スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

お役立ち裁縫道具。

Posted by Shibuko on 05.2014 家事 洗濯  0 comments 0 trackback
これなにかご存知ですか?
2014120501.jpg

正式な名前は私もよくわかっていないのですが・・・
(エディンブラシ、フィンガーティップ、と英語で書いてあります。)

ぬいぐるみなどをつくるときに使うもので、縫い目に入ってしまった毛をすくいとる裁縫道具のひとつです。

私もたまにぬいぐるみを作ったり、または先日作ったハロウィンのオオカミコスチュームなどでお世話になっているんですが、実はそれ以外に私がよく使っている方法があります。

それは誤った方法で洗濯してしまってゴワゴワになってしまったモコモコ素材を復元するためです。

ゴワゴワとかモコモコとか、擬音語ばかりですみません・・・。
要するに、こういうこと。

これ、娘ちゃんのお洋服なのですが・・・
2014120502.jpg

実は洗濯機で普通に洗ってしまって、こんな風に。
2014120504.jpg
わかりますでしょうか?背中のほうをみていただくとわかるのですが、本当はフワフワであるはずがゴワゴワに。

近くでみるとこんな風に。左半分が見処置の背身頃で、右半分が処置をした前身頃です。
2014120503.jpg

ゴワゴワ、です。
2014120505.jpg

それをこのコで梳いてやると・・・
2014120501.jpg

左半分が背身頃で、右半分が前身頃です。ね、遜色なくなったでしょ?
2014120506.jpg

近くでみると。
2014120507.jpg
さっきまでは・・・
2014120505.jpg

というわけで、こんな風になりました。
2014120508.jpg

もちろん、オリジナルの状態と比べたらちょっとごわつく感じはありますが、それでも処置をする前のゴワゴワのものよりも格段もマシです。

これで、私は子どもたちの毛布や、寝るときに抱いているよだれまみれのウサギさんなど、洗うと毛並みがかわってしまうけど、どうしても洗いたいものなどを洗って、あとからこれで処置をするようにしています。
実際ぬいぐるみに使うよりもこっちの用途に使うほうが多いかも。

もしこれを持っている方がいましたら、どうぞこんな風に使ってみるのもいいかもしれないですョ。

スポンサーサイト
  

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
5178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
606位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。