで、子供部屋のおもちゃがあるクローゼットにピューっと一直線。
もちろんうちの息子ちゃんも良く知ってるお友だちなので一家が来たと同時に「おかえり〜!」とお出迎え。オイオイ、息子ちゃん、確かにそう言いたい気持ちはわかるんだけど、ちょっと違う・・・。
思わず子供たちの振る舞いに笑みが零れてしまいました。子どものそういう垣根のないところって失いたくないですね。

今回は、時間が限られていたのでまだまだ話し足りない!お友だちの旦那さまとは、私もうちの旦那さまも別の分野で共通点があったので、これからもきっと家族ぐるみでおつきあいをしてもらえるんじゃないかな、と期待してます。
「近かったらもっと頻繁にくるのにー。この家癒されるわー。」と言ってくれる常連さんの彼女はまた水曜日に来てくれることになってるし。

パーティーと言うにはちょっとカジュアルすぎるかもしれないけれど、楽しいことはみんなパーティー!
ってことで、楽しくお腹いっぱいな3連休の中日でした♪

10代がデザインするボストンTシャツ~ボストン土産~

Posted by Shibuko on 05.2014 ボストンBoston 0 comments 0 trackback
お友達やら家族やらが遊びにきてくれていいのは行ったことのない観光スポットや新しいお土産などの情報を入手できること!

今回はボストンの数ある観光地でも、欠かすことのできないFeneuil Hallで見つけたこのボストンTシャツ☆
Tシャツって、まぁ正直もらっても微妙だけど、このTシャツは可愛くてユーモアのセンスがきいてるので、Tシャツ好きな人がいたらいいかも!
かくいうわが家の場合、旦那さまが大のTシャツ好き。C.C.LemonのTシャツやらマーベルコミックのアニメキャラやら、ひいてはどーもくんまで。街中で日本人によく指さされてクスクスって笑われてます、ハイ。

2014063007.jpg
こちらは大人用のTシャツ。I'm on a Roll!と書かれていますが、訳すなら『オレ、ノってるぜ!』な感じです。
何にノってるかといえば、ロックンロールのロールとロブスターロールにかかっていて、音楽にノリノリなのと、ボストン名物ロブスターロールにノってるわけなんですね!
しかもそういうわりに、ものすんごくだらっとしたロブスターくん、やや癒し系です。

2014063008.jpg
そしてこちらは子供用。犬が吠えていて、その下にBahston!と書かれています。
こちらの犬が吠えるのを『バーク』と言いますが、ボストニアンは独特の訛りがあり、『ボストン』を『バースタン』てな感じで発音するんです。その音をかけてあります。

どちらも英語とボストンの文化というか、特徴を理解してないとわかりづらいジョークなのですが、私にはとってもツボでした。発見したとき旦那さまにめちゃくちゃ興奮して説明をしたら、「買えばいいじゃん?」と言われたのですが、そのときはちょっと悩んで先送りにしました。でもやっぱり忘れられなくて、先日友人がきて同じお店の前を通ったときに購入を決意したのです。旦那さまが帰ってきたらびっくりさせてやろうと思いまして☆あげたら、喜んでくれて「義姉(私の姉)に報告しようーっと」とルンルンしてました。(うちの姉もTシャツ好き。)

これらのTシャツはArtists for Humanityという団体を通じて作られたもの。ボストンにある組織で、10代の若者がボストン周辺の公立学校で十分な芸術的な経験や刺激が受けられていないと思った発起人が、若者に芸術へ触れ、挑戦し、経験をつむ機会を与え、世界とかかわりを持つ場所を作るという目的で1991年に発足された組織だそうです。
・・・簡単に言うと、このTシャツはボストンの10代の若者がデザインをしてるんです!
ただの可愛いBostonみやげだけでなく、若者の新たな才能を支援することもできてしまうなんて、よけいにこのTシャツを買いたくなってしまいます。
こんなアメリカらしい取り組み、とっても素敵ですよね。

こちらのTシャツはFeneuil Hallに入ってすぐのTシャツ屋さんで購入可能です。ボストンに来られた方、ボストン在住の方、ぜひぜひ機会があれば手に取ってみてください!
輝け未来のデザイナーたち!(←昭和なスローガンでごめんなさい・・・)

週末のBBQで父子お揃いできさせよう。うわぁー、楽しみ。ふふふ〜☆

Juicy Coutureのベビーロンパースとプレゼント選び

Posted by Shibuko on 03.2014 子育て 0 comments 0 trackback
昨日伺ったお友だちの出産祝いにとJuicy Coutureのベビーロンパースの3枚を購入!
うちの姫ちゃまにも着せてあげたかったけど、残念ながらサイズがなくてそちらは断念。

そんなわけで、可愛い3枚ご紹介。
2014063002.jpg 2014063003.jpg 2014063004.jpg
左からピンクの水玉、白のワッフル生地、花柄の3種類です。

自分ではJuicyなんて買わないのだけど、そして出産されたお友達もJuicyの感じではないけど子供にはピンクだし、可愛いしいいかなと思って。そのお友達も最終的に女の子ってわかったのが出産数週間前で「やっとピンクが解禁になった!」と言っていたくらいだし、いいよね、ピンク☆

このJuicy Babyたちは何がいいって、やっぱりその辺の普通のお洋服より仕立てが全然いいです。
首周りのゴムは可愛いし、腕のところは生地が切り替わっているので、もし袖が長かったり、暑かったりしたらここで簡単に折ることができます。
それに白のロンパースだって、ただのコットン無地ではなくて、ワッフル生地というのが購入の決め手。こういう小さなこだわりが好き。
2014063005.jpg
2014063006.jpg

赤ちゃんのプレゼントって自分が出産するまで何がいいかあまりよくわからなかったんだけど、洋服は絶対的にあって損はないですよね。それも、ちょっと質のいいものだったり、生後半年以降使えるものなど。
出産直後ってたくさんお洋服やギフトを頂いたりして少しの間飽和状態になるんですよね。かわいいお洋服は嬉しいんだけど、赤ちゃんは成長が早いから、着れなくなるのもあっという間で・・・
そしてだいたい一番多くもらうのが産後すぐ着られるサイズのお洋服や小物。そうすると、うちの子なんて大きいから本当に新生児サイズなんて1ヶ月も着られなかったんじゃないかなぁ。逆に生後半年も過ぎてくると、プレゼントも落ち着いてくるからお洋服もそろそろ手持ちの数が減ってくるんですよね!だから私はなるべく出産をされた方には生後6ヶ月以降に使えるものをあげるようにしています。
お洋服のこともあれば離乳食グッズやオモチャをあげることも。そして、新米ママは特に離乳食やオモチャ選びは初めてだらけで何を買えばいいとか、どれが使いやすいとか全然わからないから先輩ママからのオススメはものすごく嬉しいプレゼント。
私も先輩ママからもらったプレイマットは、ほんとにこれがなかったら平和な子育ては出来ないってくらい二人目の今でも助かってるし、その経験から同じものをプレゼントしたり、逆に一人目が離乳食をなかなか食べてくれなくて自分が悩んだ挙句いきついて使ってたものなどをお友だちにあげたりしています。

出産は一大イベントで病院に入院したりするから、たくさん情報を集めて挑むんだけど、実はイベントはそこで終わりでひと段落ではなく、そこからの毎日が新米ママにとっては初めてだらけのキャンペーン!なのに、事前に与えられる情報は出産に比べて多くなくて。というより、出産にフォーカスし過ぎてわからないだけなのかもしれないけど。
今回お話しした友人も、こんなにミルクが出るとわからなくて、出産後にパッドを買いにベビザラスに駆け込んだとか・・・。

出産は長くても数日で終わるけど、子育てはそこから24/7(Twentyfour-Seven)。だから、先に出産を経験したものとして、新しくママになったお友だちには役に立つものをあげたい、というのが私のプレゼント選びの基準です。

とかなんとかいいながら、インスピレーションで可愛い!と思ったものは買っちゃったりするんですけどね、エヘヘ。
この夏はいつも仲良くしてもらってるお友だちの子たちが2歳になるので、そちらのプレゼント選びをしたりなんかもしてるので、また近いうちにそんなプレゼントたちもお披露目したいと思います♪

赤ちゃん写真と半年の成果

Posted by Shibuko on 02.2014 写真 0 comments 0 trackback
 本日、お友達の赤ちゃんに会いに行ってまいりましたっ☆今日でちょうど生後2週間。ちっちゃーい!!
うちの子供たちが大きいというのがあるのですが、それにしてもやっぱり新生児っていうのはちっちゃくてほんとに可愛いですよね!

 そして、今日はそんな赤ちゃんとパパママ3人の写真も撮らせてもらいました!
2014070101.jpg

 まだまだ写真の技術は甘い部分がたくさんあって反省ばかりなのですが、でも自分のテリトリーではないところでいつもの被写体ではないモデルを撮らせてもらうのはとっても勉強になります。
 もう腕が切れたり、足が切れたり、ほんとどうしてそうなるの!?ってこともたくさんありますが、この経験の積み重ねが上手な写真につながると思って、精進していきたいと思います。

 そして、今日は7月1日。1年も半分が過ぎましたね。
 今年は新年の抱負をここに掲げて(元旦をとっくに過ぎ去ってからですが。)自分に目標を課すことで、色々な新しい刺激を受けたり、新たな世界が広がったりしています。
 この数ヶ月、自分で何がしたいのか、何になりたいのか、何になれるのか、など色々考えてきましたが、とりあえず半年弱たってみて、今の自分がしたいことは「お料理、写真、家庭内でのイベントごとの企画」。そして目指すところは「家庭のプロフェッショナル」なのかな、という気がします。(あれ!子育てはどこ行った!?)
 家庭のプロになるためには、まだ掃除・片付け・整理の部分と裁縫の部分が弱いですが、それでも整理収納アドバイザーのレッスンは去年受けたし、ソーイングも2年前に受けてちまちまですがものを作ったりしているので、全く手がついてないってわけじゃないんです。あとはがんばると決めたこの1年の残りの半年でどれだけ伸ばすか!だと思っています。
 二人の子育てをしながら、色々やるのは楽なことではないけれど、でも子供がいるからって、始める前に諦めたくはないですから。子育てもおろそかにしないようにしながら、できる範囲めいっぱい行動したいものです。

 なんとなく、節目のような気がしたので、声に出していってみることにしました。
 言ったからにはやるしかないですもんね!どこまでできるか頑張ってみよー!
 そんなことを思う、7月1日。明日やっと10日ぶりに旦那さまが帰ってくるぞー!!楽しみだ!

日曜はボストンコモンからハーバードスクエア

Posted by Shibuko on 01.2014 ボストンBoston 0 comments 0 trackback
日曜日はボストンとケンブリッジをはしごしてきました☆

あいかわらずうちの旦那さまは出張中で、先週の平日は私も予定がいっぱいで疲れきっていたから土曜日は家に引きこもってしまったので、息子ちゃんにごめんなさいの意味も含めて、朝からはりきってお出かけすることに。

朝9時前に家を出て、ボストンコモンのプレイエリアへ。
平日は駐車事情がかなり厳しいボストンですが、週末はボストンコモンのまわりは無料で駐車できるので、早めに出発していボストンコモン脇のスペースを確保。
すべり台などがあるプレイエリアを目ざとく発見した息子ちゃんをストローラーで追いかける私。

最初はすべり台で楽しく遊んでいたのですが、プレイエリアの中にボタンを押すと水が出る噴水のようなところがあって、誰かがそこで遊びだしたのをきっかけに息子ちゃんも気づいてしまった模様・・・。私が気づいたときにはすでに水にばしゃばしゃ入っていったあとで、靴やズボンはびちょ濡れ。
出かけに車を出発させてから、「念のため、水着と着替え持っていこうかな」と、ふと頭をよぎったのですが、「ま、いっか!」と思ってしまったのが運の尽き。。。

2014062901.jpg

着替えを持ってない親としては、大声で「水遊びはだめよ!」と怒鳴りたいところをぐぐっと我慢して、せめてもと思いTシャツだけ脱がせて遊ばせました・・・
別に濡れたって本人Tシャツ1枚だって気にしないしさ、もし靴がびちゃびちゃだったら、ストローラーにくくりつけて、赤ちゃんをエルゴでだっこすればいい話だし。←って、簡単に聞こえるかもしれないけど、ものすんごい葛藤の末、心に蓋をして自分に言い聞かせました。

2014062902.jpg

おかげで本人は楽しそうだけど。

2014062903.jpg

案の定、遊びも中ごろには靴も靴下も、ズボンもびちゃびちゃで全部脱がせてオムツ1丁で遊ばせました。
あーあ、車に乗るときどうしよう、と思ったけど、とりあえずびちゃびちゃな靴は本人の責任だから本人に文句は言わせないし、オムツさえ替えてしまえば車は濡れないので、ここでもまた盛大に吐きたい溜め息を飲み込み、子供たちがちょっといなくなってきた瞬間をみはからって車に連れ戻し成功。

そして、次はケンブリッジにー!目当てはAnthlopologie。
なかなかゆっくりお買い物を出来ることって少なくてAnthlopologieはモールにも入ってるんだけど、モール周辺は道も混むし、他にもたくさんお店があるからお店まで歩く距離が長くて、かつプレイエリアにいきたいとか駄々捏ねられたら困るし。という大人の事情でケンブリッジ店を目指しました。

ケンブリッジも日曜は駐車は料金がかからないのです。土曜はかかるんだけどね。
なので、ランチで混みあう前にと思って11時ごろケンブリッジに到着し、ラッキーにもお店の目の前の駐車スペースをゲット!
と思ったら、お店は12時開店だったので、Market in the Squareでランチをすることにしました。
本当はAnthloでお買い物をさっさと済ませて家で食事をする予定だったのだけど、これで1回分家事が減った!ラッキー!と思うことにして、のんびり1時間のランチタイム。(とはいえ、右に0歳児、左に2歳児だからそんなにのんびりではないですが。。。)

ランチ後は30分ほど店内を見て、エルゴおんぶで寝ちゃった姫ちゃまを抱えながらほしいものを購入して、「なんだか今日は充実した1日だわー☆」と思い帰路についたのでした。

帰った後も子供たち二人ともたっぷり2時間昼寝してくれて、私も1時間ほど昼寝をさせてもらい、とっても有意義な日曜日でした。

マサチューセッツもようやく本格的な夏が来て、お外でのピクニックやカフェのテラス席も清々しい季節になってきたので、週末ボストン・ケンブリッジはかなりはまりそうな予感がします☆

夏が楽しみだ!お店も色々開拓したいな♪
  

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
3401位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
409位
アクセスランキングを見る>>