スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

ガッカモーレのレシピ

Posted by Shibuko on 31.2014 料理 0 comments 0 trackback
パーティの前菜には欠かせない料理の一つ、ガッカモーレ。

トルティーヤチップスで救いながら食べる作りたてのアボカドのディップはみんな大好きですよね!
2014053003.jpg


今日はそんなガッカモーレの備忘録。

アボカド3つ
パクチー(刻んだもの)大さじ2
玉ねぎ 1/2個
ローマトマト 2個
にんにく 1かけ
クミンパウダー 小さじ1/2
ハラペーニョ 1個
ライム果汁 1個分(約大さじ1)
塩小さじ1/2

アボカドは半分に割って種を取り、皮から実を取り出す。玉ねぎは粗みじん切り、にんにく、ハラペーニョはみじん切り、ローマトマトは半分に切って中のタネを取り出して7mm角くらいに切る。
材料を全てボウルに入れ、アボカドを切るようにしながら混ぜてある程度アボカドが粒の残るペースト状になったら出来上がり。

出来上がりはけっこう辛いー!辛いのが得意でない方はまずはハラペーニョ1/2個で確認するといいかもしれないです。

カイエンペッパーで辛味を出すレシピもたくさんありますが、そうすると色味がきれいなグリーンから茶色にかわってしまうので、わが家ではハラペーニョがマストです!
辛くなくてもいいわ〜、ということであればなしでも美味しいですよ☆
スポンサーサイト

ジェラートやさんでランチ?

Posted by Shibuko on 31.2014 未分類 0 comments 0 trackback
帰省中、地元の友達と何度か会ったのですが、そのとき念願の美味しいジェラートやさんに連れて行ってもらいました♪
その名はAvec moi<アべック・モア>。八王子みなみ野駅から徒歩数分のジェラートやさんです。
以前から友人が遊びにくる際には差し入れで持ってきてくれていたのでジェラートは食べたことあったのだけど、お店に行くのは今回が初めて。
2014051816.jpg

お目当ては平日限定ランチ<5食>。
2014051822.jpg
2014051823.jpg
おからのスープとたっぷり野菜チキンサラダ、マフィン付。もちろんデザートには選べるジェラートと、飲み物つき!
おからのスープなんて初めて食べだけど、おからにもずくや山芋などのふわりとした舌触りとしょうがのさっぱりとした風味が舌をかけあがり鼻腔に抜ける感じが五感にも作用して、なんだかデトックスされる感じ。
思わず、スープをじぃーっと眺めてしまいました。
眺めたってレシピはわからないよ!とそんな自分に一人ツッコミを入れてみたり。
サラダもごろごろと野菜が入っていて、女子には嬉しいメニュー。

2014051818.jpg
店内からは窓の外にラベンダーが見えて、大きな通りの目の前だと言うのに喧騒から切り離された気分。

そしてお店のいたるところにブタちゃんの姿が。愛情がたくさん込められたブタさんたちがとっても可愛くて癒されます。
2014051819.jpg
2014051821.jpg
たくさんブタがいる理由を店主の方にお伺いしたところ、彼女自身がブタさんが好きだそうで、「いつの間にか増えていて・・・」と少しはにかみながらおっしゃっていました。・・・可愛い。
次に行くときは何匹ブタがいるか数えてみようっと!

店内は10席くらい用意されていて、アットホームな印象ながら、どのテーブルも椅子もこだわりがあるようで、家具好きな私としては何時間でも机と椅子を撫でていたいくらい素敵。
ランチを頂いた机なんて、むき出しの木がもぅ、なんとも・・・。ほぉー・・・。
(って、私は何フェチなんだ。すみません。)

2014051817.jpg
訪れたのは平日だったので、ジェラートは通常メニューの7種類だったのですが、週末には季節限定の味もあるんだとか!
私は今回の滞在中にタンカンとはちみつレモン味を頂きました。
自然のパワーをチャージするようなAvec moiのジェラート&ランチ、とっても美味しかったです!
連れて行ってくれた友人に感謝です!ありがとねー☆

嬉しい。

Posted by Shibuko on 30.2014 つぶやき 0 comments 0 trackback
本当にただのつぶやきなのですが・・・

先日、ある方からFacebookの友達申請を頂きました。
東京で働いていたときの取引先の方で、私よりもいくつも年上で、今はとある企業のかなり責任ある職につかれている方なのです。

正直、その方と一緒にお仕事をしたのはほんの短い間で、その方は取引先の責任者、一方私は一番の下っ端。
私も仕事をやめて3年もたっているし、今はなんのメリットもないただのつぶやき専業主婦。

にもかかわらず、Facebookで私を見つけてくださって、『元気にしてましたか?懐かしくて倒れそうになりました!』とおっしゃっていただけたことがとても嬉しくて。

今は家庭に落ち着いたけれど、3年も前に仕事で知り合った人間、しかも一番下っ端の私を覚えていて気に掛けてくださるその方の人間力に感動、感謝しつつ、その当時の私の仕事もそう捨てたもんじゃなかったのかな?とちょっと鼻が高くなった気分なのでした。

きっとその方にとっては、たいした意味もないFacebookの申請だったのでしょうから、それを大ごとにしてしまう自分が恥ずかしいですが、それでも取引先の人間なんて名前も思い出せない人もたくさんいるでしょうから、少なくとも名前を覚えてもらっていたということだけでもとても嬉しいのです。

はぁ~、日々是人生なり。

亜麻の恵み、フラックスシード

Posted by Shibuko on 29.2014 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
フラックスシードってご存知ですか?
アメリカではけっこうポピュラーな存在で、キヌアやアサイベリーなどとも並ぶスーパーフードのひとつらしいです。
どうやらヨーロッパではかなり古くから食生活に取り入れられていたそうで、日本でも『亜麻色の~』という曲が昔流行りましたので『亜麻色』というので言葉を知っているかたも多いと思いますが、この『亜麻』というのがフラックスシードのことだそうです。

かくいう私も昨年日本の義理の兄に教えてもらうまでその存在を知らなかったのですが。
で、ちょっと気になったので買ってみました。

2014042603.jpg
見た目は少し大きめの茶色いゴマ。
味はくるみのようなアクが少し。でもそのまま食べられない事もないですね。

2014042604.jpg
日本に帰る少し前にパンに入れて焼いてみました。
ライ麦のパンに少々。
焼くとオイルが沁み出すような感じがする。

特に癖があるわけじゃないし、これで健康にいいって言うのならサラダやパンに混ぜてみてもいいかも。

どうやらこのフラックスシードにはオメガ3系のオイルがたくさん含まれているそうです。
オメガ3系とは血液をサラサラにする効果があったり、ダイエットに効果もあるオイルで、日本でも一時期魚のオイル(DHA)やえごまオイル、アボカドオイルなどが注目されてましたよね。
私も結婚式の前のダイエットにはこのオメガ3系にめちゃくちゃ頼っていて、毎食サラダにかけたりお味噌汁に入れたりと大量摂取していました。
一応ダイエットは成功したので効果はあったんじゃないかな?

オイルのほうは加熱すると脂肪酸が分解されてしまうので、そのままサラダに使ったりと注意が必要ですが、フラックスシードの原型のほうならパンに入れてやいたり、ごまの代わりに炒めて使ったりも大丈夫そうです。
少しの塩と炒ってご飯にかけたりしたら手軽に取り入れやすいかもなぁ。

年をとるにつれ、健康には気をつけないといつガクッと来るかしれませんからね。
手軽に取り入れることからやっていきたいと思う、三十路のこの頃です。いやはや、年には逆らえませんからねぇ。

亜麻の恵み、効果やいかに。

ハーフバースデーのお祝いに☆

Posted by Shibuko on 28.2014 写真 0 comments 0 trackback
日本に滞在中に娘ちゃんは6ヶ月を迎えることに。

アメリカにいれば、色々と自分でケーキを作ってあげたりおうちを飾ったりできるのだけど、何せ実家。
色々と勝手が違うから、ケーキは作れないし、飾り付けも限度があるので、何ができるかなと色々考え、結局写真を撮ってあげることにしました。

撮影場所は悩んだのですが、実家の近所で済ませることに。
私が幼い頃に駆け回った川原や、実家の目の前の私道など。
場所としてはなんの変哲もないところだけど、私が生まれ育った場所や空間を時を越えて自分の子供が共有するというのはなんだかすごく不思議な感覚で、写真を通してその後ろに自分の子供時代が見えるような錯覚を覚えます。

2014051828.jpg

6ヶ月なので、風船を6つ。
風船はアメリカから持参したピンクの水玉模様で。

日本の子供は6ヶ月で髪がしっかり生え揃っている子もいるけれど、白人の子供はけっこう髪の薄い子が多くて、うちの子もまだふさふさではないので、髪は少し飾りをつけて女の子なことを全力アピール!
クリップつきのお花のコサージュを鎖編みした毛糸に留めただけの即席アクセサリーですが・・・

2014051827.jpg

でもすぐ横にずれちゃって、角度によってはちょっと酔っ払ったサラリーマンのネクタイはちまきに見えなくもないことは娘ちゃんには内緒です。。えへ。

ちなみにアメリカだとヘリウムガスは自宅用の30Lのタンクなども売っていて、そしてスーパーでもパーティーグッズショップでもヘリウムガスをいれてもらえるのだけど、日本だとなかなかアメリカほどどこでもOKってわけじゃないですよね。
たまたま実家の近くにはお花屋さんで、風船にも特化しているお店があるので、そちらでアメリカから持ってきた風船に空気を入れてもらいたい旨相談すると、一つ200円程度でヘリウムを入れてくれるとのこと。
とっても助かりました!正直そこでお願いできなかったら、あのパーティー用の声が変わる缶を何本買うことになるのやら・・・

2014051829.jpg

撮影していると息子ちゃんは誰に言われるわけでもなく娘ちゃんの隣に寝転び始めました。
これは子どもが二人いるからこその醍醐味。息子ちゃんと姫ちゃまが笑いあう瞬間も撮影することができて思い出に残る写真が残せたんじゃないかな。
自宅でないにもかかわらず、わりと可愛く撮れたしね☆

あー、新しいレンズ欲しいなぁ・・・

旅から戻ればこのありさま

Posted by Shibuko on 27.2014 0 comments 0 trackback
見てください、これっ!
灰色のわたあめー?・・・違います。
2014052402.jpg

正解は、猫たちの毛。ひぇー。
旅行から帰ってきて、2度目のブラッシングにかかわらず、です。

2014052401.jpg

見て、この私の特大ハンドの上にもかかわらずこれだけの量を占めるって、どんだけ毛があるんですか!
(私は人より異常に手が大きく、手の小さな女子と比べると約1.5倍、普通の男性と比べても、明らかに私より大きいよね!って殿方は2人くらいでした。あとはだいたいどっこいです。)

まさか、こんなに抜けるとは・・・。
もちろん家に帰って一番にしたことは掃除機がけですっ!
スーツケースを家に運び込む前に家中掃除機をかけるのはもはやわが家の旅の一環。
『家に帰るまでが遠足』並みに、『掃除機かけるまでが旅行』。

そんなことしか心配事がない程、猫たちは元気にやっていたようです。

ちなみに、この猫たちの毛を使ってフェルト作品を作る作家さんが日本にはいるようですね。
作品を見たことがあるけれど、とても可愛かったです。
うちの猫たちでもできるかもしれません、ね・・・。

東京みやげ

Posted by Shibuko on 26.2014 旅行 0 comments 0 trackback
さて、どんなことから書き始めようかと思うのだけど、まずは今回の東京みやげでも。

旅のお土産選びって悩みますよね。
旅行中って何かと忙しくて、観光もしたいのに、お土産もじっくり選びたい。

とはいえ。
決めきれずに結局後でまた戻ってこようと思って決断を先延ばしにして、失敗したことは数知れず。

なので、そんな失敗を数多く重ねた私は、とりあえず、『気に入ったものは買う』。

そんな私の今回の旅の中でもわりと最初のほうに買ったのがこのお茶缶たちと、おせんべい。
家族みんなで築地から浅草めぐりをしたときに購入しました。

2014052406.jpg
今回、日本の滞在中、猫の世話をアメリカ人の友人にお願いをしました。
そんな彼女たちに何か日本らしいお土産を、そして旦那さまの上司から緑茶のリクエストがあったので、それもあわせてと思い、隅田川から馬道通りをはさんですぐのお茶屋さんで悩むこと20分。
大小様々な大きさで色とりどりのお茶缶たちは、値段も手ごろで、『The・ジャパン』と言う感じがしてお土産向き。
実は私もお茶缶は持っていなかったので、自分の分もあわせて購入してしまいました!
和紙の優しい手触りと、コロンとしたフォルムにほっこりとさせられます。

そして、そこから1本仲見世通りに近づいたとおりにあるのが、手焼きせんべいの和泉屋さん。
2014052408.jpg
そちらで、こんなかわいい入れ物に入ったおせんべいを購入です。
こちら小さいわりに割高のような気もしたのですが、それでも千円以下で買えるので、手焼きだし、お世話になった方へのお土産だしということで、7~8種類ある中から3つほど選んでお買い上げ。

本当はこの後、合羽橋商店街へも足を伸ばしたかったのだけど、さすがに時間も遅くなってきてたし、子供たちもかなりお疲れモードだったので、泣く泣く諦めて浅草はこれでおしまい。
ちなみに旦那さまはこの和泉屋さんから仲見世に向かう通りにある酒屋さんで日本酒を購入。

なんだかお土産ばっかりで、実は浅草寺にも仲見世通りにも寄っていない私たち。
まぁ、でもなぜか息子ちゃんは場所見知りをするようで、知らない土地に行くとなかなか自分の足で歩きたがらないので(アメリカでもそうで、知らないスーパーなどに連れて行くとひたすら抱っこコール!)もう少し大きくなったらみんなで浅草寺に戻ってくればいいかと、浅草を後にしました。

あ、ちなみに今回初めて知ったのですが、浅草の観光案内所ってかなり優秀!和風かつ近代的でオシャレな外観だけでも、なんか東京らしいと思うのですが、中には授乳室があって両替所もあるしスタッフは親切だし。
まぁ、東京で一番の観光名所といっても過言ではないので当たり前なのかもしれませんが、それでも今回初めて観光客の視線で浅草に降り立ったので、とても印象に残りました。

そしてこちらは、わりと色々なところでみかける和菓子屋さん宗家 源 吉兆庵のお菓子たち。
この金魚の和菓子なんて、日本以外でみかけることないですよね!
きっとオシャレ好きなガールたちには心躍る可愛さなはずなので、見た目重視でお買い上げ。
日本の手仕事に感動してもらいましょ!
2014052410.jpg
それとあわせて買ったのが、柚子ピールの砂糖漬け。
この柚子ピールは自分用、そして柚子好きなお友達用に買ったものなのだけど。
20140524011.jpg

こんなものを色々と詰め合わせして、信玄袋に入れて私流東京みやげセットとしました。
2014052407.jpg
この信玄袋は今回買ったものではなくて前回日本へ滞在したときに合羽橋商店街で購入したもの。
10枚セットで売っていて、ちょっとしたものを贈るときにはとっても便利。
また次に行くときは他のものとあわせてこの袋も買い足すことにしようっと!

こんな感じにまとまった私の東京みやげ袋。
これにさらに藍染の手提げやら新茶やら色々合わせて渡す予定。
厳選する時間はなかったので、その時は『とりあえず』な気分で買ったのだけど、今となってはあの時買っておいて良かったな。
なかなかのお気に入りで、今から渡すのが楽しみでワクワクしてしまいます。

私も少しだけ旅上手になってきたかな。

日本から戻ってきました

Posted by Shibuko on 25.2014 つぶやき 0 comments 0 trackback
昨日、日本からボストンへ戻ってきました。

この3週間の間に、代官山でいつもの美容師さんに髪を軽くしてもらい、画家1組と写真家1人とお会いして刺激を受け、カクテル講座でシェーカーの振り方を覚えつつ、山梨の隠れ家レストランで野菜中心メニューに心身ともに癒され、富士山を見ながら一人で露天風呂につかって日頃の疲れを洗い流し、食べるものと言えば、父の作る和朝食に、たまにしゃぶしゃぶ、焼肉、寿司にラーメンなどで舌鼓を打ち、かといって端午の節句で鯉のぼりを見ることも忘れず、幼少期によくいった国営公園にも足を運び、我ながら忙しいながらも濃密で充実した時間を過ごしたと思います。

隠れ家レストランの奥様には黒米粉を手渡され「料理の研究に使ってね」と、宿題までもらって本当にありがたいたくさんの機会に恵まれた日本への帰国でした。

『伸びやかに努力をする』と決めた今年は、そのおかげか色んなことに興味を持ち、そして結果それがさらに新しい人間関係や知識に広がったりして。やはり目標は持つものですね。

しばらく更新が停滞していたBlogですが、今回の日本滞在の事も含めてまたいつものペースに戻していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。

さて、3連休のアメリカ。
まずは時差ぼけを治すのが先決ですが、久々に戻ったわが家で普段通りの料理をするのが実はとても楽しみです。
今回の帰国で、私の家はボストンなんだなと実感する機会がたくさんありました。
どんなところがとは一言では言えませんが、慣れ親しんだキッチンやアメリカの野菜などをみて落ち着いてみたり、のんびりとiPadを眺めていたりそんなささいな日常の積み重ねがそう思わせるのかもしれませんね。
なんだか、時差ボケ中のこの頭では書きたいことがまとまらなくて少しまどろっこしいのですが・・・。

まぁボチボチとやっていきます。

よい週末を☆

六本木をハシゴ。大人のための...

Posted by Shibuko on 18.2014 未分類 0 comments 0 trackback
東京を代表する大人の街、六本木。

昨日は東京ミッドタウンと六本木ヒルズをハシゴ。

お昼は大学の同級生とミッドタウンの脇の公園でピクニックランチ、そして午後はヒルズにあるGrand Hyatt Tokyoにて大人のためのホテルセミナーVol.1に参加して来ました。

ミッドタウンは東京に住んでる時に何度か行ったことはありますが、やっぱりいいですよね。
洗練されたショップの数々、広々とした建物はそれだけでマイナスイオン効果。んー、違うかっ!
でもでも、私にはなぜかとっても癒される空間でマイナスイオンじゃないにしろ何かが絶対出てました。
和の小物のお店もたくさんあって、海外へのクラス感のあるお土産を選ぶにはここ程最適な場所はないというくらい、上質で洗練された、もしくは遊びゴコロのあるアイテムが揃っています。
そんなアイテムをざっと眺めて癒されてから、ガレリアのフードコーナーでお弁当を買って屋外の芝生エリアでピクニック。

そしてそのあとは旦那さまにお子様たちを預けて、六本木ヒルズへ。

このGrand Hyattで行われたセミナー、今回はカクテルセミナーということで、MADUROバーにて現役のバーテンダーさんによるカクテルの基礎知識とシェーカーを使ったカクテルの作り方講座が開かれました。

私は東京を離れて3年なので、ここGrand Hyattに来るのは久しぶりだし、子どもが生まれてからはBarに行く機会もほとんどないのでとても貴重な大人な時間(日中であるにもかかわらず)。
Maduroバーは通常は日中は営業はありませんが、この日だけ特別に3時から5時までセミナーのために営業されていました。

店内は間接照明でほの暗く、それだけで違う空間に足を踏み入れたよう。
ウェルカムドリンクのキールロワイヤルを頂いて、(授乳中じゃなければ全部飲んだのに、残念ながら舐めるだけ・・・)そのあとは基礎知識の勉強のあと、自分でシェーカーを振ってカクテルを作ってみることに。

その際、なんとスタッフしか入ることのできないバーカウンターの中に入れてくれてシェーカーを降らせてもらえるんです!
ベージュの革張りのMADUROのカウンターは、そこに座っているだけでカウンターをなでなでしたくなるほどその高級感にウットリさせられるのに、さらにその奥に入れて頂けるなんて、光栄以外の何ものでもないです・・・。
そのお客様の喜ばせ方が、さすがGrand Hyatt様です!

バーテンダーさんは皆さんとっても気さくで、知識も豊富な上、ユーモアにも富んでいて、またお客としてここに来たいと思わせてくれる空間でした。
わざわざアメリカから申し込んで参加した私はバーテンダーさんを質問責めにしたにもかかわらず丁寧に答えて下さって、参加した意義があるというものです。

5時にセミナーが終わって急いで子どもたちの所へ駆けつけたわけですが・・・
大人の街六本木は夜の街のイメージがあるけれど、日中でもこんなに楽しめるんですね!

そんなわけで、ミッドタウンとヒルズをハシゴして、大人な時間をチャージした1日でした。

築地で仕入れたプロの技

Posted by Shibuko on 16.2014 料理 0 comments 0 trackback
築地に行って参りましたっ!

行ったのは言わずもがな、築地場内市場でございます。
子連れで行くのは2度目ですが、前回の8月の帰国の際は父もいたので3対1だったのが、今回は旦那さまと二人で行って来て、子どもも二人。
場内の狭い寿司屋の外にベビーカーを置いて、旦那さまが赤ちゃんのほうを背中に抱っこ、息子ちゃんを膝に乗せてくれたおかげで私は子なしで食事をすることが出来ました。
といってもやっぱりのんびりはできないのでサクッと食べて、寿司屋を後にしたあとは、場内をしばしぶらぶら。
もう1時を回っていたので、閉まっているお店も多かったのですが、ふと目に留まったのが一軒の本屋。
料理に関する本をたくさん扱っていて、立ち止まってペラペラ捲ってみていると、店主がやって来ました。

「ここら辺はプロが使う本だから〜」と。
なんだか私はプロじゃないから用がないと言われているようで最初ちょっとカチンときたのですが、「ボストンに住んでいて、むこうで美味しい和食をなかなか食べられないから自分でどうしても美味しい料理が作りたい。そんな1冊本が欲しい」というと、若いお兄さんスタッフに「おい。ここに置いてあったあの本どこやったぁ。」と言ってくれて、そのお兄さんがどこかわからないというと、わざわざ自分で探して2冊程持ってきてくれました。
基本が全写真付きの基礎の1冊とプロ用でレパートリーが豊富でかつ基本の技術の解説がびっちり書いてある1冊。
私が選んだのは後者のこちら。
20140514215511a91.jpg
包丁の研ぎ方から献立の作り方までぜーんぶ載っていて、そばの薬味の下ごしらえまで載っているんです。
そうそう、こんな本が1冊欲しかったんです。

早速帰って、この本をみながらお蕎麦を作りました。
20140514220326570.jpg
よくわからないけど実家にこんなお蕎麦があったもので・・・。
2014051422032530a.jpg

今まで薬味にこだわったことなどないけれど、この部分に注意を払うだけでぐんと料理の完成度が上がるなぁという印象です。
だし巻も作ってみたら、料亭の味。(形は不格好でしたが。。。)
これからこの本を使って料理をするのがとっても楽しみです!
今回東京に滞在中になるべくたくさんのことを吸収したいと思っていて本当はGrand Hyattのフレンチのレッスンや整理収納アドバイザーの1級の講座に参加したいと思っていたのだけど、やはり授乳期間中はなかなか子どもを長時間預けておくのは難しいので、諦めたレッスンがいくつもあります。
でもこの本があればアメリカで独学でプロの技を学ぶことが出来そうですよね!
やっぱり学ぶことはいつになっても諦めちゃいけないな。

私は和食をあまり作らないほうらしく、お友だちに「レンコンのはさみ揚げとかしないの?」と言われたときに、・・・そういう食べ物があるっていうことは知ってたけど・・・という感じだったんです。
正直今の段階では日本食が得意とは言えないのだけど、この本を参考にいっぱい日本料理を学んでいきたいと思っています〜。

築地の店主のおじさん、どうもありがとう!
そして、勝手にカチンとしてしまってごめんなさい!
いろいろ話をしてみたら「ここは世界中の各国から人が集まるからね〜」、なんていって他にもオススメの本の話なんかをしてくれたり、とってもいいおじちゃんでした。
和食だけじゃなくオードブルの本などもあったし、本当に良い料理本を探すなら、築地の本屋オススメですっ!

外務省から海外の日本人妊婦に母子手帳配布!

Posted by Shibuko on 15.2014 子育て 0 comments 0 trackback
海外妊婦に朗報ですーッ!

昨日、外務省から海外に住む日本人妊婦に対して母子手帳が配布されるとの発表がありました。

社団法人親子健康手帳普及協会から1万5000冊の母子手帳を海外に住む日本人妊婦のために無償提供したいとの申し出があり、外務省がそれに協力することを決めたそうです。

社団法人親子健康手帳協会とは、『日本の母子手帳を変えよう』をスローガンに、とっても可愛くてかつ機能的な両親参加型母子手帳を製作、地方自治体向けに販売されている団体で、ボストン日本人マタニティサポートグループが初めての海外の自治体としてこちらを使わせてもらっていました。

今までは海外では母子手帳がもらえず、英語と日本語併記のものを購入したり、場合によっては母子手帳を諦めた方もたくさんいた海外妊婦ですが、今回の無償提供のおかげで海外で生まれたわが子に母子手帳を残してあげることが出来るようになります。

この母子手帳は子どもにメッセージを残してあげる欄もたくさんあるから、子どもの成長をたくさん書き残してあげられます。

今まで、『海外 母子手帳』とインターネットで検索をすると、『もらえない』といった記事が上位に上がっていましたが、これからは『海外 母子手帳 大使館でもらえる』などのようになっていけばいいですね!

配布は世界に228ある大使館や総領事館で配布をされるそうですが、数に限りがあるので、まずは居住する国や地域の大使館などに問い合わせをしてほしいとのことだそうです。

今回の配布は1万5000冊ですが、毎年海外で出産される日本人妊婦の方は1万2000人程いるとか。
おそらく1-2年で配り終えてしまう数です。
部数限定で始まった母子手帳配布が継続されるかどうかはきっと妊婦さんからの「もっと!」の声にかかっているはず!
海外でこれから出産を迎える日本人妊婦の皆さま、どうぞ積極的に問い合わせをしてみてください。

海外にお友だちが住んでいる方、海外出産経験者のみなさま、どうか情報のシェア&拍手ボタンをポチッとお願いします☆

テレビ放映

Posted by Shibuko on 12.2014 子育て 0 comments 0 trackback
お知らせです。

先日家に来ていただいた母子手帳に関する取材の放映が14日で決まりだそうです。
日テレのevery.のどこかで流れるそうなので、お友だちの皆さまぜひご覧下さいー☆

ただいま実家で慌ただしく生活しておりまして、なかなか写真がアップできないのでblogは不定期更新ですが、料理やお出かけどころ、などなど欠かさず勉強中です!
機会があれば備忘録として日本の実家だからこそ作るお手軽メニューなど、アップしたいと思います。
(が、予定は未定です・・・)

園庭開放

Posted by Shibuko on 07.2014 子育て 0 comments 0 trackback
日本に戻って1週間弱。
ゴールデンウイークも終わりお祭りモードが明けた日常の始まり。

子どもの年齢が上がるにつれ、こういった帰国の際に気にかかるのは滞在中に満足行くほど同年代の子どもと遊ばせられないこと。
もちろん友人の子はいるけれど、気軽に会える距離でなかったり、年齢が微妙に違ったり、と。

そんな中、実家の地域の取り組みで保育園などの一般開放日や園庭開放の存在を知りました。
地域のほぼ全域の保育園が毎日、もしくは日にち限定で園以外の児童も受け入れてくれるそうです。

早速私は近所の保育園を調べてみると、本日があそびの会として開放されるとのこと。
電話で問い合わせをしてみると、あまり希望者が多くないので、きてもらってもお庭で遊ばせる程度だけれど、それでもよければぜひ遊びに来てくださいとおっしゃって下さいました。

お庭にアンパンマンのすべり台があり、息子ちゃんも前々から気になっていたところでしたので、本人は行くなり園の子たちに混じって走り回っていました。
ちょうど2歳児、3歳児が外遊びをしていたので、息子ちゃんもまったく違和感なく混じってくれて、砂遊びをしたり、ウンテイやジャングルジムに登ったりととっても忙しい。
ウンテイなんてやらせたことなかったから、見てるこっちがドキドキハラハラ・・・むしろヒヤヒヤです。
でも息子ちゃんは全く動じることなく、お猿さんのように軽い身のこなしで。
はぁー、こうやって少しずつ親のてから離れて行くのね、なんて感傷に浸ってみたり、ちょっとシンミリでした。

そして実はこの保育園、私が幼い頃に通った園でもあるのです。
もう知ってる先生はいないよなぁと思いつつ行ったのですが、なんと、いました!
ウン十年ぶりの再会!先生もなんとなく面影があって名前も言ったら思い出してくれて、ビックリ。
先生には「子どもの方は人見知りしないで楽しく遊んでるけど、お母さんは昔泣き虫だったよね〜!」と。
え、ウソ!?私泣き虫だったの!? ・・・全く記憶にございません。

そんな感じで、予想外の再会を楽しみつつ、息子ちゃんも楽しんでくれて、体も動かせることができた1日でした。
こんな素敵な取り組みが地元であるなんて知りませんでしたが、これからは何度か通わせてもらうことになりそうです。

日本にこんな制度があるとは知らず、少し得した気分です。
アメリカにもあるのかなぁ・・・。

ボストン土産なキャラメル

Posted by Shibuko on 06.2014 Made in America 0 comments 0 trackback
今回日本に帰国するにあたり、お土産は何にしようかなぁと思ったのだけど、一人で子どもを二人連れてだったので、荷物の量も限界があるからたくさんは持っていけないし、かさばるものも重い物も不可。
そこで、最終的に決めたのはMcCrea'sのキャラメル。

以前にも紹介したことがあるけれど、とにかくキャラメルが苦手な私ですら食べられるほどパクパクいけてしまうキャラメルで、プチ高級感と手頃な大きさがお土産にピッタリ!
旦那さまは今回出張なので、訪問先の差し入れにもいいかなと思って。
個別包装されていて、1本に16〜18個入っているので適度にバラまきもできるし。
なので、今回は10本お買い上げ。

日本には私が6本ほど持って、残りの5本を旦那さまが持って来ます。
2014042904.jpg

え、数が合ってないって?
そうなんです〜、実は嬉しいオマケがついてきたんです〜!

今回注文した時発送にどれくらいかかるかわからなかったので、お問い合わせをして、「日本に帰国するのに持って行きたいのだけど、できれば出発に間に合うように送ってほしい。だって、McCrea'sのキャラメルがすごく美味しくて、いつも旅行の際のお土産には必ず持って行ってるんだもん!」との旨伝えたら、2日間でお届けしてくれた上に、「いつもありがとう。日本にはどうぞお気をつけて。季節限定のバジル&カイエンペッパー味を同封したのでぜひ試して見てね!」と1本お試し商品を入れてくれたんです!
なので、11本。

もちろん、私の旅のお供になっていて、他のフレーバーはお土産用なので手はつけられないけど、バジル&カイエンペッパーは私専用で、ちょっとお腹が空いた時の贅沢なおやつになっています☆

甘みの中に軽いバジルの爽やかな香りとあとからくるカイエンペッパーのパンチが効いていて絶妙のお味。
新たなお気に入りに仲間入りです!

ちなみに、今回は過去に試したジンジャー、ローズマリー&トリュフ、ケープコッドソルトに加えてメープルとバニラ味を試してみました。
メープルはコクがあって、割と予想通りな安定のお味でした。
バニラは正直美味しいけどすっごく普通なので、自分用にはあえて買わなくてもいいかなという感じです。
McCrea'sの絶妙なバランスの個性派キャラメルが大好きなんですもの。
でも冒険よりも定番を好まれる方もいますからそれは相手によって使い分ければいいかな、と。
ちなみに今回バニラ味を差し入れした友人には「生キャラメルみたいで美味しい〜!」を頂きました☆

ボストンに在住のみなさま、ボストンへお越しのみなさま、見かける機会があったらぜひぜひMcCrea'sのキャラメル試してみてくださいね!

ドデカリネントラベルバッグ~今日の手づくり~

Posted by Shibuko on 03.2014 手作り 0 comments 0 trackback
日本行きに向けて作った第二弾。

飛行機に乗るときって子供を連れているとやたら荷物が多くなる。

それはきっと私が荷物を減らす努力をしていないかもしれないのだけど、子どもに必要なもの=自分も周りの人も平和に旅するには欠かせないものだから減らせないんですよね。

今回は大人一人で子ども二人を守備だったので、荷物も大変なことになることが予想されたため、ポケットとかいらないからとにかくなんでも放り込めるバッグが欲しくて。かつ、肩がけが出来て、ナナメがけも出来て、そんでもってスーツケースのキャリーバーのところにかけられる、薄手でエコバッグ並みに軽い機内持ち込み可能なバッグじゃなきゃ欲しくない!

というわけで作りました。私のわがまま仕様超ドデカファスナー付きトート。
2014042901.jpg
どれくらいデカイかと言うと、美容学生さんが持ってる、練習用の頭が入るバッグよりも大きいサイズ。ってわかるかな?
幅は約100cmくらいあるかも。
2014042902.jpg
ちゃんとファスナーつけてるので、中身が飛び出る心配もないし、スリなどの心配もありません。

2014042903.jpg
肩がけのベルトは黒いベルトにレース生地をつけました。
そして、ちょこっとアクセントとして、そしてファスナーを閉める時に持つところがあると使いやすいので、革をつけました。
(突貫工事だったので糸がチョロっと出てるのは見逃して下さいませ。)

リネン素材は先日何かの時のためにと4m近く購入しておいたもの。
ファスナーは5年前に渋谷のマルナン(もう閉店してしまったのが残念!)で作りたいものがあって買ったまま結局使わずにいたもの。
レースとベルトはサバンナのLa Fabriqueで見つけて、いつかカバンを作ることがあったら使おうと思い購入しておいたもの。(アメリカではなかなかいいレースや小物を見つけるのは一苦労なので、見つけた時に買っておかないと使いたい時に入手できないことが多々あるのです)
革素材は、革小物を作りたくて、いきなり本番に入るのはこわいからと練習用に買っておいたもの。

こんな色々なところから集まった買い置き素材でトラベルバッグの出来上がり☆

思い立って作ったものなので、ステッチが雑だったり端の処理が出来ていなかったりと色々注文の付け所はありますが、それでも理想のバッグが出来ました。

今回これで旅をしてみて本っ当に、作って良かった!と汗を拭いました。
子どものブランケットに予備の服、オムツ、アイマスク、おもちゃ、おやつ、日本に着いたら必要になるお財布や携帯電話、その他本当に色々なものの仮入れ場所として重宝。
成田空港に着く頃には本当に重くて、荷物を持ってくれたキャビンアテンダントさんが「お母さん、こんな荷物もって大変ですね。。」と、仰ったのですが、その方とっても小柄な方で後ろからみたら私のバッグがその方の半分くらいの大きさ。
重くてデカくてすみません、それ私サイズなんです、と心の中で手を合わせました。
でもこのデカトートのおかげで子どもたちもひどくぐずることもなく、親ひとり、子二人旅、無事日本に到着することができました!
手作りって自分好みにカスタムが出来るのが一番いいですよね。

さー、日本満喫するぞー!

産後初のボトムはMiH Jeans☆

Posted by Shibuko on 01.2014 未分類 0 comments 0 trackback
産後5か月、ランニングの効果があるのかないのか、体重もほぼ産前に戻り、やっとボトムス系を買ってもいいかなと思ってきたので・・・
また例のごとくAnthlopologieに行ってお買い物。
今回の戦利品は・・・

MiH Jeans!
とっても柔らかな素材のローライズスキニーチノパンです。



英国発のジーンズブランドだそうで、日本では有名モデルの愛用ジーンズとしても知られているそうですね☆

そんなことはつゆしらず。

履き心地がすっごくよくて即買いです。
いい買い物したな♪

それ以外にもトップスをいくつか。



こちらのチェックシャツは実は後ろが・・・

メッシュになっていて夏は涼しいんです。
ちょっぴり背中が覗くのはセクシー?
ま、実際のところは中にタンクトップ着ちゃうけどね。

さて、日本へいよいよ帰国です!今年に入ってほぼ毎日更新していたblogですがしばらく不定期更新になります!

さー、のんびり楽しむぞー!
  

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
8338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
996位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。