スポンサーサイト

Posted by Shibuko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Shibuko 

ガッカモーレはいつ食べても美味しい☆

Posted by Shibuko on 10.2016 料理 ハーブ 0 comments 0 trackback
先日の朝、急に夫が「そういえば今日ボストンから○○が来るんだよね」と言い出しました。

ふぇ?聞いてませんけど?

というわけで、とりあえず先日Costcoで大量に買っておいたアボカドを使って朝のうちにガッカモーレだけ下ごしらえ。
残りのお料理は午後に考えるとして・・・。

2016010502.jpg

出張者の方をわが家で迎えるときはなるべく家庭的な味を作るように心がけています。
夫が出張者の方をいつもうちに呼ぶ理由は夫自身が出張の際の外食に飽き飽きしているから。
少しでも出張の負担を減らしてあげたい、と思っているんだと思います。

私も日本にいた頃の繁忙期には毎週のように出張があったのでその気持ちよくわかります。
(私の場合、酒どころ、美味いもんどころが多くて外食はそんなに苦ではありませんでしたが・・・。)

そんなことに思考を走らせながら朝からせっせと下ごしらえ。
ガッカモーレを簡単に作るミックスなども売ってるし、できあいのものもたくさん店頭に並んでいますが、ガッカモーレはやっぱり手作りが一番おいしいと思うのです。

好みのスパイスとニンニクをたっぷり入れたわが家のガッカモーレ☆
隠し味はコリアンダーのスパイスかな?

作るときによって味は若干異なるのだけど・・・先日分の備忘録はこちら。

☆材料☆
アボカド 3個
トマト 2個(今日は大きいトマトがなかったのでミニトマトで代用)
紫玉ねぎ 1/6個
ライム汁 1個分
シラントロ(パクチー) お好みの量(枝は取り除いて1/2カップくらい)
にんにく  1かけ
クミン 小さじ1
コリアンダーパウダー 小さじ1/2
パプリカパウダー 小さじ1/2
塩 小さじ1

基本的にはみじん切りにして混ぜるだけですが、私はライム汁を最初に絞っておいて、アボカドは最後に切り、切ったとたんにライム汁と混ぜ合わせてなるべく色の変色を防ぐように心がけています☆

食べるときはTostitosのスクープタイプががっつり食べられて好きです。
スポンサーサイト

ある日の食卓~ブロッコリー・シラントロスープ~

Posted by Shibuko on 08.2016 料理 ハーブ 0 comments 0 trackback
マンネリになりがちなブロッコリー料理。
みなさんどうされてますか?
うちではちょっとひとクセを加えたブロッコリースープに☆

2015122801.jpg

☆材料☆
ブロッコリー 1株 ・・・下茹でまたはスチームしておく
じゃがいも 1個 ・・・スライスして水にさらす
玉ねぎ 1/2個 ・・・スライス
コンソメ 1~2個
パクチー・イタリアンパセリ・タイム 各お好みの量(各大さじ1くらいかな。ハーブはお好みのもの、手持ちのものでいいと思います。)
(生クリーム 50~100cc)
水 600cc
塩 少々
油 少々

・お鍋に油をひき、温まったら玉ねぎを入れしんなりするまで炒める。
・水気を切ったじゃがいもを入れ水600ccを投入し、沸騰したら火を弱めじゃがいもが柔らかくなるまでゆでる。
・じゃがいもにしっかり火が通ったらブロコッリーと刻んだハーブを入れ1~2分ゆでる。
・ブレンダーやフードプロセッサーなどで撹拌しピュレ上にし、鍋に戻しコンソメと塩を加え火にかけ調味する。
(アメリカのコンソメはキューブが日本のものより大きいので1個でもなんとか足りますが、日本の場合はおそらく2つ必要かもしれません。)
・ここの段階ではパクチーの味がピリッとした爽やかな感じのスープで完成。
もっとポタージュっぽい感じがお好みであれば生クリームを投入して完成です。

多くの方はパクチーよりもポタージュのほうが安心する味かもしれませんが、私はパクチー(アメリカではシラントロといいます)の味がきいたさわやかバージョンもかなり好みです☆

レモンバーベナレモネード

Posted by Shibuko on 13.2015 料理 ハーブ 0 comments 0 trackback
ちょっとお疲れ気味の今日。
土曜の昨日は、朝からガレージセールとダーラムのファーマーズマーケットをハシゴして午後からは夫の同僚兼友人二家族が遊びに来てくれていたので1日中バタバタ。
日曜の今日も午前中は買い物二軒行って、午後は子どものお昼寝の間に短い惰眠を貪り回復を試みるも、実際もうそんなに若くないわけで。
とっても暑いしグッタリして何か飲みたいんだけど、何も飲みたくない、そんな気分。

外ももう真っ暗だなぁ・・・と思ったら、イイコト思いついた!
庭に植えたレモンバーベナで飲み物作ろう!

という訳で、レモンバーベナ2枝とレモン汁1.5個分とシロップをカクテルシェーカーに入れ氷を入れてシャカシャカ。
それを炭酸水で割って出来上がり。レモンバーベナ炭酸レモネードです☆
(写真はまた後日。もうホント疲れた。)

レモンバーベナはコウスイボクとも呼ばれる低木のハーブで、レモンのような香りがします。
ものの本によると鎮痛、強壮、消化に効果があるんだとか。

夏バテっぽくてあまり食べる気がしないから(というわりには実際食べてるんだけど)、ちょうどいいかな?
寝る前だしスッキリした香りで気分も落ち着けて。

ちなみに味はスッキリな大人レモネードといった感じです。

それでは皆さま、お休みなさい。
明日からまたよい1週間を☆

夏のパーティはストロベリータイムレモネードから

Posted by Shibuko on 08.2015 料理 ハーブ 0 comments 0 trackback
週末のこと。
この週末はジュライフォースウィーケンドと言って7月4日の独立記念日を祝うアメリカ全土で3連休。みんな揃ってBBQをしてパレードを見て花火を見るのがアメリカ人の慣わしなのですが、私たちはパレードと花火にはいかず家でダラダラ。
その代わり、5日はご近所さんを呼んでバーベキューをすることに。

あ、ちなみにこのあたりカロライナではバーベキューという言葉は要注意ワードでして、日本ではバーベキューは「する」ものもしくは「バーベキューソース」。大部分のアメリカでも日本のと同義だそうですが、この近辺ではバーベキューは基本は「ポークバーベキュー」という特製ソースをかけて調理をした特定の料理のことを指し、日本語でいうところの「バーベキューをする」はgrilling(グリリング)といいます。
しかもこのポークバーべキューはカロライナ東部と西部、そしてノースカロライナとサウスカロライナでだいぶ味付けが違うので、ときたまカロライナ出身の方たちが熱い討論を繰り広げているのを見かけます。
なので、軽々しく「今日バーベキューするんだ」などとはいえません。睨まれます、ローカルに。なのでグリリング、です。

話が脱線しましたが・・・

そのご近所さんの集まり会でせっかくだし飲み物も作っちゃおうってことで、今回のシグネチャードリンクがこちら。
ストロベリータイムレモネード。
2015070702.jpg
レシピはReal Simpleのこちらから。

大量のイチゴをスライス。
2015070402.jpg

新鮮なタイムを一掴み。
2015070403.jpg

レモンもがっつり手絞りで。
2015070405.jpg

なんだかカラフルですでにココロはパーティ気分。

イチゴのへたを取るのが結構手間なので、私はじゃがいもピーラーの芽をとる部分を使ってへたをくりぬきました。
お気に入りのピーラーはZylissブランド。
手によくなじむ形と切れ味の良さが決め手です。
2015070404.jpg

お酒を飲まない方にはこのまま、お酒を飲む方にはウォッカやラムで割ってあげて、しょっぱなからサマーパーティ気分に浸ってもらいます☆

2015070701.jpg

みーんなにとっても好評だった大人レモネード。
タイムがお嫌いでなければぜひ試してみてくださいませ☆

#ハーブ#タイム#ドリンク#Cocktail Friday#レモネード

きゅうりとセロリとピンクペッパー

Posted by Shibuko on 09.2015 料理 ハーブ 0 comments 0 trackback
はぁー、なんだか久しぶり。
お料理について書くのもブログを書くのも。ちょっと落ち着いたかな。

さて、今日はお料理備忘録。
適当に冷蔵庫の材料を組み合わせて作った割に美味しかったので。

材料
ミニきゅうり 4本
セロリ 6本
香菜 1/4カップ
EXバージンオリーブオイル 大さじ1程度
塩 小さじ1程度
ピンクペッパー 適量

・きゅうりは斜め薄切り、セロリは筋を取って薄切りにする。
・きゅうりとセロリをボウルに入れて塩を全体に振り、しんなりするまで手でもむ。
・オリーブオイルを全体にまわし入れさらにもむ。
・刻んだ香菜をパラっと入れてさらに軽く手で混ぜ、仕上げにピンクペッパーを入れてもう一度混ぜたら出来上がり。

出来れば一度、オリーブオイルを回し入れた段階で味見をする。ここでまろやかに浅漬けっぽくなってたらOK。
美味しく仕上がるポイントは美味しいEXバージンを使うこと、かな?

材料だけみるとすごく香りのキツそうなレシピですが、ピンクペッパーを入れる事で、バランスがうまく整うで絶対にピンクペッパーは外せません。
意外なまろやかさで、さっぱりとした洋風浅漬けといった感じで、ステーキの付け合わせ、暑いときのおつまみなどにぴったりです。

昨日の夕飯で作ったんだけど、旦那さまと二人で奪いあい。
お互い、もう少し食べたいけどでも相手に譲ってあげたい気持ちで、一口ずつ交互に取り合ってたら最後だけすごーく時間がかかりました。「セロリ6本も入ってるなんて信じられないよねー」っていいながら。

もし冷蔵庫に使い切れないセロリがありましたら、ぜひどうぞ。
でもピンクペッパーってなかなかみんな持ってないのかしら!?
うちはだいぶ前に一度買って出番が少ないからまだ残ってるのだけど、あるとかなり料理の幅が広がりますよ!
  

プロフィール

Shibuko

Author:Shibuko
2011年に夫の仕事の都合で東京から渡米。
2012年にアメリカで出産。
ノースカロライナ、ボストン、そしてまたノースカロライナと東海岸を転々とし、1歳と3歳児の母親業のかたわら、キラキラした毎日を送ることをモットーにお料理、ものづくり、パーティーときどきアンティークなどを日々勉強中☆

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

Visitors

Access Ranking

[ジャンルランキング]
日記
6633位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
768位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。