スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

今日の手作り~ハート型フェルトパジャマ入れ~

Posted by Shibuko on 30.2013 手作り 0 comments 0 trackback
もうすぐバレンタインデーですね!
やっぱりハートの季節です

以前からベッドのまわりのどこにパジャマをおいて置くか悩んでいて、欲しいなと思っていたパジャマ入れ♪

フェルトで作ったらあっという間にできました!

日中はパジャマをいれて、クッション兼アクセントに。

でもベッドにハートってちょっとやり過ぎ??笑

[材料]
フェルト1ヤード

ボタン4つ

フェルト1ヤードで2つ作れます。

スポンサーサイト

アメリカンなラッピング

Posted by Shibuko on 20.2013 ノースカロライナ・ダーラム 0 comments 0 trackback
私もアメリカンな生活に慣れてきたなと感じる瞬間・・・



プレゼントを袋ごと渡すこと、そして袋の中にカラフルな紙を詰めること!

普通のアメリカ人だったら中のプレゼントは包んでなくそのままなんだけど、そのあたりはまだ私も日本人。
中はきっちり包んであります。(笑)

今日の手作り~小物入れ~

Posted by Shibuko on 20.2013 手作り 0 comments 0 trackback
ちょこっと手があいたので、息子のやけどケアキットを入れる小物バスケットを作りました~♪

やっぱりこのレモンの布地好きだなぁ

型紙はCDケースのサイズで。

ピラテス

Posted by Shibuko on 15.2013 日記 0 comments 0 trackback
1月から本格的にピラテス始めました!

週に3日、Falls of Neuseの近くにあるCorne先生のスタジオに通ってます。

始めて5回目のレッスンに昨日行ってきたけど、体がどんどん変わっていくのがわかる~♪

出産でのびきった体にムチ打つぞー!笑

# やけどー黄色ブドウ球菌ー敗血症ー毒素性ショック症候群体験記 その2

Posted by Shibuko on 15.2013 未分類 0 comments 0 trackback
ことの発端はホテルに泊まったことでした。

それまでは夫の実家に滞在をしていたのに、夫の仕事の都合で夫が短期間だけどホテルに宿泊していたので
最後の1泊だけ私たちも宿泊をさせてもらうことにしました。

翌日には夫の同僚と観光に行く予定だったので、みんな一緒のほうが都合がいいと。

朝7時30分に目覚ましをかけ、お茶を沸かし、紅茶を入れました。
息子はつたい歩きができるようになってきていたので、あちこち歩き回っては
時計やらメモやらを落として回っていました。

8時30分にはでかける予定でいたので、夫はバスルームで支度を、私は荷物をまとめて
息子のパック&プレイをしまっているところでした。

まだまだつたい歩きが危なっかしい息子を5秒おきに傍目に確認しながら、
ばたばたと片付けていると、息子が
「ギャー!!!!!」というとんでもない悲鳴をあげたのです。
驚いてすぐに目をやると、紅茶を入れたカップが床にひっくりかえっていたのが見え
なぜか私は「まーーー!!」といったのを覚えています。

入れて2分くらいの紅茶、特にアイルランドやイギリスでは沸騰したお茶でマグカップにそのまま
お湯を入れて紅茶を入れるので、まだ温度はかなり高いままの紅茶を息子は
カウンターの上においてあるお盆をひっくり返して上からかぶってしまったのです。

カウンターにつかまったまま大きな声で泣いている息子をすぐさま抱えてシャワーに飛び込みました。
無我夢中で、服を着ていることなど忘れ、息子を抱えて冷水シャワーを一生懸命あびました。
息子の来ていた服を脱がせると、お湯を被った部分が赤くなり皮もめくれていました。
顔も真っ赤になっていたので、顔、特に目などをやけどしてない事を祈りながらとにかくシャワーをあびつづけました。

バスルームにいた夫は何が起こったかわからないらしく、「何?どしたの?何がおこったの?」
という感じでしたが、私のあまりの形相にすぐに何がおこったっか察したようでした。

私はとにかく夫に「Call the ambulance!!」と繰り返し言ったのですが、
そのとき夫は、そこまでやけどはひどくないと思ったようで、義母に電話をかけ始めました。

義母には病院名を伝えられ、そこに車でいこうと悠長なことを言っているので
「Call the ****ing ambulance!」と繰り返し、やっとフロントに電話をかけフロントの人が救急車を
呼んでくれました。

きっとこの間、5分程度のことだったかと思います。

私はとにかく息子を冷水で冷やすことと傷が残ったらどうしようということが頭の中をぐるぐる
まわっていました。

しばらくするとホテルのマネージャーがきて、「そこまではひどくなさそうですね。救急隊がもうすぐ来ますから」といわれました。
そして夫が着替えの服を持ってきてくれたところで救急隊も駆けつけてくれました。
救急隊にも「そこまではひどくないね。お母さん、正しい判断をしましたね」と言われました。
そしてジェルのようなものがついたガーゼをやけどをした箇所に当てられタオルにくるんでもらいました。

きっと息子は冷水シャワーを15分くらいあびたかと思います。
その間泣き叫んでいたし、たぶんからだがだいぶ冷えたためだと思いますが、タオルにくるまれたときは少々震えていたような気がします。

救急車の中では、救急隊に名前・住所・いつ、何が起こったか、救急隊が来るまでどんな対応をしたかなどを聞かれました。
息子はやっぱり泣いていたので、少し平静を取り戻した私は、“七つの子”を歌ってあげると
ほんの少しだけ泣き声が和らいだような気がしました。

向かった病院はTemple Street Children's University Hospitalというところでアイルランドで一番良い小児大学病院でした。
泊まっているホテルから5分程度のところで、病院につくとすぐに救急処置室に連れて行かれました。
看護師数名が待機していて、到着するとすぐに同じような質問をされました。
「正しい判断をしたわね。やけども正しい対応のおかげでそこまでひどくないから大丈夫。きっと傷も残らないわよ」とのこと。
そして「かわいそうに、ズボン持ってきてあげるわね。」と笑顔で言われました。

そうそう、私、1泊の予定でズボンは1本しかもっていなくて、それで冷水シャワーをあびたから
とっても丈の短いワンピースしか乾いている服がなかったんです。。。
かろうじて下着はみえないものの、大変見苦しい格好だったため、
看護師さん用のスクラブの青いズボンを貸してくださいました。笑

この時点で朝8時くらいだったかと思います。
外科の先生がすぐに来るとの事だったので、しばらく簡易ベッドで待たされました。
そうして10分もたたないうちに先生がいらしてやけどをみてくださいました。

やはりやけどはそれほど酷くなく(一生残る程ではない)中度の火傷で全身の7%程度にあたる範囲のようでした。
幸い上からかぶったもののお湯の量はそれほどではないので、胸と右腕のやけどで済みました。
その間ずっと泣きどおしの我が子をみてとっても胸が痛んだものの、顔にやけどがないことを確認してどれほどホッとしたことか。。

そのあとはこのあと傷がどのように治っていくかの説明を受け、DuoDermというパッドのようなものをはってもらっただけで、すぐに帰宅することが出来ました。
「もう一度パッドの交換で火曜の朝に来てくれたらいいよ」とだけ言われました。

やけどをおってから 1時間泣き続けた息子は疲れと空腹で限界まで来ていたのでおっぱいをあげるとスッと眠りに落ちました。

8時45分ごろタクシーで一度ホテルに戻り、その後夫の実家へ。

義父母が優しく迎え入れてくれました。

息子は病院を出てから2時間以上カーシートの中で眠っていましたが、夫が目を覚ましたのを聞きつけて息子のいる部屋に行くと満面の笑みで「パパ・・・」と言い、まるで何事もなかったかのように遊び始めたので、
私達は少々面をくらいましたが、子供の回復力っていうのはきっとそういうものなのでしょうね。

そんなわけで、土曜の午後の段階ではまだ多少心配ごとはあったものの、もう後は治るのを待つのみ!と思ったのでした。

そのあとに起こる恐ろしいことなど想像だにもせず・・・。
  

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
6633位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
768位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。