スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

今日から義母が☆

Posted by Shibuko on 30.2013 日記 0 comments 0 trackback
あー寒い!今朝の気温マイナス11度ってどういうこと、しかも雪無しで!?
マサチューセッツの冬は厳しい・・・
ちなみに北海道出身のお友達は、全然けろっとしていてさすがです。

今朝は息子ちゃんが私と赤ちゃんが寝てる部屋に入ってくるんなりニコニコ顏で「かぇりー!」と。。。
おかえり、じゃなくておはよう、だよ息子さんというと、「あかちゃん、はよぉ!」と。
1歳10ヶ月の息子ちゃんのおしゃべりはまだしたったらずですが一生懸命日々吸収していくのでその成長が毎日楽しみ。

そんな11月最後の今日はアイルランドから義母が来てくれます♪
今年はクリスマス時期には義父、義姉も加わり家族でクリスマスを過ごせるのですごく楽しみ。
義母はクリスマスプディングの材料なども持ってきてくれるので、それもいつかご紹介出来ればと。

もう何年もアイルランドでクリスマスを過ごしていなかったので、こうして家族で過ごせるクリスマスは本当に貴重な機会。
そして子供たちにとっても、普段離れて暮らす祖父母と過ごすことは色んな利点があるはず。
息子ちゃんは今年は日本でも祖父と1ヶ月を過ごしたし、両親以外の家族と2ヶ月以上も一緒に暮らせるなんてラッキーだね☆

さてこの1ヶ月、もちろんささいなケンカはあるかもしれないけど、楽しみたいと思います♪
スポンサーサイト

自宅での新生児撮影のポイント

Posted by Shibuko on 29.2013 子育て 0 comments 0 trackback
こちらすべて自宅にて自分で撮影♪
2013112402.jpg
2013112002.jpg
2013112003.jpg

先日、自宅でウェディングドレスを使ってベビ姫を撮影した写真をFacebookに掲載したところ、子供を持つママさんたちからとっても好評で、「一人目のときはそんな余裕がなかった」という声からはじまり、「次の子には私もこんな風にしてみたい」とか「この写真天使みたいで素敵!」といった感想をいただきました。
お友達のみなさま、嬉しいお言葉ありがとうございます♪

私も一人目のときはそんな余裕はなかったクチなので、みなさんの気持ちがよーくわかります!
だから、二人目の今回は自宅でこのような形に踏み切ったわけなんですが。

せっかくそういった反響をいただいたので、どんな準備が必要なのか簡単にご紹介。

<用意したもの>
白いシーツ 2枚 (なるべく大きいもの。うちのはクイーンサイズのシーツ)
チュール、またはレース素材
ビーンバッグクッションまたはクッションなど
一眼レフカメラ
日当たりの良い部屋

とりあえずこれだけあれば撮影はできると思います。

<撮影時期>
生後3〜7日
個人差があると思うのですが、生後数日〜1週間くらいから赤ちゃんは皮膚の薄い皮がむけてきたり、湿疹がでたり色々と敏感。それが治まるのを待つと生後3週間とかになってしまって、産まれたての感じがなくなってしまいます。
ですので、なるべく生後1週間以内がいいと思います。
実際うちの子も生後4日で首のつけ根、7日ごろは胴体や手、顔もポロポロと皮がはがれ落ちてきたので慌てて生後4日の段階で写真撮影をしました。

<撮影時間帯>
・・・日当たりによるのですが、できれば窓から光が目一杯差し込む時間帯。
わが家は南向きの部屋で午前~昼ごろにかけて撮影しました。
ちなみに撮影にかかった時間は準備を含めると2~3時間弱くらいだったと思います。

<下準備>
窓に大きなシーツをかぶせて直射日光が入らないようにします。
そして窓の前に置いたビーンバッグ&床の上にももう1枚シーツをひいてとにかく背景もベビちゃんを置く場所も全体が白くなるようにします。
部屋の温度を暖かくして、赤ちゃんを裸にします。オムツは新しいものに替えましょう。

<撮影時のポイント>
・露光を+にあげる。+1/3か、+2/3くらいで私は撮影しています。
・赤ちゃんを裸にする。産まれたてのピュアな感じが撮れます。
・色々な角度から撮影する。全体がうつる写真でも、足側から撮るか、頭側から撮るか、横から撮るかで全然印象が違います。
・色々なパーツを接写する。赤ちゃんの手、足、目元、まつげなどなど、全体像では写しきれないパーツもとても絵になります。

<写真別解説>
2013112001.jpg
・わが家は白いシーツだけでなくウェディングドレスを使ったのですが、トレーンが長いので、窓際にドレスをかけ、Stokkeのベビーベッドにビーンバッグを置いた上にトレーンをかぶせて撮影しました。
腰に巻いたチュールで実はオムツを隠していますよ。

2013112003.jpg
・こちらは赤ちゃんの全体像で、上のウェディングドレス全体の写真をもっと近づいて撮影したものですが、左下の部分に余白を作っています。
これはバースアナウンスメントのカードなどを作るときなどに、名前を入れたりするのに使うのを想定しています。
私はこれ以外に右上に余白を作ったものも撮影して実際にPicMonkeyを使ってバースアナウンスメント(出産のお知らせ)を作成しました。

2013112002.jpg
・こちらは足の接写。この角度から何も気にせず撮るとオムツが見える角度です。
ですので、ビーンバッグに赤ちゃんを寝かせたら、足の先のほうだけでるようにして、残りの腰から下の部分はチュールや布などで覆って、足以外のものが構図に入らないようにします。

2013112402.jpg
・こちらはウェディングドレスを着た私が赤ちゃんを抱いています。撮影は夫にお願いしました。
オムツが見えないようにキュっとだっこして、ウェディングリングが入るように構図をとっています。
このときは背景は他同様窓にシーツですが、座っているところはビーンバックではなく普通のいすです。こちらもビーンバッグのとき同様余計な色が入らないように白いシーツをかけた上に座っています。

え?出産後にウェディングドレスが着れるのかって?いやいや、まさか・・・ねぇ。
とりあえず着れるとこまで着て、後ろのファスナーは開けっ放しです。ドレス本気で破れるかと思った・・・笑
人生でマックス痩せてたときのドレスを出産後に着るなんてハリウッドスターでも無理だと思いますよ。いや、彼女たちならするのかな・・・。

こんな感じで、ご自宅で新生児の写真撮ってみませんか?
素人の私でもこれだけ撮れるのですから、ぜひ新ママのみなさんも試してみてくださいな☆
そしてぜひ感想をお寄せくださいね♪

ボストン周辺のママだったら、撮影の相談にも乗りますよ〜♪なんちゃって!
素人なので相談相手には力不足かもですが、お手伝い出来ることがあればご連絡下さい♪

※赤ちゃんをビーンバッグの上に乗せたりするときは決して目を離さないでください!万が一埋もれたり、転がって落ちたりしないようにお気をつけください。
赤ちゃんの安全確保はご自身の責任で行ってくださいませ。こちらでは一切責任を負いかねます。

Happy Thanks Giving!

Posted by Shibuko on 28.2013 つぶやき 0 comments 0 trackback
日本はもうすでに今日ですが、アメリカでは明日がサンクスギビング(感謝祭)。
日本のお正月と一緒で、ほとんどのお店がクローズしてしまいます。
そのためわが家も今日は来る連休に備え、最後のお買い物。
といっても金曜にはお店は開くのだけど・・・ただこれもお正月と一緒で年に一度の大セールなので、激しい渋滞や混雑が予想されるのでお買い物にはでたくないんですよね。

なので、今日はTargetと地元のスーパーへ。

連休前日の今日は、お店のレジでもみんな「Happy Thanks Giving!」と声を掛けてくれます。

まだアメリカにきて2年半ですが、この「身の周りのことに感謝をする」祝日は日々何気なく過ごしてしまっている幸せを見つめなおす年に一度の貴重な機会。
改めて、何に感謝するかなと一年を振り返ると、大切なことが見えてくるようで、数少ないアメリカの好きな休日のひとつです。
さて皆さんはこの1年で何に感謝しますか?

Happy Thanks Giving!!

母子手帳の書き忘れ防止

Posted by Shibuko on 28.2013 子育て 0 comments 0 trackback
子供の大事な記録を残しておく、母子手帳。

私も幼い頃に母が記入してくれた母子手帳を、子供が生まれた今、ときおり見返したりしているのですが・・・

母子手帳って意外と記入するページが飛び飛びで、気がついたら記入しなきゃいけない時期を飛び越してた!なんてことがたまにあります。

きっとしっかりママさんたちはそんなことないのかもしれませんが、ウッカリものの私は第1子のときにそんなことがありました。
たとえば、1ヶ月健診のページには記入したけれど、成長曲線は記入してないとか、まぁそんなことです。
特に、ここ海外だと母子手帳は病院では記入してもらえないので(英語版を持っていってお願いすれば書いてくれる病院もあるらしいですが)、すべて自発的に記入しなければなりません。

ですので、今回こそはなんとかちゃんとその時期に記入をしたいと思い、施した工夫がこちら。
2013112701.jpg

工夫といってもたいしたことではないのですが、次の記入欄のあるページにマスキングテープで付箋をつけました。

マスキングテープなら剥がす時にあとも残らないし、自由に付け替えがきくので。
それに、こうしておけばいちいちページを探さなくてもすぐに開きたいページが開けるという利点もあります。

子供が大きくなったときに、なるべく多くの情報を残してあげたい。そしてそこから自分が愛情を受けて育ったと感じてもらいたい。

そんな気持ちで母子手帳の白いページをひとつひとつ埋めています。




メタボ?

Posted by Shibuko on 27.2013 0 comments 0 trackback
くーさま、その下半身は・・・メタボですか?

2013111901.jpg

まだお若いのに・・・。

でもそのたゆたゆさに癒される、氷点下のマサチューセッツです。
本当に寒い。
正直な話、まだ授乳が一定しない私にはその冷気がかなり胸に来ます。針千本刺された感じです。
なのになぜ猫たちは外にでたがるのかが不思議でたまりません。

迷子のパン?~フレンチトースト~

Posted by Shibuko on 26.2013 つぶやき 0 comments 0 trackback
いやー!!寒いー!!
昨晩からかなり冷え込んでるマサチューセッツは昨晩マイナス8度で今は正午近いのにマイナス1度っていうこの寒さ。う~、ブルブル。関東人の私にはこの寒さは未知です。
スキーにいった時くらいしか味わったことないもん!!

さて、そんなことはさておき日曜の朝食は旦那さまがフレンチトーストを作ってくれました。
(おいしくて写真を撮る前にほぼ食べきってしまったので、これは最後の1枚!みすぼらしい写真でごめんなさい!)
2013112401.jpg

ベルギー育ちの旦那さまがふとつぶやきました。

「フランス語でフレンチトーストのことなんていうか知ってる?」

・・・考えてみたことなかったなぁ。

私がぼんやり考えているとNちゃんが「知らない!なんて言うの??」と興味津々。

正解は「Pain Perdu」というそうです。英語で言うところの「Lost Bread(失われたor迷子のパン)」という意味。

そのとき夫婦二人揃って、硬くて食べられなくなったトーストが一人旅に出て、牧場で牛乳の下を歩き、鶏小屋で卵の上を歩いてたら卵が割れてしまい、へとへとになって厨房にかえってきたら太っちょのコックさんに美味しくフライパンにのせられてしまった哀れな迷子パンの物語を想像していました。
あぁ、なんて平和ボケした夫婦なんでしょうか、私たち。。。

でもフランス語でフレンチトーストがなんていうのかなんて考えたことなかったけど、こうやって考えてみると言葉って面白いですね。

と思った日曜の朝でした。

MFAからのクリスマスギフト♪

Posted by Shibuko on 25.2013 ボストンBoston 0 comments 0 trackback
Holidayシーズンが近づいてきて街中がソワソワしてきた今日この頃。
サンクスギビングも来週の木曜に控え、どこに行っても買い物する、人、人、人!!!

サンクスギビングは今年はあまり縁がないかな~と思っているわが家はまだHolidayな感じではなかったのですが、こんなものをもらってはHoliday気分はあがるしかないですよね☆

2013112403.jpg
<メンバーシップを持っているMuseum of Fine Artsから招待券が2枚届きました♪>

わが家では一回2名まで入れるメンバーシップを持っていて、そのランクのメンバーの場合特典として2枚入場券が含まれています。
ですので、夏に友人一家がきたときにメンバー2名プラス入場券を使って4名でMFAの鑑賞に行ってきました。

この冬、義両親が遊びにくるので、そのときはどうしようかな~と思っていたので、このありがたいVIPパスを使って家族みんなでMFAに行くことにしようと思います☆

ちなみに日本や別のエリアからお友達がたくさん遊びに来る方には、このMFAのメンバーシップは大変お得。
年間3回行く機会があればもとも取れちゃいますよ。
私たちは一回2名で入れるContributorなのですが、すでにここ半年で夫婦で5~6回行っているし、お友達や家族が遊びに来たときにも利用したりして、本当にメンバーになっておいてよかったと思っています♪


女子力高し!!

Posted by Shibuko on 24.2013 日記 0 comments 0 trackback
義兄の滞在と入れ替わりに、ノースカロライナより子連れでわが家の面倒をみにNちゃんがわざわざ来てくれています!!本当に日々助かってます~!!こんなお友達を持つなんて本当に幸せ♪

そして毎日一緒にいて、本当に彼女の女子力の高さに脱帽!!

毎日お料理を作ってくれるのだけど、うちの退院後すぐの乏しい冷蔵庫の食材から色んなものを作ってくれたところから始まり、現在は本当に素晴らしい料理を毎日魔法のようにサササっと作ってくれます。

2013112302.jpg
<本日の晩御飯>
ざくろとトマトのサラダなんて、初めて食べましたがもうはまっちゃう!!
(あ、写真の日本酒は旦那さまのですよ!!念のため!!汗)

ご飯を作ってくれる人がいるだけでありがたいのに、さらに美味しくて栄養バランスもよくて、あー、至福。

そしてまた彼女は私のツボをよく心得ていらっしゃるので、手土産には私が以前住んでいたノースカロライナ州ダーラムのおみやげを持ってきてくれました☆
2013112301.jpg
<Guglhuph(グーグルフ)のビスコッティ>

ダーラムは小さな街ですが、雑貨屋さんやカフェ、レストランなどのクオリティが意外と高く、NYや来たほうからアーリーリタイアメントなどで移住する人がとても多いところです。

今回はクリスマスには行列ができるダーラムでは割と古いほうに入るBakery、Guglhupfのビスコッティと私の好きな雑貨屋さんParker and Otisでベビちゃんグッズをお祝いにと用意してくれました~☆
本当に嬉しい!

世の中には、本当に出来る素敵女子がいるんだなと、Nちゃんを見てると感心してしまいます。
彼女といると私も見習わなければ、といつも心が引き締まります♪

ボストンみやげ~ローカルプロダクト編~

Posted by Shibuko on 23.2013 ボストンBoston 0 comments 0 trackback
病院から戻ってここ数日間まともに家を出ていないので、もっぱら私の生活は授乳とオムツ替えと子育てネタばかりなのですが、せっかく引きこもってるのでこの機にいくつかたまっていたボストンみやげになりそうなアイテムをご紹介♪

先日、記念日ディナーの食材をSavenor’sケンブリッジ店に買いに行ったときに、地元プロダクトが数種類置いてありました。

McCrea's Candiesのキャラメル、Taza Chocolateのチョコレート、Boston Honey Companyのリップクリーム。



fc2_2013-11-22_21-34-25-105.jpg fc2_2013-11-22_21-36-02-296.jpg
<McCrea’sのキャラメルとBoston Honey Companyのリップクリーム>

McCrea'sはボストン郊外南西部のHyde Parkの会社で、自然素材を使った手作りキャラメルを販売しています。
Boston Honey Companyは本業はもちろんハチミツ屋さんですが、ビーズワックスで作ったキャンドルやリップも作っているようです。
Tazaチョコレートはボストンとケンブリッジに隣接するSomervilleに工場がありメキシコ風チョコレートを製造販売しています。Tazaは以前工場見学へ行ってきたので興味がある方はこちらの記事も合わせてどうぞ♪

記念日ディナーの食材を買うのに手いっぱいで、キャラメルもリップクリームもまだ試してみていないのですが、次に目にした時にはぜひ試してみたいと思います。
上記の商品はSavenor’sのケンブリッジ店に置いてありましたがボストン周辺で買えるお店はいくつかあるようですよ。

そしてこちらはSpindrift Soda。Charlestownにベースを置く会社で濃縮還元やコーンシロップを使わない新鮮素材で作られるソーダです。
fc2_2013-11-22_21-37-00-232.jpg

初めて飲んだのはボストン美術館(通称MFA)のカフェテリアで、近くのテーブルに置かれた綺麗な色と弾ける泡に惹かれて注文したのですが、素材の新鮮な甘酸っぱさと媚のない甘さが印象的でした。
そして、その同じ日に行ったTazaチョコレート工場のイベント会場で、試飲会をしているのを見つけてボストン周辺の会社だと知りました。

ソーダは瓶入りで重たいし割れる可能性を考えたら日本向けのお土産には向かないけれど、州外のお友達の家にいったりする時には車に積んでぜひ持って行きたい飲み物です。
特に私たちの世代だと、授乳中のママだったり、実は妊娠初期でお酒を控えているけれど周りには伝えてなくてお酒をあからさまに断りにくいなんていう女性もたくさんいるので、さりげない気遣いとしても美味しいノンアルコールの飲み物ってありがたいですよね☆

ボストン周辺には探したらもっと色んなプロダクトがありそう!
こういうのって、宝探しみたいでなんだか楽しい〜、ウフフ♪



うぅ~・・・消されたぁー

Posted by Shibuko on 22.2013 つぶやき 0 comments 0 trackback
今回の出産体験記をまとめようと思って書いてたら息子ちゃんにパソコン落とされた~!!!
かなり長く書いていたのにぃー・・・!!!

いつもパソコンの近くにやってきてはキーボードを触ったりマウスを触ったりするので、OFFにしておくのですが。
どうやらその裏をかいたよう!!

キーボードもマウスも動かないから、パソコン本体の光ってるボタンをぽちっとな。・・・あぁぁぁぁぁ。
保存しておけばよかったと思うのも後の祭り。

はぁー、気分が落ち込むので昨年のフランス旅行の写真でも眺めて、気分を上げることに。
2012072602.jpg
夫の姉の結婚式でフランスのラデュランティというところにあるお城に滞在。田舎町の小さなお城なのでごてごてしておらず、お屋敷といった佇まいですが、名前にはChateauとついているのでれっきとしたお城なのです。

2012072601.jpg
時期は7月でラベンダーが咲き誇っていました。

2012072603.jpg
シャンパンタワーで乾杯☆

2012072604.jpg
チーズ好きの二人はチーズケーキならぬチーズタワーでケーキ入刀したんですよー。


はぁー、今度はベビちゃんがお腹がすいたそうで・・・忙しいなぁ。
そんなわけでこの辺で。そのうち、このフランス旅行のこともかけるといいなぁー。

自宅にて赤ちゃんの写真撮影

Posted by Shibuko on 21.2013 子育て 0 comments 0 trackback
退院して2日。

前回の出産よりもだいぶ体は楽で、今日は自宅にてベビちゃんの新生児写真撮影。
アメリカは生後1週間くらいのときに写真を残しておくのがかなり主流でこの時期だけしか撮れない貴重な瞬間が残せるんです。

前回のときは生後3週間くらいと、かなり大きくなってしまって思ったような写真が撮れなかったので今回は自宅で撮影。

女の子が産まれたら絶対にしたいと思ってたイメージで撮ってみました。

2013112001.jpg

結婚式のときに購入したウェディングドレス。
この上に赤ちゃんをのせて写真を撮りたいな、と出産が近づくにつれずっと考えていました。

プロの写真にはかないませんが、かなりイメージに近い写真をたくさん撮ることができ満足している今日この頃。



待望の女の子がわが家に

Posted by Shibuko on 19.2013 日記 0 comments 0 trackback
週末に無事出産をおえて家に戻ってまいりました。待望の女の子がわが家に仲間入りです。
もちろん最初から期待は込めていたもののやっぱりベビーベッド女の子用にしておいてよかった。笑

2013111801.jpg

少し懸念していた息子ちゃんの赤ちゃんへの反応も全く問題なく、むしろ思っていた以上に嬉しそうな反応を示してくれて今のところ、ひと安心。
そして出産自体も数時間のきつい陣痛を除けばとっても楽な出産でした。
産後の病院生活もとても快適で思った以上にのんびりできてなんだか少し肩透かしをくらった感じです。

2013111804.jpg
猫たちも新しい家族の仲間入りに興味深々。
2013111805.jpg
中が見たくて仕方のないくーたん。
2013111806.jpg
門番?母親代わり??のけむちゃん。

新しいベッドの寝心地はどうかな、お姫様?
2013111802.jpg
<生後2日目>
大切に大切に育ててあげるよ~♪
わたしたちの元にやってきてくれてありがとう☆

ぬくぬく

Posted by Shibuko on 17.2013 0 comments 0 trackback
ソファに埋もれるけむたん・・・。

2013111401.jpg
にゃむにゃむ、フリース、ママみたいで暖かいニャ。
2013111402.jpg
ふみふみ。
2013111403.jpg
こてん。

2013111404.jpg
のびー。

もうマサチューセッツの朝晩は冬並みでだとけむたんが教えてくれます。

チョコレートシュークリームを作りながら

Posted by Shibuko on 16.2013 日記 0 comments 0 trackback
予定日過ぎて1日目。
お義兄さんも無事到着して、今日は金曜だし夫も家で仕事をするとのこと。

はて何をしようかなと考えて色々やりたいことはあったのだけど、会話が間違って購入した冷蔵庫の中の卵30個のことに及んだ時に、じゃあレリジューズ(二段重ねのシュークリーム)を作ればという事になったので、とりあえずそうしてみることに。
(夫も義兄もこの手のお菓子が好きみたいなんです。)

作り始めてしばらくするとなんだか赤ちゃんが一生懸命下に下に向かう力が・・・。
もういつでてきても構わないから生地を混ぜながら「頑張れ、赤ちゃん!」といいながらシュー生地やカスタードをつくっていました。

まぁ、きっとのんびり出てくるだろうと思っていたので今日のうちに陣痛になるとは最初は全然思っていなかったのだけど、なんだか段々間隔が狭まってきて・・・、あれ、もしかして陣痛かも?と思い始めたのは最初の下に下に攻撃から約2時間後。感覚が20分おきくらいだったのでもしや、と。

でもひとりめの時よりだいぶ痛みは楽というか、深呼吸と湯たんぽ当てて横になってると痛み逃しが楽。
多分、はたからみたら陣痛ってわからないんじゃないかな?

陣痛と気付いてから今で約4時間なのだけど今病院に行くことになると渋滞にはまって苦しい思いをするのは目に見えてるので家でのんびり過ごしてます。

アメリカでは病院に行くのは5分間隔になってからが普通なので、家にいる時間もそれまでならもうちょっと引き延ばせそうだからね。

そしてこの3時間でしたことと言えば、レリジューズではなくチョコレートシュークリームに変更して完成させて、今朝自然乾燥でパッサパサだった髪をブローして顔色を隠さない程度に顔を整えて(出産後の写真は一生残りますからね!)、しばらくとっていなかった家族3人の写真を義兄にとってもらい、荷物の最終確認、そして紅茶を飲みながらチョコレートシュークリームを頂きました☆


まだ病院に行くまで時間が少しだけありそうなので、旦那さまには息子ちゃんをお風呂にいれてもらって、あと息子ちゃんの服が残り少ないので洗濯機をまわしてもらったり、梅干おにぎりをつくってもらったりしてます。

思うのは一人目の時は家の中ぐーるぐーるぐーるぐーる回ってたけど(おそらく10時間くらい)その時と比べると全然違うなぁと。
お産はそれぞれ違うとは言うけれど、今まさにそれを実感中です。

さてさて、あとはビデオで息子ちゃんの最後の一人っ子の様子を録っておこうかな?

そんなわけなので、こちらのblogは数日間だけ休憩させてもらうことになるかと思いますが、また病院から戻ったら再会したいと思います☆

念願のStokke Sleepi♪

Posted by Shibuko on 16.2013 子育て 0 comments 0 trackback
予定日数日前にしてずっと欲しかったStokkeのSleepiを購入しました♪

かわいいデザインが気に入ってずーっとずーっと欲しくて、でも定価だとアメリカでもかなり高いんですよね。
日本ほどではないけれど。

なので、アメリカの中古品売買掲示板のCraigslistで春先から狙っていたのですが、やはり人気があるようで出ては消え、出ては消え、なので夏ごろは半ば諦めていたのですが・・・


数日前に念願叶ってわが家にやってきてくれました☆
ベッドバンパーも、たまたま私の好きなDwell StudioのをCraigslistに出している方がいたので同時進行で押さえました!

まるっきり女の子のベッドですが、これで男の子だったら笑える。
もちろん産まれるまでわからないのだから仕方ないし、産まれてもなんら変える気もないママちゃんですけど!

くつしたさんの白い手袋。

Posted by Shibuko on 15.2013 つぶやき 0 comments 0 trackback
自宅でお義兄さん待ち。わくわく。旦那さまが息子ちゃんを連れて空港までお迎えに行ってくれたので、家にひとり。
まだ妊婦の私。
今日も車を運転して、車の修理に行き、友人宅へ遊びに行き、アジア系スーパーで買い物。
日本だったら予定日の妊婦がそんなことをしてれば周りから過敏に反応されそうだけど、ここアメリカはあまりうるさく言う人がいないのが気楽。大変なこともあるけど、どう捉えるか、そのバランスが大事ですよね。

ちょびっと時間が空いたので、近頃のくーさまを。

「あー、よっこらしょっと。」
2013110215.jpg

「今日も忙しいなぁ。僕の手袋白いからなぁ。」
2013110214.jpg

「あー、手袋白いって大変だよなぁ。お手入れ毎日だもんなぁ」
2013110210.jpg
2013110211.jpg
2013110213.jpg

くつしたさん、あなたの手袋白すぎてもはやもう見えません。太陽の光に同化してますよ。
もうその辺にしといたら!

ちなみに、くつしたさんは白い手袋と靴下を履いていて、さらに白い三角形のスカーフを首に巻いているのがトレードマークなのです♪

アメリカンサイズの調理器具

Posted by Shibuko on 14.2013 つぶやき 0 comments 0 trackback
でーん。

2013110801.jpg

ん?何が??

これだけじゃわかりにくいなぁ・・・。
アメリカンサイズをお伝えしたいんですが。

2013110802.jpg

手前にあるのが、ご飯とお味噌汁のお碗、それと通常の計量カップ1カップ分(それでも日本よりひとまわり大きい250cc)です。

左の牛乳は約4L、右の青い目盛りのカップは4カップ、ボウルはもはや何センチかわからない、たぶん直径70cmくらいのボウルです。

こんなのを使いながら大量のスコーンやパンを作るわけです。
そりゃ、アメリカ人大きくもなるって・・・。笑

と、ふと思ったのでのせてみました。笑

明日からお義兄さんが遊びに来てくれる♪早く明日になぁれ☆

いつぞやのCape Cod旅行続編

Posted by Shibuko on 13.2013 ボストンBoston 0 comments 0 trackback
今朝は小雪がチラついたマサチューセッツ州。日も昇る前の早朝にかるーい陣痛に2時間ほど悩まされたShibukoですが、まだベビちゃんは出てくるつもりはないらしいです。というか、あと数日だけ待ってね!お義兄さんくるから!!となんとかいっぱいお願いしたのですが・・・。

さて、そんなわけで少し手持ち無沙汰なので、ちょっと前にいったCape Cod旅行のことについて書き終えてしまおうかと。前回、滞在中にちょこっとだけレストランを紹介してそのままその翌日のことをほとんどUPしてなかったことに気づいたので。
そのときに行ったカフェだけがどうしても紹介したかった、ということもあり続編です。
(結局食べることばっかりなんじゃん。笑)

Cape Cod2日目。

前日は夜7時過ぎにCapeについて、夕飯をローカルのおいしいと評判のレストランに行ってきました。
ほとんどCapeを見られなかったので、この日は午前中少しゆっくり目にスタートしてBrewster周辺を散策することに。

2013100501.jpg

このときは貸し別荘に宿泊していたので、朝ごはんは友人夫妻の旦那さんが朝食を作ってくれました♪Egg Toastというのだけど、旦那さんのオリジナルレシピで、バターでやいた卵焼きの上にトーストを載せるシンプルなレシピなのだけど、バターと卵とトーストの微妙な絡み具合がとっても素晴らしく3枚も頂いてしまいました。エヘ♪
息子ちゃんは友人の姫君と楽しく朝からかけまわっていました。とっても微笑ましい♪

窓から外を見ると木に赤い実がたわわになっていました。気になって友人になんの実か訊ねると、どうやらBeach Plumという木だそうです。
2013100502.jpg

2013100503.jpg

家でのんびりした後は、友人の旦那さんのご両親が住むおうちへ立ち寄りました。
この旦那さんのご先祖にあたる方は、かつてニューヨークに大きな土地を持っていた資産家だそうで今ではニューヨークではありませんがご両親は、この高級リゾート地のCape Codの海の見えるお家にお住まいなのです。プライベートビーチもあるんですよ。海の見える家なんて憧れちゃう☆
2013100504.jpg

せっかく海の近くの閑静な住宅地まできたので近くの湖と海辺を散歩してきました。
Cape Codはとっても穏やかなところで、友人曰く「世界で一番安らかに昼寝ができるエリア」だそうです。笑
歩いてみるとこの辺りは流れる空気がとても穏やかで騒音も少ないので、友人がそういうのもなんとなくわかる気がしました。

徒歩で散策した後は観光地とショッピングを少々。
昔コーンミルがあった場所を訪れた後、調理器具をたくさん置いている雑貨屋さんへ行き色々なものをお買い上げ。
Cape Codにいるので、クランベリーチョコレートも忘れずに・・・。

そして、この日のメインイベントともいえるべく!!
友人一押しのロブスターロールがおいしいカフェThe Sesuit Harbor Cafeへ☆
2013100505.jpg

席はほぼ全席海辺の屋外という条件にもかかわらず、普段は1時間以上待つことがほとんどだというこのお店。
私たちが行ったときはちょうど運よく、お昼のピークが過ぎたあとで、それほど待つことなく注文をすることができました。
2013100506.jpg

注文は男性陣にまかせて、私と友人は外のお席を取りにいくとこんなお友達がのんびりしていました。
2013100507.jpg

注文してから待つこと約20分。(思ったよりも長く待ちました。)
ジャーン☆ロブスターロール(コールスローとフライドポテトつき)。およそ17ドルだったと思います。
お値段は少々高めですが、そのかわりロブスター丸々1匹入ってるのが間違いないような肉のつまりかたでした!!
2013100508.jpg

わが家の旦那さまは蒸しロブスター。
2013100509.jpg
こっちもかなり立派でしょ!?これで、16ドル。ロブスターロールより安いんだからすごいよね!

ちなみに普通ロブスターはレストランなどで食べると、最低でも40~50ドルはとられる高級料理。
ここの値段がどれくらいかわかってもらえるかな!?

新鮮なロブスターをのんびりしたCape Codの海を眺めながら頂きました。
とーっても甘みのあるロブスターで非常に美味しかったです。

いつもながら美味しいレストランを紹介してくれる彼女には感謝!かくいう彼女はロブスターにアレルギーがあるそうでビーフハンバーガーを食べていたのですが・・・。

この後は友人たちもノースカロライナへ飛行機でかえらなければならず、あまり時間がなかったので私たちも友人の御両親にご挨拶をして帰ることにしたのですが、まぁそんなわけで24時間にも満たない短い滞在でしたが、おいしいごはんを3度も食べられて、心許せる友人と過ごせた時間はとても充実したものだったので短い滞在もまったく苦になりませんでした。

でも次回はもう少し長く滞在したいかな?

友人たちはご両親に会いに頻繁にCapeへは来ているので、私たちもまたそれに便乗させてもらって今度は数日間滞在することにしたいと思います♪

The Sesuit Harbor Cafe、本当におススメですのでぜひCapeのこの辺りへ行く方がいらっしゃったら足を伸ばしてみてくださいね☆



ノースカロライナから友人の来訪♪

Posted by Shibuko on 12.2013 日記 0 comments 0 trackback
今日はノースカロライナにいた頃の夫の同僚が仕事帰りに家に遊びに寄ってくれました♡

彼女に会うのはもう8ヶ月ぶり!
それでも会えばあの頃のままで、とっても楽しい時間を過ごしました。

以前は夫婦揃ってお互いの家を行き来する仲で、その度にお互いの家に泊まって深夜遅くまで飲み明かして映画を観て過ごしたりしました。
キャンプに行って、みんなで岩に寝そべって星を見たり、家の庭でキャンプファイヤーをしながら流れ星を見たことも・・・☆

今日は出張だったので旦那さんは来れなかったけれど、和食でおもてなし。
なるべく家庭料理でもてなしたかったので、メインはトンカツにインゲンの胡麻和え、中華春雨に大根と油揚げの味噌汁。
そして、やっぱりマサチューセッツまできてもらってるし、茹でロブスターも前菜に。

いつもは体型維持の為に食べる量を制限している友人がおかわりしながら食べてくれるのを見てるととっても気持ちが良いです♪作ったかいがあります。
とっても魅力的で温かな南部訛りでしゃべる典型的なノースカロライナ人の彼女は、日本のことにもたくさん興味を持ってくれるので、いつも何か新しい料理を食べさせたくて、色々と作ってしまいます。

また彼女たちと気軽に交流できる距離に暮らせたらいいのにと、少しノースカロライナシックになってしまった月曜日の夜。

オレンジケーキの作り方

Posted by Shibuko on 12.2013 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
オレンジケーキの作り方。

☆オレンジ風味スポンジケーキ 15cm
<材料>
・卵 2個(100g)
・グラニュー糖 55g
・薄力粉 60g ※バイオレット使用
・オレンジの皮と実 1個分(約5g)
・バター 15g
・オレンジジュース 5g

<作り方>
1)型紙をセット、オレンジの皮をすりおろし中の実を取り出し、オーブンの予熱、湯せん用の鍋(大小)2つを用意してお湯を沸かし始め、薄力粉を振るっておく。
2)バターを湯銭にかけ液体状に溶かす。
3)卵とグラニュー糖をボウルにいれ、ミキサーの低速で混ぜ始める。少し混ざったら大きい湯せん用の鍋にかけながら高速で5分程度混ぜてしっかり泡立てる。生地の温度は55℃くらいまであげても大丈夫だが上がりすぎたら火からおろし温度を調節しながら泡立てる。
4)ミキサーをもちあげて生地を落としたときにリボン状になるようであればオレンジの皮をいれて低速にして2分ほど混ぜる。
5)工程4のボウルに振るった薄力粉を3回に分けて混ぜる。ボウルを回しながらきるようにして泡をなるべくつぶさない。
6)溶けたバターにオレンジジュースを入れ、工程5のボウルにへらを伝わせながらいれ、さっと混ぜる。バターが底に沈まないように気をつける。
7)方に流しいれ、少し高さのあるところから落として余計な気泡を抜く。
8)180℃で20分ほど焼く。
9)串などをさして何もついてこなければ焼き上がり。
10)少し型にいれたままにして冷めたら型からだしさらに粗熱を取る。

2013110502.jpg
<焼き上がりはこんな感じに。すりおろした皮が入っているので、多少色むらがあるけど特に問題はなし。>

2013110504.jpg
<高さ約5cmのスポンジのできあがり>


☆オレンジフロスティング
<材料>
・バター 15g
・粉砂糖 1~1.2カップ
・オレンジジュース 10g
・オレンジリキュール 大さじ1~2(お好みの量で。大さじ2はかなーりアルコールがきついですがわが家の旦那さまはそれがお好みなので!)

<作り方>
1)ボウルにバターをいれすりまぜ、クリーム状にする。
2)粉砂糖を1/3加え混ぜたら、オレンジジュースとリキュールを少しずつまぜ、固さの様子をみながら同じように粉砂糖と液体を順番に混ぜていく。好みの固さになったところでやめる。(液体は使いきらなくてもOK)

☆オレンジ生クリーム
<材料>
・生クリーム 300cc
・グラニュー糖 30g
・オレンジリキュール 大さじ1~2(こちらも大さじ2にすると本当にきついですのでまずは小さじ1からはじめても!)
<作り方>
1)生クリームとグラニュー糖をボウルにいれ、ミキサーで初めは低速からだんだん高速に変えながら混ぜる。
2)4-5分立てくらいになってきたらオレンジリキュールを加えて、7分だてになるくらいまでまぜる。

☆オレンジアンビバージュ
<材料>
・水 50cc
・砂糖 15g
・オレンジリキュール又はオレンジジュース 大さじ1(これも小さじ1からはじめてください!)
<作り方>
水と砂糖を小なべに入れ火にかけ、砂糖がとけたらオレンジリキュールまたはオレンジジュースを加えて混ぜ合わせる。

☆オレンジスポンジケーキの組み立て方
1)完成したスポンジケーキを3枚にスライスする。
2)1段目はアンビバージュをし、オレンジフロスティングを塗る。
3)2段目を重ね、上から少し押さえ、アンビバージュを塗り生クリームを薄く塗る。
4)最初に取り出しておいた実の1/3~半量(実崩れしたものがあればそちらを優先させて使う)を真ん中をさけながら放射状に置いていく。あまり実の高さがあるようであれば半分にスライスしておくとよい。
5)オレンジの上に生クリームをかぶせ、スポンジをのせ上から少し押さえる。
6)はみだしたクリームを側面になでつけて、3段目に薄く生クリームを塗って冷蔵庫で10分ほどおく。(あとでデコレーションしやすくなります。)
7)残りの生クリームを使ってデコレーションしていきます。まずは3段目の上にクリームをのばし表面をならし、横に落ちたクリームをナッペしていきます。
8)全体にクリームが塗れたら、取っておいた実を乗せて、好みのデコレーションを施しできあがり。(私はオレンジの実以外にコンフィにしたオレンジチョコをのせざくろをあしらったあと、まわりを生クリームで囲みました。)

2013110510.jpg
<完成品はこんな感じで。>
(ナッペがまだまだ下手な私ですが、上手な方がすればもっときれいにできるはず!)

2013110514.jpg
断面はこんな感じです。
上段のオレンジはみえてませんが、フレッシュの果実が隠れています。


オレンジフロスティングを入れるとかなりしっかりしたオレンジの風味がきくので、これを1段目にいれるのが味のしっかりしたケーキになるポイントです。
生クリームだけだと、ただのオレンジのショートケーキという印象です。


こちらのレシピお役にたちましたら感想コメントいただけると幸いです♪

オレンジケーキに燃やす闘志!

Posted by Shibuko on 12.2013 日記 0 comments 0 trackback
昨日書いたお誕生日用に旦那さまからリクエストがあったオレンジケーキ。どんなケーキにするかとーっても悩みました。

というのも、旦那さまが言っているオレンジケーキとは旦那さまのお義母様が作るスポンジケーキにオレンジのアイシングというかフロスティングが塗ってあるタイプ。
イメージとしてはバターケーキみたいな感じかな?重ための生地に、甘ーい粉砂糖から作る砂糖のクリームがかかっているんです。
私はどうもこの甘さが慣れなくて、正直自分自身が食べたくない。となるとこのレシピは使えない。
で、日本語で『オレンジケーキ』で検索するとパウンドケーキのようなものが多く出てきて。要するに、ベイキングパウダーで膨らませるスポンジ。その上、デコレーションケーキではなくオレンジのコンフィを上にのせたどちらかというと地味なタイプ。

せっかくのお誕生日なんだから、ちゃんと可愛く飾れて、中はフワフワででもしっかりオレンジの味がするケーキが作りたいんだよなぁ、と数日間悶々。
じゃあ、オレンジ味のスポンジに生クリームでデコって見る?とも思ったのですが、旦那さまにはきっとそれじゃ軽すぎて満足してもらえないだろうなぁ・・・とも。なんせ旦那さまのイメージはお義母さまが作る重いアイシングケーキなのだから。

だったら、悩まずお義母さまのレシピを使えばいいじゃないかと思う方もいるでしょうけれど、でもそれじゃ私の創作意欲が満たされない!っていう自分勝手な理由からくる悩みなんですよね。

まぁ、最終的には旦那さまに喜んでもらうのが目的なので、結局試作品を作って旦那さまの意見を聞いてみることに。
出張から夜遅く帰ってきた旦那さまをとっ捕まえて、ケーキの味見してどっちが好みか聞かせてー!って、誕生日の前日夜11時の事。
2013110505.jpg
<左がアイシング、右が生クリーム>

で、結局帰ってきた答えは、生クリームのほうも甘すぎなくて悪くないけど、アイシングケーキのおうがオレンジの味がしっかりしてて好みということ。
・・・お義母様の勝利。。。ガックリ。やっぱりそうなのね!おふくろの味がいいて言うんでしょー!
でもそんな事でめげる私じゃないもん!ヘコタレナイもんね!と変な闘志を燃やしてみたり。
全ては自己満足のため!!


とまあそんな経緯があって、苦労して結局自分でアレンジをして出来上がったのがこちら。
2013110510.jpg

作り方はこちらに。

最終的にどうなったかというと、オレンジゼスト入りのスポンジにコワントローが入ったシロップでアンビバージュして、1段目はオレンジアイシング、2段目にコワントローが入った生クリームとオレンジの果実を挟んで、全体を生クリームで覆って生のオレンジとコンフィにしたチョコオレンジでデコレーション。彩りと少しの酸味を出すためにザクロをあしらってみました。

旦那さまには、「オレンジの味がしっかりしてて美味しい。お酒もたっぷりだね」とニンマリして十分満足していただけたようです。私のデコレーションはまだまだですが、味は甘すぎず、でもしっかりとオレンジが主張をしてくれて、思い描いていた味に仕上がりました♪

まさか、このように自分で試行錯誤をしてケーキを作る生活なんて数年前までは想像もしていませんでしたが、専業主婦、海外暮らしっていうのはやはりライフスタイルまで変えるものですね。

今日の手作り~誕生日祝い~

Posted by Shibuko on 11.2013 手作り 0 comments 0 trackback
今週の手作りは誕生日カードとフラッグガーランド。


カードは先週記念日用に作ったカードと基本は一緒で、窓枠の大きさを変えて、ガーランド風にしただけ。
残念ながらHappy Birthdayのアルファベットスタンプをするにはガーランドが小さすぎたので、その部分は手描きのレタリング。
久々にやったなぁ、レタリング。中学校の時の教科書引っ張り出してきちゃって。笑
真ん中の数字はスタンプです。

2013110507.jpg
こちらがガーランド。先にカードのほうでガーランドを使用したので、じゃあ飾りも、ってことで急遽手作りしました。
2013110509.jpg
所要時間は1時間くらいだったかな?

厚紙を好みの2等辺三角形(今回は10×18cmくらいかな?)に切って布をその大きさで切ります。
私は今回4種類の布を使いました。布の枚数は全部で20枚くらいきりました。
それとバイアステープも用意。(これも今回はあまり布で手作りしました。)

布は端の処理が面倒だからジグザグハサミで裁断。こうすればいちいち布の表裏合わせて縫って裏返す手間が省けるので。

後は好みの順番に布を2枚に重ねて並べてまずは仮縫いでダーっと縫っていきます。
隣り合った布と布の間はいちいち糸を切らないでね。どんどんつなげて縫っていきます。
その後、バイアステープをつけて本縫い。
多少曲がったり、布がずれてたりするけどそれもご愛嬌。

作り方を探してみたところ、布をいちいち縫い合わせ裏返し、そして間隔を2cmずつくらいあけるようなものが多かったのだけど、いちいち間隔測って縫うのも手間だしね。
なので私はこの方法でやってしまいました。

そして、2枚の布の端を縫いたければ三角形に縫ってもいいけれど、このぴらぴら感が私は気に入ってるし、糸も余計に使わなくていいので、切りっぱなしでバイアスでつなげただけの感じです。

どうせ近くで見るものでもないし。テヘ。あー、手抜き手作りバンザイ☆

しばらくここに飾って飽きたら子供部屋に移して彩りを添えてもらおうと思っています♪
ちょっと女の子っぽい柄だけど、文句は言わせない!笑

朝もはやからスコーンを焼く

Posted by Shibuko on 10.2013 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
昨日と今日はスコーンを焼きました。

2013110803.jpg

出産後にも手作りのものを作れるように大量に作って冷凍しておきます。
プレーン、レーズン、パンプキンの3種類。(写真はレーズンの焼き上がり。)

多少お腹に収まったものの、ミニスコーン20個以上は冷凍できました☆

無事終わったお誕生日

Posted by Shibuko on 09.2013 日記 0 comments 0 trackback
先日から懸念してた第二子の出産予定と旦那さまの誕生日祝い。無事かぶらず終わりました~!!!

あーよかった!

今年は旦那さま、30代半ば、人生折り返し地点の年だったので手を抜くのも憚られ、集中力を大変欠く臨月のしかも予定日1週間前にもかかわらず頑張りましたよ〜!
「赤ちゃん、まだ出てきちゃダメだよー。」って話しかけながら。

今年のバースデーの旦那さまからのリクエストはチキンファヒータとオレンジケーキの2点。
2013110511.jpg
ファヒータだけじゃ物足りないから、ガッカモーレとマンゴーのサルサ、それからコビトちゃん用に辛くないシュリンプのファヒータ風を追加。

2013110512.jpg
チキンファヒータは初めて作ったにしては上出来でした。自分でいうのもなんですが。。。
マンゴーサルサもガッカモーレも贅沢に山盛りにしたら、さらに味にパンチを効かせてくれたので作って良かったです♡

2013110513.jpg

そしてオレンジケーキは正直言ってかなり苦労しました。
なかなか好みのレシピが見つからず、結局自分でスポンジの配合を決めて、ほかのレシピをいくつか組み合わせて作りました。
苦労したかいもあり、仕上がり、評価は良かったですよ。アルコールの量さえ除けばね。笑
旦那さま好みにするのに、コアントローを大量投入したので、アルコールに対する免疫が妊娠ですっかり抜けてる私には一口たべるだけで「ひゃっほうぅ〜!」と言いたくなるくらい『大人』な味でした。笑
旦那さまの実家ではお義母様がクリスマスの時期にトライフルを作ってくれるのですが、これまたアルコールがメインかというケーキなのです。スポンジをどっぷりアルコールに浸したような。
思わず自分で作ったケーキを作った時にも「お義母さんのトライフル食べてるみたい」と呟いたら、旦那さまは「いいんじゃない?」と微笑んでいました。
すっかり私もアイルランドの気質に毒されていますね。(アイルランドは酒飲みが多いんですよ)

カードもまた簡単に手作りしてみて、それにあわせて窓にもフラッグガーランドを家にある端切れで作ってみました。
2013110508.jpg
2013110509.jpg

やっぱりイベントって楽しいなと思う今日この頃。
来年からは怒涛の3週連続イベント続きになるから、気合いいれるぞ〜!
と、今から出産よりもそちらに闘志を燃やす39週妊婦のShibukoでございます。

タラゴンの使い方

Posted by Shibuko on 08.2013 料理 ハーブ 0 comments 0 trackback
先日の記念日ディナーで使ったタラゴン。
初めて使った種類で他に使い方がわからず、冷蔵庫でだんだんとしなびていくのがもったいなく、一念発起でタラゴンの使い方を色々と調べてみました。

タラゴンにあまり馴染みのない方も多いと思いますが、アニスのようなスモーキーな甘みとが特徴で、たぶん好みが分かれるタイプの味ですが、バランスよくほかの食材と混ざると信じられないくらい食材に深みを与えてくれるハーブです。

記念日ディナーのカニとアボカドのカネロニのカニ肉と和えて使ったのですが、ただのカニ缶が全く別次元に引き上げられたような感じです。

今回色々と調べてみて、相性の良さそうな食材は下記の通り。

タラゴン × トマト
*トマトとタラゴンのスパゲティ
*トマトのローストとタラゴンのスープ
*スローローストトマト、生ハム、タラゴンのタルト

タラゴン × 鶏肉
*タラゴンとチキンのサラダ
*ローストタラゴンチキン
*甘辛ローストチキンのパイナップル&タラゴン添え
*ゆで鶏のタラゴンとグリーンピース添え

タラゴン × 魚介類
*タラゴンシュリンプスカンピ
*サーモンのタラゴンヨーグルトソース添え
*帆立とネギとタラゴンのスパゲティ

タラゴン × フルーツ
*プラムのスパークリング、黒胡椒、タラゴン煮
*プラム、ラズベリー、タラゴンのスープ
*根菜とオレンジ、ジンジャー、タラゴンスープ
*タラゴンクリームのグレープフルーツタルト

タラゴン × 飲み物
*タラゴンレモネード

これは調べてみたもののほんの一部ですが、アメリカではこのようにタラゴンが様々な料理に応用されているようです。
日本語でレシピを検索すると、チキンとタラゴンの組み合わせはよく見かけるのですが、ほかの食材はなかなか出てこなかったというのは、やっぱりハーブという食文化の根付き方の違いでしょうかねぇ。

今回余ったタラゴンで挑戦してみたのは、簡単なところからチキンとの組み合わせと、トマトとの組み合わせ。

家に週末に買ったローストチキンの余りがあったので、単純にタラゴンを生クリームの中で味を出してチキンを和えただけ。

これが驚くほど美味しかったです☆
すっごく簡単なににレストランで食べるような味になったのはやっぱりハーブに慣れてない初心者な私には珍しい味だったからでしょうか。笑

2013110501.jpg

そしてこちらがトマトとタラゴンのパスタ。残りのタラゴンが少なくてあまり写真には写ってないんだけど。。。
2013110506.jpg

なんだか食べてたら、日本の何かの食材に似てるなぁ・・・とぼんやり思ったんです。
あぁ!木の芽。

アニスといわれてもなかなかピンときませんが、木の芽といったら味の想像がつく方がおおいかな?
そんな独特の香りのタラゴン。

トマトとの相性もなかなかでしたよ♪ただ、味をうまくまとめるためには塩を少々多めに振るのと、パルメジャーのをたくさん入れてあげるのをお忘れなく。




バッタさん見つけた。

Posted by Shibuko on 07.2013 0 comments 0 trackback
ある日の朝。

なんだかけむり姫が興奮気味で何かを追いかけていました。
なにかなと思ってみると、ベッドルームにわりと大き目のバッタさんが・・・。

あぁー、明け方なんだかがさごそ追いかけてたのはこれだったのか。。。と睡眠を邪魔されたことをふと思い出しました。

わが家のけむり姫はかわいい顔して実はえげつない凄腕ハンター。
なんでも追いかけます。えぇ、それはもう虫でも鳥でも・・・家猫なのに・・・

くつしたさんはどちらかといえば、頭脳明晰だけど心優しく狩りなどできないヘタレ君。
隣の部屋にいても呼べば返事をするし、ひざにおいでと言えばよほどのことがない限り乗ってくるし、言葉もワンパターンじゃなくくつした語がいくつかあります。

そんな二匹のもとへ久々の生きたお客様がご来訪。
2013110201.jpg
見てー!このけむちゃんの悪そうな顔!ひゃーコワい!!くーたんはとりあえずご挨拶ににおいをクンクン。

そして早速師匠が動き始めます。
2013110202.jpg
「これは、こうしてね~・・・」

2013110203.jpg
「ふむふむ、師匠・・・そーっとですね。」

2013110204.jpg
「違うの。そーっとじゃなくて、こう!」ベシッ!

2013110205.jpg
「で、ホールド!!わかった?」

2013110206.jpg
「ん~、師匠、僕にはちょっとハードルが。。。」

2013110209.jpg
「あっそ、じゃ私がやるからいいわよ。こんなのちょちょいのチョイなのに。」

2013110208.jpg
ばったさんもけむちゃんの興味がそれた一瞬をついて一生懸命逃げようとしていたのですが、その後しっかりけむちゃんのたんぱく質源になっておりました・・・。

革婚式記念日~手作りカード編~

Posted by Shibuko on 06.2013 手作り 0 comments 0 trackback
せっかくの結婚記念日だし、カードでも作ろうかと・・・。
というのは言い訳で、実は前日になるまでカードを用意していなかったことに気づいた私。ウッカリ。

アメリカにはアニバーサリー用のカードがたーくさん売っていて素敵なものもたくさんあるのだけど、わざわざそれだけ買いに行くのも手間だし、もう買い物はほぼ済ませちゃってるし、料理にかける時間いっぱいで、買い物にもういけないし、と言い訳をこねくりまくり、カードは家に買い溜めてあるもので手作りすることに。

できあがったものはこちら。
2013103013.jpg

せっかくそれなりに見えるものを作ってみたし、こちらも備忘録ですが手作りカードの作り方をのせておきます。
すーぐ忘れちゃうんですもんね。こういうのって。

<使用したもの>
・カッター
・カッター用下敷き
・定規もしくはまっすぐに線が切れるもの
・スタンプ&インク
・レター用紙
・好みの柄の紙(スクラップブッキング用の紙を使いました)
・デコレーションシール
・スティックのり

今回使ったデコレーションシールというのはこんなもの。(写真右)
パールのような感じで裏面はシールになっていてすでにパターンになっているものでした。
いつか使おうと思って半年以上眠らせておいたものが、やっと日の目をみました。
そして、私たちは結婚式のときに自分たちのシンボルのようなものを作ってスタンプにしておいたので、今回はそのスタンプを使うことに。
2013103003.jpg

まずはレター用紙のサイズにあわせて好みの柄の紙を切り、さらにスタンプがくる位置をカッターで切り抜きます。
今回はレターの片面だけでなく両面に窓が来るように切り抜きました。なので開くとこんな感じに。(写真右。)
2013103001.jpg 2013103002.jpg

そして、切り抜いた窓にあわせてレター用紙にスタンプを押します。スタンプだけ窓の中にあってもちょっと寂しい感じがしたので、窓枠の少し内側にゴールドのインクで枠をつけました。ちょっとだけ立体感が増します。
2013103004.jpg

そしたら今度は窓枠の外側にアルファベットのスタンプでメッセージを。今回は"Happy 3rd Anniversary"。
気をつけないと、アルファベットスタンプって小さくて、文字以外の部分もインクがついてしまってかっこ悪いので、窓枠にいきなりスタンプせず、いらない紙などで何度か押してみてまっすぐにつけられるか、インクののりはわるくないか確認すると比較的うまくいくと思います。
2013103005.jpg
(とは言ってもインクはついてしまいますが。よくみるとNは2つとも枠がついていました。。。)

あとは、レター用紙のほうにスティックのりをのばして、表面の窓枠の色紙を丁寧に貼っていきます。
貼りあわせられたら仕上げに、デコレーションシールを貼ってできあがり♪
2013103006.jpg

窓を両面に設けているのは理由があって。
2013103007.jpg
ここには、当日撮影した記念写真を入れようかなと思っています。
写真を入れてのり付けしたらいい思い出が残るかなと☆

手作りカードの作り方でした♪

38週健診。子宮底長足りず再度超音波。

Posted by Shibuko on 05.2013 子育て 0 comments 0 trackback
先週半ばに38週健診に行ってきました。今回は久々に旦那さまも付き添ってくれて。

特にこれといった大きな問題はなかったのですが、ひとつだけ指摘されたのが子宮底長の長さが平均より短いと。
子宮底長とは妊娠後期の胎児の成長のひとつの目安だそうですが、超音波が毎回ないアメリカではこれを毎回はかります。
日本では、毎回超音波をするところがほとんどで子供の発育も逐一確認できているので、今では子宮底長をはからない施設も増えているそうです。

基本的には週数と長さ(cm)があっているのが理想で、そこに誤差±4cmまでが許容範囲とされているそうです。
つまり38週の私では38cmあるはずだと。それが34cmしかないとのことでした。
確かにぎりぎりではありますよね。でも一応許容範囲。

これを言われたときは特に驚きもしませんでした。
というのは一人目のときも同じようなことがあったから。むしろ数週間前の健診の際にもこちらから医師に対してそのようなことがあったので、と伝えていたくらい。

子宮底長がたりないとどんなことが予測されるかというと、胎児が育っていない、もしくは羊水が減っている可能性があるそうです。どちらにしてももしそうであれば問題で、早く胎児を取り出さなければいけない可能性がでてきます。

でも医師の今回の感じだと「お腹の中でよく動いてるんだよね?あなたの場合、小柄な女性だし、年齢も健康状態にも何も問題ないから全然心配はしていないんだけど、万が一のことを考えて超音波しておく?」とのことでした。
(間違いのないように言っておきますが、私は日本ではまったくもって小柄な女性ではありません!身長は165cmを超えるし、運動を長らくやっていたので筋肉もそこそこあり、痩せ型とはいえません。そんな私でもアメリカ人と比較すると『小柄』という部類に入るそうで、正直、Because you are a petite lady...と言われたときは目が点になってしまいました。笑)

ちなみに超音波については「胎児には影響はないとされているから」とのお断りつきで。
(アメリカで毎回超音波をしないのは、胎児への安全性が確認されていないから(危ないとの証拠もないけれど)、という説があります。実際には、それを入れるとそれだけ医療費がはねあがるからという理由もありそうな気がしますが。)

前回のときも同じような週数で同じようなことを言われて計測してみたら、子供の予想体重は3700gといわれた経緯があるので、まぁこうなることをなんとなくはわかっていたので、すすめられるがままに超音波を受けることにしました。

ちなみに、超音波は別で予約が必要なので同日にはやってもらえず、翌日にまた戻ってくることになったのですが。赤ちゃんも予想体重がすでに3200gを超えているそうなので、特に問題なしでした。

私のまわりにアメリカで出産をした日本人のお友達は両手で数えるくらいいますが、そのだいたいが子宮底長が足りずに超音波をやるかといわれています。そこで問題がみつかった友人は私の周りには一人もいません。
先述のとおり、誤差は±4cmまでOKなので、つまりアメリカ人の体格のいい女性とアジア系のの小柄な女性の場合、あくまで健康な妊婦の許容範囲内としても理論上最大8cmの誤差がでる可能性があるというわけです。
ですので、アメリカ人を見慣れている先生には多少心配される事もあるかと思いますが、こちらで出産される日本人の妊婦さんはあまり心配しなくてもよろしいかと思います。
アメリカで言葉もろくに通じないのに、こんなことを言われて不安になる方もいるかもしれませんが、まぁよく見かける光景なわけなんですね。

それと、今回の健診でちょっとだけびっくりしたのは、子宮口のチェックがなかったこと。
診察室に通されたときにアシスタントにも看護師にも「今日は子宮口のチェックがあるから」といわれていたのに、医師がくると「やりたいならやるし、やりたくないならやらない」と言われました。
私は前々から言われてたわけではなかったから心の準備も出来ていないのもあるし、またその確認はなかなか心地のいいものとはいえないので、「やらなくていいならやらない」といいました。
医師は「OK」と簡単に頷きました。

これは子宮口がどれくらいひらいているかを確認するものなので、一般的には今何cmくらい開いているからいつくらいに生まれそうとか、まだまだうまれないとかそういったことを言われることが多いのですが、その医師曰く、「あまり関係ない」とのこと。

確かに私の色々見聞きした情報でも、38週の健診で「まだまだね~」と言われていたのに健診の翌日に産気づいたとか、逆に「もう何cmひらいているから、すぐね!」といわれたのに予定日過ぎても生まれなかったなんてことを聞いていたので、なおさら納得。
私も今へたに刺激されて早く出てきてもらったら困る!という思いもあったので、これがなかったのは精神的負担が少し軽減されたような気がします。

そして、この正産期にはいると、よく聞かれるのが「陣痛きてる?」という質問。前駆陣痛のことですが。
私はこの健診の日までほとんどそういった兆候もみられず、聞かれても「うーん、多少張るけど、陣痛までは強くないな」といった感じでした。

ですがその翌日低気圧のようなものが近づいていたようで、窓の外の森が右に左にビュービュー、ごーごーゆれていて、それをみていたらなんだか気持ち悪くはなるし、お腹の張りは強くなるしで、今回の妊娠ではこの日にはじめて「前駆陣痛」と思しきものに襲われました。
正直、焦った~・・・。。。だって病院にいく準備何もしてなかったんだもん。。。

なので、その間はもう本当に神に祈るような気持ちで治まってくれ、治まってくれと思っていたのですが、天気も落ち着いて、家で横になって楽にしていたらなんとか夜には治まってくれました。

なんだったんでしょうね。やっぱり低気圧かなぁ。

でもそのおかげであわてて病院にいくときの荷物をまとめたので、これでいつ産気づいても安心♪
きっとなーんにも用意のできていない母親を叱咤激励してくれる優秀な赤ちゃんがお腹に入っているんでしょうね!頼もしい☆

きっとそういう練習の意味もこめて当日突然で焦らないように前駆陣痛ってあるんだろうなと思ったりして、体の兼ね備えた本能の素晴らしさに感動している今日この頃です。

さて、長くなってしまいましたが、妊娠も週数が進むと色んな疑問がでてきたり、焦りがでてきたり、それはそれで楽しくなってきます。
終わりが見えないというのも楽しみの一つ♪

いつ終わるか、いつ始まるかわからない妊婦生活と出産ですが、最後まで楽しみますよ!!前向きに前向きに!!

映画「Blackfish」

Posted by Shibuko on 05.2013 つぶやき 0 comments 0 trackback
先日、CNN放送で映画「Blackfish」を放映していたので、旦那さまと二人でみることに。
旦那さまはこの映画のことを知っていたようで、テレビの放映予定を確認してたそう。

どんな映画かといえば、数件の死亡事故を起こしているシャチと水族館に関連するドキュメンタリー映画。
知られていないシャチの生態、どのようにシャチが自然から誘拐されてきたか、水族館の経営体質や、起こった事故に関する証言などを様々な人の視点で絡み合わせているとても印象的というかある意味では衝撃的なドキュメンタリーです。
特に出産を控えた私には子シャチを他の水族館に引き渡されるために無理矢理子供から引き離された母シャチの哀しみの声を聞いたら、胸が引き裂かれるような思いでした。

正直、全体的には胎教によろしくないかもと思う内容でしたが・・・

この映画を観て、水族館、動物園のあり方というもの、動物との付き合い方というものを考えさせられました。
この映画のメッセージ、解釈は人によって取り方が色々だと思うのですが、私には動物を人間のエゴで囲い込む事で、動物に不必要で過度なストレスを与えている動物を不幸せにしているというメッセージを含んだものに思えました。
そしてそれが結果的には悲しい事故につながったわけですが、私には人間に起こった悲しい事故よりも今も継続的に理想的とは言えない環境で悲しみを湛えている動物たちがたくさんいるだろうという事実の方が胸に突き刺さっています。

生き物を飼育して展示している施設は世界中にたくさんありますが、どれほどの施設でその生き物が満足して生活できるのか。
それは表に顕さない、もしくは顕す方法を知らない生物がたくさんいるから動物園や水族館にいってもなかなか動物たちの心象には気づきませんが、この映画を通じて少しだけ生き物の心の声に耳を傾けたいと思うようになりました。

日本で公開されるかはわかりませんが、機会があれば一度見てみる価値はあるかと思います。
ご参考までに、私の拙い感想文でした。

革婚式記念日~料理編~

Posted by Shibuko on 04.2013 料理 0 comments 0 trackback
前々から色々とあんなことしたいな、こんなことしたいなということはなんとなく考えていた結婚記念日。
とはいうものの、しっかりとした構想をたてはじめたのは前週。

以前、フランスのマカロンで有名なLadureeのレシピ本を購入していて、まだ試したことがなかったので今回はこちらを参考にメニューをたててみました。
2013103018.jpg

☆ロブスターのカルパッチョ バラの花びらを添えて
☆キノコのスープ
☆カニとアボカドのカネロニ キャビアのせ
☆トマトとウォッカのグラニータ 
☆仔牛のトリュフ風味 芽キャベツのフィロ包みとモレルマッシュルーム添え 
☆チョコレートラズベリーケーキ

2013103010.jpg 2013103014_201311010613046d1.jpg 2013103015_201311040908346d0.jpg 2013103016.jpg 2013103019.jpg 2013103020.jpg

キノコのスープとチョコレートケーキ以外はすべてラデュレのレシピから。

ラデュレのレシピは少し手がこんでいたり、普段使わない食材を使ったりということはあるけれど、作り方は至ってシンプルなものが多く、素人でも少し時間をかければ作れるメニューがたくさん載っています。

今回使ったレシピではトリュフと本物のキャビアが手に入りませんでしたが、似た食材もしくはあるものを代用してなんとか満足いくディナーをすることができました。
欲を言えば、もう少しおしゃれなお皿などテーブルコーディネートにこだわりたいところでしたが、まだまだ先の人生は長いし、そちらは時間をかけてそろえていこうと思っています♪


  

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
8338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
996位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。