スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

Thinking Cup*Boston Common*

Posted by Shibuko on 31.2014 ボストンBoston 0 comments 0 trackback
週末は家族みんなで朝8時からBoston Commonへ。
私が初お外でランニング、その間旦那さまは姫ちゃまをベビーカーで押しながら息子ちゃんとボール遊び。

外気を受けながらのランニングは屋内より意外と体力を消耗するし、ボストンコモンはアップダウンも多少あって、かなりキツい!
なので、いつもよりかなり軽めに済ませました。

そして、ランニングが終わった後はお目当ての・・・

カフェ朝ごはん!ウフフ☆
むしろこっちがメインだったりして・・・。

ボストンコモンのすぐ向かいにあるThinking Cupへ行ってきました。
コーヒーにこだわりがあるお店らしく、店内は土曜の朝9時だというのに人でいっぱい!
バリスタが忙しく働いていましたよ。
2014032901.jpg

店内はわりと広いけど、ちいさな机とイスがひしめきあっています。
食べ物は、サンドイッチからカップケーキまでアメリカにしてはかなり豊富。マカロンやミニサイズのフルーツタルトもあって、ちょっとしたお土産にはちょうどいいかも☆
2014032902.jpg

私の朝食はパン・オ・ショコラと、ソーセージエッグマフィンとチャイラテ。
あ、私コーヒーが大の苦手なんです。なので、ここはコーヒーの専門店であるにもかかわらず、チャイです。
マフィンは小麦の甘みがあってモチモチ食感、チャイも甘くなくてスパイシーでとっても満足な朝食でした!
このチャイはボストンベースの紅茶屋さんのものだそうです。
2014032903.jpg

上の写真のチャイの下のカウンターが見えるかな?
カウンターテーブルには古い新聞が中に入れられて、私の前にあった新聞は1952年の記事でした。
こんなところまでオシャレで、なかなか顧客心をくすぐるお店です☆
2014032904.jpg

お土産にはマカロンとアップルタルトも買って帰ったのですが、もぅ〜、どちらも絶品!
この『週末ボストンコモンからのカフェ朝ごはん』は毎週とはいかないけれど、月例くらいの習慣になりそうな予感です。

Thinking Cup BOSTON COMMON店
住所:165 Tremont St Boston, MA 02111
電話:617.482.5555
スポンサーサイト

OTTOLENGHI流フロランタン

Posted by Shibuko on 30.2014 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
フロランタンを作ってみました。
2014032508.jpg

フロランタンとは『フィレンツェのお菓子』という意味のフランスの焼き菓子で、日本ではクッキー生地の上にキャラメルコーティングされたナッツ類がかかっているのが一般的なようですが、ここアメリカではキャラメルコーティングされたナッツ類がかかった生地を薄くのばして焼いて、チョコレートでコーティングしたものが多いようです。

なんでこんなに違うんだろう?と思い本場フランスのレシピを調べてみたら、日本のものよりもアメリカのもののほうが近いようでした。
きっとどこから伝来したかによって異なるってことなんでしょうね。

そして、今回私が作ったのは、Ottolenghi流。
フランス流でもアメリカ流でも日本流でもなく、イギリスの有名レストラン&カフェのオーナーシェフOttolenghiさんのレシピです。

2014032510.jpg

イギリスの一流レストランで数少ない女性ソムリエとして働いていた義姉夫婦がクリスマスプレゼントとしてこのOttolenghi Cookbookを贈ってくれたので、初めて使ってみました。
しばらくロンドンへは行ってないけれど、フーディーな彼女が送ってきたってことは絶対に美味しいレストランなのは間違いないはずです。
興味のある方はイギリス版でもアメリカ版でも、Amazonで探してみてください☆
(これは、アメリカ版。イギリス版はPlentyというタイトルなはずです)
20140328ottolenghi

そして毎度のことながら、小さな手に盗まれるお菓子・・・。
私が写真を撮ろうとしていると、遠くから「くっきー、くっきー」という声が聞こえてきて・・・段々と近付いてきたと思ったらあっという間に手が伸びてました。
「待って、待って!ちょーっっっと待ってっ!」と言うと、エサの前でお預けをくらった犬みたいにちょっと項垂れる息子ちゃん。
だってー、食べ始めたら絶対に止まらないでしょぅー!といいつつも、その小さな手が可愛くて写真を撮りながらクスクス笑ってしまうのですが。

そして「待て!」も5秒が限界でした・・・。
2014032512.jpg

ま、いっか。美味しそうなホッペが見られたからよしとしよう。

きゅうりとディルドレッシングのサラダ

Posted by Shibuko on 29.2014 料理 ハーブ 0 comments 0 trackback
これできっと最後になる残りのディルの活用法!

ディルはまだあと1回分残ってるけど、こちらはまた鯖とレモンのオーブン焼きで消費できるはずー!

というわけで、今日は最後のディルメニュー、きゅうりとディルドレッシングのサラダ!でした。
2014032514.jpg

またまたレシピはマーサスチュワート。。。本当に私、脳がなくて・・・いつもいつも・・・
でも、アメリカ料理研究中ってことで、お願いしますぅ!

きゅうりをスライスして、ディルとサワークリームを多少味付けしていただくレシピです。

はっきり言って大人の味。そしてけっこうシンプルな味だから、好き嫌いは結構わかれるかも。
子供は絶対食べないし、大人でもディルがきらいだったり、味が濃いのが好きな人だったらあまり好まないかも。

でも、目新しいのが好きな人は好きじゃないかな?

そしてやっとディルを使い切ると思ったら、またパクチーを購入してしまい。。。
どうしよー、また消費できるか心配しなきゃいけないなんて!
もぅ、アメリカのハーブは量が多すぎるんだよー!!!

海外でも母子手帳

Posted by Shibuko on 28.2014 子育て 0 comments 0 trackback
月曜日、ボストン日本人マタニティサポートグループ主催の母乳分科会に参加させていただきました。

ボストン周辺で暮らす日本人の妊婦さんたちのための集まりで、母乳分科会では日本で助産師をされていた方からのお話をお伺いすることができます。
私も妊娠中に参加させていただいて、アメリカとはまた違った視点で母乳育児のことを教えてもらえて、とても助かりました☆

私は妊婦ではないので、今回はこのお話を聞きにいったのではなく、母子手帳が必要な方にをお渡しするのに参加させてもらいました。
以前こちらの記事でも書きましたが、現状では海外在住の(日本に住民票をおいてない)妊婦は母子手帳は発行してもらえません。

でも親子健康手帳普及協会さまのおかげで、ボストンエリアでは現在ボストン日本人マタニティサポートグループを通じてご連絡を頂ければ、有料となりますが母子手帳をお渡ししています。
そして私がこの担当なんです。

今回の分科会でも、数名の方にお渡しをし、「日本から遠く離れた地で母子手帳を手にすることができて嬉しい」とのお言葉を頂きました。
ボストンで母子手帳をお渡ししはじめて約半年。すでに20名近くの妊婦さんにお届けすることができました!
今後も細く長くでいいので、継続して妊婦さんに母子手帳がお渡しできるといいなと思っているところなのですが・・・

実は細くではなくどーんと母子手帳が海外妊婦さんの手に渡る・・・ようになるかもしれません、近いうちに!
海外妊婦さんにとってはビッグなニュースが近いうちに流れると思いますので、ボストン以外にお住まいの妊婦さんたちも諦めずに少し待っていてくださいね!!

今回の分科会はアロマ講座もありポットラックでごはんも食べたりと楽しい会でしたので、そのご報告はまた後日・・・☆

今日の手づくり~数字のぬいぐるみ~

Posted by Shibuko on 27.2014 手作り 0 comments 0 trackback
ここのところ大物は作ってませんが、小物はちまちま増殖中です♪

数字のおもちゃ?ぬいぐるみ?と言っていいのかわかりませんが、布でできた数字です。

2014032202.jpg

生地は全てうちにあったハギレ。
1はお友達のベビちゃんたちに嫁いでいったオムツポーチとベビースタイ。2は息子ちゃんのオムツポーチと小物入れ。3は義姉の結婚式の際に作った息子ちゃんのお洋服。4は息子ちゃんのおもちゃ箱。すべて思い入れのある生地だったりして。

これを何に使うのかというと、姫ちゃまの月齢ごとの記念写真用に、そして息子ちゃんの数字の学習用に、です。
二人目だからどうしても一人目と比べて写真が少なくなりがち。
なので、せめて毎月生まれた日にちには欠かさず記念写真を撮ることにしていて、その際にこの数字たちと一緒に撮影しています。

私自身が第二子なので、写真の少なさやおさがりの切なさは身をもって経験してきたので、その反動なのかもしれないな。
そして、そのために作った数字を息子ちゃんの数字の学習に逆おさがりです!

1は突発的には作ったので、型紙も用意しなかったからなんだかひょろひょろ。醜いですね...
残りの数字は手描きで型紙を作ってちゃんと下書きをして...という感じなのでまぁまぁ悪くはないけれど、意外と綿を詰めるのも難しいし、穴が空いてるものは結構手間がかかってます。
もう8とかどうしたらいいんだろう〜・・・って、今から悩みの種。
子育てよりもそっちが心配な私。
あれ?母親失格!?いやいや、でも子育てに関していえば今ない事を心配しても仕方がないですから。
それだけ、娘ちゃんは手がかからず心配がいらないって事ですっ!私が手抜きしてるわけでは決して・・・。

姫ちゃま、いつもニコニコ、とってもいい子でいてくれてありがとう☆

あら、珍しい・・・けむりちゃん。

Posted by Shibuko on 26.2014 0 comments 0 trackback
けむけむが、珍しくベッドのヘッド部分でお昼寝してます。
きっと足元に私の服が散らばっていて、片付いていないところじゃ寝たくないと言う反抗の表れかと・・・
ごめんね、パパちゃん出張中でお掃除は手抜き中なのよぉ〜。

2014032033.jpg

このけむり姫はわりと気分屋さんで、昨晩もパソコンに向かっていたら、『ミャオ』『ミャ~』と話しかけられました。
「ごはん?」と聞けば、しっぽを左右にプイッ、プイッと振ってなんだか納得いかない様子。
そして、『ミャァー』(ついてこい)と言われてしまいました・・・。

あ、遊んでほしかったのね。
ひもを揺らしてあげたら、ものすごい勢いで飛びついてました。

日中はパソコンに向かっていると息子ちゃんに「あしょぼ、あしょぼ」「いーこ!いーこ!」(行こ!行こ!)と足を引っ張られ、夜は猫に尻尾で指図され、母に休息の時間はないのだろうか、と思う、子供二人、猫二匹、夫不在のわが家なのでした。

バーニャカウダで野菜を手軽に

Posted by Shibuko on 25.2014 料理 0 comments 0 trackback
ここ1ヶ月以上、毎週作っている、バーニャカウダ。
お手軽に野菜が取れるわが家のヘルシーな健康法です。

2014032203.jpg

にんにく40個をミルクで茹でて、指でつぶれるくらい柔らかくなったら、ミルクからニンニクを取り出し、アンチョビ1缶と一緒にニンニクをフードプロセッサーに入れ、回りがよくなるようオリーブオイルも大さじ1~2程度追加して、攪拌するだけ。
ピュレ状になったらできあがり。

それをWiltonのお菓子用絞り袋に入れて、冷蔵庫に突っ込んであります。
2014032201.jpg

こうすると、好きな分だけ搾り出せるし、搾り出しがきれいに出るので急な来客のときのおつまみにも対応可能です☆

旦那さまは現在2日に1日はカロリー制限するダイエットをしているので、摂取カロリーを減らしている日はもっぱらセロリとバーニャカウダを食べています。
おかげで1月から始めた減量で、2ヶ月経過の現在すでに4キロは落ちているもよう!
私は授乳中なのでダイエットはしていませんが、旦那さまにつられて野菜や魚を多く取るようになったので(普段はひどい肉食。笑)授乳の自然減かなにかは判別はつきませんが、私も順調に体重が落ちているところです☆

美味しくて、手軽で、健康で。

バーニャカウダはすでにわが家の定番になりつつあります♪

芽キャベツのディルバター

Posted by Shibuko on 25.2014 料理 ハーブ 0 comments 0 trackback
ディルの活用法まだまだお試し中。

こちらは芽キャベツのディルバターからめです。
もちろんレシピはマーサスチュワート様のこちらです。いつもそればっかりですみません!

芽キャベツを半分に切って、熱湯で茹で、バターとディルを絡めて塩コショウで味を調えてできあがりというなんとも簡単なレシピですが、とってもおしゃれな感じだし、ただの芽キャベツを茹でただけのよりも数段美味しいです!

2014032002.jpg

まだまだ続くよ、ディルの活用~。
いったいいつになったらなくなるのやら・・・。

でもこのディルの保存法のおかげで無駄にすることなく1週間以上ディルを使えているのだから、文句は言っちゃいかんですね!

イングリッシュマフィンの作り方(手作りの型&ハンドミキサー使用、霧吹きなし)

Posted by Shibuko on 24.2014 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
先日作ったイングリッシュマフィンは、翌日の朝食にベーコンと卵焼きで頂きました♪
もうエッグ○ックベーコンマフィンなんていらないですね!笑

2014032026.jpg

レシピは完璧ではないのですが、感動、そして感想の覚めやらぬうちに備忘録として掲載します。
ちなみに生後4ヶ月の赤ちゃんがいるShibuko的には、パン作りの混ぜ始めの『手がベタベタになる』のがいただけないので(←突然泣き出した時にすぐに駆けつけられない、そして手を洗う時に生地が減る!)、混ぜ始めはハンドミキサーを使う事にしました。
まぁ、なかば力技ですけど。
ハンドミキサーは今にも壊れそうな勢いですけど・・・でもすっっっっごく楽でした。
なのでハンドミキサーを使うかどうかは自己責任でお願いします・・・。

材料(8cm×3cmのセルクル、8個分)
・小麦粉(All Purpose)2カップ (※アメリカサイズです。日本の小麦粉なら強力粉で320g。)
・砂糖 大さじ1/2
・牛乳 大さじ2
・お湯 1カップ(※アメリカサイズ。約250ml)
・ドライイースト 小さじ1
・塩 小さじ3/4
・無塩バター 大さじ2
・コーンミール 適宜
・油(ボウルの内側に塗るもの)

器具
・ボウル(大)1
・ハンドミキサー
・ホチキス・定規・アルミホイル
・カード
・直径8cmのマグカップなど。

まずは型作り。うちにはセルクル8個もありません。
ちょうどいいサイズのものが家にありました。パスタの空き箱です。
これは横の高さが3cmで長さが30cm弱なので、ちょうどぴったりです。
2014032007.jpg
空き箱2箱で8本取れました。
2014032008.jpg
そしたらアルミで包んで。
2014032009.jpg
何か家にある丸いものに巻いて円型にしたらホチキスで留めます。
2014032010.jpg
ホチキスの針、見えるかな?ホチキスの端が内側に来るように留まってますが、平らな面が内側に来るようにした方がいいです。中にオイルを塗るときに針の端があると指に引っ掛かるので。
2014032011.jpg
出来ました。8個、左奥はうちにある7.5cm×5cmのもの。
2014032012.jpg

そしたら、生地を作り始めます。

0.まずはバターを常温で柔らかく戻しておく。
1.小鉢に砂糖、ドライイースト、牛乳大さじ2、を入れてお湯1/2カップをイーストめがけて注ぎ入れる。まぜる必要ありません。少しの間放置。
2.その間に小麦粉と塩をボウルに入れる。
3.②の中へ①と残りのお湯を投入。①の小鉢の壁に付着してるものもカードやゴムベラなどでしっかりとって残らず入れる。
2014032013.jpg

4.ハンドミキサーではじめ低速2分、その後高速に切り替え5分ほど混ぜる。
5.バターを投入してさらに5分混ぜる。
ある程度ひとまとまりになったら台の上に出し、手でこねる。今回30分程捏ねましたが食感が軽くなってしまったのでおそらく15分くらいがいいかと思います。
6.生地がまとまってグルテン膜を一部切り取って伸ばした時に薄く張るくらいになったら油を塗ったボウルに入れ、ラップをかけ、一次発酵。約1時間。わが家ではまだ冬で室内の気温が低いので温度はなるべく30℃に近づくようオーブンを一番低い温度(約70℃)で一度温めて、扉を開けて温度を下げて・・・などとしております。2倍に膨れ上がるのが目安。
2014032014.jpg
その間にセルクルは内側に油を塗っておきます。コーンミールも用意。(写真ほどたくさんは必要ではありません)
2014032015.jpg
発行が終わったら、ガスを抜いて8等分にして(一つ60g)丸めて、間隔を空けて固く絞った濡れ布巾をかけベンチタイムを15分ほど取る。
2014032016.jpg
ベンチタイムが終わったら、台の上にコーンミールをひき、その上に濡れ布巾の下から一つ取り出して置いて手のひらで押し潰す。手のひらの大きさくらいに広がるくらい。
2014032017.jpg
ひっくり返して裏面にもコーンミールを押し付ける。型よりも気持ち小さい位の大きさに広げる。
2014032018.jpg
広げたそばから型に入れていきます。そして二次発酵。30〜45分くらい。型の8分目くらいまで膨らむのが目安。
2014032019.jpg
発酵が終わったらオーブンを450℉(230℃)に予熱して、天板を型の上から被せて10分焼く。わが家のオーブンでは中段に入れたら下にくっきり焼き目がついたのに上にはほぼつかなかったので次回は中段より少し上の段で焼くことにします。
焼きあがったらクーラーの上に出し粗熱を取って型から外し出来上がりです。
2014032020.jpg
ね、ちょっと焼き目が薄いでしょ?
お好みで加減して下さい。

今回の焼きあがったパンの特徴→(めちゃくちゃ個人的な備忘録なので飛ばし読みして頂いてなんら問題ないです!)
・食感が軽い。理由その1.こね時間が長い。その2.All Purpose Flourを使用。Bread Flourでもいいかも。もしくは混合。
・牛乳は控えめなのであまり甘くない。理由その1.牛乳を小鍋で温めるのが面倒なので(&うちには電子レンジがない!)、電車ケトルでお湯をわかして冷たい牛乳と混ぜ合わせて温度調節するっていう魂胆。面倒でない方は全量牛乳にすると甘みが増すと思います。その2.きっとイギリスの本来のレシピだったら牛乳をふんだんに使うというよりは、身近にあるもので簡単に、質素にじゃないかな?と昔に思いを馳せ、質素な味に。
・高温で手早く焼く。理由.どうせ食べる時に軽くトーストするので水分をなるべく残しておきたい&外側を堅くしたくないので。乳製品は控えめなので高温でも焦げる心配はほぼ無し。それよりもダラダラと焼いてしまう方がNG!
※ちなみに前日、フライパンで焼くレシピも試しましたが、私個人の感覚では、オーブンで焼いた今回のバージョンの方が見た目が綺麗だし、焼きむらがないので安定した仕上がりになると思いました。
でもオーブンがない方でも片面5〜7分程度で両面焼けばできるというのはいいかもしれませんね。

こんな風に出来上がったのがこちらのマフィンたち。
2014032021.jpg
私にとっては洗い物が少ない、ハカリがいらない、手が汚れない、霧吹きなくてもOKといいこと尽くしなのですが、イカンセン横着者の私のための特別カスタム仕様のレシピなので読んでいただいているあまり役に立たないかもしれません!!
でも、もし万が一作ってみたよ!という方いらっしゃったらぜひコメント下さいませ☆

Cocktail Fridays~ハイビスカスダイキリ~

Posted by Shibuko on 24.2014 料理 ドリンク 0 comments 0 trackback
出張と出張の合間をぬって戻ってきた旦那さま。
また昨日の午後からご出張へ。ご苦労様です。そして、家で2歳児と生後4ヶ月の子供たちと生活している私もご苦労様。

そんな、束の間の逢瀬のような金曜の夜は、これで4週目となるカクテルフライデー。
今回は、先日届いたP&H Soda Co.のハイビスカスシロップを使うことに決めたのでした。

2014032023.jpg

これは、ウォッカとライムとハイビスカス=3:1:1を炭酸水で割ったもの。
お酒の入ったハイビスカスソーダといった感じ。見た目は甘そうなのに甘くなくて美味しい!と旦那さまが言ってました☆

そして、旦那さまはこのハイビスカスのシロップが気に入ったようで、2杯目も作ることになり、そちらはウォッカではなく、ゴールデンラムで。
どうやら、ラムとライムとシロップの組み合わせはダイキリと呼ばれるカクテルだそうです。
私はカクテルに詳しくないので、調べるまで全く知らなかったのですが、旦那さまに「ラムのレシピがあったよー」と言うと、「それ、絶対美味しいよね。」と言っていたので、きっとかなり定番な組み合わせなんでしょうね。
ちなみに日本では『ダイキリ』と発音しますが、英語では『ダッカリー』と言います。何度旦那さまに発音を指摘されたか・・・。やっと言える様になりました、『ダッカリー』です。

そんなわけで、2杯目はハイビスカスダイキリとなりました。(写真はなしです、ごめんなさい!旦那さまがすぐに飲みきってしまいまして・・・)
こちらは、1杯目と比べると本当にBarで飲むような味で、カクテル!!って感じでした。
せっかくつくるならやっぱりカクテルっぽいほうがいいので、ウォッカの組み合わせはもうしないかなぁ。

そのかたわら、授乳ママの私はモクテル!お酒なしの、ライムジュースとハイビスカスシロップと炭酸水で☆
2014032024.jpg

今回は日中イングリッシュマフィンを作っていたため、ばたばたしてておつまみはほぼなしでした。
やっぱりおつまみあったほうが気分も盛り上がるし、来週からはおつまみもちょっと頑張ろうっと。

ちなみに今回初めて挑戦したこちらのハイビスカスシロップは甘すぎず、酸っぱすぎずとても使いやすいシロップでした。
今回はグレープフルーツシロップも注文したから、そちらもどんな味なのかとても楽しみです♪
2014032025.jpg

さて、しばしのシングルマザー生活頑張るぞっ、と!

イングリッシュマフィンを作りました。

Posted by Shibuko on 23.2014 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
イングリッシュマフィンを作りました。

2014032021.jpg

先日シェパーズパイを作ったばかりだというのに、なんだか英国づいてる?
日本にはPascoの美味しいイングリッシュマフィンが売ってるけれど、こちらではあれほど美味しいイングリッシュマフィンはなかなかお目にかかりません。

なので、作ってみることにしました。

でもね、イングリッシュマフィンてすっごくレシピにバリエーションがあるんですね!
材料や分量も色々だし、型ありだったり無しだったり、オーブンだったり、ホットプレートだったりと・・・

結局レシピを選びきれず、一度オリジナルで作ってみたものの分量を多く作りすぎてしまい、手ごねでは限界がありまして、味はまずくなかったけれど、見た目や食感に納得がいかず、2日続けてイングリッシュマフィン作りとなりました。

でも2度目の今回はかなり納得の仕上がり☆
レシピは備忘録として改めてあげるつもりですが、といってもアメリカの計量だし、私の子供がいても出来るように、ハンドミキサーを使って混ぜてるので、他の方のお役にたつとは思えませんが、まずは出来上がったものを美味しくいただきたいと思います!


ある日の食卓~St. Patrick's Dayは・・・~

Posted by Shibuko on 22.2014 料理 0 comments 0 trackback
今週の月曜日はセントパトリックスデーでしたね!もう忘れつつありますが・・・
わが家の旦那さまに聞いてみたんです。アイルランドでは何をするのか?と。

すると・・・

「パブにいって飲んだくれる・・・?」と。

なんとも不正解に近い正解というか、身も蓋もないというか・・・。
まぁ、実際そうなんでしょうけど、私はもうちょっと、こう、なんていうか、アレを食べて、コレして、コレは絶対外せないよね!的な具体的なお祝いを意識してたものだから、期待はずれの回答というか・・・。

そんなわけで、あまり気合いも入れず、旦那さまにアイルランドのソーダブレッドを作ってもらい、スモークサーモンをのせて食べました。
パンの横にあるのは、一応レプリコンの帽子をイメージしたのだけど・・・うん、スルーでお願いします。
2014032001.jpg

そして正確にはアイルランドの食べ物ではないそうなんだけど、シェパーズパイも作ってみました。

2014032003.jpg
2014032004.jpg

ボストンはアイルランドと切っても切れない縁があるので、パレードも盛大にあるらしいのだけど、さすがに生後4ヶ月の赤ちゃんと2歳児を連れてわざわざ行くのもしんどいので今年は見送ることとしました。

でもいつか全身緑色で参加したいな!

ちなみにソーダブレッドとは全粒粉を使ったイーストを使わない、そしてバターミルクが入ったとてもどっしりとしたパンです。
1枚たべるだけでかなりお腹が膨れます。これをスモークサーモンで頂くのがアイルランド流。

旦那さまの実家ではクリスマスイブやお客様を招いたときなどに頂く、とてもおいしい一品です♪

ペンギンが逃げちゃう〜!

Posted by Shibuko on 21.2014 子育て 0 comments 0 trackback
ここのところ『ペンギンが逃げる〜!急げ急げー!!』と1日に数回は言うわが家。

何のことかと言えば、息子ちゃんが冷蔵庫を開けた時の合言葉。
最近、息子ちゃんが冷蔵庫を開ける事を覚えて用もなく開け放つことが何度かあったんです。
冷蔵庫には牛乳が入っていてそれが取りたくて開けるのですが、私の手が塞がってる時には(特に授乳中など)、正直自分で取ってくれるのはとてもありがたいんですよね。
なので、「開けちゃダメ!」とは言えなくて。

それに今止めたとしてもいつかは開けられるようになってしまうのだったら、今止める理由はどこにもないわけで。

最初の頃は、「開けっ放しにしない!」「閉めて」とストレートに言葉にしてたのだけど、うーん、なかなか効果が薄い。かつ、こっちもイラっとしてしまうんですよね。無意味に。

そんなある時、旦那さまが「そういえば、僕が子どもの頃はPenguins are escaping!(ペンギンが逃げてる!)って言われたなぁ」と言ったのです。

それはイイかも〜!!

と思い、それからわが家でも取り入れています。
どうやら効果はあるようで、「ペンギン逃げちゃうよ!」というと慌ててニコニコしながら扉を閉めます。
開けようとしてる時も、先に「ペンギンは寒い所が好きなの。ペンギン逃げちゃうからそぉっと開けるんだよ。」と言えば真似して少しだけ開けて、牛乳を取ったらすぐに閉めてくれます。
時には、牛乳を手にしながら「さむ〜い!」とドタバタ足踏みして縮こまったりして、本人も楽しそう。

こちらも直接命令形で言うよりもペンギンの方が気が楽な上、息子ちゃんもよく言うことを聞いてくれていい事づくしですよね?

子育てって難しく考えがちで、特に魔の2歳児となった今はどうしたらぶつからずに息子ちゃんの良い所を伸ばしてあげられるか、毎日試行錯誤の繰り返しなんだけど、こういうユーモアのあるやり方をもっと取り入れていけたらイイなと思うのです。

玄関クローゼットの整理

Posted by Shibuko on 20.2014 収納・掃除 0 comments 0 trackback
旦那さま出張中につき、玄関クローゼット整理しました!

2014031802.jpg

あれっ?なんだかその概念間違ってる!?
いえいえ、でも模様替えとか整理とかってなんか時間の制約とかないほうがやりやすくないですか?だから旦那さまが帰ってこないとわかっている分、夕飯の時間とかも考えなくていいし、じっくり考えて、のんびり片付けられるので・・・。

前回の整理と言えば本棚の整理をしたのですが、あれから1ヶ月以上たつけれど、全く本棚の周りが散らかりません!
やっぱり整理収納アドバイザー講座の威力はすごいです。

なので、また今回も恥を忍んで公開~!わが家のぐっちゃぐちゃ玄関クローゼット。
(本当にひどいので、心の準備をお願いします・・・)

↓↓↓

2014031801.jpg

あぁぁぁー、なんだかしばらく気を抜いていたせいで酷いことに・・・
もう、靴は散らばってるし、実はドアもきちんと閉まらなかったりして無理やり押し込んだり、と酷い惨状でした。
が、整理収納アドバイザー講座でならったことを思い出しつつ整理してこのようになりました!
(冒頭の写真と同じです。)
2014031802.jpg

今回も、まずはルールを決めるところから。
・玄関クローゼットに入れるものを決める。わがやの場合は・・・
 ・靴(普段使いのもの)&靴のお手入れグッズ
 ・コート
 ・雨具(ほとんど使わないけど)
 ・エコバッグ、紙袋
 ・アウトドア・お外遊びグッズ(ハイキングブーツ、ボール、レジャーシート、日焼け止め、虫除けなど)
・靴は普段使いのものだけ。(できるだけ5足程度まで)
・コートは一人2枚まで。

とまぁ、こんな風にざっと決めました。
あとは、使用頻度によって導線を決めて詰めていくだけ。
まずは上の段から。一番使用頻度の低いものは導線上取りにくいので、上の段へ。

こんな風にばっらばらで、全くスペースが活用できていない上の段が・・・
2014031803.jpg

こんな風になりました。そしてなるべく四角収納を心がけてます。本当はハイキングブーツを入れる箱がもうひとつあるとよかったのだけど。
2014031804.jpg

そして、下の段もぐちゃぐちゃでしたが・・・
2014031805.jpg

エコバッグ類と息子ちゃんの靴や帽子などを置いてます。
2014031806.jpg

ふぅーっ・・・。スッキリ。

今回整理してびっくりしたのは、靴の多さでした。
私の靴だけで、13足入ってました。旦那さまのを入れたら、たぶん20足は超えます。
しかも普段使いのは玄関に出してあるのにもかかわらず。
13足中、おそらく11足はたぶんこの1年さわってもいない感じでした。
なぜかというとほとんどの靴がヒールのある靴で、妊娠中はもちろん幼い子供と出かけるには実用的でなかったり、フォーマルすぎて履いていく機会がなかったり、と。

つまり、玄関に導線上ものすごく使いやすいクローゼットがあるのに、使わない靴がずっとそこに居座っていて、このクローゼットの機能を低下させてたんですよね。

それで、わたし、よーく考えてみたんです。なんでそんなにたくさん靴があるのかって。
そしたら、あることに気づきました!
下駄箱です!

日本には下駄箱という概念がありますよね。
私の実家には玄関に下駄箱があり、すべての靴が玄関においてありました。
日本の80年代に建てられた一般的な建築ですので、まだクローゼットという概念はなく、部屋は押入れか箪笥に収納が当たり前です。その習慣の中では、靴を部屋にしまうという感覚はなく、靴は下駄箱へしまうのが当たり前でした。だから私の靴たちもこの家の玄関に集まっていたのです。
ところがアメリカには下駄箱という概念はありません。だって玄関で靴を脱ぐという習慣がないから。(もちろん家が汚くなるから玄関で靴を脱ぐ家庭もありますが、それでも、家庭によるところが多いし、他人を招いたときに靴を脱いでくれとは強制しにくいものです。)
靴を収納するラックのようなものは販売されていますが、家具としての靴箱はまず売っていないんですよ。

そんなわけで、私の13足のうち半分以上はクローゼットに収まり、普段使いの靴がこの玄関クローゼットに収まることになりました。
生活習慣の中で培ってきた固定概念から解き放たれた瞬間です。
玄関クローゼットがスッキリ片付き、日本とアメリカの大きな生活週間の違い、ひいては文化の違いを発見した瞬間でした。

Wikipediaによると下駄箱は明治時代に定着した概念らしく、町屋文化の名残だそうです。
もともとは銭湯などで使われていたそうで、それが家にも入ってきたとか。
そもそも、名前が『下駄箱』って、もう下駄履いてないのに未だに名前が変わらないところって何気にすごい!
下駄箱に見る日米文化比較考でした。意外と感慨深いものですね。フフフ。

整理をする時には、今までは何気なくしていたことを見直してみるというのも大切ですよね。
そんなことに気付かされた今回の整理でした。整理収納って奥が深いー!

ディル風味焼きアスパラガス

Posted by Shibuko on 19.2014 料理 ハーブ 0 comments 0 trackback
さてさて、大量のディルをどうやって使いましょう・・・

となると、頼るはまたまたマーサスチュワート。
こちらのレシピを参考に、レモンがなかったのでライムを使って。

オーブンは350℉(160℃)に予熱しておく。
アスパラガスは茎の硬い部分はばっさり切り落として、天板に並べオリーブオイル、塩、こしょうを軽く振り約15分焼く。

2014031403.jpg

その間に他の材料を用意。レモンがなかったのでライムを使いました。ライムの独特の甘さが わたしは好きです☆
2014031404.jpg

で、焼きあがったところにかけるだけでした。まぁ、簡単!
2014031405.jpg

そしてまぁ、美味しい!
2014031406.jpg

ピリ辛なはずなのに息子ちゃんもモリモリ食べてて、家族でほぼ取り合い。
ディルってもっと香りが強いイメージがあったのだけど、こうして食べると優しいふんわりとした香りをだしてくれます。
新しい料理って挑戦してみるもんですよね。

ここんとこ、ディルを使い切るためにほぼ毎日のように食べてるからちょっと飽きがきたけど、まだあと半分残っているのであと数品はアメリカンなディルを使ったレシピを紹介できるんじゃないかと・・・。

マーサスチュワート様様です。

ある日の食卓~ディルとさばのオーブン焼き~

Posted by Shibuko on 18.2014 料理 魚 0 comments 0 trackback
備忘録です。

日本のさばに程近いこちらのお魚はノルウェージャンマッカレルという種類。
それはそれは脂がのっていて美味しいのですが、食べた数日は自分が魚くさい気がして、旦那さまに「ねぇ、わたし魚臭くない?」と思わず聞いてしまったのはいい思い出・・・といってもたった2ヶ月前の話ですが。

ですので、命題はどうやって魚の臭みを取るか、です。

以前、ディルとレモンで焼いて食べたのですが、その時はぶつ切りだったので焼き加減に納得がいかなかったので今回は魚のおろしかたを変えて再挑戦。

材料
・さば 2本
・ディル 8枝
・レモン 2個
・塩、こしょう、オリーブオイル 適宜



オーブンをブロイルで予熱しておく。
さばを3枚におろす。レモンはスライス。天板の上にさばを並べ、塩こしょう、オリーブオイルをかける。
塩は少し強めに。
ディルとレモンをさばを隠すように並べて、オーブンの一番上の段に入れる。
2014031304.jpg

15分から20分ほど焼いて出来上がり。
2014031305.jpg

わりと美味しく出来ました。
ディルは遠慮なくガッツリのせていいようです。

今回は皮目を上にしたので焼き目はきれいですが、皮よりも身の方をパリッとさせたいので次回は身のほうを上にして焼こうかなと思ってます!

ちなみに、旦那さまいわく、わたしは魚くさくはないけれど、ミルクくさいそうでした。
ガーン・・・それはそれでショックなんだけど!
そしてガーンは死語かもしれないっていう恐怖・・・。

キタキタ!P&Hソーダシロップ

Posted by Shibuko on 17.2014 Made in America 0 comments 0 trackback
来ましたよ♪

先週オンラインで注文したP&H Soda Co.のソーダシロップ。

頼んだのはジンジャーとハイビスカスとグレープフルーツの3種類。・・・なんと10本も購入してしまいました。ウシシ。
ハイビスカスとグレープフルーツは初挑戦。
ジンジャーシロップは私の大のお気に入りなんですが、マサチューセッツではこれ、手に入らないんです!!

私は辛口のジンジャエールがとっても大好きで、日本にいる時はウィルキンソンのジンジャエールをいつも冷蔵庫に常備していたのですが、こちらに来てからはなかなか好みのジンジャエールを見つけるのが大変で。
Fevertreeというブランドのジンジャービア(呼び名が違うだけでジンジャエールと変わりません)はスッキリ辛口で飲みやすいんですがロンドンのブランドだからかちょっぴりお値段も張るので普段常備するのは気が引けてしまいます。

そこで見つけたのがコレ。ノースカロライナの輸入食品、雑貨などを広く取り扱うサザンシーズンというお店で見つけて以来の大ファンです。
ニューヨークに拠点を置く会社で、どのシロップも自然な原料で作られています。

ジンジャーシロップを炭酸で割れば、即席ジンジャーエール、その他にもカクテルに使ったり、普通に水で割って飲んだりもできます。
それでも私はもっぱら炭酸割りですが・・・。
2014031412_20140316220727e39.jpg

シロップなので、冷蔵庫の中で場所も取らないし、好みの薄さに調整できるし、本当にいつもお世話になっています。
つい先日もカクテルフライデーで飲んだばかりです。

ハイビスカスは色が綺麗そうだし、グレープフルーツも爽やかな予感。
飲んでみたらぜひご報告させていただきます〜!

Cocktail Fridays〜サジタリウス〜

Posted by Shibuko on 16.2014 料理 ドリンク 0 comments 0 trackback
金曜日。

風邪を引いて調子が悪く、おばあちゃまたちとのニードルワークの会にも行かず一日中パジャマで過ごし、旦那さまは会社帰りに一杯飲んでくるっていうから、今週のカクテルフライデーはお休みでいっかぁーなんて思っていたら。

夕飯時に帰ってきた旦那さまからひとこと。

「あれー?カクテルないのー?楽しみに帰ってきたのにー。」と。

あれれ?そうなの?お酒飲んできたのに?
でも楽しみにしてくれてるんだったら作るけど。

息子ちゃんと二人で夕飯中だったので、途中で旦那さまの夕飯も用意して、カクテルは息子ちゃんが寝てから作ることに。

旦那さまが息子ちゃんを寝かしつけてる間に一生懸命レシピを探して出来上がったのがこちら。

2014031409.jpg

The Sagittarius サジタリウス(射手座という意味)。毎度おなじみマーサスチュワートのレシピから。
ウォッカベースのカクテルでハーブのディルが入っている甘くないカクテルです。

シェーカーに材料を入れてディルを潰すように混ぜるんだけど、シェーカーなんて初めてさわってドキドキ!
ディルの香りがあまり強過ぎたらどうしようという私の不安な思いが反映されて、旦那さまいわくボンヤリしたイマイチ決め手にかける味になってしまったよう。でも今回の経験を生かして次作る時は自信を持ってバランスよく作れそうな予感。
ディルは3枝入れるのだけど、結構遠慮なくガシガシ潰していいようです。たっぷり入れた方がパンチが効くみたいですよ!

おつまみには、スモークサーモンとチーズのクラッカー(これは先週と同じ)、手づくり牛たたきと旦那さまがサンフランシスコのお土産で買ってきてくれたイワシの酢漬けを用意☆
即席おうちタパスBarになりました。

2014031410.jpg

美味しいスパイシーなカクテルを飲む旦那さまの横で私はモクテル(ノンアルコールカクテル)を頂きます。
P&H Soda Co.のジンジャーシロップと炭酸でジンジャエールにしてディルを飾りに添えました☆

2014031411.jpg

気分だけでもオシャレなBarを味わいたいので、旦那さまも私もグラスはSugaharaのシリーズで!
むしろSugaharaのグラスでサーブしてくれるBarなんてそうそうないから、逆にお家だからできるこそ贅沢かもしれませんね☆

そして、旦那さまも金曜日のカクテルを楽しみにしてくれてるということがわかったので、本格的に継続しようかなっと!!

ディルの保存法

Posted by Shibuko on 15.2014 料理 ハーブ 0 comments 0 trackback
なんか、この写真みたことあるような・・・って思われたらすみません。
以前、パクチーの保存法を紹介しましたが、ディルも同様の方法で保存するといいらしいですよ。

ディルは水気が多いとドロっとしてしまうので、水は目一杯入れず、茎の部分数センチ分だけ入れて。
今回、私はディルを2束に分けて輪ゴムで留めて水に挿しています。
こんなにたくさんいっぺんにディルを使うことはないので、少量にわけて、使う時の取り出しの手間を省きます。
2014031301.jpg

そしたら、ビニール袋を上からかけて葉先の乾燥を防いで、冷蔵庫へ。
2014031302.jpg

これで1週間以上は新鮮に保たれるはず。
パクチーは2週間以上もったしね。

さて、普段魚料理ばっかりに使っているディル。もう少し活用法を勉強せねば!

ロールケーキ作り

Posted by Shibuko on 14.2014 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
今日はホワイトデーですね☆

だからというわけではないですが、昨日はお友達とロールケーキ作り。
バレンタインデーにカップケーキを作ったメンバーで。
4人でロールケーキ5本。いや、多いでしょ。笑
2014031308.jpg

生クリームとフルーツのスタンダードなロールケーキときな粉ロールケーキの2種類を作りました。
4人中私を含め3人がロールケーキ初挑戦でしたが、なんとかなりました!

2014031310.jpg

フルーツは、いちご、ブラックベリー、マンゴー、キーウィの4種類で。
マンゴーが程よく酸味と甘さをひきたててくれて美味しかった~。

2014031309.jpg

そして、きな粉のほうは中の粒あん生クリームがうっとりするくらい美味しくて、きな粉もなんだかほっとする味。
たまたまお友達が差し入れにみたらし団子ももってきてくれたので、ダブルでホッ。

アメリカではなかなか薄力粉に相当するものがないので、使う小麦粉はこちら。
2014031311.jpg
ケーキフラワーブレンドなるものなのですが、どのへんがブレンドなのかと言うと、砂糖が入ってると言うわけではなくて、コーンスターチが入ってるのです。
それで食感を軽くするわけ。

日本のレシピでもたまに、バイオレット小麦粉がなければ薄力粉に片栗粉を足すといったレシピをみかけます。
それと同じことですね。

アメリカの普通のオールパーパスという小麦粉を使うと、もふもふっとしたかたくて重い仕上がりになるのですが、これで作ったロールケーキはフワフワッとしていましたよ☆

昨日のメンバーはみんなお菓子作りが好き、もしくは興味があるメンバーで、「これからも月一のペースくらいでお菓子作りしたいねー!」と話していたので、きっとまた来月中に集合するかもです。
そのときはメロンパンをつくろうなんて話題ももうあがっていて、実は参考にするレシピも決まっているのです。ムフフ。

みんな子連れだけど昼に集まって、かなーり長い時間熱中して作って、試食して、その間子供たちは泣きつ笑いつ、ママたちに自由な時間をくれました。
子供が一人いようが二人いようが、こうやって趣味の時間を持てることをとても幸せに思います。

2014031306.jpg
<スイセンも満開になってくれました!>

そして、昨日きてくれたお友達がうちに来ると癒されるなんていってくれたりして、さらに嬉しい気持ちがいっぱい!
おうち引きこもり族の私としては、とっても嬉しいほめ言葉!
大きな声で「『癒される』頂きました~!!!!」(エコー付)と山に向かって叫びたくなりました。
また、先月のカップケーキ作りのときに一緒に作った写真入バレンタインカードも、旦那さんがすごく喜んでくれて職場にわざわざ持っていって飾ってくださっているそう。
「普段そんなことする人じゃないのに、すごく嬉しかったみたいで・・・」と教えてくれました。
うちの旦那さまも同じくカードを職場に飾っているので、ちょっと面倒だけど作ってみてよかったし、それにお友達の旦那さまがそのように奥様からの愛情を素直に受け取って喜んでくださる人だということもとても喜ばしいことでした。あー、幸せッ!

ケーキを5本作るという荒ワザだったで、いつも以上に集中力が必要で、みんなが帰ったあとはしばし脳ミソがボーっとしてしまいましたが、たまにはそんな風に頭を使うのもいいのかもと思ったりして。

なんだかハマッてしまいそうな、ケーキ作り会。みなさん、昨日はほんとうにお疲れ様でした☆

ある日の食卓~時間がないときのチキン料理~

Posted by Shibuko on 13.2014 料理 鶏肉 0 comments 0 trackback
二人の子育てが始まって以来、大変お世話になっているオーブン様。

この日もオーブン様の出番です。
40分で晩御飯。

チキンの甘辛ソース焼きです。
2014030801.jpg

お米をざっと洗い、早炊きで2合ほどセットし、オーブンを375℉(180℃)に予熱。
鶏肉の両面に塩コショウをし、レモンの皮を1個分摩り下ろし、皮骨つきチキンの皮と肉の間にレモンのすりおろした皮とレモン汁をぎゅーっとしぼります。
(このレモンの皮のひと手間が時短でも美味しさアップの秘訣です!)
そしたら、アルミホイルをひいた天板に皮を下にしてのせてタイマーを20分にセット。

その間に、アメリカ風甘辛ソースをつくり、付け合せのパプリカを切る。

20分たったら、オーブンをBroil(グリル機能みたいなの)に変えて、チキンの皮の面を上にし、天板のあいてる部分にパプリカを追加投入、タイマーを7分にセット。
タイマーがなったら甘辛ソースをチキンに塗って、さらにタイマー3分でできあがり。

余力があればその間にお味噌汁もつくれるかも。
この日の具はおとうふとオーガニックな大根の葉っぱ。笑
2014030805.jpg

作りおきのバーニャカウダもあったので、セロリとラディッシュのバーニャカウダで彩りを添えて。
2014030802.jpg

そんな感じで、わがやの特急ごはん、ご飯・みそ汁・チキン焼きの3品の出来上がり。

本来なら、チキンはレモン汁、オリーブオイルと塩コショウで1時間ほどマリネしたほうがいいらしいのですが、時計を見たらウッカリ!逆算したら間に合わないじゃん!という事は子供といるとしょっちゅうですからねー。
なので、マリネの時間を省く代わりに、レモンの皮を入れるのですが、食べる時に火を通したレモンの独特の爽やかな甘みが口の中に広がり味に深みを増してくれますよ。

今週のお花~スイセン~

Posted by Shibuko on 12.2014 お花・ガーデニング 0 comments 0 trackback
木曜にお友達が遊びにきてくれるので、それにあわせて春のお花を。今週はスイセンです。

2014030807.jpg

スイセンは英語ではダフォディルといいます。
このダフォディルを見ると、いつも思い出すのはイギリス、ロンドンにあるハイドパークの景色。
人生で初めて海外に出たのは大学2年生のとき。
英語を勉強するために短期留学でオックスフォードに1ヶ月滞在することになり、単身飛行機に乗り込みホームステイをしてきました。

当時は英語力も簡単な英会話に毛が生えたくらいで、右も左もわからない土地だったけれど、学校の友達はみんな優しいし、ホームステイ先の老夫婦も明るくとても親切で今でも忘れられない大切な思い出であり、貴重な経験です。

イギリスにいるのだから、ロンドンは外せない!と意気込んでいったその街は3月の半ばでハイドパークのいたるところにこのダフォディルが咲き誇っていました。
目に映るすべてが真新しい経験だった中で、多少種類は違えど慣れ親しんだ花を目にして、ここと日本は思ったほど遠くないのかもしれない、と少し肩の力が抜けた瞬間でした。

そんなことを思い出していると、旦那さまが「アイルランドのスイセン買ったの!?」と。
「は?いや、普通にスーパーで買っただけなんだけど。」、と言ったら「こんなにでかでかと書いてあるのに?気づかなかったの?本当に?」と言われ目をやると、あ、ホントだ。
アイルランドのシンボルである三つ葉のクローバー、シャムロックがでかでかと・・・。
2014030806.jpg
あながち想いを馳せたロンドンとはかけ離れていなかったようで、なんだかクスッと笑みがこぼれてしまいました。

2014030808.jpg
スイセンの長持ちの秘訣は、茎を斜めに切って切り口全体が花瓶の底につかないようにすること、水は浅めに入れること、直射日光に当てないこと、だそうです。

購入したのは日曜日なのだけど、つぼみばっかりのものを選びました。
木曜にはちょうどよく満開になってくれることを祈って。

産後初のお洋服@Anthropologie

Posted by Shibuko on 11.2014 つぶやき 0 comments 0 trackback
産後3ヶ月半にして、やっとお洋服を買いました~!
体型が戻ってないうちはお洋服も買えないなぁと思っていたのだけど、もうずっと前からお洋服が欲しくて欲しくて・・・
なので、体重はまだあと数キロほど落とす必要はありますが、ランニングもしてるしトップスだけならいいでしょ!ということにしてお買い上げ。ヤタッ!

2014030809.jpg

Anthropologieにて☆
Anthropologieはアメリカの大きなモールなら必ず入っている個性的なセレクトショップで、キッチン周りの小物やリネン、ベッドアイテムなどの雑貨もいつもかわいいもので溢れかえっています。
本当はのんびりじっくり店内をみていたいのだけど、子供たちはパパちゃんにプレイエリアで見ててもらって15分間でお買い物!(モール内の移動の時間も含む!)
そのため試着はもちろんしてなければ店内もほとんど見ず、直感で引っ張り出しましたが、かなりのお気に入りです!

子供ができてから買い物のときの決断力は格段に上がった気がする・・・

アイライナーの取替えどき

Posted by Shibuko on 10.2014 つぶやき 0 comments 0 trackback
メイク用のアイライナー。
そろそろ限界なのはわかるけど、なかなか踏みきれない〜!

2014030601.jpg

すでに短すぎて、鉛筆削りで削るのも至難のワザッ!!
もうここまで使ったらいいかしらー・・・
でもまだあと1cm以上はあって、それって普通の長さだったらかなりまだまだ使えるんだよね!
削りにくさだけ解消できればまだ使えるのにぃ!

整理収納アドバイザーの勉強をした時にものへの向き合い方も習いましたが、それでも根付いたもったいないオバケの意識はなかなか抜けませんッ。
どなたか、捨てどきってのがわかる人いたら、ぜひ私の背中を押してくださいーっ!

Cocktail Fridays~ココナッツミモザ・マンゴー添え〜

Posted by Shibuko on 09.2014 料理 ドリンク 0 comments 0 trackback
週末を楽しく迎える為に新しく始めてみたわが家のカクテルフライデー。

続くかわからないので、まだ最初のうちは家にあるもので色々と混ぜることにしています。
色々と買っちゃって無駄にしちゃったら困るもんね!私、熱しやすく飽きっぽい性格なので。

そして今週出来上がったのが、コチラ!

ミモザのココナッツ風?シャンパンフルーツパンチ?
なんかカッコイイ名前はないかしら。

2014030605.jpg

材料
・ココナッツウォーター 1カップ
・オレンジジュース 1/3カップ
・スパークリングワイン 2/3カップ

上記を混ぜて出来上がり。仕上げに好みのフルーツを飾って。
今回はマンゴーを飾り切りしました。
味は、ココナッツウォーターの風味はほとんどなく、ミモザ(シャンパン×オレンジジュース)といってもわからないくらい。
ミモザよりは酸味、甘みともに控えめな、スッキリ弱めのカクテルです。

前菜はスモークサーモンとブルサンアイユをLate July Organicのクラッカーにのせて。

2014030604.jpg

ちなみにお酒が飲めない方には、単純にココナッツウォーターとオレンジジュースのミックスだけでバージンカクテルにもなります☆
妊娠中・授乳中のママも可愛く飾って気分だけでも楽しむのは悪いことではないはず!
私もココナッツは苦手で普段あまり飲まないのだけど、こうしてみたら意外とココナッツの味はせずなんだかスッキリいけちゃって、美味しい気分を味わった金曜日。

旦那さまもいつもより少し遅く帰ってきてお疲れ気味だったけど、これで少しは気分が上向いてくれたなのかな?

もう少し継続してみて、効果の程は量ってみましょうか・・・

Cocktail Fridays

Posted by Shibuko on 08.2014 つぶやき 0 comments 0 trackback
日本にいる頃は毎週金曜の夜といったら必ずのように予定が入っていて飲みにいったり、遊びにいったりしたものですが、こちらに引っ越してきてからなんだかそういう金曜日のありがたみが少なくなった気がします。

まだ金曜の夜に一緒に遊んでくれるお友達がすくないのと、子連れで夜にはあまり出かけられないのが原因だと思うのだけど。

それでもやっぱり週末が始まる金曜日の夜は大事な瞬間。

なので、Cocktail Fridays と名付け、仕事から帰ってくる旦那さまにとっておきのカクテルを作って労ってあげようと思うのです。
カクテルなんて作ったこともなければ授乳中の今は飲む機会もないんだけど、でもレシピみて作ってみることに害はないしね☆
いつまで続くかはわからないけど、先週家にあるリキュールを混ぜて初めて作ってみて旦那さまも「こんな待遇、知り合ってこのかた初めて!!」と、大変感激しておられたので、今週もやってみようと思います。

ちなみに先週のカクテルはカルーアベースのもの。
カルーアミルク、トリプルセック、生クリームを同じ比率で順番に注ぎ入れるもの。
味はオレンジコーヒーカプチーノ的な?

さて、今日は何にしようかしら・・・。

手は口ほどに物を言う

Posted by Shibuko on 07.2014 子育て 0 comments 0 trackback
目は口ほどに物を言うと言いますが、それは色んな隠し事が出来る年齢になってからの話であって、新生児の目をいくら見つめてもあまり多くは語ってくれません。

その代わり、新生児の手は色んな事を教えてくれます。
手といっても手相とかじゃないですよ。笑


ギューっと拳を握りしめて身体を縮こまらせてるときは、お腹が空いたとき。

肘を垂直にしてバンザイで寝てるときは、熟睡してるとき。

肘が曲がらず真横に大きく広げて横になっているときは、寝そうなとき。

口の中に指を突っ込んでいるときは、ゲップがしたいとき。もしくは歯が生え始めてるとき。


食欲と睡眠を制するものは育児を制す!ではないですが、それでもこれが見極められるだけで育児の3分の2は軽くなるんじゃないかなと思ってます。
なのでこの手のサインは私にとって、とても大事なサインです。、


ちなみに授乳中に赤ちゃんが寝ちゃった時は腕を触ってみると空腹状況の確認ができます。
だいたい授乳始めは腕に力が入っていて肘から直角に曲がってます。引っ張ってもなかなか動きません。
お腹がいっぱいになると腕はぐでんぐでん。全く力が入ってません。

途中、吸い付く音がしなくなったら腕をレバーだと思って動かしてあげると、力がまだ入っている段階ならハッとしてまた飲み始めるし、腕の力が抜けてればただ気持ち良くて吸ってるだけなのでソーっと胸から外してあげても大丈夫。
・・・ということをこちらのラクテーションコンサルタント(授乳の指導をする人)に教わりました。
これは教わって本当に一番役にたったアドバイスでしたね。


そんなわけで、赤ちゃんと手を通じてコミュニケーションを図っている私です。

手は口ほどに物を言う。皆さんのお子さんはいかがですか?

姫の初節句

Posted by Shibuko on 06.2014 パーティー・テーブルコーディネート 0 comments 0 trackback
姫の初節句でした。

初節句は二度目ですが、桃の節句は初めて。
とりあえず、日本から送ってもらった7段飾りはしばらく前に飾ったけれど、息子ちゃんのあまりいかない部屋に飾ってあるので、私たちも普段目に触れず・・・

それじゃぁかわいそうなので、玄関のスペースにお内裏様とお雛様だけ下りてきて頂いて、玄関のお出迎え係りを担当してもらうことにしました。

2014030203.jpg

そして、前日の日曜日にお祝いを、と思ったのだけど、その日は日本にいるときに知り合った友人との久々の再会だったのと、また姫ちゃまはまだ小さくて何も食べられないし、お雛様のこともよくわからないので、簡単にちらし寿司、ハマグリのお吸い物、イチゴミルクのゼリーだけ用意して写真を撮る程度にとどめました。

2014030201.jpg

作ったそばからふとどき者がチラシ寿司を狙いに来る、の図。笑

なんとなく五目ちらし寿司の素を使いたくなくて、結局しいたけを煮含め、錦糸卵、きゅうり、菜の花、いくらをのせた簡単ちらし寿司になってしまいました。

2014030204.jpg

なんだかこのところばたばたしてたわけではないけど、色々家事とかが追いついておらずこの日も即席でテーブルセッティングを決めたので和紙のランチョンマットとピンクのヒヤシンスでシンプルに。

姫は終始寝っぱなしだったので、お祝いというよりは本当に友人との再会を楽しんだ一日でした。
友人一家も子供が二人いるので、息子ちゃんとかれらの子供たちは終始泣きもせず、走り回ったりおもちゃで遊んだりと大忙し。
その間大人たちはのんびりとご飯をたべ、つもりにつもった話をたくさんして、よく話し、よく笑い、友達っていいなぁとお互い頷きあっていました。
私たちより1年先にアメリカにきており、以前は彼らはアトランタ、私たちはノースカロライナに住んでおり、今までに2回ほどアメリカ国内で会ってはいたのだけどそれでもやっぱり頻繁に合える距離ではなかったんです。
でも秋に彼らもボストン近郊に引っ越してきたので、これからはもっと定期的に会えるといいなあ♪

姫ちゃま、盛大なお祝いはまた来年しようね!

Pancake Tuesday

Posted by Shibuko on 05.2014 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
3月3日はひな祭りですが、今年の3月4日は?

マルディ・グラと呼ばれるキリスト教で大事な一日です。
謝肉祭の最終日で『肥沃な火曜日』と訳されるそうです。

日本でもイースターのお祝いがじわじわと浸透しつつあるようですが、そのイースターから41日前に当たる日がこのマルディ・グラと呼ばれ、この日を最後にイースターまでの間はレント(四旬節、受難節)と呼ばれる荒野のキリストを記念する節食や断食期に入ります。
節食をするため家にある嗜好品や贅沢なもの、食材をこの日に使い切るというのが伝統で、キリスト教圏(カトリックだけかも?)ではミルクや卵を使い切るためにクレープやパンケーキを食べる家庭が多いそうです。
英語ではFat Tuesday、Shovre Tuesday、Pancake Tuesdayなど色々呼び名がありますが、わが家ではアイルランドで親しまれているPancake Tuesday(パンケーキの火曜日)という呼び名で、毎年クレープを食べます。
※クレープの事は英語では発祥のフランス語に沿ってクレープという人もいれば、パンケーキと言う人もいます。わが家は後者。
Fat Tuesdayと言ってケーキなどを大手を振って食べる口実にする人たちもいるようですよ。ウフフ。
なんだかキリスト教徒ではない私には『ダイエットは明日から』な1日に見えるのですが。

そんなわが家では旦那さまが張り切って朝からパンケーキを焼いていました。8時には出社なのに、ご苦労様です。
しかも、1番最初の上手に焼けた1枚を息子ちゃんにあげたら、ありがたみのわからない息子ちゃんは容赦無く『パパ、シリアル!』とパンケーキ食べるのを拒否。思わずクスクス笑ってしまいました。

そうして、夫婦二人で朝から甘いパンケーキ!

クレープ・シュゼット(レモン汁×砂糖)
2014030303.jpg
ラベンダー蜂蜜×ライム果汁(使うのはFauchonの蜂蜜。とっても上品なお味☆)
2014030305.jpg
ザクロ×ローズマリー蜂蜜
2014030304.jpg
ザクロ×ライム果汁
ヌテラ(チョコレートヘーゼルナッツ)

・・・などなど。

夕飯ももちろんパンケーキなのでこちらはベーコンやスモークサーモンなどで頂きます。

スモークサーモン×ブルサンチーズ
2014030307.jpg
シェリーでフランべした煮りんご×生クリーム
2014030308.jpg

その他・・・
コニャックフランべのバナナクリーム×ヌテラ×生クリーム
ベーコン×コラード×メープルシロップ
などなど、組み合わせは自由自在。そして一番嬉しいのはこれらすべて旦那さまがお料理してくれたこと!あー幸せ!!
わが家ではパンケーキは旦那さま担当なので☆

それにしてもどんだけ食べるんだか、私たち。笑
一人10枚はいったよな・・・

あー、ダイエットは明日から・・・

今週のお花~ヒヤシンス~

Posted by Shibuko on 04.2014 お花・ガーデニング 0 comments 0 trackback
姫の初節句用に桃のお花は売ってないかな~?と思ってお店にいくも、アメリカではこの時期に桃のお花なんて売ってないんですよね。
そこで初節句のお花は、ヒヤシンスに飾ってもらうことにしました。

2014030301.jpg

ピンクのヒヤシンスなんてまじまじと見たのは初めてかもしれない!
すっごくカワイイんですね。

実は私、このヒヤシンスを買うまで、ヒヤシンスに偏見を持っていてあまり好きじゃなかったんです。
どうもヒヤシンスを見ると小学校の理科の時間を思い出して、あの球根の水栽培の容器に一様に並んだところがダサい、そう思ってました。

でもここアメリカでは結構アレンジにも使われていて意外とかわいい仕上がりのものも多く・・・
なので自分の手で飾ってみたら、あら、カワイイ。
そんなわけで、嫌いな植物から一気に好きな植物にメーターが振り切った感じです。
好きと嫌いは紙一重と言うけれど、まさにそんな感じ。

ちなみにヒヤシンスの花言葉は『悲しみを超えた愛』だとか。

旦那さまに、私がいかにこの花に偏見を持っているか話をしていた時のこと。
賢いけれどめっぽう花にうとい旦那さまにこの花の名前知ってる?と訊ねたら、案の定知らない、と。
でも、ヒヤシンスって言うんだよといえば、「あぁ、ギリシャ神話の?女神に殺されちゃったんだっけ?」と、まさかの博識ぶり。ヒヤシンスの語源がギリシャ神話だなんて知らなかった~。
それで気になって調べてみたところ、ヒヤキントスという美青年がアポロンと楽しそうに円盤投げをしていたら、それをみて嫉妬した西風の神ゼピュロンが風を操り、円盤がヒヤキントスの額に当たり、大量の血を流して死んでしまったとか。その血から生まれたのがヒヤシンスだそうで。

2014030302.jpg

ちなみにこの神様たち、みんな男性だそうで、同性愛なわけですがこの時代はむしろ美しいものとして捉えられていたそうですよ。

まぁ、そんなわけでヒヤキントスは女神に殺されたのではなかったのですがそれでも、お花に興味のない旦那さまともこんな風に話題を共有できるんだなと教えてくれたヒヤシンスさんなのでした。
  

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
6633位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
768位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。