スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

おひとりさまの朝は♡

Posted by Shibuko on 13.2016 料理 ドリンク 0 comments 0 trackback
おひとりさまの朝は・・・

2016021305.jpg

スムージーから始まる♡
#ミックスベリースムージー

昨日はここ数か月でまれにみるアクティブぶりで、プリネータルマッサージ→モールでベジタブルフォーを食べ→アンスロでリテイルセラピー&West Elmでセール中の家具をチェック→家に帰って家具の置き場所の計測→再びモールに戻りWest Elmで家具をお買い上げ→友人と映画『How to be single』を観にいき→再びアンスロへ戻りバレンタインイベントに参加♡→P.F. Changにて夕飯でしめ!と1日中外出。

家に戻ったらもう体はクタクタでやることだけ済ませてベッドに直行。

そんな1日を過ごした翌日だし週末なので、朝はのんびり起床して、スムージーなど作ってみるのです♪
いつもなら子供に起こされて、慌ただしく朝食を済ませ、出かける準備・・・となるわけですが。

いやー、優雅だわ。おひとりさま。

2016021307.jpg

今日はAnthropologieでゲットしてきた戦利品たちを棚や飾る場所へと収めていき、早速朝配送してもらったWest Elmの家具も配置して・・・といった楽しいデコレーションを楽しんだあとにレオ様の新作映画『The Revenant』を楽しみに行くのです♡

子供がいる生活もにぎやかでいいけれど、たまにはこんな優雅な朝を楽しむことも大事ですね。
子供を二人を飛行機にのせて連れていってくれた旦那さまとアイルランドで子供たちを預かってくれる義両親、家族に感謝です。

今朝作ったスムージー、材料は3つで洗い物もとっても少なく済むのでちょこっとご紹介。
<メイソンジャーでスムージー☆>
2016021302.jpg

まずはメイソンジャー1/2くらいまで冷凍フルーツを入れます。

2016021303.jpg

そこへ牛乳を投入。

2016021304.jpg

軽く上下逆さに振ってちょびっと解凍したらブレンダーやフードプロセッサーなどにバナナ1/2本分のスライスとともに入れてガーッと撹拌。

2016021306.jpg

できあがり!
あら、簡単!!

バナナを入れて撹拌するとかさがますので、きっちりメイソンジャー2杯分になります。
もちろんメイソンジャーから飲んでくださいねっ!!
一人で飲むのもよし!大切な人と分け合うのもよし♡

おひとりさまの私は一人で2杯消費しますが。笑
スポンサーサイト

Kusmi Tea もらっちゃった☆

Posted by Shibuko on 09.2014 料理 ドリンク 0 comments 0 trackback
パリのKusmi Teaが大好きな私。

ここノースカロライナでもSouther SeasonやDurhamのParker Otisなどで手にはいるのですが、ちょっとお高い。
20袋入りで約14ドル。。。
Harney & sonsのお茶ですら20袋で、ちゃんとした缶に入って$8程度なのに、紙箱に入ったそれが14ドルって、どうなのよ・・・。と思い購入を諦めていた私。

そしたら、なんとなんと!
大好きなアメリカ人の友人が「オンラインで3つお試しセット買ったから」といってミニ缶5個入りのおなじみのセットをくれました~!
2014112902.jpg

ちなみに、これ日本でみかけたこともあるのですが(確か、丸の内のブリックにあるロブションだったかな?)日本では3000円+税。日本でもお高い商品です。
パリで買うと確か15ユーロくらいだった記憶があります。(もう5年くらい前のことだけど。)

あ、たしか日本のDean&DelucaでもKusmiは見かけたかも。セットのではないけれど。

そんな高級ティーを頂いてしまい、彼女には恐縮ものです。
いつも何かとプレゼントをくれる彼女いわく「私の愛の言葉はプレゼント」。つまり愛情を示すためにプレゼントをあげることが彼女流なんだとか。
そういわれると、私の愛の言葉は「手料理」かしら?などと思いつつ、やはり彼女への恩返しは手料理になりそう。
日本食も大好きな彼女なので、さて次はなにでおもてなしをしようかと思案する冬の午後。

チーズケーキとルバーブとマルガリータ

Posted by Shibuko on 18.2014 料理 ドリンク 0 comments 0 trackback
ここのところチーズケーキが食べたくて食べたくて・・・

この2週間ほどの間にすでに4台目。

今日はなかでも、いちばん美味しく食べました!
なんてったって、家で食べるデザートの楽しみは好きなものと一緒に食べられること。
早速先日ゲットしたお皿たちを使い、手作りのルバーブソースを添えたチーズケーキとともにフォートナム&メイソンのダージリンでアフタヌーンティー。
2014071112.jpg
この日は姫の8ヶ月だったので、「8ヶ月祝い」と称して堂々と頂きました。
2014071111.jpg
遠くで指を加えて眺める姫。笑

そしてアフタヌーンティーだけにとどまらず、食後のデザートにも。
2014071113.jpg
理由は旦那さまが仕事でだいぶ疲れて帰って来たので、景気付けに!と称してまた堂々と食べる私。
ちなみにこのカクテルはマティーニロワイヤルというもので、テキーラとラズベリーリキュールのお酒です。
普通のマティーニより甘みがあるのでデザートとの相性がとても良いです。

ちなみに、ルバーブとはなんぞや?と思っている方のために、ルバーブを簡単にご紹介。
日本でもタルトなんかには使われているのを見かけたことがあるのですが、原型はこんな感じ。フキの茎のような感じです。食用ダイオウと呼ばれるそうで、とにかく酸味が特徴です。
2014071109.jpg

繊維がたくさんなので、便秘などにも効果があるとされるようですが、調理をする時はジャムのように煮詰めて使うならこのように1cmくらいに繊維を断ち切るように切ってから煮ます。
中は緑なんですね。
2014071110.jpg
砂糖とごく少量の水を入れて煮るのですが5分もすればもうドロドロになるほど煮崩れしやすいです。
逆に言えばほとんど煮なくて済むのでものすごく短時間で出来上がりです。
10分ほどで冒頭のケーキの横にあるソースくらいになりました。

味は砂糖と一緒に煮ているので甘酸っぱいというのが1番よく当てはまる言葉です。ラズベリーでもなくアプリコットでもなく、でもそのあたりの酸っぱさです。イチゴなどからはかけ離れてると思います。
チーズケーキの甘みとうまく調和してとてもいいバランスになるのですが、チーズケーキをそこまで好んで食べないうちの旦那さまもベタ褒めしてました。あ、でも大のルバーブ好きってのがきっと1番の理由なんですけどね・・・。
(ルバーブソースを食べるためにチーズケーキを食べてるんじゃないかと。。。)

とにかく食べてみないとわからないと思いますので日本でも見つけたらぜひ食べてみてください!以前はFloのタルトで見かけたなぁ。
アメリカ在住の方はたぶんいたるところで見かけると思いますが、機会があれば調理してみてもいいかもしれませんよ!

さ、今夜も〆はチーズケーキなり♪

サヴォイカクテルブック〜CocktailFriday〜

Posted by Shibuko on 15.2014 料理 ドリンク 0 comments 0 trackback
 先週、先々週とゲストをお招きしていたカクテルフライデー。今週はまたのんびり夫婦二人で過ごしました。のんびりといっても、欲しかったカクテルブックが届いたばかりで早く作りたくてウズウズしてたので、カクテルを5杯も作ってしまったのだけど・・・。
 サヴォイカクテルブックはカクテルの古典中の古典と呼ばれ、バイブルとも教科書とも言われるそうです。ハリークラドックがイギリスの名門サヴォイホテルのバーテンダーをしていた際のレシピをまとめたものだそうで、レシピ数は700を超えるそうです。
 私のようなど素人でも見ててワクワクするようなレシピがたくさん載っていて、その名前を見ているだけでも言い回しや言葉の響きが素敵で、さすがは名門ホテルだけあってやっぱりオシャレだなぁという印象です。

2014061301.jpg
記念すべきSavoyを使った一杯目はFluffy ruffles。 ラムベースでシンプルだけど深みのある味わい。

2014061302.jpg
Blue Train ジンのキリッとしたカクテル。
Blood Hound フレッシュなイチゴのスッキリした飲み口。こちらもジンベース。

2014061303.jpg
Gloom Chaser オレンジ系のお酒。グラナディンがちょっと強すぎて甘かったのでトニックウォーターで割って飲みました。
Ink Street ウィスキーベースなのだけどレモンがキツくなってしまった。

 東京に滞在中にお世話になったGrand Hyatt六本木のカクテル講座のおかげで、シェーカーを振るのも自信を持って触れるようになったし、今までカクテルを作るとなんだかカウンター周りがすぐ散らかってしまっていたのが、スッキリ散らかさずカクテルをささっと用意できるようになりました!とっても嬉しいことです。
 そして3年前、アメリカに引っ越すと決まったときの餞別に大学時代の男友達からは、「君たちパーティーピーポーにはこれが必要だ。」と言ってシェーカーのセットを頂いていたのですが、それをものすごい頻度で活用できるようになりました。私がこんな風にカクテルにはまるのをわかってたのかな・・・なんて思ってしまいます。

本当に嬉しい、サヴォイカクテルブック。この嬉しさどう表現すればいいのかわからないほどです。お友だちのみなさま、どうぞカクテル飲みにきて下さいませ!!

Cocktail Fridays〜テキサスハリケーン もどき〜

Posted by Shibuko on 05.2014 料理 ドリンク 0 comments 0 trackback
ひゃー!

今週は旦那さま、金曜の午後から出張だと言っていたので、カクテルフライデーはお休み〜と思っていたのに、『金曜いないから木曜にカクテル作ってくれる?』と。

え、そうなのー!?いや、まぁ楽しみにしてくれるのは嬉しいんだけどさ。

ということで、木曜なのに気分はカクテルフライデー。
で、今回もまたおつまみなし、と...。
夕飯が居酒屋メニューだったから、そっちに気合いを入れすぎちゃって手がまわりませんでした。
日本酒のつまみとしては120点満点な感じだったんだけど、カクテルには全くもってあわなさそうだったので...。

今日のカクテルはTexas Hurricaneもどき。
マリブがなかったので、ココナッツウォーターで代用したのと度数の高いラムはないのでそっちは省いて。

私のモクテルは、クラッシュした氷を入れて、パイナップル:オレンジジュース:ココナッツウォーターを2:1:1の割合で注ぎました。

2014033011.jpg

これを飲み終わって、夕飯を食べていたときのこと、旦那さまがぽそっとつぶやきました。
「数年前には、君がこんな風に美味しいごはんを作って、完璧な母親になれるとは思ってもみなかったよ」と。

はいー!?なんですと!?じゃぁいったいなんで結婚したの!?と疑問を抱かざるをえなかった瞬間でした。
「だって、君家事全般できなかったし、わがままだし、責任感はないし。」
オーマイゴー、です。笑 これには私も苦笑いするしかありませんでした、本当のこと過ぎて。
まぁ、でも進歩しているのを認めてもらっているので、ありがたく受け止めることにしましょう。私の成長はこんなもんじゃないからね!ってことだけここで宣言しておきたいと思います☆

見ておれ~、旦那さま!!
  

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
8338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
996位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。