スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

余りもの備忘録~ピザの後は・・・~

Posted by Shibuko on 31.2013 料理 0 comments 0 trackback
昨日も書いたとおり、わが家では旦那さまがはまっているため、ここ数ヶ月で何度かピザが登場しています。

美味しくてとっても満足なのですが、どうも残った具を使いきることができなくて、何度かだめにしてしまいました。
特にパイナップルとかトマトソースとか。
そしてそのあとにひどい罪悪感を感じるのです。涙

なので、今回は絶対に使いきるぞ!と意を決して翌々日には全部使いきりに成功したので、今日はその備忘録。

2013072813.jpg
(写真はアマトリチャーナ)

☆トマトソース・トマト缶
 +ベーコンと玉ねぎとパルメザンチーズでアマトリチャーナ。
アマトリチャーナのレシピはみんなのきょうの料理から落合務シェフのをいつも使わせて頂いてます。

☆玉ねぎスライス
 上記の通り、アマトリチャーナへ利用。
 ワカメとたまねぎのみそ汁。

☆アーティチョーク
 パスタ(トマト系が◎)の具に。アマトリチャーナへ入れても。

☆パイナップル
 +りんご、バナナ、ぶどう、オレンジなどありもの果物に混ぜてマチェドニアへ。

☆パイナップル汁
 ゼラチンで固めてゼリーに。

というわけで、全品使い切りました~!やったー!!
いつも小さいタッパーがひしめいてしまってたので、本当に満足満足。
スポンサーサイト

コーンミール入り手作りピザ♪

Posted by Shibuko on 30.2013 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
週末は旦那さまと二人でピザ作り♪

旦那さまはピザやパン作りにはまっているので、パンは毎週のように、ピザもここ数ヶ月でもう4回目くらいかな。
一方の私は・・・パンの生地作りなどはどうも私の範疇ではないというか、なんというか。ごにょごにょ。

なのですが、トッピングとか生地を延ばすのなどには興味があったので、旦那さまの横についてアシスタントを務めさせてもらいました♪

初めて延ばすピザの生地に感動~☆なんかモチモチしてて気持ちいぃ!
いつまででも触っていたくなっちゃう~!!
なんてうっとりしてたら、「あんまり触りすぎるとせっかく発酵させたのに膨らまなくなっちゃうから。」とピシャリ。

すんまへん。

というわけで、まじめに延ばしました。

IMG_4125.jpg

こちらが私の延ばしたピザ。なるべく薄めにしてみました。
具材は下記の通り:
 トマトソース
 スライスオニオン
 アーティチョーク
 バジル
 ハム
 モツァレラチーズ
 うずらの卵

IMG_4123.jpg

こちらが旦那さま作。
 トマトソース、ハム、パイナップル、オニオン、モツァレラチーズ。

左上のもう1種類は、
 トマトソース(少量)、チキン、アーティチョーク、ローストガーリック、パルメジャーノ。

生地はコーンミールが入って少し重めなので薄め生地のほうが食べやすいかなという印象。
トッピングで1番おいしかったのが、チキンとガーリックとアーティチョークのピザ。
というか、ローストガーリックが鉄板だった。。。美味すぎて夫婦二人で悶絶。笑

これからはローストガーリックはマストになりそうです!

ちなみにコーンミール入りピザ生地の正確な分量は私にはわかりませんが、今回は小麦粉2カップ、中挽きコーンミール1カップ、粗引きコーンミール1カップの割合で作ったそうですが、次回は小麦粉3に対してコーンミールが1になるように作ろうかなということでした。

マサチューセッツに来てから、気軽にいける近くて美味しいレストランが少なくなったので、おうちゴハンがかなり増えた我が家。
美味しいもの好きな私たちにはちょっぴり寂しいこと。

でも、こんな風に過ごす週末も、それはそれで別の幸せだなと思うついこの頃です。

ボストン北西部のプレイグループ

Posted by Shibuko on 30.2013 ボストンBoston 0 comments 0 trackback
今日は日本語プレイグループ「さくら」に行ってきました。

2013072903.jpg

「さくら」は毎週月曜日にArlingtonにて活動しているプレイグループで子供に日本語に親しんでもらうことが主な目的です。

私たちも行き始めてからまだ日が浅いし、毎週いっているわけではないのですが、息子ちゃんは楽しそうにしているので、なるべく機会をみつけて参加するようにしています。
2013072904.jpg

日本語での歌と絵本を毎回読むのですが、読む担当は毎回交替します。
何回に1回まわってくるのではなく、自分がこれる日に自主的に手を挙げるて担当するのである程度自分の都合にあわせて参加できるのが良いところです☆

参加している子供さんは1歳くらいから4歳くらいが多いでしょうか。
特に制限はないとは思いますが、遊びや絵本に興味を持つ年齢、ということでしょうね。

夏の間は図書館の脇にある木陰の気持ちいい公園で行っています。
遊具や砂場があり、子供たちが駆け回れる芝生もあるので、すべり台で遊ぶ子もいれば木登りをする子、ボール遊びをする子などそれぞれです。

2013072902.jpg

はじめに参加した頃はまだ息子ちゃんが一番若手なほうで、大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんになかなか交われなかったんだけど、今はもっと小さい子も参加しているし、息子ちゃんも身体能力が発達してきたので、前よりも遊びの種類が増えて私も連れて行くのが楽しみです♪

Baby GAP でお買い物

Posted by Shibuko on 29.2013 子育て 0 comments 0 trackback
Burlington MallにあるBaby GAPで息子ちゃんのお洋服などをお買い物。

靴下5足と靴を4足、Tシャツ2枚お買い上げ。



アメリカだからやっぱりGAPはお手頃感あるんだよね。
靴下はセールで1足$1だし、他のアイテムもいいお値段で満足のお買い物でした。

アメリカ土産にGAPの子供服はありかも~!

日曜はお家でアイス♪

Posted by Shibuko on 29.2013 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
お家でアイス♪

モールにハーゲンダッツがあったんだけど、お家までガマン・・・

だって家の冷凍庫にハーゲンダッツのソルベがあるから~!!



マンゴーソルベとバニラアイスなり。
あー、幸せ♪

スモークサーモンの押し寿司作り方

Posted by Shibuko on 27.2013 料理 魚 0 comments 0 trackback
スモークサーモンの押し寿司を作りました。備忘録☆

2013072831.jpg

材料
・スモークサーモン 250g
・すし飯 3合
・きゅうり 1本
・のり 1枚
・オリーブオイル 少々
・岩塩 コショウ 少々
・レモン 1/2個


2013072815.jpg
1.すし飯を作る。以下の材料を混ぜ合わせる。
・米3合
・米酢 大さじ4
・砂糖 大さじ1
・塩 小さじ1

2013072816.jpg2013072817.jpg2013072822.jpg
2.きゅうりを4〜5ミリに薄くスライス。その後、さっと湯通しすると色味が良くなる。湯通しした
後はキッチンペーパーなどでしっかり水気を切っておく。

2013072818.jpg2013072819.jpg
3.サーモンに軽くした味をつける。オリーブオイル、レモン、塩こしょうをさっと全体にふりかけ、乾かないようにラップなどをかけ盛り付け時まで冷蔵庫で冷やしておく。
(スモークサーモンのパッケージの端3辺を切り開いてパッケージから出さずに味付けをし、そのまままた外袋をかければ、ラップを使う手間が省けます)

2013072820.jpg2013072821.jpg
4.お好みのタッパーにラップをかける。アメリカでは、このPress ’n Sealがタッパーにしっかりくっつくので使いやすいです。このサイズにあわせてのりも切る。

2013072824.jpg
5.こんな感じで一段目はサーモンときゅうりをストライプ状に敷き詰める。

2013072823.jpg
6.その上に酢飯を載せていく。きっちり角までつめるとあとがきれいになるそうです。

2013072825.jpg 2013072826.jpg
7.酢飯が敷き詰められたら、白ゴマを軽く振りかけてのりをしきさらにその上に酢飯を載せていく。

2013072827.jpg 2013072828.jpg
8.2段敷き詰められたら、重石をのせる。今回は適当なサイズがなかったので一回り小さいタッパーのふたを利用。その上に、なべやらとうもろこしやらとにかく重そうなものを載せて1~2時間。

2013072831.jpg
9.時間が経過して押し寿司になったら出来上がり。食べる直前までは冷蔵庫にいれておきます。

最近モノ作りしてないなぁ・・・

Posted by Shibuko on 26.2013 つぶやき 0 comments 0 trackback
5月にワンピースを作って以来、これと言ったモノ作りしてないなぁ。

いかんせん、今住んでるエリアにいいいショッピングエリアがなくて、ちょこっとしたものでも、車で20分以上(渋滞時には1時間近く!)かけて行かなければいけないのが、ネックだと思う。
そこへ行っても最低限なものしか買えないし。

マサチューセッツの交通事情はノースカロライナと比べると、渋滞が多くて時間が読みにくい上に、なんだかグネグネした道が多くて運転しづらいんですよー。。

でも慣れなければ、モノ作りが出来なくなってしまうー!

それかもう少しオンラインでの材料購入術を身に付けるしかないかな。
どうも生地類や材料の類は写真で見るクオリティと実際にブレがありそうで手を伸ばせないのだけど、背に腹は変えられないっていうもんね。

今日はスーパーで編み物の本を衝動買いしちゃったので、早速毛糸から試してみるかなぁ・・・

マットレスのお手入れ

Posted by Shibuko on 25.2013 収納・掃除 0 comments 0 trackback
日本の家庭でも主寝室は布団ではなくベッドを使う家庭のほうが多いのじゃないかなぁと思いますが、意外と忘れがちなマットレスのお手入れ。

マットレスは3ヶ月に1度は裏返したり向きを変えると長くもつといいますよね。
ホテルなどでも定期的にこの作業が行われるようです。

でも、変えなきゃいけないのはわかっていても、いざ変えるとなると、「はて、前回どの向きだったっけ?」なんてことはありがち。。。


そんなうっかりを防ぐために、ホテルなどではマットレスに何月というのが各面に書かれているそうですよ。

さすがに、自宅用のマットレスにマジックで大きく書き込むわけにはいかないし、家庭用だったらこんな風でもいいかもしれません。
IMG_3988.jpg

これはハギレにマジックで書いたものを安全ピンで留めただけです。

これは足元側、1月と7月をさかさまに書いてあります。
逆に頭側には4月と10月と書いたものを留めてあります。

これだったらシーツ交換するたびに目に入るから、ついうっかり時期を逃してしまう心配もなければ、
前回どっちのむきだったか忘れる事もなく、一石二鳥!

というわけで、主婦友のみなさま、おススメですよー☆

*goh Spa*Woburn

Posted by Shibuko on 24.2013 美容・ファッション 0 comments 0 trackback
先日、気分転換とお肌のお手入れを兼ねて、フェイシャルエステに行ってきました♪

お世話になったのは、Woburnにあるgoh Spa

goh spa

Green Organic Holisticの頭文字を取ったgoh Spaは使ってるプロダクトも天然派。

1時間のジェムストーンを使ったフェイシャルのコースで、足と手のマッサージつき。

肌を温めて、オイルで柔らかくしてからお肌の汚れを落としたあとは、リンパドレナージュと保湿。

お肌の手入れが終わったあとは、透明感がましたような感じで、肌触りも滑らかで、とっても気に入ったんだけど・・・

鼻の角栓の手入れがめっちゃ痛かったー!!

最初は我慢我慢と思っていたものの、やっぱり痛みに途中で顔が歪む・・・

セラピストのおねえさんも、「分かるわよー、これって拷問みたいよね。でももうすぐ終わるからね〜。」って。
拷問ていう自覚はあるんですかってツッコミたくなりました。うむむ。

でもおかげでツルツル鼻頭をゲットしたので、ガマンした甲斐もあり。

また日本の一時帰国前にはお世話になろうっと♪

*Stone Zoo* ストーナム

Posted by Shibuko on 22.2013 ボストンBoston 0 comments 0 trackback
週末、息子ちゃんの18ヶ月の記念に二人でStone Zooに行ってきました。

StonhamにあるStone Zoo

行くのは今回で2度目。
規模はそんなに大きくないけど1歳児を連れて行くのにはちょうどいいサイズ。
2時間もあれば周りきれてしまうので、出る頃にはちょうど良く疲れてくれる、そんな気軽な感じの動物園です。

前回行った時は、なんだかこれと言って特筆することもないなぁという印象だったのですが、
今回いったら夏休みシーズンということもあり、幾つかの動物が増えていて前より断然楽しかったです。

まずは、フラミンゴの赤ちゃんがいたこと☆
フラミンゴの赤ちゃんて灰色なんですね。
足も大人と比べると体に対しての足の太さはそんなにスレンダーじゃないの。
別々で見たらフラミンゴってわからなさそう。

・・・でも!
やっぱり片脚で立つんです!!
親鳥と比べるとスレンダーじゃないけど、それでも立派に片脚で立ってるところを見ると、
「あ〜、やっぱりフラミンゴだぁ!」と思います。笑

それから、Stone Zooにコアラが仲間入り☆
5月の終わりからコアラがやってきたそうです。
私たちがいった時には二頭のコアラが別のケージに入っていたんですが、昼間なのに意外と機敏に動いていてびっくり。
木から木へ飛び移っていました!
コアラは10年近く前にオーストラリアの公園で野生のを見たっきりだったので、久々に愛くるしい姿をみて感激でした☆
(でも、本当はコアラって意外と獰猛なんですよね。あの爪にやられたら一溜まりもないです。汗)

それからそれから、Birds of Prayという鳥のショーが再開☆
再開といっても私は以前のを観たことないのですが。前回きた時にはありませんでした。

ハゲタカやフクロウ、九官鳥や極彩色の鳥など珍しい鳥たちが出演して観客の頭上を羽ばたき楽しませてくれます!
一番印象に残っているのは、ワシミミズク。
顔の3分の2を占めるという大きなオレンジ色の大きな瞳と体長70cmはあろうかというずんぐりむっくりな体。とっても愛くるしい姿で、この日はあまり働く気がなかったらしく、飼育員の腕から降りようとせず、
会場内を飼育員に連れられて周りました。
息子ちゃんは鳥のことはいつもは「ピピ」と言って認識するのですが、ワシミミズクを見てなぜか「ニャア〜!ニャア〜!」と一生懸命訴えていました。笑
あまりに目がまん丸で大きいから猫だと思ったようです。
わからなくもない、その気持ち。と微笑ましく思った母でございます。

そんな見所のあったStone Zooでした。
唯一残念だったのはせっかく一眼レフを持って行ったのに、バッテリーが入ってなかったというなんともマヌケなおち。
旦那さまが出張で持って行ってその際充電してそのまま充電器に入ったままだったようで。。。
旦那さまを恨みたい気持ちでいっぱいの満18ヶ月記念日でした。
なので、残念ながら写真はなしですが。

まぁ、それもいい思い出、ってことで・・・


ブルーベリーコーンミールパンケーキ

Posted by Shibuko on 20.2013 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
夏はベリーの季節。
やっとマサチューセッツにも遅いブルーベリーの季節がやってきたようです。

ノースカロライナにいた頃は遅くとも5月にはブルーベリーが出回っていたとはずなんだけど。。

というわけで、Sunday Breakfastはブルーベリーコーンミールパンケーキで。
ブルーベリーを混ぜいれると、すぐにその水分で生地がゆるくなってしまうので、入れてからすばやく生地を流さないと、ひっくり返すのが至難の業なんだけど、それでもうまく焼きあがったものは見た目もなんだが愛着がわくし、生のブルーベリーとは一味違った食感と風味が楽しめてとってもおいしい!!

ベーコンとメープルシロップをあわせて食べると甘すぎず、朝食向きでした。

IMG_4018.jpg

小麦粉に加えてコーンミールが入っているから、生地は少し黄色味を帯びているかな。

IMG_4017.jpg

日曜の朝食はクレープになることもあるスウィートなわが家。
パンケーキは主に旦那さま主導で作ってくれるのですが、これはそのリピメニューに仲間入りしそうです♪

木製パズルのひと工夫

Posted by Shibuko on 19.2013 子育て 0 comments 0 trackback
ひとくちにパズルと言っても色々ありますが一歳児が遊べるパズルは大体木製の枠に動物や乗り物をはめこむもの。

かわいいんだけど、厚みはあるし、縦置き出来ないから収納に困ります。
そこで思いついたのがコレ。



ピースの裏側と枠の部分にマジックテープをつけて縦にしても落ちないようにすること!

このマジックテープは裏面が粘着タイプになって元からこの丸い形の3Mの商品です。

だから剥がして貼るだけ。

これでだいぶ片付けが楽になったなぁ。

ちなみに、枠のほうへゲジゲジの雄面を、ピースのほうへ柔らかい雌面をつけてあげると、子供が持ち歩いたときに絨毯や服にムダにくっつくことが防げます。

最初の頃はマジックテープが自力じゃ取れなかったみたいだけど、今は力加減がわかってきた息子ちゃん。

早く動物の名前も言えるようになるといいね!!

うーん、何にしよ。

Posted by Shibuko on 18.2013 つぶやき 0 comments 0 trackback
来週の木曜は夫の同僚二人がご飯を食べに来る予定。
うち一人は気心知れた、大変愉快なイタリア系アメリカ人のオジちゃま。
いつも新しいジョークを仕入れて来ては披露してくれる、大好きな友人の一人。

初めて彼がうちに来た時はまだ一人目を妊娠中の頃だったと思う。そう。ちょうど2年前。

まだ専業主婦になりたてで、会社の同僚をまともにお持てなしするのは今思えばあれが初めてだったかも。
料理に100%自信を持てる程ではなく、大丈夫かな、失敗しないかな、と緊張して料理をしてたのが懐かしい。

「料理は心でするもの。相手を思ってすれば必ず美味しい物が作れるから心配いらないよ。」
慌ててキッチンでドタバタする私にウィンクしながら、「うちのおばあちゃんがいつもそう言ってたんだ。」と教えてくれました。

さすがイタリアのおばあちゃま!と何故か恰幅のよいおばあちゃんを勝手に想像しながら、そんな風に気遣いの出来る彼をとても心の温かい人だなぁと思いました。

そんな彼は普段は別の州で仕事をしているのだけど、出張で夫のオフィスにくることがあれば必ずうちに寄ってくれる常連さん。

今まで色んな料理をお出ししてきたけど、やっと2年前に言われた『心で料理をする事』の意味が掴みかけてきたかな?と思うので、今回は片意地張らず、自然体でおもてなしをしたいところ。

はて、何を作ろうか・・・。

彼自身、料理が大得意で、彼の知らない料理を出すととても興味を深そうに食べてくれる。
そして、日本にも他のアジア圏にも訪れた事がないというので、何か和風、中華風な物をメインにと思うのだけど。

個人的に今食べたいのは、いり鶏、海鮮風焼きそば、冷奴、なんてものが頭に浮かぶんだけど、どうも統一性がないんだよね。

ここは懐石、和食膳の基本に立ち返ってメニューを考えるべきかな。

うーん、悩む・・・


バナナ1本19¢

Posted by Shibuko on 17.2013 つぶやき 0 comments 0 trackback
アメリカって日本より果物が安いと思う。


Trader Joe'sはバナナが1本19¢。
イチゴやぶどう、スイカに桃などもたぶん日本よりは安く手に入ると思う。
だからうちはいつも果物を常備しておくんだけど。

でもその代わり、甘さはやっぱり、日本のほうが断然上を行くよね。それは認めざるを得ないなぁ。

それにしても、バナナこの盛り方はないんじゃないだろうか・・・プププ!
アメリカっぽくて好きだけど!


アメリカ生活のつぶやき〜帰国子女の品格〜

Posted by Shibuko on 16.2013 つぶやき 0 comments 0 trackback
以前、日本食レストランで食事をしていた時のコト。

同じ店内の離れた席に私たちより先に入った日本人女性2人と、日本人ではない男性2人の4人組がお食事をされていました。
どうやらダブルデートのよう。

女性のうちひとりはおそらくハワイかカリフォルニア育ちかなといったカジュアルな風貌、もう一人は銀座または六本木辺りで外資系企業でOLをしていますと言った感じの、少し高級感溢れる素敵な女性。
お二方とも大変流暢な英語を話されていて、あぁきっと海外でお育ちなんだろうなぁという印象を受けた後は私も特に気にせず食事をしていたのですが・・・

どうやら向こうのテーブルではお食事が住んだようで日本語のわかる店員さんと女性二人が日本語で会話をされているようでした。
特に気に留めるつもりもなかったのですが、帰り際のこの一言で、私が固まってしまいました・・・

綺麗に着飾った女性がニコリと極上の笑みを浮かべながら、

「マジうまかった!また来るわー。」

絶句。。。そして横にいる男性諸君は日本語は全くのようなので、それがどんな響きなのか想像もつかないでしょうけど。
(私的にはぜひ隣で「今の言葉、例えて言うなら'f***ing awesome' な感じでしたわよ!!」って言ってあげたくなってしまいました。。)

それだけ大人で素敵な身なりでその言葉使いは、かなり残念過ぎる!!!とおばちゃん、思ってしまいましたよ!!

世で帰国子女というと、語学堪能、ひいて云えば才色兼備なイメージがあるかもしれませんが、実際の帰国子女の方の中には、英語はネイティブ並みだけど日本語は高校生レベルという方や、会話には問題ないけど、実は発音はそんなにネイティブじゃなかったりと色んな方がいます。
今回のはその典型で・・・
言葉使いって、大事ですよね!って思うのは私だけでしょうか。

かくいう私も学生の頃は自慢できたものではありませんでしたから、やっぱり歳を重ねて考え方が変わっただけなのかなぁ。

海外ならではの光景でした。

ボストン*爆破事件現場Boston Strong*

Posted by Shibuko on 16.2013 ボストンBoston 0 comments 0 trackback
ボストンの爆破事件が起こってから、今日で早3ヶ月。
時間は過ぎ去っていきますが、やはり胸の痛みは消えないものですね。

先日、ボストン市内へ行くことがあったので、現場に立ち寄ってみることにしました。

現場はもちろんきれいさっぱりと片付けられていて、残されていたのは、Boston StrongのFund(義捐金)オフィスと、その前にたつ街灯に設けられたこの追悼ハートたち。

街灯の柱に青いニットが巻きつけられていて、そこに黄色いハートが安全ピンで留めてありました。

IMG_3771.jpg

もっと献花などがあるのかなと思ったのでこれは意外でしたが、華美にしすぎないところがボストニアンっぽいのかもしれませんね。

これ以外にもボストン美術館(MFA)でも一般市民の手作りのBoston Strongキルト作品がメインロビーの天井から吊るさていたり、市内でTシャツが売られていたり、いろんな形で追悼を表しているようです。

ボストンにこられる機会のある方はぜひそういったボストンの強さにもふれてみてもらいたいものだなと、思う今日この頃です。


洗い猫

Posted by Shibuko on 15.2013 0 comments 0 trackback
ある日の出来事。

旦那さまが出張で、一人淋しく眠りについたある日、夜中に目が覚め、トイレへ。

電気もつけずに慣れた手で入口に立つと暗闇の中、洗面台の上でもそっと動く何か・・・

「ひぃっ!!」
思わず声にならない呻き声をあげました。

目を凝らしてよく見てみると洗面器の中に大きな塊が。

ーーうーん、その身の詰まった感じ、なんだか心当たりが。


電気をつけるとシレっとしたアイツが一人。



洗い猫。
濡れるのが嫌いなクセに、水場は好きなのよね。



むこうも眠いようで、あまりの光景に写真を取りまくる私をよそにどうでも良さそうな視線。

「うー、くーたん、びっくりさせないでよぅ。ただでさえパパちゃん居なくて心細いんだからぁ」

と言ったら、いつもは人懐っこい彼も「知るか。」といった素振りでまた目を閉じてしまいました。

真夜中の洗い猫にはお気をつけを。笑

おもたせ日記

Posted by Shibuko on 12.2013 料理~パン・ケーキ・菓子~ 0 comments 0 trackback
お友達のお家に遊びに行くときなどのおもたせ。
私は何をもっていったらいいかまだまだ判断に悩むことがあり、それが特に市販のものとなると、もうどこから手をつけていいかわからなくなるので、手作りすることが多いんです。

でもつい前回持っていったものがなにか忘れてしまうことも多々ありなので、今後の参考になるように、書き留めておこうと思います。


こちらはいちごゼリー。

IMG_3536.jpg

イチゴとミントをシロップで煮て、実と葉は漉し器で除いて、色の着いたシロップのみでゼリーにしました。
角切りに刻んだイチゴも別の容器でゼリー液にひたしておいて、ゼリー本体が固まったあとに上にのせてミントを載せてできあがり。

角切りイチゴをゼリーにつけてるおかげで、ちょこっとキラキラっとするのがいいんです。
舌触りもなめらかで、おいしかったです。

今回はシロップ約2カップ分と粉ゼラチン1袋で作ったらちょっぴりゆるかったから、次回はゼラチンを2袋に増やすべきかな。

こちらはクッキー。

IMG_3512.jpg

型抜きクッキーを1ダースごと、パラフィン紙に包んで、Kマークのシールをつけてできあがり。

IMG_3515.jpg

小さなお手手に見つかってしまい、この後なんとか気をそらすのが大変でした。
あ、上の写真にもこっそりとろうとしてる手が写ってる。笑


こちらは、おもたせではなくおうちメニュー。

桃のゼリーとコンポートを作ったのだけど、思いのほか桃のゼリーが甘くなってしまって・・・
なので、マティーニグラスに入れて、私は炭酸を、夫は白ワインを注いで、割りながら食べました。

IMG_3497.jpg

炭酸はいい具合に口の中でシュワシュワっとはじけてくれて、良かったです。甘さは気持ち控えめになったかな程度。
白ワインはシュワシュワはないものの、ワインの辛さがうまく甘さを抑えてくれたようで、大人の味になったそうです。(お子様はだめですよー。)

以上、6-7月のおやつ日記でした。


今週のお花~白アジサイ~

Posted by Shibuko on 08.2013 お花・ガーデニング 0 comments 0 trackback
先日紹介した絵になる花瓶。
これをキッチンの窓に飾り始めてから、キッチン仕事が楽しくてほぼ週代わりで、いろんなお花を飾っています。

IMG_3695.jpg

今週は白アジサイ、この種類はアナベルというそうですね。
アジサイはなんと、色や形の種類が豊富で50種類以上もあるそうですよ。

私が知っているのなんて、きっとこのアナベルと青や紫のアジサイ、それにガクアジサイのみ。
インターネットでその他の種類を見たときには、あまりの知らなさに愕然としたほどです。
世の中知らないことってたくさんあるんですね~。

IMG_3689.jpg

このアジサイを生けてみて気づいたのは、アジサイって本当にお水が好き!ってこと。
一日にこのお水の半分くらい飲んじゃうんですよ!

水を飲むって表現は花には当てはまらないのかもしれないけれど、本当にコップ1杯のお水がどんどんなくなっていく様子は飲むとしかいいようがない。

それに、やっぱり花びら(実際にはガクにあたるそうですが、見た目はやっぱり花びらですよね)も水を吹きかけてやるだけで、輝きを増すんです。

なんだか、とっても心を洗われるような気分になりました。
やっぱりお花って日々に彩をあたえてくれていいですよね~。
  

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
4491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
563位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。