スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

ボストン*Taza Chocolate Factory*

Posted by Shibuko on 27.2013 ボストンBoston 0 comments 0 trackback
Taza Chocolate Factoryの工場見学に行ってきました♪



Taza Chocolate Factoryは2005年にマサチューセッツ州サマービルに開業。
創業者のアレックスが、オアハカ(メキシコ)を旅行中に出会ったチョコレートに感動したことがはじまりのきっかけ。
アレックスとパートナーのキャスリンの二人で始めた小さなビジネスですが、ビジネスとして成功させるためには手助けが必要だと気付きそこへZipcarの当初の立ち上げメンバーで
アレックスの元上司であるラリーに加わってもらうよう説得し2006年に小さなTaza Chocolateがオープン。

現在では国内15州、海外8カ国で販売されているそうで、日本でもオンラインで購入出来るんだそうですよ。

このメキシコ風Taza Chocolateの特徴はというと、厳選された材料、それもたった数種類のシンプルな材料で作られたチョコレートということ。

私たちが慣れしたしんでいる西洋風のチョコレートは主にカカオ、カカオバター、そして砂糖を原料に作られていて、わりとなめらかな舌ざわりが特徴。
特にアメリカのチョコレートともなると、それ以外に植物油、コーンシロップ、香料、保存料などなどカカオの含有量がいったいどれほどなのかわからないものがほとんどです。
一方、このメキシコ風のチョコレートは、カカオと砂糖がメインに作られています。
そのため、わりとサクッとした食感で後に舌に残る感じもありません。

チョコレートの一般的なイメージでは、『甘いお菓子』『子供が大好き』の代表のようなフシがありますが、
これを食べればそのイメージがくつがえされるのは間違いなし。
適度なコクとサクッとした食感はむしろ『大人のおやつ』にぴったりな味わいです。

さて、本題の工場見学ですが、チョコレートの試食に始まりチョコレートの試食で終わるとても美味しいツアーでした。笑

所要時間は約1時間で、まずはメキシコ風チョコレートと西洋風のチョコレートの違いについてとカカオの栽培、収穫、発酵、輸出までのプロセスや産地を写真や実際のカカオの実を見せながら解説。
そして、メキシコ風と西洋風のチョコレートの違いを説明するためにTazaのメキシコ風円形チョコレートと西洋風長方形チョコレートを試食。うまうま。
ちなみにTazaでは公正な取引をするために限られた農場や農協とTaza独自の基準を設けて直接契約を結んでいるそう。
Tazaのカカオはドミニカ共和国とボリビアの2カ国から輸入をしているそうですが、どちらも高品質を維持するために、その提携先地域の農協で一定の基準を満たしたカカオのみが送られてくるんだとか。

その後、カカオのロースト機、殻を取る機械を前にどのような工程で実からカカオを取り出すのかを説明してくれます。
カカオの殻を取って中から出てくるのがカカオニブといってでこれがチョコレートの原材料になる可食部分だそう。
この段階でカカオの殻やカカオニブを見せてくれ、なんとカカオニブの試食までさせてくれます。

ちなみにこのカカオニブ、チョコレートのおおもとになる材料で、
要するに100%のチョコレートを食べてるのと同じ。
そのままだとかなり苦いです。
なのでこのままでは食べるのはちょっと気がひけるけど、抗酸化作用がありとても体にいいので
スムージーや料理のソースに入れたり、またパンケーキやマフィンなどに入れるナッツ類の代わりとしても使われはじめているらしいですよ。

そして次の行程ではカカオニブの石うす機やパッケージングをしてるところを見せてくれます。
メキシコでは、この御影石で出来た石うすを使って小麦やコーンを挽いたりもしているそうですが、
挽くものによって、石うすの溝の彫りが微妙に違うそうです。
Tazaの美味しいチョコレートを作る秘密もこの溝に隠れているんだとか!

そしてここではなんと出来たてホヤホヤのソルト&アーモンド味のチョコレートを試食させてもらいました!
ホロッと崩れるようなサクサク感がたまらない!!
出来たてのチョコレートは人生初でしたが、このためにだったら何度でも工場見学に参加したくなってしまうほど美味しいです!
それは、ツアーの説明をしてくれたスタッフのジョンがその後も手にいっぱいチョコレートを持ってチョコチョコつまみ食いをしてたことが証明してくれます!!(いいなぁ~、ジョン!!)

そして最後に、スタート地点のお土産屋さんエリアに戻って、テンパリングの工程を説明しながら見せてもらってツアーは終了。あーたくさん食べたなぁ。

・・・と、思いきやお土産屋さんエリアにはたくさんの種類のチョコレートがあるので、ここで好きなものを試食することが出来ます!
基本のカカオと砂糖で出来たメキシコ風チョコレートに唐辛子を混ぜたピリ辛チョコレートだったり、その他にもオレンジ、ココナッツ、バニラ、シナモン、ジンジャーなどチョコレート通にはたまらないお味が豊富にあります。
また、メキシコ風のチョコレートよりももう少しなめらかな西洋風の長方形のチョコレートもあるので、
もう少し普通のチョコレートの方が・・・と思ったらもちろんそれも購入出来ます♪

ちなみに今回私が購入したのは、メキシコ風円形(ディスクと呼ばれています)チョコのカカオプロと
ヨーロッパ風の長方形チョコでカカオ含有率87%の2種類。

カカオプロはピュアカカオという意味で、カカオ70%と砂糖だけで作られているとてもシンプルなチョコレート。
そして87%のチョコレートは、ボリビア産のカカオを使用したチョコレート。
他の製品はドミニカ共和国のカカオを使用しているものが大半なのだそうですが、この87%だけは絶対にボリビア産なんだそうです。
カカオの含有量が増えるとそれだけ苦くなるというイメージをお持ちの方も多いと思いますが(かくいう私もそのひとり!)、カカオは種類や産地によって味が違うそうで、87%にしてもこのボリビア産だと苦くならないそう。
種類や産地で味が変わるなんて、ワインのようで素敵ですよね☆



アレックス、キャスリンとラリーのこだわりがたくさん詰まったチョコレート工場。
ボストンへお越しの際はぜひ足をのばしてみて下さい♪

Taza Chocolate Factory

Hours:

Wednesday through Friday 11-6

Saturday and Sunday 10-6

Location:

561 Windsor Street

Somerville, MA 02143

Retail store:

Phone: (617) 284-2232

Email:tours@tazachocolate.com
スポンサーサイト

あってはならない事件

Posted by Shibuko on 18.2013 日記 0 comments 0 trackback
4月15日(月)、ボストンマラソンゴール地点で悲惨な事件がありました。。

ゴール地点で爆弾が爆破されたのです。

すでに3人の方が亡くなっていて、うち一人はボストン在住の8歳の男の子。
そしてかわいそうなことにその妹も片足を失い、母親は頭部に損傷を負ったようです。

父親のレースを見届けるために家族で応援に駆けつけたところで起こったこの爆破事件。
この一家以外にも多くの人がまだ治療を受けていて、死傷者は200名にものぼるよう。

爆破事件を起こす、それだけでも考えられないことなのにそれをスポーツイベントでするなんて、生きる価値にも値しない残酷な人間がいるということに強い憤りを覚えます。

これから犯人が特定され、事件の解明に進んでいくでしょうが、解明去れたところで失った人、脚、腕は戻ってこない・・・
そう思うと言葉に出来ない思いがいっぱいで胸がつまります。

それでも、犯人を特定し一生かかっても償いきれない罪を償ってもらいたいと願います。

命を落とされた方のご冥福を祈るとともに、今命をかけて闘っている負傷者の方にはぜひ強く生きてほしいと心の底から願っています。

ボストン*Yakitori Zai*

Posted by Shibuko on 11.2013 ボストンBoston 1 comments 0 trackback
ノースカロライナと比べて、日本人の人口が多いボストン。
その分、日本食屋も多いし、アジア食材店なども豊富にあります。

こちらにきてまだ3週間だけど、その事をすでに実感するほどです。

・・・そしたら、もしかして美味しいラーメンも食べられるんじゃないだろうかー!キラーン!!!

と思っていたら、やっぱりー!!!あったー!!!
見つけましたー!!!

その名はYakitori Zai。South endにあるお店です。
2012年の夏にオープンしたまだ若いお店だそうですが、カウンターありの、とてもモダンな印象のお店ですごく素敵です。



週末限定でラーメンを提供されていて本物のトンコツが食べられるんです!!!
メニューは、しょうゆとトンコツの2種類ありましたが、がぜんトンコツ好きの私は迷わず注文。



んまい~!!
とろみのあるトンコツスープはクセがなく、スッキリとしつつもまろやかで、奥行きのあるお味。
麺は太すぎず、ややウェーブがかかっていてほどよくスープと絡みます。
味つけ玉子もまるごと入っていて、あー幸せとはこういうことを言うのだと。

息子ちゃんのご飯の面倒を片手間に、久々の本物のラーメンを堪能いたしました。
あ、チャーシューも入っていてこれまた美味しかったです。

息子ちゃんにもトンコツスープを水で薄めたものを飲ませてあげたらもっともっとと催促されてしまいました。

もの申すとすれば、個人的には麺はややかためが
好きなので、少しゆで時間を短くしてほしいのと、白ゴマが置いてなかったことくらいでしょうか。

でも、スープは本当に絶品で一滴残らず頂きました。

アメリカに来てから、ずっと山頭花のラーメンが食べたいと思っていた私ですが、ここのはそれに非常に近く、これからリピするのは間違いなしです!

いやー、本当に嬉しいなぁ。

しょうがの皮むき

Posted by Shibuko on 11.2013 料理 0 comments 0 trackback
NCからマサチューセッツに来て約3週間。
やっと、春が追いついてきましたよ♪
ぽかぽかのんびりいい気分~。

さて、素晴らしいしょうがの皮のむきかたを教わったのでご紹介!



用意するもの
・しょうが
・小さいスプーン
・小さな容器

方法はいたって簡単☆
しょうがを水を張った小さな容器にいれて、待つこと数分。
皮が柔らかくなったら、スプーンで皮をこそげ落とすだけ!

え~!!こんなにきれいにむけるの~!?って言いたくなりますよ。笑

お試しアレ♪

Dave's Gourmet パスタソース

Posted by Shibuko on 02.2013 Made in America 0 comments 0 trackback
ボストン近郊に引っ越してきて、はや1週間。

うん、まだ慣れない。。

でも、今日は近所の地理のお勉強のため、車でウロウロ。笑

午前中は図書館へ、午後はお買い物♪

そしたら美味しいパスタソース見つけちゃいました。



Dave's Gourmet マッシュルームのパスタソース。

サンフランシスコが拠点の会社だそうで、なんと世界で一番高いパスタソースを販売してるそう。

値段はなんと$1,000-!!!

どんだけ高級なソースなの!?
ホームページによると、このマリナーラソースは、白トリュフと金箔入りで、特製の木箱は樹齢250年のクルミの木を使っているとか!!

なんだか、わからないけど高級なのは間違いない。笑
ワシントンポストにて紹介もされたようですよ。

あ、ちなみに私が食べたのは一般庶民のソースですが、出来合いのへんな甘みやムダに強い味つけなどはなく、程よいバランスととろみが美味でした

どうぞお試しあれ♪
  

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
5961位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
700位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。