スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

ハウスクリーナーの相場

Posted by Shibuko on 22.2016 収納・掃除 0 comments 0 trackback
ハウスクリーナーを雇われている方はいますか?

日本ではあまり聞いたことがなく有名人などが『小さいころはお手伝いさんがいた』なんていうと、いったいどこのお金持ちじゃ!なんて気になったものですが、ここアメリカでは実はかなり一般的なよう。

今まで友人の家に遊びにいって「わぁ~、いつきてもすごくきれいなおうち!すごく掃除好きなんだろうなぁ。」なんて思っていたのですがどうやらそうではないらしいのです。

きっかけは夫の一言。
「3人目が生まれたら家事とか大変になるからハウスクリーナー雇ったら?」と。
いやいや、ハウスクリーナーなんて!と思ったものの、見積もりを取るのはただだし、もし安くお願いできる人がいるなら、それは助かる。と思い、見積もりをお願いしてみることにしました。

以前、近所に住む友人が「月一回ペースなら$130、月2回ペースなら$100/回でハウスクリーナーを頼むことにした」という話を聞いたことがあり、「意外と高いなぁ~」と思った記憶があったので、その人が無駄に高いのかと思っていたのですが・・・

見積もり訪問
見積もりをお願いしたのは南米系のおばちゃんルーシーさん。
うちに来てもらって部屋を見て回ってもらってお見積り。特にリストなどがあるわけではなく、ルーシーさんがさらっと部屋を見てもらう感じで家の中を案内しておしまい。

ちなみにうちは約300平米で、4ベッドルーム、バスルーム兼トイレが3つとトイレがひとつ。掃除してもらいたい部屋数はあわせて10部屋。

私が住むダーラムのHope Valley地域周辺ではさして大きくなければ、小さくもないレベル、だと思います。
ご近所さんにはうちより大きい家がゴロゴロしていますので。

お値段は「月に2回だったら1回$100、週1回ペースだったら一回$90」とのこと。
ふーむ、やっぱりそんなに安くない。

お仕事内容
そのお値段の中にどんなお掃除が含まれるのか聞いてみました。

===========
・掃除機がけ(フローリングとカーペットごとに別の掃除機を使う)
・フローリングのモップ掛け
・ベースボード拭き(床と壁のつなぎめのところのほこりがたまりやすいところあるじゃないですか。それです。)
・窓ふき
・トイレ・バスルームの掃除(トイレ、シンク、鏡、シャワーブースなど)
・冷蔵庫の拭き掃除(ものがいっぱいでなければ外だけでなく中も。)
・オーブン、トースター、電子レンジの拭き掃除(中も外も。)
・キッチンカウンター磨き
・シーリングファンやペンダントランプのほこり落とし

===========

これをアシスタントの人と二人がかりでするそうです。
うーん、けっこうあるなぁ。私が手の回らないところもたくさん・・・。窓とか拭いてるひまないもんね。

ちなみに所要時間は汚れ具合による、だそうです。
時間で制限している会社もたくさんあるけど、ルーシーさんは「きれいになるまで掃除する」が信条だそうです。
なので、初回は4時間かかるかもしれないし、続けていけば2時間程度で終わるかもしれない、とのこと。

相場と大差ない
今回見積もりをお願いしたのはルーシーさん一人だけなのですが、この話を友人たち数名にしたところ「うちと一緒」とか、「安い!紹介して!」とかっていう話を聞き「え、ハウスクリーナー雇ってたの!?」と私がびっくりしたわけなのですが。

ダーラムに住む友人はやはり月2回で一回$100のハウスクリーナーを雇っているとのこと。
クリスチャン系の方で、拭き掃除はモップではなく雑巾がけを丁寧にしてくれるとのこと。

ラーレー郊外に住む友人は一回の訪問で$150とのこと。しかも1階の掃除のみとのこと。
彼女の場合は、家丸ごとでお願いしているのではなく、一つ一つの作業ごとに料金が発生するそう。
(上記のルーシーさんの見積もりの項目ごとに料金が発生するような感じ。掃除機がけがいくら、トイレ掃除がいくら、と。)
なので2階もお願いすると高くなるから予算にあわせて1階部分だけお願いしているのだと思います。
まぁ、彼女の家はおそらく400平米くらいありそうだから、その分高いのでしょうけど・・・

今回の見積もりで分かったことは、一回のハウスクリーニングの料金が$100~150くらいがこの近辺の相場であるということ。
頻度があがれば料金は下がるし、頻度が少なければ料金は高くなる傾向があるようです。
まぁ、掃除の汚れ具合は増えますからね。

この結果からわが家がハウスクリーニングに踏み切ったかといえば、今のところ「ノー」です。
月に2回、12か月来てもらったら約24万円年間に使うことになるわけじゃないですか。
それだけあればほしいものが買えたり、おいしいものが食べられたりするわけで・・・
そんな目先の欲望にとらわれてばかりの私は、家が綺麗に保たれることより、欲望に忠実であるわけです。

ちなみに夫は私より綺麗好きなので、私が気にならない程度の汚れでも彼にとってはもしかしたらストレスになっているのかもしれませんけどね。
でも、そんなにたくさんお金をかけるより、まずは自分でできることから、と色々掃除用具を買ってきてみました♪
私のことだから三日坊主で終わりそうな気がしますが。笑

でもそのおかげもあって1階のシーリングファンの汚れは落ちたし、トースターとオーブン庫内もきれいになったし、今のところフローリングもピカピカです。
はたしていったいいつまで続くのでしょうか・・・。
スポンサーサイト

留学生が来る♪

Posted by Shibuko on 23.2015 収納・掃除 1 comments 0 trackback
今日の夜、富山県から留学生の子がわが家にやってきます☆

2週間と少しの短い滞在なのですが、海外に出るのは初めてだそうです。
私も21歳の頃に短期留学でイギリスへ旅立ったのが初海外だったので、なんだか共感・・・

というわけで、ゲストルームをお掃除

今回の滞在はわが家のロフトスペース。
引越しのときに解かなかった荷物などの物置きのようになっていたのですが、それでも40平米はあるかなり広いスペースなので、一生懸命お片付け。
わが家は友人・家族の家に泊まりに行く事も多いので、その経験から学んだ
「あったらいいな」のゲストルームの設え
をご紹介。

ロフトにはクローゼットはないので、まずは目隠しから。
天井からバーラップを吊るして、荷物がぱっと目につかないように。
2015022105.jpg
うっすら見えるので隠しきれてはいないけど、それでも100%見えるよりはまし。

で、お部屋はこんな風にゲストルーム仕様に仕上げました。
2015022104.jpg

その際のポイントがいくつかあります。
まずはナイトスタンドエリア。
2015022101.jpg

ベッドサイドにテーブルを置き、鏡とランプを配置。(ランプシェードがないのはご愛嬌。ビンテージ品でシェードがありませんでした。)

テーブル・・・携帯やアクセサリーを置く。
・・・ちょこっと身だしなみチェックをしたいときに。
ランプ・・・夜は煌々とした明かりじゃなくて、ほんわりした光で過ごしたいでしょ?

そして、wi-fiのパスワードとちょこっとスイーツなどがあるとなおゲストに優しいです☆

次はベッドエリア
冬のこの時期は、暖房がついてても寒くなるかもしれないから、毛布と掛け布団はマストですよね。
そして形・素材違いの6つ枕。アメリカのホテルなどにいくと必ず4~6つは枕があるんです。
今回はそのうちの半分くらいは飾りなんだけど。普通の枕2つ、羽毛の枕1つと可愛いオシャレクッションを配置しました☆

それと今回は滞在が長いので、洗濯物バッグも用意。
中には洗濯ネットも入れてあります。下着類は見てしまうほうも見られるほうも、ちょっと気まずいですからね!

2015022102.jpg

その他ゲストに快適に過ごしてもらうために、イスも忘れてはいけません。
ベッドで(うちの場合は布団だけど)ごろごろするのも悪くないけどイスに座りたいときもありますよね。
あとはかばんを置いたりもするし、何かと高さの違うものが部屋の中にあるというのはとても生活導線上大切なことです。

2015022103.jpg

そのほかに、ハンガーをかける場所(わが家はドアにかけるタイプのコートラックがありそれを設置。かけるフックが5つくらい)とゴミ箱も忘れてはいけません。

こんな感じにお部屋を整えると、少しだけホテルのような非日常感がアップするし、滞在が過ごしやすいものになります。

いかがでしょう?参考になりましたでしょうか?
ご友人、ご家族が家に泊まりで来るときには、ぜひ取り入れてみてくださいね☆

子ども部屋の整理2015

Posted by Shibuko on 13.2015 収納・掃除 0 comments 0 trackback
なんだか久しく筆を握っていないせいか、なにから書いたらいいかわからないのだけど、とりあえず子ども部屋の整理が済んだので・・・

2015010403.jpg

わが家の子どもたちは二人部屋で寝ています。
扉から正面にあるのが息子ちゃん側、扉側が姫側。今ごらんいただいているのは息子ちゃんのほうです。

おもちゃはたくさんあるので、全部出すととんでもないことになるし、季節ごとに入れ替えるという名目で半分はクローゼットにいれたまま、はや半年。おかげで少しはスッキリしてますが。笑

なので、今部屋にだしているものはわりとひごろから遊ぶおもちゃが多いのですが、このたてかけ式本棚にある程度をおさめて、あとはベッド下収納を使っています。

子どもの本棚は大人のと違って、おもちゃと本が混在します。
なので、本はなんとなく色事にわけて中央が水色系、下の段に赤色系をもってきました。
そしてのこりのスペースはおもちゃをかざったりしています。

ちなみに上の2段は息子ちゃんの手の届かない高さなので、あまり頻度の高くないおもちゃまたは大人の管理下以外ではさわってほしくないおもちゃなどがのせてあります。

2015010401.jpg
本棚の一番したの段は空箱や姫の手のだしやすいおもちゃをいれたりしています。
そして下から2段目はこまごまとしたおもちゃを、水色は息子ちゃん用、赤は姫用と大雑把にわけて、どちらかいっぽうがお昼寝してしまったらはこごとリビングに移動して遊ばせるようにしています。
そうすればお昼寝を邪魔しなくてすみますから。

そしてベッド下にはレゴや線路のセットがクリアケースに入ってます。
どうしてもその手のものは片づけが面倒なのだけど、ばらばらに収納しておけば遊ぶときにピースをいちいち探さなくてすむので我が家ではこの方式。
ちなみにクリアケースはカチッとロックがかかるもの。
息子ちゃんはあけられますが、姫はまだあけられません。

正直子どもが二人いると散らかす速度に対して親一人での片付けの頻度ではなかなかついていけないので、ひとまず姫の蛮行を阻止するための対策です。
蛮行とか言って、姫、ごめんねっ!でもねっ!やたらめったらがちゃーんとひっくり返されるとママはやりきれないんですよっ!

2015010402.jpg

それと、ぬいぐるみ系は左のギザギザのいれものにどちゃっと詰めちゃって、あとお絵かきの道具は右の黒いテーブルの下の緑色のケースにこちらもまとめて収納してあります。
お絵かきノート、マグネットタイプのお絵かき、クレヨン、色鉛筆、シールなどなど・・・

この収納をしたら、だいぶ片づけが楽になりました。
というか、それでも子どもたちのあとを追いかけながら一日中片付けしてるような感じではあるのですが、それでもある程度公式を組み立てたおかげで自分の中で悩むことがなくなったのかな??

さて、いつまでもつかわかりませんが、とりあえず子どものおもちゃ収納はこんな感じな2015年のはじまりでございます。
姫サイドはあまり収納はなく、ベッドがあるだけですが、いつか姫サイドもご紹介いたします☆
女の子仕様ですこーしだけピンクでLovelyな感じにしたててますので。

・・・はぁ、なんだかスッキリした感じでかけなくてごめんなさい。執筆リハビリ中のShibukoでした。
ではみなさま、本日も御機嫌よう☆

本棚おさらい

Posted by Shibuko on 05.2015 収納・掃除 0 comments 0 trackback
気がついてみれば引越しから2ヵ月半。
なんだかもっとたったような気がしていたから、まだ3ヶ月に満たないことに驚き。
ちゃんと家の中のいたるところが完結していなくて、フラストレーションがたまっていたからちょっと得した気分。

新年を迎えて、前々から気になっていた本棚の整理をしました。

本棚の整理は以前の家でも一度していて、そのときに方程式を決めているから一度やってしまえばあとが楽というのうはわかっていたのだけれど・・・こんなに時間がかかってしまった。

また今回も、『恥を忍んで』シリーズ。ぐちゃぐちゃの本棚。↓
2015010201.jpg

そしてこちらが整理後。
2015010202.jpg

ルールは前回と同様。

・背の低い本は上段へ。左から。
・背の高い本は下段へ。
・見た目の良い本は前に出す。

例外(料理本、雑誌、その他大事な本)
・料理本は左列の上2段に。使い終わったら左側へしまっていく。(よく使う本がすぐにわかる)
・雑誌は右列の最下段に。
・子供に触られたくない本は右列最上段に。

また見た目のよい本はなるべく下段のほうには置かず、上2段に置くと目線があがるのでヨシです。
今回は下から2段目にも置いてしまってますが、これは今だけの仮措置です。
今週、この甲冑の本に興味を持ちそうなお客様がいらっしゃるので。お客様が帰られたら、本棚に通常通り戻す予定です。

なんだか前回と比べて本増えた?という気がしますが、以前は左下の段にも本を置いていたのが、今は子どもたちにいじられるし、子どものおもちゃを少し置いておきたいのでそこを空きにしているのでそのせいのはずです。

はぁー、これでちょっとスッキリ!子ども部屋の本棚も整頓したのでそちらも後日ご報告します。
今年はもう少し整理・収納頑張るぞ!

前回の整理の様子が気になる方はこちらの記事からどうぞ。

主婦の時間割表

Posted by Shibuko on 21.2014 収納・掃除 0 comments 0 trackback
9月が学校の新年度始まりなアメリカは、今はどこを見ても「Back to School」(新学期)一色。洋服や文房具などのセールに、家の片付けや整理のプロジェクトに関する記事。
学校に通う人がいないわが家ですら、なんだかソワソワしてきてしまいます。

それに触発されたわけじゃないですが(←いえいえ、もろに触発されてますよね!)、専業主婦3年生を卒業し4年生に入る私も時間割表を作成してみました。

どうも昔から家事全般がひどく苦手で、なんとかこなしているものの、主婦のプロのように自然に体が動くわけではなく、頭で考えていちいち「あ、そうそう〜」とか思いながらやっているわけで・・・気付くと絨毯が子どもの食べ散らかした食べクズで酷いことになっていたり、シンクのまわりに水アカが着いてしまったりとするわけです。
なので、少し前から時間割を裏紙にメモしてそれを見ながら、今日はあれしなきゃ、なんてしてたわけなんですが、まぁ、その裏紙がなんともいえないミミズの這ったようななぐり書きで他にも色んなメモがあってあまりにもやる気がおきない見た目なんです。
時間割としては役にたってはいるものの、「コリャ、なんとかなりませんかね、自分・・・」と思ったことは数え切れません。

なので、冷蔵庫に貼って人様の目に触れても恥ずかしくないように、週割の表をPicmonkeyで作成して、そこに清書をいたしてみたりなんかしました。
<主婦の時間割>
トイレ、水まわりのお掃除 週3回
掃除機 週3回
洗濯 週6回
お金の整理 月2回
これら以外にもお料理は毎日だし、子供と遊んだり外出したり、お花をいけたり、色々ありますが、基本的な生活リズムとして、これだけはやるようにこころがけています。
もちろん出来ないときもありますけど、そのときは日曜日にまわしたりして。
2014082001.jpg

普通紙にプリントするとすぐによれてきてしまうので、カード紙(のプリントに失敗した裏紙。結局裏紙じゃないのー。笑)にプリント。

今回は主婦の時間割になりましたが、曜日以外はブランクにしてあるので予定表や献立表なんかに使ってもいいんじゃないかな。

せっかく作ったし、色々な使い方があると思うので、ブランクの表はこちらに載せておきます。
もし良かったら使ってみてくださいね☆
(プリントされるときはコメント欄または拍手に一言コメントをいただけると嬉しいです☆感想など)
Chore.jpg

しかし、世の奥様方は家事はどの程度されているのでしょう?
私は自分に無理のない範囲で、かつある程度清潔に保つために上記の時間割を決めましたが、きっと毎日トイレ掃除も掃除機かけも洗濯もされてる方とかもいらっしゃるんでしょうね。
気になるけど、気にするときりがないので気にしないことにします。何事もマイペース、マイペース。
  

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
4491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
563位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。